iPhoneをコロジオンフォトプレートにしよう。

2012-09-02 2

Bruton Stroube Stusiosの自称カメラオタクであるJake Pottsの科学とアートを融合させるプロジェクトによって、古いものと新しいものが再び出会った。彼は写真湿板(を用いてガラス面に現像することで、ユニークなデザインのiPhoneを作りだすことができたのよ。さすがは自称カメラオタクね

PottsはありきたりのiPhoneを他の人とは違ったものにしたかったの。そして、後ろのガラス面が最適な材質だと気づいて、アンブロタイプのように写真を印刷しようと決心したのよ。

ちょっと難しいかしら?アンブロタイプって言うのは、写真を現像する方法の一つで、 ヨウ化銀コロジオン乳剤 plate という薬品を使い、ガラス面に写真を写すものなの。 ダゲレオタイプ (銀板写真)や ティンタイプ photos (鉄板写真)の写真を作るのと同じようなものね。
Pottsが親切に説明してくれるよ。

“アンブロタイプを作るためには、コロジオン乳剤を調合して、感光材料を準備し、それをガラス板に塗布して、カメラに設置し、フィルムのカメラのように撮影する。その後、暗室に戻り、そのガラス板を現像して、洗い流すんだ。この方法は1851年に発明され、そのユニークな美しさと手作りらしい質感から、多くの芸術家や写真家が用いてきたのさ。 "

リンゴ柄のない代わりのバックカバーを用意してから、彼はスタジオをセッティングし、準備し始めたの。

“カメラと照明を設置したら、背面を準備するために暗室に戻った。コロジオンを付着させるためにはガラスが完璧にきれいになっていないとダメなんだ。炭酸カルシウムと水とアルコールを混ぜ合わせたものをクリーナーとして使ったんだ。ガラスがきれいになった時がコロジオンを注ぐ時なんだよ。ここでのテクニックが最終的にどう映るのかが決まってしまう。目標はコロジオンをプレートに十分に注ぎ、コーナーからコーナーまでまんべんなく行きわたるようにすることさ。”

“コロジオンを注ぎ終わったら、今度はそれが渇いてしまう10分から15分以内に、感光して、撮影して、現像までしなきゃいけないんだ。一度感光したら、ホルダーに装填し暗くしておかないといけない。そしてそのホルダーを1872年のレンズを使ったカメラ(オタクセンサー反応!)にセットして、露光するんだ。その後暗室に戻ったら、プレートを取り出して、現像するんだよ。現像時間は短くて、大体15秒くらいかな(何分もかかるフィルムとはお違いだ)。現像が終わったら、やっと電気をつけることができるよ。こんな風に出来上がったよ。”

“露光は見た感じ良かったかな。コロジオンは完璧にパネルの上に定着したし。プレートを定着液に付けると、イメージが反転して、暖かみのあるトーンが浮かび上がってくるんだ。プレートを洗って乾かしたら、ニスを塗って保護するんだ。それが渇いたら、そのカバーをiPhoneにセットしたんだ。
"

すごく粋でオタクらしいでしょ?
興味があればこちらもどうぞ。:

2012-09-02 #ニュース #developing #darkroom #iphone #daguerreotype #tintype #wet-plate-collodion #abrotype #jake-potts #bruton-stroube-studios denisesanjose の記事
翻訳 54070

2 Comment

  1. keni
    keni ·

    すげー!
    防水じゃなくても大丈夫なんかなぁ?

  2. kyonn
    kyonn ·

    市販のカバーだから直接じゃなくてOK!

他の記事を読む

  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • カメラ特集:無地のガラス製ファインダー

    2016-07-13 #gear sirio174 の記事
    カメラ特集:無地のガラス製ファインダー

    カメラのファインダーについてマニアック、しかし大変充実した記事をご紹介!この記事では無地のガラス製ファインダーつきカメラと、マイクロプリズム・スポットやスプリット・イメージのようなフォーカスエイドが無いカメラ(ただしレンジファインダー機を除く)の違いについていくつかご説明します。

    2016-07-13
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』46の未公開シーン

    2017-01-04 #culture #ビデオ lomographymagazine の記事
    『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』46の未公開シーン

    劇場にて絶賛公開中の映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』はもうご覧になりましたか?どんな名作にも削除されてしまった未公開シーンはつきもの。こちらの動画では未公開となった46ものシーンを観ることができます。

    2017-01-04
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 色んな視点で街を見てみよう!

    2016-12-24 #culture lomographymagazine の記事
    色んな視点で街を見てみよう!

    窮屈な街のなかですら、毎日たくさんのことが起こっています。ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた街の写真をご紹介します!さぁ、あなたも今すぐカメラを持って街に飛び出しませんか?

    2016-12-24
  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    2016-11-12 1
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • GAMA ROCK FESTIVAL 2016 に出展決定!

    2016-07-14 #ニュース ciaoannacotta の記事
    GAMA ROCK FESTIVAL 2016 に出展決定!

    宮城県塩竈市で開催される GAMA ROCK FESTIVAL 。MUSIC / ART / FOOD を通して、一人でも多くの人に塩竈の魅力を伝えること、塩竈の街が元気になることを願い開催されています。2016年もロモグラフィーはフィルムカメラのワークショップで参加することが決定いたしました!

    2016-07-14
  • [LomoAmigo] SASU TEI meets Lomo LC-A Minitar-1

    2016-05-30 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] SASU TEI meets Lomo LC-A Minitar-1

    フォトグラファーのSASU TEIさんは韓国出身で、日本や韓国でファッションやコマーシャルフォトを撮影されています。2回目の登場となる今回はパンケーキのように平らなアートレンズ、Lomo LC-A Minitar-1を使ってスタジオで撮影して頂きました。このレンズの特長のひとつであるビネット効果がハッキリと移った写真は、どこかノスタルジックで味のある作品に仕上がっています。

    2016-05-30
  • Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    2017-04-20 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    ELUSIVEはこの地図を制作するために、世界中のフィルム現像所を集めました!世界中どこへ行ってもすぐに現像所を見つけることができます。掲載されていない現像所を見つけたら、ELUSIVEに伝えて地図をより充実させていきましょう!

    2017-04-20
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    2016-09-05 #culture lomographymagazine の記事
    ハイスピードの写真で"瞬間"を盗め!

    世の中には、私たちの目には速すぎてみることのできないものも沢山あります。ですが、カメラを使えば速さや視力に関係なく、その瞬間を写真に美しく写し出すことができます!ここに紹介するハイスピードな写真たちは、目では決して見ることのできない、素晴らしい瞬間を描き出しています。

    2016-09-05
  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。

    2017-05-08
  • ★Lomo’Instant Automatについてよくあるご質問

    2017-02-03 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    ★Lomo’Instant Automatについてよくあるご質問

    クラウドファンディングサイト『MotionGallery』で、皆様からのご支援を経て誕生したLomo'Instant Automat!ここで改めて、よくあるご質問にお答えします。購入を考えている人も、もうすでに持っているという人も必見です!

    2017-02-03