私のロモグラフィージャーニー

つい先日、ウィーンにあるロモグラフィー本社で、半年にわたるインターンを終えました。ですが、私はまだ、ロモグラフィーといっしょにいます。 でもインターンとしてじゃありませんよ。ウィーンにもいません。 私のロモグラフィーとの旅は、あなたのように、一台のカメラとはじまりました。でも、私の旅のちょっとちがうところは、いつもはシーンの裏方をしてくれている人々と一緒だったという所です。 このストーリーを投稿するのを許してね。

私の名前はナディア、ユーザーネームはは soundfoodaround です。香港にある、ロモグラフィーアジアのオンラインチームの一員として、5ヶ月働いています!もともとここの港町の出身で、オーストリアで6ヶ月間生活した後に、戻って来たんです。ここに戻って来て以来、学位取得中の友だち何人かに、学校を飛び出て海外でクリエイティブな仕事を探すのは、どんなものだったのかを尋ねられました。それだけじゃなく、ワインはおいしいのかとか、空気はきれいなのかなんてことも聞かれました。
でも、ウィーンの魅力についてはまだ彼らにも話してません。

私には放浪癖があります。私の放浪癖の由来はわかっているんですが、結局どうすることもできないので、むしろ思う存分楽しむことにしました。
だって、もし誰かが、どーしてもやりたいことがあるというなら、こう言って本人を納得させるしかできることはないでしょう。
「それがアナタのやってみたいこと、少なくとも挑戦してみたいことなら、やってみろ!」
ってね。

言っとくけど、わたしはいつもこんな感じっていうわけじゃないんですよ。

「Lomographyのどこにそんなにこだわってるわけ?」
こんな質問もありました。
うん、それはいい質問ね。マイ フレンド
私はこう言ったんです。

ウィーンでのオンライン マガジン インターンがあったからよ

Credits: soundfoodaround

2011年の夏にドイツを旅したので、ヨーロッパにはある程度なじみがありました。
そしてあれは7月の下旬でした。ロモグラフィーの Jobs というページに、オンラインマガジンの編集業務インターンの募集が投稿されていたのを見たんです。それに応募して、すぐに面接がありました。面接官は gabysalas という人でした。彼女は今や、私が探し求めていた、ベスト・メンターです。

LomoAmigos にコンタクトをとり、マガジンを作っているチーム内で任された記事と、今までの私の人生のなかで受けたインスピレーションを組み込んだ記事を作成したり、更には、マネジメントを学ぶことまで、それらの仕事すべてが、オンラインマガジンで使われているユニークなプログラムと同様に、エキサイティングでした。
職場の雰囲気も、夢見ていたものの10倍以上素敵でした。
ある出来事を文字に起こし、世に送り出す、そしてそれが世界中の読者を影響していく。それと同時に、ずっとそこにいる予定だった街を離れ、別の街で新しい暮らしをし(もちろん最初は慣れませんでしたが)、しかも自分でも混乱してしまうくらいの早さで、心も体もウィーンに適応していきました、なんと、ウィーンの厳しい冬にもすっかり慣れてしまいました。

私は、このインターンを編集に関わる仕事をしてみたい方には強くオススメします。とくに、クリエイティブな同僚と働き、一緒に閃きを探せる人、そしてアイデアとコンセプトを記事に入れこみ、ドキドキを現実にできる人にオススメです。

ロモグラフィー 香港

2006年撮影!

ところで、私の旅のすべては、高校時代にあった、2週間の職業研修からはじまりました!ロモグラフィー香港での仕事は、そのときに紹介されたもので、また一周してもとに戻って来たんです。

わたしがウィーンにいたころと、同じ仕事を今もしていますが、いまは私のそういった日々の仕事の材料になるものが、アジア中から集められてきます。とってもステキでしょう。インターネットを通じて、日本、タイ、マレーシアなどといった色んな国へ行きます。特に気に入っているのは、オフィスのなかに充満する、いや〜な雰囲気が、パソコンの画面に写し出される、すばらしい写真と、まぶしいクリエイティブ マインドによって、打ち壊されていく瞬間です。毎日、完全に満足できちゃうんです。
.
それに、 tattso という良きメンターがいることに感謝しています。みなさん、どうやらロモグラフィーの世界のどこにいたって、メンターに困ることはなさそうですよ!

あなたがこの記事を読むことで、いまこの瞬間にあなたが本当にやりたいことを、たとえそれがなんであれ、追求しようっていう気になってくれると嬉しいのですが。なにも難しい決断をしましょうと言っているのではなく、すべての行動(もしくは、何もしないこと)には、等しく結果がついてくるということに気付いてほしいのです。
ずっとやりたかったことをやって、自分自身を幸せにしてあげてくださいね!

2012-10-03 #ライフスタイル #vienna #headquarters #story #experience #jobs #intern #lomography-hong-kong soundfoodaround の記事
translated by keni

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #world #tipster beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    2014-11-25 #ニュース tomas_bates の記事
    LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    ロモグラフィー本社のあるオーストリアのウィーンでは肌寒い季節になりました。こんな季節に美しい夏の終わりを写し出した写真を見るとノスタルジックな気分に導かれます。私たちの同僚のDreamが LC-A 120で写し出したオーストリアの田園風景を見て、冷たい冬の訪れとともにやってくるブルーな気分を払拭しましょう。

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #world #ロケーション Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    2015-05-18 #gear #ライフスタイル #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 被写界深度

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • Sprocket Rocket: First Love Never Dies

    2014-09-19 #レビュー jokelangens の記事
    Sprocket Rocket: First Love Never Dies

    Lomography Sprocket Rocketは私の初めてのアナログカメラで、少々このカメラに困ったこともありました。もう数年間、嵐の様な熱愛関係にあります。でもついに、困難を克服して私たちの関係も穏やかになりました。今では彼は私の古いお気に入り。昔の恋は決して錆びません。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear #ライフスタイル kenaz の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • ロンドンに入りては

    2015-06-11 #world #ロケーション jporacion の記事
    ロンドンに入りては

    見知らぬ事物との出会いが、旅を忘れられない体験にする。旅先では、土地の雰囲気、人や文化も、勝手知ったる故郷の慣わしとは、また違うもの。フィリピンからやって来た私にとって、イギリスは未知で満ちていた。その中でも際立っていたのが、ロンドンの町だ。

  • 不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    2015-07-15 #people #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    ジャズの名曲を聴かせるアナログレコードの無骨な音色は、多くの人が愛するところ。ちょうどそれと同じように、私達がアナログ写真を選ぶのも、その自然な不完全さの故だ。それはなんとも形容し難い不思議な力で、私達の現実の在り方を思い出させてくれる。完璧でないからこそ、アナログ写真は魅力的なのだ。私達は、26歳のシネマトグラファーにしてDJ、そしてまた、緻密に構成された写真によって、自然な美しさの極まった静謐な瞬間を写し続けるフォトグラファーでもあるAdriano Guimarães Sodréと話をすることが出来た。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #tipster gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    2015-01-20 #gear #tipster mikekumagai の記事
    フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    薬品をかけたり、燃やしたり、ネガにひっかき傷をつけることは、フィルムで実験する数少ない方法です。しかし、完璧にフィルムを壊してしまう(もしあなたがラッキーなら何かびっくりしちゃうものを生み出す)別の方法があります。それは文字通り、夜に居酒屋から千鳥足で家へ帰る酔っぱらった人とおなじくらいばかなものです。 そして、全ては闇に包まれるのです。