イライジャ・ウッド、Lomo LC-A+で撮る

イライジャ・ウッドを紹介する必要はありませんよね?新しく彼の友となったLomo LC-A+に慣れ親しんでもらうため、イライジャを最も新しいアミーゴとしてここにお招きしました。彼の近況やどこでギャラリーの写真を撮ったかなど幾つか質問に答えてもらいました。チェックしてね!

イライジャ・ウッドを紹介する必要はありませんよね? Lomo LC-A+ に慣れ親しんでもらうために、アミーゴとしてお招きしました。彼の近況やどこでギャラリーの写真を撮ったかなど幾つか質問に答えてもらいました。チェックしてね!

本名: イライジャ・ウッド
都市: ロサンジェルス
: アメリカ合衆国

いつ頃からロモグラファーなのですか?(それとも始めたばかりですか?
ウッド:8年ほど前からロモグラフィーのカメラで撮影しています。最初に撮ったロモグラフィー・カメラはLC-Aでそれ以来ずっとファンです。

LC-A+を5つの言葉で言い表すと?
ウッド:簡単、丈夫、神秘的、意外性、充実感

今までで最も奇妙だったり、おかしかった、または間違いなく素晴らしい写真的でロモグラフィー的な出来事は何ですか?
ウッド: 2~3年前、カリフォルニア州バヤの田舎へ出かけた時に撮影した一連の写真がお気に入りです。車を飛ばしていくとたった数時間の内にホコリっぽい砂漠からアルプスの山々へと地勢が変化して行くのです。その様子は信じられないほど素晴らしかった。その時に使ったカメラは調子が良くなかったのですが、そのおかげかかえって今まで撮った写真の中でもお気に入りの結果を生んでくれました。旅そのものも楽しかったし。

もし、ここに紹介しているあなたの写真に音楽をつけるとしたら、誰のどんな曲でしょうか?3曲選んでください。
ウッド:  キティ、デイジー&ルイスの「Going Up The Country」
ドリスの「Don’t Let It Rain」
ペンタングルの「In Time」

もしも、今すぐLC-A+ とカバンいっぱいのフィルムを持って世界中どこに行ってもいいとしたら、どこに出かけますか?そしてその理由は?
ウッド: カメラとたくさんのフィルムを持って行きたい場所はたくさんあります。アメリカ横断の旅とかプラハとかニュージーランドとか。今、一番行きたいのは日本かな。特に活気に満ちた都市・東京です。東京は大好きで、あのいかれた通りを歩いてると何度もカメラを手にとってしまうんです。

誰か一人だけ(存命でも故人でも)写真を撮るとしたら誰を撮りますか?
ウッド: 50年代後半のニューヨークのジャズミュージシャンたち。我が国でジャズが発展する時期を写したモノクロのイメージは以前からずっと好きなんです。(でも難しい質問ですね、答えはその時々で変ってしまうと思うなぁ。)

ゴメンなさい、でも聞かずにはいられなくて…。もちろんLC-A+ は世界中のロモグラファーにとって大切なものですが、あなたの人生において最も大切なものは何ですか?(あなたの新しいLC-A+以外でお願いします。

ウッド: 家族と友人たち。音楽のコレクション。思い出の数々。

あなたのギャラリーには本当に驚かされますが、これほど私的な写真を分かち合っていただいて感謝しています。撮影した場所やその裏話など少しお聞かせ願えますか?
ウッド: 写真のほとんどは、最近休暇で友人たちと出かけたヴァーモント州ノースイースト・キングダムで撮ったものです。それからバーリントンでガールフレンドやゴゴール・ボルデーロと撮ったもの。 かなりの枚数が「スタンプ」というゲームを初体験した時の記録です。このゲームはまず最初にハンマーを放り投げて受け止めたのち、敵の釘を切り株に打ち付けるのです。すごいんですよ。それから「ラジエーター」でジェイソン・クーリーとDJしたり、友人のシャーリー(知り合いの中でも最も写真が撮りやすい人)を撮影したり、ジェイムズとヴァーモントの田舎をドライブしたり、ジョーを訪ねて農場へ行ったり、湖のほとりの丸太小屋でジャム・セッションをしたり、ジェイムズやミッシィやエロイーズと散歩したり、ピザを食べたり、Bread & Puppetsのアート・シアターに参加したりですね。

近況はどんな感じですか、イライジャ?現在あるいは近々の仕事、映画、冒険などワクワクするような何かがありましたら教えてください。
ウッド: 9という素晴らしくユニークなアニメ映画に参加していて、9月9日に公開の予定です。今は他にもいくつかのことに着手していて、シミアン・レコードではプロデュース企画を練って具現化しようとしています。また、純粋に夏を楽しんでバーベキューのニュー・テクニックをもっと身につけようとしているところです!

これからLC-A+ で写真を撮り始める人たちにアドバイスをお願いします。

ウッド: 考えすぎない事。カメラ自体がいわば「精神」みたいなものを持っていて、しばしば思いがけず楽しいアクシデントを起こして、最高の結果を生み出してくれるんです。このカメラの何が素晴らしいって、かなりふざけた撮り方をしても、それが驚くべき結果をもたらしてくれることなんですよ。

2009-08-10 #people #actor #lomoamigo # # #lomo-lc-a #elijah-wood #lomo-amigos # # alexandrak の記事
翻訳 takuji

他の記事を読む

  • ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    2016-01-06 #ニュース lomographymagazine の記事
    ダン・ミンデルがKodakのフィルムで撮ったスター・ウォーズ/フォースの覚醒 (J.J. エイブラムス監督)

    待望の新作 スター・ウォーズ/フォースの覚醒、みなさんはもうご覧になられましたか? なんとこの映画はKodakのフィルムを使って撮影されているのです。倒産の危機にあったKodakを救ったスター・ウォーズ、そんな話をきいたらますますファンになっちゃいますね。

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #tutorials hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2
  • ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    2015-07-23 #people petit_loir の記事
    ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    ドイツのトップロモグラファー達を紹介する本シリーズ ( ※lomography.deで連載中) 、今回はシュトゥットガルト出身のFabiをご紹介します!本年度のLomoWochenende実行チームの一員として、一大プロジェクトに取り組まれている最中ですが、それだけではありません! 我々のインタビューでは、写真撮影と並んで彼が情熱を傾けるスケートボードについて、また今から5年以上も前にロモグラフィーを訪れることとなった経緯についてなどなど、たくさん語ってくれました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #tutorials beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

  • Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    2015-07-13 #ニュース #gear #places shhquiet の記事
    Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    あなたが次にLomo'Instantと一緒に街を散策する時、これから紹介するテクニックを試すのにちょうど良いかも!最初に素敵な場所を見つけて、Lomo'Instantでインスタント写真に残しましょう。その写真が浮かび上がったら、撮影した場所と同じ場所でその写真を持って、他のカメラでその写真と場所を含んだ写真を撮影してみましょう。口で説明してもちょっと想像がつきにくいかも知れませんね。一体どういうことなのか、この記事の写真で説明します!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Masataka Odaka

    2016-04-27 #ニュース #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Masataka Odaka

    音への情熱はさることながら、写真にもその熱を注ぐ、サウンドデザイナー・Masataka Odakaさん。ロモグラフィーの新しいレンズで、光を追った写真を撮影してもらいました。