Lomography Color Tiger 110 – 全コンディション対応の、静かで力強いフィルム

200という比較的低いISOにも関わらず、ロモグラフィーカラーTiger 110はどんな天気にもぴったりの素晴らしいフィルムで、ヴィンテージのような仕上がりになります。

Credits: samwise_camus

ロモで写真を撮りたいのに、なかなか思うように時間がとれなかったロモグラファーのみなさんにぴったりなのが、復活した110フォーマットです。
110のサイズは、ダイアナミニでさえ比べると大きく見えるくらい小さく、普段なら写真を撮るスペースや時間の無い場所など、どこにでもポケットに入れて持ち歩けるところが魅力です。どんな場所も撮影ギャラリーになっちゃいます。

私は残念なことにOrcaを買い損ねてしまったんですが、5本縞模様のタイガーが発売されたときにはすぐに買って、ペンタックスオート110に並ぶ私の新しいお気に入りになったんです。カメラはすぐに届いたので、私はさっそくバッグに詰め込んで(こんな小さいカメラを「詰め込む」というのかは分かりませんが)ヨークで友達とコーヒーを飲む前に、家の周りでテストしました。
出来るだけ異なる被写体を様々なライティングで撮って, フィルムがどこまで対応できるか試してみました。初めて撮った写真を LomoLab で現像した1週間後 、すごく感動しました。タイガーは、強くて優しいその名にふさわしいカメラでした。

Credits: samwise_camus

悪天候のなかで室内撮りだったにも関わらず、写真の生き生きとした感じやシャープさは、お手本となるような模範的なものでした。 写真のぼやけも、フィルムが悪かったのではなく手ぶれのせいでした。 色合いはとても自然に仕上がりました。フィルムはとても正直で、肉眼で見たままを描写していました。くすんで色あせた写真もいくつかありましたが、フィルムのせいというよりは被写体やライティングが影響したんだと思います。
また、 出来上がった写真にはある程度の粒子がありましたが、そこまで目立つものではない微妙なもので、個人的にはその粒子がすごく気に入りました。そういった粒子が魅力的なヴィンテージの味わいを写真に添えて、独特の風合いを醸し出します。

Credits: samwise_camus

しかし、私が外に出てテスト撮影した写真は、残念な事にほとんどが天気の悪いどんよりした日だったということに注意してください。そのため、すっきり晴れた日に外で撮った写真がどのように仕上がるかは私はまだ分かりません。でも、光の不十分な状況でも上手に撮れたことを考えると、晴れた日にも絶対にうまく撮れると思いますよ。

Credits: samwise_camus

ロモグラフィーカラータイガーを使っている人すべてに、110復刻版をおすすめします。弱光の日にも撮ってみてください。タイガーは期待以上ですよ。

110フィルム商品ページへ
110カメラ商品ページへ

2012-10-26 #gear #tiger #review #colour-negative #110 #iso-200 #pentax-auto-110 samwise_camus の記事
翻訳 lucyxxx

他の記事を読む

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 映画のワンシーンのような写真を撮る5つの方法

    2015-06-08 K. Aquino の記事
    映画のワンシーンのような写真を撮る5つの方法

    世界中から錚々たる個性派監督や巨匠達が顔を揃えた2015年カンヌ映画祭は、とても刺激的なものとなりました。映画監督達の迸る才気に掛かれば、動かぬはずの静止画も、物語に牽引されて動き出すかのようです。さぁ、ライトとカメラの準備は良いですか?では、アクション!

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    2015-12-01 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    暗い場所での撮影のための5つのフィルム

    みなさんご存知のとおり、光量の少ない場所で撮影する際はブレないようにしっかりとグリップして保つ必要があります。三脚などのツールを使うのも方法としてありますが、勿論暗い場所での撮影に適したフィルムを使うことがとても重要です。この記事では光量の少ない場所での撮影にぴったりなフィルムを5つリストアップしてみました。

  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #people zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #tutorials beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #tutorials jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。