スプリッツァーをうまく使ってロモグラフィーをもっと楽しもう。

1

スプリッツァーを使ってロモグラフィーを楽しんでますか?私はいつもです! 場面や状況に応じてベストな使い方をするともっと素敵な写真が撮れるかもしれませんよ。

Credits: hodachrome

この写真は映画「インセプション」の中の印象的なシーンをイメージさせるような、ちょっと不思議で変わった写真です。それぞれの画像が自然に組み合わさり、シームレスに見えます。
私はスプリッツァーを使ってこの上下対称の写真を撮影しました。
こういうきれいなシンメトリー写真を撮るのはそんなに難しくはないですが、少しだけコツがあります。
それではこのような写真を撮るためのいくつかのTipsを教えますね。

1. ベストの天気を選ぶ
まず始めに天気と光の話から。
カラーフィルム、特にスライドフィルムを使ってこの独特の色を出すためには、コントラストの高い晴天の日を選び、必ず順光で撮りましょう。(今回、Lomography X-Pro100を使用)
曇った日だと十分な明るさと色を得ることができません。
もしどんよりした雰囲気(たとえば廃墟、工場、墓地など)を表現したいなら曇った日でもOKです!

曇った日に撮ったもの。これも悪くないけど…。

2. LC-A+をさかさまに構えて撮る
スプリッツァーを使っている人は知っていると思いますが、シンメトリーな写真を撮るときはLC-A+を逆さまに持つ必要があります。
私は逆さまに持ったときは、シャッターボタンを左手の親指で押しています。慣れないとブレてしまうかもしれません。
一回目のショットを撮ります。(このときスプリッツァーは上半分をマスクしています)
そして、MXスイッチをスライドさせ、スプリッツァーを180度回転させ、カメラを逆さまに持ちます。
そして一回目と同じように二回目を撮ります。(スプリッツァーはやはり上半分をマスクしています)
シャッターを押すときは、カメラの受光窓を指で隠してしまわないように注意しましょう。

逆さまに構えて親指で押す

3. 適正露出が大事
多重露光をする上では、適正露出がとても重要になります。
今回の撮影では、それぞれのイメージが重なり合うことがない(重なる部分が少ない)ので、それほど露出について考えすぎる必要はありません。
基本的にはフィルムの感度と同じ設定でけっこうです。ISO100フィルムならISO設定は100で。
やや露出オーバーのようでしたが、ビネッティング(光量落ち)が抑えられ、つなぎ目が自然に重なりました。
もし露出がアンダーになると、中央に大きなビネッティングが発生してきれいなシームレスな絵になりません。(もしそれが好きならOKです)
迷ったときはISO設定を変えて何枚か撮ってみましょう。

アンダー露出のため中央に大きなビネッティングが発生

4. カメラの視差の調整
皆さんにとってこれが一番難しいことかもしれません。視差とはファインダー像と実像のずれのことです。
私のLC-A+にはそれぞれちがう視差があります。みなさんのカメラにもあると思います。
それを把握して、撮る際に構図を微調整することで、よりきれいで完璧に近いシンメトリー画像を描くことができます。
私のメインのLC-A+は、ファインダー像より「左上」に実像がずれる傾向があります。
この傾向を考慮せずに撮ると、クリアーなシンメトリー画像は得られませんし、また上の絵(二回目の画像)の一部が少しスプリッツァーでマスクされてしまう場合もあります。
これを防ぐためにフレーミングを少し「右下」に調整する必要があります。逆さまに構えたときは「左上」ですね(ややこしいですが…)。
被写体によってはスプリッツァーを多少前後に微調整する必要があるかもしれません。

視差のイメージ(私のカメラでの傾向です)

5. 何枚か撮っておく
きれいなシンメトリー写真を作るのは簡単なようで難しいです。
とりわけ、上の4の調整はなかなか難しいことです。また、LC-A+の露出は不安定で、同じ場所で撮っても少しちがった露出になることがあります。
なので、私は同じ場所で数枚撮るようにします。構図を少し変えて撮るとよいでしょう。
これにはちょっと忍耐力と集中力が必要です。でも素敵な場面に出会ったらどんどん撮りましょう。
その中から一枚ベストな結果が得られたとしたらハッピーですよね?

たくさん撮ってベストの一枚を選ぶ

わかったかな?それではぜひやってみましょう!
慣れてきたら斜めにしたり角度を変えて撮るのも面白いですよ。
素敵な写真を撮るために、少しだけテクニックと忍耐力、そして集中力を使ってみましょう :)
Enjoy your MX life!

2012-09-20 #gear #tipster #doubles #splitzer # #multiple-exposure #symmetry #double #double-exposure # #lc-a hodachrome の記事

1 Comment

  1. kyonn
    kyonn ·

    最高にすてきでわかりやすいテクニック記事をありがとうございます!すごく参考になりました!

他の記事を読む

  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • Sprocket Rocket: 私の夏にぴったりのカメラ!

    2014-06-15 #レビュー sirio174 の記事
    Sprocket Rocket: 私の夏にぴったりのカメラ!

    春の晴れた日のアウトドアライフや、もうすぐやってくる夏のシーズンを写真に残すために、ちょっと変わったカメラを探していませんか? でしたら、Sprocket Rocketを。楽しくて最高のカメラです!簡単に使えて、面白い写真をのこせますよ。

  • 空に浮かんだ幻想的な写真を撮ってみよう

    2014-12-14 #gear #tipster hodachrome の記事
    空に浮かんだ幻想的な写真を撮ってみよう

    空に浮かんだ城、ビル群、島、人物…。皆さんはこういった幻想的で不思議な写真を見たことはありませんか?これはスプリッツァーを使った多重露光のテクニックの一つで、ちょっとコツを覚えておくだけで誰でもかんたんに幻想的で魅力的な写真を撮ることができちゃいます。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    2014-04-28 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    ボケに興味があり、うまく使いこなしたいと思っていませんか?この記事では、皆さんが知るべき基礎知識をご紹介します。あなたもボケを使いこなして、作品のアドバンテージとして使えるようにしましょう!

    1
  • Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    2014-04-10 #ライフスタイル chooolss の記事
    Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    Russar+で撮影された写真をもっと見て、どんな写りをするのか見てみたいと皆さん思われていることでしょう。そんな皆様に4月より通常販売を開始したロモグラファーの大のお気に入りフィルム・LomoChrome Purpleを使った写真をご紹介いたします!Russar+のすばらしい写真をチェックしてください。

  • LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    2014-11-25 #ニュース tomas_bates の記事
    LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    ロモグラフィー本社のあるオーストリアのウィーンでは肌寒い季節になりました。こんな季節に美しい夏の終わりを写し出した写真を見るとノスタルジックな気分に導かれます。私たちの同僚のDreamが LC-A 120で写し出したオーストリアの田園風景を見て、冷たい冬の訪れとともにやってくるブルーな気分を払拭しましょう。

  • ショップニュース

    驚きの変色:LomoChrome フィルムシリーズ

    驚きの変色:LomoChrome フィルムシリーズ

    自然の色をパープルのトーンへと変色させるLomoChrome Purpleフィルム、そして衝撃的なターコイズとゴールデンカラーへの変色を楽しめるLomoChrome Turquoise フィルム。Purpleフィルムは現在オンラインストアで販売しています。Turquoiseフィルムはオンラインストア限定の予約受付中!(発送予定:2015年5月)

  • フジFPフィルムを使ってあなたのポロライド 80 シリーズを甦らせよう!

    2014-12-26 #gear #tipster stratski の記事
    フジFPフィルムを使ってあなたのポロライド 80 シリーズを甦らせよう!

    もう生産終了になったフィルムにしか対応していないからと、使うことを諦めていたカメラたち。そのカメラが、ある日使えることになったらとっても嬉しいですよね。この記事では、80 シリーズのポロライドカメラを、甦らせるある方法を紹介しています。

  • Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    2014-10-10 #gear #tipster gakurou の記事
    Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    今まで光を意識してなかったわけではないけれど、Petzval Lensを使うようになって、より光を意識するようになった。 日中に見える物は、すべて太陽の光の反射によるもので、その最大の光を捉える方法をPetzval Lensが教えてくれました。 まったく当たり前のことを書いていますが、ちょっと読んでみてほしい光の捕え方です。

    1
  • 手作りのDiana Mini用スプリッツァー

    2014-09-13 #gear #tipster rancliffhasenza の記事
    手作りのDiana Mini用スプリッツァー

    あなたの大切な、小さいDiana Miniで、スプリッツァーを使った写真が撮れたらなあ、と思ったことはありませんか?じゃあ、ぴったりのものを教えましょう!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • 【スペシャルインタビュー】CAMPFIREチーフキュレーターによるPetzvalレビュー!

    2014-06-30 #レビュー choko3 の記事
    【スペシャルインタビュー】CAMPFIREチーフキュレーターによるPetzvalレビュー!

    昨年から今年にかけて、ロモグラフィーでは3つのプロジェクトをクラウドファンディングプラットフォーム『CAMPFIRE』 (キャンプファイヤー)で実施しました!今回、初めてのプロジェクトからずっと関わって頂いているキュレーターの出川さんにPetzvalレンズを試して頂きました。普段から写真を撮られている出川さんは、なんとロモグラファーでもあります!そんな出川さんが撮影した美しい写真をお楽しみください。

  • 若さゆえのスタート

    2015-01-19 #ライフスタイル cheeo の記事
    若さゆえのスタート

    なぜ、写真を撮ることに免許は必要ないのでしょうか? それは、あなたがどんなに若くても、写真というクラシックなアートを楽しめるからなのです。