Community LomoAmigo :Gangan 、LomoKinoで撮る

2

日本のアクティブなロモグラファーであるganganこと岩崎さんはクリエイティブなLomoKinoの魅力にとりつかれてしまった1人!彼のインスピレーションの元と、名作をチェックしましょう!

彼は事前に構想して考えながらLomoKinoムービーを撮影しています。サイトのトップページに大きく紹介されるLomoKinoトップムービーに選ばれたこともある彼の作品は、見たらきっとあなたも思い出すはず。そうです。彼がganganです!!

本インタビューは、英語版インタビューを直訳ではなく、日本語オリジナルでご回答いただきました!(といっても違いはほどんどありませんが…)

Full Name: Kazuhiro Iwasaki (岩崎 和寛)
Lomography Username: gangan
Location: Kanagawa, Japan

こんにちは!あなたのことをちょっとだけ教えて!どこに住んでいるの?最近、興味をもっていることは?

どーも。GANGANです。神奈川の川崎に住んでます。最近、とゆーかLomoKinoを手に入れてからは、動画の作り方に興味津々です。構図とか、シーンの切り替えとか、編集とか。写真には無い世界で楽しいですね。

ロモグラファーになってからどれくらい?どうやってロモグラフィーコミュニティーのことを知ったの?

10年くらい前に最初のロモカメラを手にしました。ちなみにSuperSamplerです。ロモグラフィーコミュニティーを知ったのは…忘れちゃったけど、ホームページが前のヴァージョンだった時ってのを覚えてます。

LomoKinoを5つの単語で表すと?

Compact but great film eater. (コンパクトだけどフィルムをいっぱい食べちゃう子)

The Japanese Fall by gangan

LomoKinoでどんな風に撮影するのが好き?

何も考えずにその場の雰囲気で撮るのも楽しいけど、脚本を考えて、絵コンテを描いて、リハーサルを重ねて、って撮るのが好きですね。

どんなきっかけでLomoKinoを購入して、撮影するようになったの?

LomoKinoの発表パーティーで、楽しいカメラだけど夜の撮影がなぁ。ってなっていたところに、Fritz the Blitzのチャージスピードを見せつけられて、気付いたらセットで買ってました。

撮影中に何か面白かったり変わった体験をしたことはある?

撮影中近くを通る人はみんなこちらを見ます。なので、大きめの声(ほぼ叫び声)で「よーい、スタート!」って言って更に目を引いたりしてます。

もし、LomoKinoで生死を問わずどんな人(想像上も!)でも撮れるとしたら、誰を撮りたい?そしてそれはなぜ?

キングオブコメディことチャーリーチャップリン!彼の脚本で私が撮影、編集とかもーたりませんね!
あと、親友の8seaも撮りたいです。彼はすばらしい役者です。何より撮る私が全く気を使わずに済みますから(笑

一番好きなLomoKinoムービーを教えて!

LomoKino動画の中で最初にLikeをつけたsatomiさんの「Ghost on the Beach」です。彼女の作品は私がやろうと思っていたクロスプロセスやストップモーションを駆使していて、大きな衝撃を受けました。

あ、あと8seaの「Shall We Be in Love?」も好きです。

LomoKinoのワークショップでLomoJapanのスタッフさんにも協力してもらって撮ったんですが、LomoのPVみたいでおもしろいですよね!

 これからLomoKinoで撮ろうと思っている計画は何かある?もっと長かったり、ノンストップで撮影し続けるとか?

夏らしい脚本が一本出来上がってます。
もちろんコメディね!

未来のLomoKino監督に一言アドバイスをお願いします!

LomoKinoは「Compact but great film eater.」と言いましたが、結果、すばらしい作品を生み出してくれます。そう。「Compact but great film creator.」でもあるんです!新しいアイデアが浮かんだらどんどん撮ってください!その時、残りはエンディングのワンシーンだけどフィルムが…なんてことにならないように、多めのフィルムを準備しておくことをお勧めします。

ありがとう、Gangan!彼の他の作品もご覧ください!

Young Love

Camera Thief

School of Rock

LomoKino でアナログ写真の新たな世界へ!ロモグラフィー発のアナログ35mmムービーカメラは、なんとフィルムであなたの不朽の名作ストーリーを動画にすることができます。どんな35mmフィルムも使用することができ、36枚撮りのフィルムで撮影時、144フレーム(約30秒)を記録します。あなたも今日から映画監督!アナログな方法でムービーを動画にしてみることができるスコープ付きの LomoKino and LomoKinoscope package がお勧めです!

2012-08-31 #people #Lomoamigos #ビデオ #gangan #community #lomoamigo #lomokino-lomamigo #lomokino mayeemayee の記事
翻訳 kyonn

2 Comment

  1. gangan
    gangan ·

    @kyonn ありがとー!

  2. kyonn
    kyonn ·

    よ!監督!

他の記事を読む

  • Lomography+主催【Lomo'Instant Wide ワークショップ@旧岩崎邸庭園】

    2016-01-08 #gear #ニュース #イベント Lomography+ の記事
    Lomography+主催【Lomo'Instant Wide ワークショップ@旧岩崎邸庭園】

    あけましておめでとうございます!今年も皆様のアナログライフを充実させるようにLomography+は全力でサポートしていきます。ということで、今年もさっそくワークショップを開催します!

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people #ライフスタイル #Lomoamigos Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people #Lomoamigos bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • LomoAmigos: Dutch Uncles

    2015-09-15 #people #Lomoamigos #ビデオ hannah_brown の記事
    LomoAmigos: Dutch Uncles

    2015年のはじめに4枚目のアルバム『O Shudder』をリリースしたイギリスのインディーポップバンドDutch Uncles。ギターのPete Broadhead、ドラムのAndy Proudfoot、ベースのRobin Richards、そしてリードボーカルとピアノをつとめるDuncan Wallisからなる4ピースバンドです。ツアーで大忙しの彼らが、様々なイギリス周辺のフェスティバルでプレイしながら、思い出をLC-A+カメラで記録しました!

  • Michael Fiukowskiのペッツバール美学

    2015-08-27 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Michael Fiukowskiのペッツバール美学

    Michael Fiukowskiにとって、New Petzval 85 Art Lensでの撮影は哲学がある。マニュアルフォーカスが彼をより実験的な撮影に導き、ポートレイト撮影で被写体をクリエイティブに配置する方法を確立し、美しいぐるぐるぼけを優雅に操っている。この記事では、彼がこのレンズに魅了されている理由について伺った。

  • LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    2015-09-04 #people #ライフスタイル #Lomoamigos hannah_brown の記事
    LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    Ian Hobsonはイギリスで活動するライトペインティングに特化したフォトグラファー。彼にLomo'InstantとPixelstickという最高のライトペインティングツールを使ってテスト撮影を行っていただきました。この記事では、この組み合わせで撮影された素晴らしいライトペインティング写真と、夜間の撮影やライトペインティングの手法について彼にお伺いしたインタビューをご紹介します。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ギャラリー: New Jupiter 3+ Art Lensでみつける、街の刺激的な側面

    2016-01-23 #world #ニュース Lomography の記事
    ギャラリー: New Jupiter 3+ Art Lensでみつける、街の刺激的な側面

    何が魅力的な写真を作るのでしょう?何が写真を「イメージ」というより「思い出」というものに近づけるのでしょう?一体どのようにしたら、見た人がまるでそこに訪れたかのように感じる、疑似体験を与える写真を撮れるのでしょう?

  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #gear #ニュース Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

  • LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    2015-08-13 #people #ニュース #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    LomoAmigo: ミュージシャンObi Blanchega、LC-A 120を使う

    ミュージシャンであるObi Blancheは、2013年にロモグラファーとなり写真の世界にどっぷりと浸かることになりました。それ以降、彼はロモグラフィーの最新カメラに常に興味を持ち続け、その中でも特に彼を惹き付けたカメラがLC-A 120です。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • ロモロケーション: Agfa Precisa CTで写し出す大阪の二面性

    2016-02-24 #world #ロケーション lomographymagazine の記事
    ロモロケーション: Agfa Precisa CTで写し出す大阪の二面性

    桜の季節の大阪城、道頓堀の街並み―大阪には日本の古き良き場所がたくさんあります。一方で、ユニバーサルスタジオジャパンのような西洋文化を取り入れた観光名所も多数。大阪港を構え商人の街として繁栄してきた大阪は、文化的な面でも面白い土地です。そんな和と洋の二面性が、近年海外からの旅行客を伸ばしている大阪の魅力なのでしょう。

  • Takeshi Sugaによるバンド「Hammock」アルバムアートワーク

    2016-03-22 #people #ビデオ ciscoswank の記事
    Takeshi Sugaによるバンド「Hammock」アルバムアートワーク

    ドリーミーな作風で多くの人を魅了する写真家・菅武志さん。ロモグラフィーの製品を使った作品をWebマガジンでも多数紹介してきました。 そんな菅さんから、写真家としてのキャリア10周年の節目の作品のお知らせが届きました。それは菅さんの作風とも通ずるメランコリックで雄大、幻想的な音を放つアメリカのポストロックデュオ Hammock(ハンモック) とのコラボレーション。4月1日に発売する彼らの7枚目のアルバム『Everything and Nothing』のアートワークです。