エッフェル塔

エッフェル塔は、フランスを象徴する塔で世界的にもとても重要な建造物とみなされています。

エッフェル塔は鋳鉄で作られた建造物で、フランスの首都パリのセーヌ河畔、シャンドマルスにあります。フランスを象徴する塔で世界的にもとても重要な建造物とみなされています。
エッフェル塔はフランス革命100周年を記念してギュスターヴ・エッフェルにより設計され、1887年から1889年に建造されました。エッフェルは架橋建設で功績を残した人物でニューヨークの自由の女神像の設計にも加わった人物です。当初、この塔はバルセロナに建設する予定でしたが建設費のかかる事業でしたし、バルセロナのような都市には似合わないと思ったのです。そこでエッフェルは1889年に塔を建設する予定だったパリ市に建設案を送ったのでした。

塔は当初、一時的な建造物として作られるはずでしたが政府は恒久的にパリに残すことに決定しました。エッフェル塔は1889年3月31日に落成式が行われ5月6日に開業しました。その後40年もの間、エッフェル塔は世界で一番高い建造物であり続けました。

開業当初は多くの人々がエッフェル塔に批判的でした。というのも皆、この塔は巨大だし大袈裟だし醜い建造物だと考えたからでした。塔の形状は風力への抵抗を配慮し数学的計算に基づいて決定されました。この数学的計算に関する綿密な理論は何年にも渡り論議されてきました。現在、この塔の構造は世界でも最も卓越した芸術的建造物の1つと考えられています。私たちはパリを思う時、エッフェル塔の美しさを思い浮かべます。今日ではエッフェル塔はフランスのシンボルとなっているのです。塔には数種のエレベーターが設置されており最上階まで各階へ見物客を乗せて行きます。エレベーターは元々すべて水力で動いていました。

東と西のエレベーターは1899年に取り替えられ1986年に現在のものに変えられました。南のエレベーターは1983年にレストラン客専用に変更され、北のエレベーターは1965年にトラムに変更され1995年に現在のものになりました。4つのエレベーター塔の正面にはギュスターヴ・エッフェルを称えた72人の化学者の名前が刻まれています。その名前は20世紀初頭、エッフェル塔を塗装した際に一度消されてしまいましたが、1986~7年にかけて復元され、また設置されています。

エッフェル塔内部にはレストランが2つあります。Altitude 95(アルティテュード95)とJules Verne (ジュール・ベルヌ)といい高級な店で、うち1つはミシュラン・レッド・ガイドに一つ星レストランとして掲載されています。エッフェル塔の内部にはパリやエッフェル塔の土産物を扱う小さな店舗がたくさんありますが、実際、かなり高価です。年間約600万人の観光客が訪れ、世界で最も賑わう記念建造物と言われています。

2009-09-09 #places #tower #location #france # # #effel # janidays の記事
翻訳 takuji

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    2018-05-26 #gear
    Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    太陽が登って世界が夏色に染まる季節です!さあ、写真を撮りに外へ出かけましょう。重いカメラは家に置いておいて、あなたが必要なのは小さくて、シンプルで、それでいてパワフルなカメラ。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 世界の中古カメラフェア開催!@東急東横店・渋谷

    2018-05-23 refallinsasaki の記事
    世界の中古カメラフェア開催!@東急東横店・渋谷

    5/29(火)まで東急東横店・渋谷で「世界の中古カメラフェア」が開催されます。見てるだけでワクワクするようなカメラが勢ぞろい。タイムサービスや、サタデーセールも開催。フィルムカメラをお探しの方はぜひ覗いてみてくださいね!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    2018-03-15 hodachrome の記事
    多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    多重露光アーティスト山本穂高氏(@hodachrome)主催による多重露光写真展「 カサナリノセカイ 」が京都で開催中です。コンセプトは「日常ではありえないような夢の世界──。何度でも心に刻んでほしい…」。全国から集まった多重露光好き・フィルム好きがそれぞれの幻想的な多重露光の世界を奏でます。ぜひ足をお運びくださいませ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • Dianaにまつわるストーリー:忘れられない1枚

    2018-06-04 #gear
    Dianaにまつわるストーリー:忘れられない1枚

    Diana F+ は記念日や誕生日、忘れられない旅、日常のささいな瞬間など、たくさんの人々の個人的な記憶を写してきたカメラです。今回は Diana F+で写した忘れられない一枚について世界中のロモグラファーに聞いてみました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。