Analogue, Digital & You: 男子 vs. 女子

Analogue, Digital and You アンケートへ回答してくれた5676人のなかで、48%が男性で、52%が女性でした。このデータをもとに、回答を分析し、男性と女性のロモグラファーがもっている世界観のちがいを比べてみました。
この調査によって、ロモ男子とロモ女子の間にある面白いちがいがわかってきましたよ〜!

Credits: miriel

ロモグラファーの習慣

Analogue, Digital and You アンケート に回答してくれた女性のうちで、少なくとも一台はロモカメラを持っていると回答したのは、男性が84%だったのにくらべ、90%にものぼりました。さらに、その中で5台以上のカメラを持っていると答えた女性は18%で、男性は24%でした。
この分野では、お気に入りのカメラという点でも男女でちがいがありました。
1番人気のカメラは男女ともに Diana F+ でしたが、女性が25%、男性が16%と、獲得投票率には9%のちがいがありました。同じように、 La Sardina も女性からの支持(9%)のほうが男性からの支持(5%)よりも高くなっています。しかしながら、 オリジナルのLC-A は男性11%、女性4%と男性の人気が高いことがわかります。

ロモグラフィーを使った撮影の頻度という点でも、いくつかの差異がありました。毎日アナログ写真を多く撮影すると答えた男性は16%であるのに比べ、女性は10%ほどでした。また、月に10本以上のフィルムを使用するとする男性が6%だったのに比べ、女性は2%ほどにとどまりました。

Credits: endorphin

ロモグラフィー以外での生活において

男女のロモグラファーで、もっとも面白いちがいが現れたのは、読書に関する点です。毎日本を読む時間が多いと答えた女性は18%でしたが、男性は11%ほどでした。おそらくこれは、読書によって幸せを感じると答えた女性が55%にものぼるのに対して、男性は38%ほどだったことが原因でしょう。
読書とテレビを見るのはどちらが好きか、という質問に対しては、男女ともに読書だと答えた人が多いようです。しかし、ここにも男女でちがいがあり、読書だと答えた比率は男性が74%だったのに対し、女性は82%でした。
また、本を本屋で買うのと、オンラインで買うのはどちらが好きか、という質問に対しては、本屋だと答えた人が多く、男性が81%、女性が86%となっています。

女性が読書を好むことがわかりましたが、コンピューターゲームは好きではないようです。40%の女性がコンピューターゲームには幸せを感じないと答えているのに対し、男性の回答は30%でした。どうやら男性は、アナログ音楽により興味があるらしく、48%の男性のロモグラファーが、レコードで音楽を聴くのが好きだと回答しています。(女性は16%でした。)

Credits: endorphin

デジタルに関するアンケート

最後はデジタルテクノロジーに関してです。男性と女性のデジタルテクノロジーへの捉え方には、大きなちがいがあることがわかりました。ほとんどの場合、男性と女性で回答が大きく違うということはありませんでした、しかし、パーセンテージをみてみると、より日常的な場面では、男女間で差があることがわかりました。
例えば、携帯電話なしで一週間以上過ごせると答えた男性が36%であるのに対して、女性は29%でした。また、家に携帯電話を忘れてきたと気付いたときに、どう感じるかという質問においては、23%の女性が混乱してしまうと答えているのに対し、男性は18%ほどでした。また、一方で16%の男性は、携帯を家に置き忘れたことで、開放感を感じるとしており、この割合は女性では11%でした。

またインターネットを使用する時間に関しても、対照的でした。毎日SMSに多くの時間を使っていると答えた女性は、44%にものぼりましたが、同じ回答をした男性は6%ほどでした。そして、55%の男性がネットサーフィンに毎日多くの時間を使っていると答えたのに対し、女性は7%ほどしかおりませんでした。

この結果は Digital and You アンケート を元に作成されています。
82カ国5676人の方にご協力いただきました。 誠にありがとうございました。

2012-10-07 #ニュース #boys-vs-girls #analogue-digital-and-you-survey tomas_bates の記事
翻訳 keni

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #gear #ニュース Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    2015-05-28 #people #ライフスタイル zonderbar の記事
    Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    この「アナログ写真の5つの質問」シリーズは、傑出した才能とカメラへの情熱を兼ね備えたフイルムフォトグラファーたちに5つの質問をし、かれらのアナログ写真に対する熱い思いを垣間見ようというものです。もちろん素敵な写真も忘れてはいません!今回はInes Rehbergerさんが私達の質問に答えてくれます。ブラウンシュバイク (Braunschweig) 生れの女性フォトグラファーである彼女について、この記事で詳しくご紹介します。

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people #Lomoamigos bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

  • LomoChrome Turquoise フィルムに写すアメリカ南西部の景色

    2015-06-10 #gear #レビュー austex の記事
    LomoChrome Turquoise フィルムに写すアメリカ南西部の景色

    もうすでに考えられるアングルでは撮り尽くされた景色に、新しい風を起こすにはどうすれぼ良いのだろうか?答えはもちろん、新しいフィルムを使うことだ!このことを念頭に置いて、Nikon 35TiにLomoChrome Turquoise XRフィルムを入れてユタ州南部とアリゾナ州北部へのよくある旅に出かけたんだ。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #world #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

  • LomoKino ムービーセクションが戻ってきました!

    2015-07-09 #world #ニュース pan_dre の記事
    LomoKino ムービーセクションが戻ってきました!

    Movieセクションがロモグラフィー公式Webサイトに戻ってきました!今年2月にリニューアルして以来、このセクションの復活を待ち通しにしていた方も多いのではないでしょうか?

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #world #ロケーション Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    2015-05-19 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    フォトグラファーとして専門的な訓練を受けたにも関わらず、Inesさんはその仕事を辞めてしまった。写真は単純に趣味として続けるとのこと。それでも彼女が時折創りだしてくれるポートレイトには、かつてからの美しい豊かな表現力が健在している。最近は彼女の故郷、Brunswick(ブラウンシュバイク)で撮影を行い、あのユニークな渦を生み出すボケ効果を通して、この町を紛れもない夢の世界へと変貌させた。その時彼女が使ったアイテムは?もちろん、New Petzval Art Lensです!

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!