イライジャ・ウッド、Lomo LC-A+で撮る

イライジャ・ウッドを紹介する必要はありませんよね?新しく彼の友となったLomo LC-A+に慣れ親しんでもらうため、イライジャを最も新しいアミーゴとしてここにお招きしました。彼の近況やどこでギャラリーの写真を撮ったかなど幾つか質問に答えてもらいました。チェックしてね!

イライジャ・ウッドを紹介する必要はありませんよね? Lomo LC-A+ に慣れ親しんでもらうために、アミーゴとしてお招きしました。彼の近況やどこでギャラリーの写真を撮ったかなど幾つか質問に答えてもらいました。チェックしてね!

本名: イライジャ・ウッド
都市: ロサンジェルス
: アメリカ合衆国

いつ頃からロモグラファーなのですか?(それとも始めたばかりですか?
ウッド:8年ほど前からロモグラフィーのカメラで撮影しています。最初に撮ったロモグラフィー・カメラはLC-Aでそれ以来ずっとファンです。

LC-A+を5つの言葉で言い表すと?
ウッド:簡単、丈夫、神秘的、意外性、充実感

今までで最も奇妙だったり、おかしかった、または間違いなく素晴らしい写真的でロモグラフィー的な出来事は何ですか?
ウッド: 2~3年前、カリフォルニア州バヤの田舎へ出かけた時に撮影した一連の写真がお気に入りです。車を飛ばしていくとたった数時間の内にホコリっぽい砂漠からアルプスの山々へと地勢が変化して行くのです。その様子は信じられないほど素晴らしかった。その時に使ったカメラは調子が良くなかったのですが、そのおかげかかえって今まで撮った写真の中でもお気に入りの結果を生んでくれました。旅そのものも楽しかったし。

もし、ここに紹介しているあなたの写真に音楽をつけるとしたら、誰のどんな曲でしょうか?3曲選んでください。
ウッド:  キティ、デイジー&ルイスの「Going Up The Country」
ドリスの「Don’t Let It Rain」
ペンタングルの「In Time」

もしも、今すぐLC-A+ とカバンいっぱいのフィルムを持って世界中どこに行ってもいいとしたら、どこに出かけますか?そしてその理由は?
ウッド: カメラとたくさんのフィルムを持って行きたい場所はたくさんあります。アメリカ横断の旅とかプラハとかニュージーランドとか。今、一番行きたいのは日本かな。特に活気に満ちた都市・東京です。東京は大好きで、あのいかれた通りを歩いてると何度もカメラを手にとってしまうんです。

誰か一人だけ(存命でも故人でも)写真を撮るとしたら誰を撮りますか?
ウッド: 50年代後半のニューヨークのジャズミュージシャンたち。我が国でジャズが発展する時期を写したモノクロのイメージは以前からずっと好きなんです。(でも難しい質問ですね、答えはその時々で変ってしまうと思うなぁ。)

ゴメンなさい、でも聞かずにはいられなくて…。もちろんLC-A+ は世界中のロモグラファーにとって大切なものですが、あなたの人生において最も大切なものは何ですか?(あなたの新しいLC-A+以外でお願いします。

ウッド: 家族と友人たち。音楽のコレクション。思い出の数々。

あなたのギャラリーには本当に驚かされますが、これほど私的な写真を分かち合っていただいて感謝しています。撮影した場所やその裏話など少しお聞かせ願えますか?
ウッド: 写真のほとんどは、最近休暇で友人たちと出かけたヴァーモント州ノースイースト・キングダムで撮ったものです。それからバーリントンでガールフレンドやゴゴール・ボルデーロと撮ったもの。 かなりの枚数が「スタンプ」というゲームを初体験した時の記録です。このゲームはまず最初にハンマーを放り投げて受け止めたのち、敵の釘を切り株に打ち付けるのです。すごいんですよ。それから「ラジエーター」でジェイソン・クーリーとDJしたり、友人のシャーリー(知り合いの中でも最も写真が撮りやすい人)を撮影したり、ジェイムズとヴァーモントの田舎をドライブしたり、ジョーを訪ねて農場へ行ったり、湖のほとりの丸太小屋でジャム・セッションをしたり、ジェイムズやミッシィやエロイーズと散歩したり、ピザを食べたり、Bread & Puppetsのアート・シアターに参加したりですね。

近況はどんな感じですか、イライジャ?現在あるいは近々の仕事、映画、冒険などワクワクするような何かがありましたら教えてください。
ウッド: 9という素晴らしくユニークなアニメ映画に参加していて、9月9日に公開の予定です。今は他にもいくつかのことに着手していて、シミアン・レコードではプロデュース企画を練って具現化しようとしています。また、純粋に夏を楽しんでバーベキューのニュー・テクニックをもっと身につけようとしているところです!

これからLC-A+ で写真を撮り始める人たちにアドバイスをお願いします。

ウッド: 考えすぎない事。カメラ自体がいわば「精神」みたいなものを持っていて、しばしば思いがけず楽しいアクシデントを起こして、最高の結果を生み出してくれるんです。このカメラの何が素晴らしいって、かなりふざけた撮り方をしても、それが驚くべき結果をもたらしてくれることなんですよ。

2009-08-10 #people #lomo-amigos #actor #lomo-lc-a #elijah-wood # # # # #lomoamigo alexandrak の記事
翻訳 takuji

他の記事を読む

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!