究極のプロジェクト:自分だけのロモホームを作ろう!

2012-10-09

ある雨の日に、風邪をひいていた私は、時間だけはあるのに、何もやることがなくて退屈でした。そのとき、ふと目についたのがクローゼットにある空っぽの棚と、反対に、カメラでごちゃごちゃした棚でした。
そうだ!
カメラ用に最高のロモホームを作ろう!!

それでは、あなたにもできちゃうロモホームの作り方を紹介します。

わたしの家の(古い方の)カメラ用の棚は、まーひどいもんでした。
ストラップ、カメラのアクセサリー、カメラ、レンズ、キャップ…
それがもうごちゃごちゃと散乱!
あれはまだ秋だったけど、大掃除をすることにしました。
雨の日にうってつけ。しかもあなたのロモスキルを最大限に活かせます!

ビフォーアフター:

必要なもの:
  • ハサミ
  • 空いている棚
  • テープ(ダックテープ*強力なテープが最適。もしくは透明のセロテープ)
  • カメラ!
  • ビニール袋
  • 写真
  • フィルムのネガとそれを入れるエンベロープ
  • 飾り:ロモグラフィーのポスター、箱、スキャンしたデータの入ったCD、ロモボックス

まず、一番はじめに、ミニチュアのロモウォールを作りましょう。
棚の半分ほどのスペースを使います。写真を選びましょう。そうしたら、写真を裏返して、テープでとめて繋げましょう(Fotoclipを使ってもOK) 必ず裏側にテープをつけましょう。前にテープを付けてしまうと、はがす時にせっかくの作品にダメージが残るかもしれません。そうして、ぜんぶテープで繋げたら、壁にはりつけます。

次は、アクセサリーを整理します。人によって持っているものが違うでしょうが、私はカメラといっしょについてきた付属品がたくさんありました。(フレーム、フラッシュのフィルター、35mmバックなどなど)
まず、付属品をビニール袋にいれます。そうしたらラベルを書いて、テープをはりつけて、壁にペタっ!と。
注意点は、重さです。使ってるテープによって、中の重さを調整しましょう。重いものをいれるのなら、ダックテープを使うのがベターです。軽いものなら、普通のセロハンテープでも大丈夫。
でも、念のためにぜんぶダックテープを使っちゃうのが一番ですけどね。

オーライ。
それじゃあ、一番時間のかかるパートにうつりますよ。
次は、撮影済みのフィルムと、未使用のフィルムを仕分けします。
だいたいいっつも、これをごっちゃにしているせいで、キレイにならないんですよね。棚の横の壁にビニール袋をはりつけて、ラベルを書きます。私は「used」と「not used」にしました。
そしたら、フィルムを入れていきましょう!
そうそう、あなたのお気に入りのロモポスターも張りましょうね。
グッとオシャレになりますよ。

ここまでの途中経過の写真

次は簡単です。カメラを並べましょう。
私の場合は昔の棚より、新しい棚の方が、サイズ的にぴったりでした。
楽しいでしょ!

次はステップは、お好みで。
写真やネガ、スキャンしたデータのはいってるCDを片付けます。
私の場合は、大好きなLomo-Labに現像を頼むと付いてくる、データCDがはいっているケースを二つ壁に貼付けて、片方にはCDを、もう一方にはネガを入れました。この時は、ダックテープを使用しましょう。
次に、写真を箱の中にいれます。
そして、 この記事 をもとに、箱をデコレーションします。そして、カメラのとなりに箱を配置します。

さて、ついに最後のステップです。ここもお好みでやりましょう。
ロモホームの飾りとして、ロモブックを置きます。

お前こだわりすぎだよ!って?
でもロモホームを作るのは楽しいし、部屋を少しスッキリできちゃうんですよ。
雨の日にやるのにうってつけ。病気のときや、退屈してるときには、ぜひ片付けをしてみましょう。

2012-10-09 #gear #tutorials #fun #project #tutorial #time #cameras #creative #tipster #decoration #original #lomo #organization abigail0605 の記事
翻訳 keni

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    2016-12-20 #people michellymatias の記事
    Petzval 85 Amigo: Misha Assis

    ブラジルのアーティストであるMisha AssisはロモグラフィーのPetzval 85 Art Lensのエキスパートです。それは彼のロモホームを覗いてみればすぐにわかるでしょう。こちらではMishaにPetzval 85 Art Lensへの想いを熱く語っていただきました!

    2016-12-20
  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:待つんじゃなくて、自ら行動を起こそう!

    2017-04-25 #ニュース Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:待つんじゃなくて、自ら行動を起こそう!

    待ってるだけで完璧な瞬間をフィルムに捉えることができるとは限りません。Lomo'Instant Automat Glassと一緒に自ら行動を起こしましょう!カメラをバルブ(B)モードにセットしたら、花火を使ってクリエイティブなイメージを描いちゃおう。

    2017-04-25
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 春、フィルム写真でお花見。

    2017-03-27 #ニュース refallinsasaki の記事
    春、フィルム写真でお花見。

    お花見の季節到来!お花見にはもちろん、あなたのお気に入りのカメラも持って行きますよね?お花見の賑やかな風景だったり、花びらのクローズアップ、多重写真に利用したりと、花はロモホームでも人気の被写体のうちの一つです。その中でも『フィルム写真 × お花見』の相性抜群な作品をロモホームより厳選してお届けします!

  • 2016年9月の人気ロモホームユーザー

    2016-09-30 #ニュース Lomography の記事
    2016年9月の人気ロモホームユーザー

    こちらでは2016年9月のトレンドに選ばれたユーザーのロモホームをご紹介します。いつも素敵な写真やアルバムを投稿しロモホームを賑やかにしていただき有難うございます!

    2016-09-30
  • Love in Lomo:ロモグラフィーがきっかけで始まった恋がある!?

    2017-02-21 #culture #people lomographymagazine の記事
    Love in Lomo:ロモグラフィーがきっかけで始まった恋がある!?

    理想のロモグラフィーパートナーに出逢えたら素敵だと思いませんか?ロモグラフィーのコミュニティーならそんな夢も叶うかも!?今回はロモグラフィーがきっかけで生まれた2組のカップルをご紹介しちゃいます!!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials lomographymagazine の記事
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

    2017-08-27
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • フィルムビギナーズ必見!あなたにピッタリのフィルムがわかる「Film Dating」

    2017-02-20 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    フィルムビギナーズ必見!あなたにピッタリのフィルムがわかる「Film Dating」

    みなさん、「Film Dating」をご存知ですか?このツールを使うと、簡単な質問に答えるだけであなたにピッタリのオススメフィルムがわかっちゃいます!

  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!