iPhoneをコロジオンフォトプレートにしよう。

2

Bruton Stroube Stusiosの自称カメラオタクであるJake Pottsの科学とアートを融合させるプロジェクトによって、古いものと新しいものが再び出会った。彼は写真湿板(を用いてガラス面に現像することで、ユニークなデザインのiPhoneを作りだすことができたのよ。さすがは自称カメラオタクね

PottsはありきたりのiPhoneを他の人とは違ったものにしたかったの。そして、後ろのガラス面が最適な材質だと気づいて、アンブロタイプのように写真を印刷しようと決心したのよ。

ちょっと難しいかしら?アンブロタイプって言うのは、写真を現像する方法の一つで、 ヨウ化銀コロジオン乳剤 plate という薬品を使い、ガラス面に写真を写すものなの。 ダゲレオタイプ (銀板写真)や ティンタイプ photos (鉄板写真)の写真を作るのと同じようなものね。
Pottsが親切に説明してくれるよ。

“アンブロタイプを作るためには、コロジオン乳剤を調合して、感光材料を準備し、それをガラス板に塗布して、カメラに設置し、フィルムのカメラのように撮影する。その後、暗室に戻り、そのガラス板を現像して、洗い流すんだ。この方法は1851年に発明され、そのユニークな美しさと手作りらしい質感から、多くの芸術家や写真家が用いてきたのさ。 "

リンゴ柄のない代わりのバックカバーを用意してから、彼はスタジオをセッティングし、準備し始めたの。

“カメラと照明を設置したら、背面を準備するために暗室に戻った。コロジオンを付着させるためにはガラスが完璧にきれいになっていないとダメなんだ。炭酸カルシウムと水とアルコールを混ぜ合わせたものをクリーナーとして使ったんだ。ガラスがきれいになった時がコロジオンを注ぐ時なんだよ。ここでのテクニックが最終的にどう映るのかが決まってしまう。目標はコロジオンをプレートに十分に注ぎ、コーナーからコーナーまでまんべんなく行きわたるようにすることさ。”

“コロジオンを注ぎ終わったら、今度はそれが渇いてしまう10分から15分以内に、感光して、撮影して、現像までしなきゃいけないんだ。一度感光したら、ホルダーに装填し暗くしておかないといけない。そしてそのホルダーを1872年のレンズを使ったカメラ(オタクセンサー反応!)にセットして、露光するんだ。その後暗室に戻ったら、プレートを取り出して、現像するんだよ。現像時間は短くて、大体15秒くらいかな(何分もかかるフィルムとはお違いだ)。現像が終わったら、やっと電気をつけることができるよ。こんな風に出来上がったよ。”

“露光は見た感じ良かったかな。コロジオンは完璧にパネルの上に定着したし。プレートを定着液に付けると、イメージが反転して、暖かみのあるトーンが浮かび上がってくるんだ。プレートを洗って乾かしたら、ニスを塗って保護するんだ。それが渇いたら、そのカバーをiPhoneにセットしたんだ。
"

すごく粋でオタクらしいでしょ?
興味があればこちらもどうぞ。:

2012-09-02 #ニュース #tintype #jake-potts #abrotype #bruton-stroube-studios #developing #darkroom #daguerreotype #iphone #wet-plate-collodion denisesanjose の記事
翻訳 54070

2 Comment

  1. keni
    keni ·

    すげー!
    防水じゃなくても大丈夫なんかなぁ?

  2. kyonn
    kyonn ·

    市販のカバーだから直接じゃなくてOK!

他の記事を読む

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • Minitar-1 Art Lens: Ian Llewelynによる抽象的かつ幻想的なモノクロ作品

    2015-09-07 #people hannah_brown の記事
    Minitar-1 Art Lens: Ian Llewelynによる抽象的かつ幻想的なモノクロ作品

    野性動物の映像を撮るカメラマンでフォトグラファーのIan Llewelyn。彼は今まで様々なTV番組のプロジェクトに取り組んできました。イギリスを拠点にし活動する彼は、趣味でモノクロ写真に係わることによって、職業的な面での厳しい制限から解放されています。彼のパーソナルな作品は、あり余る程抽象的で実験的な、彼独自の明確なスタイルによってつくられています。Llewellynは熱狂的なLeica Monochromカメラユーザーであり、今回このカメラと Lomo LC-A Minitar-1 Lensを使って幻想的なイメージを作り出していただきました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Masataka Odaka

    2016-04-27 #ニュース #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Masataka Odaka

    音への情熱はさることながら、写真にもその熱を注ぐ、サウンドデザイナー・Masataka Odakaさん。ロモグラフィーの新しいレンズで、光を追った写真を撮影してもらいました。

  • Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    2016-04-07 #ニュース #gear Lomography の記事
    Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    *Daguerreotype Achromat Art Lens* は自分で見ている世界をそのまま、いえ、それ以上を写し出す能力を兼ね備えたプレミアムレンズ。ソフトフォーカスから鮮明でシャープな写り、さらにはユニークなボケまでもたった一台で表現することができます!写真を愛する人々の創造性を刺激し、その好奇心をくすぐるユニークなパートナーとなること間違いなしのレンズが新たにロモグラフィーに登場します!

  • Lomography XPro 200と日光の下で

    2016-03-12 #gear lomographymagazine の記事
    Lomography XPro 200と日光の下で

    雪が解け、冬が終わりを告げようとしています。我らが母なる大地は春の冠をかぶり、様々なものに生命を与えます。そう、外に出て写真を存分に撮る季節の到来です!この季節にはLomography XPro 200 35mmがぴったりです。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 12/7(月)のアドベントカレンダー: Lomo LC-A 120 などのプレミアムカメラが20% OFF! (ディスカウントコード: PREMIUMPACKAGE20)

    2015-12-07 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/7(月)のアドベントカレンダー: Lomo LC-A 120 などのプレミアムカメラが20% OFF! (ディスカウントコード: PREMIUMPACKAGE20)

    誰か特別な人に優れたカメラを送りたい?それとも一年間頑張った自分へのご褒美としてプレミアムカメラを手に入れたい?どちらの気分でも本日ご購入するのがとってもお得!なぜなら本日は自動露出コンパクト中判カメラ Lomo LC-A 120が20% OFFで手に入ります!その他にもロモグラフィーのプレミアムカメラが20% OFFになるので、対象カメラをこの記事で確認しましょう。

  • 都会 VS 大自然: 似て非なるもの?

    2015-09-03 lomographymagazine の記事
    都会 VS 大自然: 似て非なるもの?

    ジャングル、ホーム、天国.... これらの言葉は都会、大自然のどちらでも使える表現ですね。都会は大自然の花々や動物の鮮やかな色を真似し、人々は自然の中にある様々な形を自分たちの身辺に形作り暮らしています。反対の言葉でも、そういった共通点が見られる都会と自然。他にも偶然生まれた面白い共通点がたくさんあります。この記事では、この2つの言葉に共通して存在するものを並べてみました。

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • Lomo Locations: 東京(日本)

    2015-09-19 #places lomographymagazine の記事
    Lomo Locations: 東京(日本)

    東京を満喫するならば夜であるとよく言われます。銀座のネオン、人で埋め尽くされる渋谷の交差点、我を失う六本木など、少し考えただけでも夜の名所がたくさん。ただ、今回は頭をクリアにして、昼の東京にも目を向けてみましょう。皇居に新宿御苑など、東京にはその他にもたくさんの素敵な公園が点在し、朝から夕暮れ時まで楽しめます。海外からの旅行者にとっては、ただの古い街並みだって魅力的にみえることでしょう。

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。