私のロモグラフィージャーニー

つい先日、ウィーンにあるロモグラフィー本社で、半年にわたるインターンを終えました。ですが、私はまだ、ロモグラフィーといっしょにいます。
でもインターンとしてじゃありませんよ。ウィーンにもいません。
私のロモグラフィーとの旅は、あなたのように、一台のカメラとはじまりました。でも、私の旅のちょっとちがうところは、いつもはシーンの裏方をしてくれている人々と一緒だったという所です。
このストーリーを投稿するのを許してね。

私の名前はナディア、ユーザーネームはは soundfoodaround です。香港にある、ロモグラフィーアジアのオンラインチームの一員として、5ヶ月働いています!もともとここの港町の出身で、オーストリアで6ヶ月間生活した後に、戻って来たんです。ここに戻って来て以来、学位取得中の友だち何人かに、学校を飛び出て海外でクリエイティブな仕事を探すのは、どんなものだったのかを尋ねられました。それだけじゃなく、ワインはおいしいのかとか、空気はきれいなのかなんてことも聞かれました。
でも、ウィーンの魅力についてはまだ彼らにも話してません。

私には放浪癖があります。私の放浪癖の由来はわかっているんですが、結局どうすることもできないので、むしろ思う存分楽しむことにしました。
だって、もし誰かが、どーしてもやりたいことがあるというなら、こう言って本人を納得させるしかできることはないでしょう。
「それがアナタのやってみたいこと、少なくとも挑戦してみたいことなら、やってみろ!」
ってね。

言っとくけど、わたしはいつもこんな感じっていうわけじゃないんですよ。

「Lomographyのどこにそんなにこだわってるわけ?」
こんな質問もありました。
うん、それはいい質問ね。マイ フレンド
私はこう言ったんです。

ウィーンでのオンライン マガジン インターンがあったからよ

Credits: soundfoodaround

2011年の夏にドイツを旅したので、ヨーロッパにはある程度なじみがありました。
そしてあれは7月の下旬でした。ロモグラフィーの Jobs というページに、オンラインマガジンの編集業務インターンの募集が投稿されていたのを見たんです。それに応募して、すぐに面接がありました。面接官は gabysalas という人でした。彼女は今や、私が探し求めていた、ベスト・メンターです。

LomoAmigos にコンタクトをとり、マガジンを作っているチーム内で任された記事と、今までの私の人生のなかで受けたインスピレーションを組み込んだ記事を作成したり、更には、マネジメントを学ぶことまで、それらの仕事すべてが、オンラインマガジンで使われているユニークなプログラムと同様に、エキサイティングでした。
職場の雰囲気も、夢見ていたものの10倍以上素敵でした。
ある出来事を文字に起こし、世に送り出す、そしてそれが世界中の読者を影響していく。それと同時に、ずっとそこにいる予定だった街を離れ、別の街で新しい暮らしをし(もちろん最初は慣れませんでしたが)、しかも自分でも混乱してしまうくらいの早さで、心も体もウィーンに適応していきました、なんと、ウィーンの厳しい冬にもすっかり慣れてしまいました。

私は、このインターンを編集に関わる仕事をしてみたい方には強くオススメします。とくに、クリエイティブな同僚と働き、一緒に閃きを探せる人、そしてアイデアとコンセプトを記事に入れこみ、ドキドキを現実にできる人にオススメです。

ロモグラフィー 香港

2006年撮影!

ところで、私の旅のすべては、高校時代にあった、2週間の職業研修からはじまりました!ロモグラフィー香港での仕事は、そのときに紹介されたもので、また一周してもとに戻って来たんです。

わたしがウィーンにいたころと、同じ仕事を今もしていますが、いまは私のそういった日々の仕事の材料になるものが、アジア中から集められてきます。とってもステキでしょう。インターネットを通じて、日本、タイ、マレーシアなどといった色んな国へ行きます。特に気に入っているのは、オフィスのなかに充満する、いや〜な雰囲気が、パソコンの画面に写し出される、すばらしい写真と、まぶしいクリエイティブ マインドによって、打ち壊されていく瞬間です。毎日、完全に満足できちゃうんです。
.
それに、 tattso という良きメンターがいることに感謝しています。みなさん、どうやらロモグラフィーの世界のどこにいたって、メンターに困ることはなさそうですよ!

あなたがこの記事を読むことで、いまこの瞬間にあなたが本当にやりたいことを、たとえそれがなんであれ、追求しようっていう気になってくれると嬉しいのですが。なにも難しい決断をしましょうと言っているのではなく、すべての行動(もしくは、何もしないこと)には、等しく結果がついてくるということに気付いてほしいのです。
ずっとやりたかったことをやって、自分自身を幸せにしてあげてくださいね!

2012-10-03 #lifestyle #story #vienna #experience #intern #headquarters #jobs #lomography-hong-kong soundfoodaround の記事
翻訳 keni

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    2017-07-23 #culture
    ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    青は落ち着いた静かな印象を与える色であると同時に、冷たさを表す色でもあります。おそらく青が嫌いだという人は少ないのではないでしょうか?なぜ私たちは青に安らぎを感じるのでしょう?

  • The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    2017-06-22 #gear
    The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    The Smoking GunsというDJデュオとしても良く知られるIrainaとSam。彼らはロモグラフィーのソーホー店のすぐそばにあるソーホーラジオでのレギュラー番組も持っているんです!今回ロモグラフィーでは二人にLomo'Instant Automatを渡して、雨ばかりのイギリスとは正反対の晴れ渡るロサンゼルスへの旅行をインスタント写真に収めていただきました!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【Best of Lomography Community】 2017年の人気記事・写真を大発表

    2018-01-02 choko3 の記事
    【Best of Lomography Community】 2017年の人気記事・写真を大発表

    ロモグラファーの皆さま、新年あけましておめでとうございます!昨年もロモグラフィーをご愛顧いただき誠にありがとうございました。おせちやお雑煮を食べながら、のんびり昨年を振り返ってみましょう。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。