ロモグラフィー ビギナーズガイド:初心者のための用語辞典

「ヴィネッティング」っていうのは何のことで、LC+Aとはどんな関係があるんだろう?フィルムを「クロスプロセス」するっていったいどういう意味なんだろう?「ピンホール」と「パノラマ」の違いって何なんだ?初めてロモグラフィーのサイトを見た時、専門的で難しい言葉がたくさんあるのに気付いただろう?でも、心配しないで。このページを見れば、大抵の難しい単語の意味は載っているから!

カメラタイプ

ミディアムフォーマットカメラDianaF+Lubitel 166+ のような中判カメラのこと。 120フィルム を使い、現像すると真四角の写真が出来上がる。

インスタントカメラ – インスタントカメラで インスタントフィルム を使うことで、数秒で写真が出来上がる。ロモグラフィーにはインスタントバックというものがあり、 LC-A Instant Back+Diana Instant Back+ を、本体に合わせて付け替えると、インスタントカメラに早変わり。

パノラマカメラ –パノラマカメラを使うと、いつもより横に長い写真を撮ることができる。 Sprocket RocketSpinner 360°Horizon がロモグラフィーのパノラマカメラ。

ピンホールカメラ – レンズを使わずに、小さな穴(専門的には「小口径」という)を使って撮影するカメラのこと。このカメラで撮影すると、レンズがないため、ぼんやりとした、幻想的な仕上がりになる。 Diana Multi Pinhole Operato は、穴が1つじゃなくて3つもあり、それに加えて、違う色のフィルターを付けることができるため、よりユニークな写真を撮影できる。

フィッシュアイカメラ –この種類のカメラはフィッシュアイ(魚眼)レンズを使っていて、ユニークな丸い写真を撮ることができる。170°のワイドアングルレンズを使っているから、人の目で見るよりも視野が広い。 Fisheye Cameras は近くのものをとるのにも最適。

マルチレンズカメラ –2つ以上レンズがあるカメラのこと。撮影ボタンを押すと、撮影が始まって、最終的には小さいイメージが合わさった分割写真が出来上がる。 == Actionsampler==Supersampler はレンズが4つあるから、四分割写真になる。 Oktomat は8つのレンズを持っているから、1枚の写真に八つのイメージが写し出される。こういったカメラは大抵連写するから、1つ1つのイメージが少し違ってくるけど、 Pop9 は少し変わっている。このカメラは全部のレンズで同時に撮るから、同じイメージでできた九分割写真ができる。

Credits: albeelee

フィルムタイプ

35mm –最も一般的なタイプのフィルム。そこら辺にあるカメラ屋さんやコンビニでも現像可能。 LC-A+LC-WideLomoKinoSpinner 360°Diana MiniSprocket Rocket など、ロモグラフィーの多くのカメラもこのフィルムを使用。基本的に35mmフィルム一つで36枚撮影可能。

120Diana F+Lubitel 166+ などの中判カメラに使用するフィルム。120フィルムは35mmフィルムと見た目が違っていて、一般的により詳細な写真が撮れる。基本的に一つのフィルムで12枚から16枚の写真を撮影可能。現像してくれる場所を見つけるのは少し難しくなるけど、 LomoLab ならできるよ!

110 –ロモグラフィーがこの110フィルムフォーマットを、新時代のアナログ好きのために復活させた。今までなら110フィルムはOrca B&W 110 Film、Tiger Color Negative 110 Filmくらいだったけど、これからはもっとたくさんでるかもね!Fisheye Baby 110、そして新登場のDiana Baby 110も、 110カメラ なのさ。近くで110フィルムを現像するところを探しているのかい?それなら 110フィルムFAQセクション を見るといいよ。

カラーネガティブ – これが最も標準的なフィルムのタイプ。 カラーネガティブ35mmカラーネガティブ120 の両方がある。このフィルムを現像すると、ラボから「ネガ」(被写体の明暗や色が反転したもの)が返ってくる。一般的にC-41プロセスという方法で現像される。

カラースライド – カラーネガティブとは反対に、カラースライドフィルムを現像すると、「ポジ」(写真のイメージと同じ色調のもの)が返ってくる。このタイプにも カラースライド35mmカラースライド120 がある。カラースライドフィルムを現像する時は、通常E-6プロセスという方法が使われる。でも、ロモグラファーはこのルールを破って、「間違った」C-41プロセスで現像するんだ。これこそが、クロスプロセスと呼ばれる方法で、ワイルドでカラフルな仕上がりになるんだ!

インフラレッドフィルム(赤外線フィルム) –インフラレッドフィルムは赤外線に反応するため、実際に目で見えるものとは違った写真が撮れる。たいてい、木や葉っぱは白く、空は黒く写る。ユニークなエフェクトで、一味違った写真を撮りたい時におすすめ。これにも インフラレッド35mmインフラレッド120 の両方がある。

インスタント –このタイプのフィルムはインスタントカメラで使われる。インスタントフィルムは写真を撮った後すぐに出てきて、目の前で現像される。なんて利口なフィルムなんだろう!

期限切れフィルム –多くのものに命があるように、フィルムにも期限がある。従来は期限が過ぎるとそのフィルムは使用されなかったんだけど、ロモグラファーはそういった期限切れのフィルムを使うことで面白言う写真が撮れることに気が付いたんだ。ぼんやりとしてお化けのような写真が撮れることもあれば、色がおかしくなった写真が撮れることもあるんだ。 期限切れフィルム の一良い所は、どんな風になるのか全く予測できないことさ。

Credits: fruchtzwerg_hh

写真用語

絞り –絞りというのは、レンズが通す光の量を調整する穴のサイズのこと。写真を撮るときに、穴が大きければカメラの中にたくさん光が入り、穴が小さければカメラの中に入る光が少なくなる。多くのカメラが絞りを調整することができるが、固定されているものもいくつかある。

ISO –フィルムのISOは、その速さと光の感度を表している。ISOの低いフィルム(ISO100等)だと、感度は低いが、写真のざらつきは少ない。そのため、晴天時など、光の強い日の撮影に適している。反対に、ISOの高いフィルム(ISO800等)は、光に対してより敏感なため、曇りや少しくらい状況でも撮影することができるが、写真が少し荒くなるのが欠点。

クロスプロセス (X-Pro)–ロモグラファーにとって人気な単語の一つ。クロスプロセスというのは、わざと「間違った」方法で写真を現像することを指す。なので、カラースライドのフィルムをネガティブフィルム用の薬品で現像することや、その逆に、ネガティブのフィルムをカラースライド用の薬品で現像すること。クロスプロセスで現像した写真は、ワイルドで、味のある色が出てくるのが特徴だよ。詳しくは クロスプロセスガイド を参照にしてね。

多重露光(MX) –多重露光っていうのは、1コマの中に複数の画像を映しこむこと。 LC-A+LC-WideLa SardinaDiana F+Diana MiniSprocket Rocket など、ロモグラフィーの多くのカメラで多重露光撮影が可能。方法は簡単で、シャッターを押した後に、フィルムを巻かずに、またシャッターを押すだけでいいんだ。

ハーフフレーム –ハーフフレームカメラは35mmフィルムの1コマの大きさを半分にして二倍のコマ数を撮れるカメラのこと。だから、通常だと1フィルムで36コマとれるのが、このカメラだと72コマも撮れる。ロモグラフィーにはハーフフレーム撮影が可能なカメラは二種類あって、可愛らしい Diana Mini と有能な LC-Wide があるんだ。

スプロケット穴 –スプロケット穴は35mmフィルムの特徴の一つ。フィルムの上下にパーフォレーション(穴)があり、スプロケットと呼ばれるギアが回ることで、フィルムが次に進む。通常はこの穴は写真には表れないけど、 Sprocket RocketSpinner 360° では、スプロケット穴を写すことができるので、ユニークで美しい写真を撮ることができる。

ワイドアングル –ワンドアングルレンズは広角レンズと呼ばれ、通常のレンズよりも視野が広い。そのため、広い範囲を写すことができる。主に LC-WideSprocket RocketLa Sardina などで、ワイドアングルレンズを使っている。

ヴィネッティング –日本語では口径食と訳され、写真の中心部と周辺部の違いにより、周辺部が少し暗く写ることを指す。この効果は多くのロモグラフィーのカメラで自然に表れ、中心部分を目立たせるような芸術的な写真が撮れる。

彩度 –この言葉は写真の色の明るさを表す。彩度の強い写真は、色が鮮やかになり、コントラストもはっきり写る。ロモグラフィーの多くのカメラは彩度が強めに写り、特にクロスプロセスを行った時、その効果が顕著に表れる。

まだまだわからない単語がある人は ロモグラフィー用語 を参考に。

初めての ロモグラフィーカメラ を探しているのかい? ビギナーズガイド を読んで、アナログスナップシューターの一歩を踏み出そう。!

2012-09-11 #ライフスタイル #ideas-by-photo-type #recommendations #lomography-beginners-guide #beginners-guide #suggestions #camera-suggestions tomas_bates の記事
translated by 54070

他の記事を読む

  • LomoAmigos: The Watanabes

    2015-02-05 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: The Watanabes

    The Watanabesは日本で活躍するインターナショナルバンド。日本の単語がところどころに聞こえてくる、ノスタルジックでちょっぴり切ない哀愁溢れるフォークロックを奏でます。そんなWatanabesにロモグラフィーのカメラをお貸出しし、思う存分に撮影していただきました!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #tipster gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • LomoChrome Purple 120じゃなければ、どうやって甥っ子に紫になることを説明する?

    2014-06-10 #レビュー guanatos の記事
    LomoChrome Purple 120じゃなければ、どうやって甥っ子に紫になることを説明する?

    初めてのLomoChrome Purpleフィルムを使うのは、本当に冒険だったよ! マガジンに載っているレビューはたくさん読んでいたんだけど、どんな出来になるか100%確信は持てなかったからね……。

  • エクステンションチューブでアナログの接写撮影

    2015-03-22 #gear #tipster daxxfbondoc の記事
    エクステンションチューブでアナログの接写撮影

    僕は、普段から目にするような日常的なものの写真を撮るのが好きなんだ。接写写真を撮ると、そういったものがもっとおもしろく見える気がするね。スプーン一杯のお菓子とか、小さなネックレスとか、間近で撮るとよりおもしろくて楽しいんじゃないかな。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 僕はロモ・モンスター

    2014-06-04 #ライフスタイル boredbone の記事
    僕はロモ・モンスター

    マガジン記事を書こうと思ってパソコンの中のファイルを見返していたんだけど、5年前に創ったキャラクターを見つけたよ。皆さんにシェアするけど、気に入ってくれるとうれしいな。

  • 多重露光の星雲:空は無限大!

    2014-10-24 #gear #tipster abecd の記事
    多重露光の星雲:空は無限大!

    重ねて撮るのが大好きじゃない人っているんでしょうか?何度か重ね、多重露光した写真を撮ったり、その写真がどんな風に仕上がるのか見ることは、すごく楽しくって満足感があります。このシンプルな裏ワザで、どうやって次のレベルへ進むか教えましょう!

  • Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    2014-10-10 #gear #tipster gakurou の記事
    Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    今まで光を意識してなかったわけではないけれど、Petzval Lensを使うようになって、より光を意識するようになった。 日中に見える物は、すべて太陽の光の反射によるもので、その最大の光を捉える方法をPetzval Lensが教えてくれました。 まったく当たり前のことを書いていますが、ちょっと読んでみてほしい光の捕え方です。

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    2015-05-14 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: monogram店長 東尚代、Lomo LC-A 120で撮る

    東京の学芸大学駅のmonogramはカメラやカメラグッズの販売の他に、現像サービスやギャラリーを展開しており、写真好きにとってはたまらない空間となっています。そんなmonogramの店長である東尚代さんにLomo LC-A 120を試していただきました!普段からフィルムに慣れ親しんでいてロモグラフィーの商品も使い慣れている東さんは、一体どのようなスクエアショットをLC-A 120で写したのでしょうか?

  • LomoChrome Purple gallery:日本の景色を紫色に染めてみよう!

    2015-03-17 #gear #ライフスタイル ciscoswank の記事
    LomoChrome Purple gallery:日本の景色を紫色に染めてみよう!

    LomoChrome Purpleで日常のワンシーンや、目に見える景色を切り取ったら、どんな写りをするのでしょう? ロモグラフィーのコミュニティー上には、日本で撮影されたLomoChrome Purple写真がたくさんアップロードされています。 本日はその一部をピックアップしてご紹介します!

  • LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    2014-11-25 #ニュース tomas_bates の記事
    LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    ロモグラフィー本社のあるオーストリアのウィーンでは肌寒い季節になりました。こんな季節に美しい夏の終わりを写し出した写真を見るとノスタルジックな気分に導かれます。私たちの同僚のDreamが LC-A 120で写し出したオーストリアの田園風景を見て、冷たい冬の訪れとともにやってくるブルーな気分を払拭しましょう。