私のロモグラフィージャーニー

つい先日、ウィーンにあるロモグラフィー本社で、半年にわたるインターンを終えました。ですが、私はまだ、ロモグラフィーといっしょにいます。
でもインターンとしてじゃありませんよ。ウィーンにもいません。
私のロモグラフィーとの旅は、あなたのように、一台のカメラとはじまりました。でも、私の旅のちょっとちがうところは、いつもはシーンの裏方をしてくれている人々と一緒だったという所です。
このストーリーを投稿するのを許してね。

私の名前はナディア、ユーザーネームはは soundfoodaround です。香港にある、ロモグラフィーアジアのオンラインチームの一員として、5ヶ月働いています!もともとここの港町の出身で、オーストリアで6ヶ月間生活した後に、戻って来たんです。ここに戻って来て以来、学位取得中の友だち何人かに、学校を飛び出て海外でクリエイティブな仕事を探すのは、どんなものだったのかを尋ねられました。それだけじゃなく、ワインはおいしいのかとか、空気はきれいなのかなんてことも聞かれました。
でも、ウィーンの魅力についてはまだ彼らにも話してません。

私には放浪癖があります。私の放浪癖の由来はわかっているんですが、結局どうすることもできないので、むしろ思う存分楽しむことにしました。
だって、もし誰かが、どーしてもやりたいことがあるというなら、こう言って本人を納得させるしかできることはないでしょう。
「それがアナタのやってみたいこと、少なくとも挑戦してみたいことなら、やってみろ!」
ってね。

言っとくけど、わたしはいつもこんな感じっていうわけじゃないんですよ。

「Lomographyのどこにそんなにこだわってるわけ?」
こんな質問もありました。
うん、それはいい質問ね。マイ フレンド
私はこう言ったんです。

ウィーンでのオンライン マガジン インターンがあったからよ

Credits: soundfoodaround

2011年の夏にドイツを旅したので、ヨーロッパにはある程度なじみがありました。
そしてあれは7月の下旬でした。ロモグラフィーの Jobs というページに、オンラインマガジンの編集業務インターンの募集が投稿されていたのを見たんです。それに応募して、すぐに面接がありました。面接官は gabysalas という人でした。彼女は今や、私が探し求めていた、ベスト・メンターです。

LomoAmigos にコンタクトをとり、マガジンを作っているチーム内で任された記事と、今までの私の人生のなかで受けたインスピレーションを組み込んだ記事を作成したり、更には、マネジメントを学ぶことまで、それらの仕事すべてが、オンラインマガジンで使われているユニークなプログラムと同様に、エキサイティングでした。
職場の雰囲気も、夢見ていたものの10倍以上素敵でした。
ある出来事を文字に起こし、世に送り出す、そしてそれが世界中の読者を影響していく。それと同時に、ずっとそこにいる予定だった街を離れ、別の街で新しい暮らしをし(もちろん最初は慣れませんでしたが)、しかも自分でも混乱してしまうくらいの早さで、心も体もウィーンに適応していきました、なんと、ウィーンの厳しい冬にもすっかり慣れてしまいました。

私は、このインターンを編集に関わる仕事をしてみたい方には強くオススメします。とくに、クリエイティブな同僚と働き、一緒に閃きを探せる人、そしてアイデアとコンセプトを記事に入れこみ、ドキドキを現実にできる人にオススメです。

ロモグラフィー 香港

2006年撮影!

ところで、私の旅のすべては、高校時代にあった、2週間の職業研修からはじまりました!ロモグラフィー香港での仕事は、そのときに紹介されたもので、また一周してもとに戻って来たんです。

わたしがウィーンにいたころと、同じ仕事を今もしていますが、いまは私のそういった日々の仕事の材料になるものが、アジア中から集められてきます。とってもステキでしょう。インターネットを通じて、日本、タイ、マレーシアなどといった色んな国へ行きます。特に気に入っているのは、オフィスのなかに充満する、いや〜な雰囲気が、パソコンの画面に写し出される、すばらしい写真と、まぶしいクリエイティブ マインドによって、打ち壊されていく瞬間です。毎日、完全に満足できちゃうんです。
.
それに、 tattso という良きメンターがいることに感謝しています。みなさん、どうやらロモグラフィーの世界のどこにいたって、メンターに困ることはなさそうですよ!

あなたがこの記事を読むことで、いまこの瞬間にあなたが本当にやりたいことを、たとえそれがなんであれ、追求しようっていう気になってくれると嬉しいのですが。なにも難しい決断をしましょうと言っているのではなく、すべての行動(もしくは、何もしないこと)には、等しく結果がついてくるということに気付いてほしいのです。
ずっとやりたかったことをやって、自分自身を幸せにしてあげてくださいね!

2012-10-03 #ライフスタイル #story #headquarters #experience #jobs #intern #lomography-hong-kong #vienna soundfoodaround の記事
翻訳 keni

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #world #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #world #テクニック beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #world #ロケーション Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    2015-06-14 #gear #ライフスタイル bgaluppo の記事
    Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    インスタント写真はなんというか、ノスタルジックな感じがする。そう語る人は多い。自分でLomo'Instantカメラを使う時は、Splitzerやカラーフィルター等の奇抜なアクセサリーを併用する事も多いが、それでも確かに、そこには何かが在って...。それはあの幻想的なヴィネット効果のせいかしら?私はいつも、時間を遡り、そこに収められた瞬間をもう一度生きてみたいと願わずにはいられなくなるのだ。アナログ写真と古き良き思い出の導きのもと、私達はウィーンの名所旧跡の幾つかを訪れると、次また次とシャッター切った。写真ギャラリーをとくとご覧頂きたい!

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

  • 2015年9月のトレンドアルバム

    2015-10-03 #world #ニュース Eunice Abique の記事
    2015年9月のトレンドアルバム

    私たちが見てきたもの、経験してきたものを表現するのに、時折言葉では足りないと感じることがあります。そういった場合、思い出が詰まったスナップショットならば、更に記憶の最限度は高まります。ロモグラファーたちの9月を、精選されたアルバムを通して振り返りましょう。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 2016年 ロモグラフィーの福袋!

    2015-12-29 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    2016年 ロモグラフィーの福袋!

    毎年売切れ続出のロモグラフィーの福袋。2016年は中身の内容が分かる袋もご用意しました!今年の福袋は一体どのような内容になっているのでしょう?その気になる中身をちょっとだけご紹介しちゃいます!

  • ロンドンに入りては

    2015-06-11 #world #ロケーション jporacion の記事
    ロンドンに入りては

    見知らぬ事物との出会いが、旅を忘れられない体験にする。旅先では、土地の雰囲気、人や文化も、勝手知ったる故郷の慣わしとは、また違うもの。フィリピンからやって来た私にとって、イギリスは未知で満ちていた。その中でも際立っていたのが、ロンドンの町だ。

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。