Analogue, Digital & You: 男子 vs. 女子

Analogue, Digital and You アンケートへ回答してくれた5676人のなかで、48%が男性で、52%が女性でした。このデータをもとに、回答を分析し、男性と女性のロモグラファーがもっている世界観のちがいを比べてみました。
この調査によって、ロモ男子とロモ女子の間にある面白いちがいがわかってきましたよ〜!

Credits: miriel

ロモグラファーの習慣

Analogue, Digital and You アンケート に回答してくれた女性のうちで、少なくとも一台はロモカメラを持っていると回答したのは、男性が84%だったのにくらべ、90%にものぼりました。さらに、その中で5台以上のカメラを持っていると答えた女性は18%で、男性は24%でした。
この分野では、お気に入りのカメラという点でも男女でちがいがありました。
1番人気のカメラは男女ともに Diana F+ でしたが、女性が25%、男性が16%と、獲得投票率には9%のちがいがありました。同じように、 La Sardina も女性からの支持(9%)のほうが男性からの支持(5%)よりも高くなっています。しかしながら、 オリジナルのLC-A は男性11%、女性4%と男性の人気が高いことがわかります。

ロモグラフィーを使った撮影の頻度という点でも、いくつかの差異がありました。毎日アナログ写真を多く撮影すると答えた男性は16%であるのに比べ、女性は10%ほどでした。また、月に10本以上のフィルムを使用するとする男性が6%だったのに比べ、女性は2%ほどにとどまりました。

Credits: endorphin

ロモグラフィー以外での生活において

男女のロモグラファーで、もっとも面白いちがいが現れたのは、読書に関する点です。毎日本を読む時間が多いと答えた女性は18%でしたが、男性は11%ほどでした。おそらくこれは、読書によって幸せを感じると答えた女性が55%にものぼるのに対して、男性は38%ほどだったことが原因でしょう。
読書とテレビを見るのはどちらが好きか、という質問に対しては、男女ともに読書だと答えた人が多いようです。しかし、ここにも男女でちがいがあり、読書だと答えた比率は男性が74%だったのに対し、女性は82%でした。
また、本を本屋で買うのと、オンラインで買うのはどちらが好きか、という質問に対しては、本屋だと答えた人が多く、男性が81%、女性が86%となっています。

女性が読書を好むことがわかりましたが、コンピューターゲームは好きではないようです。40%の女性がコンピューターゲームには幸せを感じないと答えているのに対し、男性の回答は30%でした。どうやら男性は、アナログ音楽により興味があるらしく、48%の男性のロモグラファーが、レコードで音楽を聴くのが好きだと回答しています。(女性は16%でした。)

Credits: endorphin

デジタルに関するアンケート

最後はデジタルテクノロジーに関してです。男性と女性のデジタルテクノロジーへの捉え方には、大きなちがいがあることがわかりました。ほとんどの場合、男性と女性で回答が大きく違うということはありませんでした、しかし、パーセンテージをみてみると、より日常的な場面では、男女間で差があることがわかりました。
例えば、携帯電話なしで一週間以上過ごせると答えた男性が36%であるのに対して、女性は29%でした。また、家に携帯電話を忘れてきたと気付いたときに、どう感じるかという質問においては、23%の女性が混乱してしまうと答えているのに対し、男性は18%ほどでした。また、一方で16%の男性は、携帯を家に置き忘れたことで、開放感を感じるとしており、この割合は女性では11%でした。

またインターネットを使用する時間に関しても、対照的でした。毎日SMSに多くの時間を使っていると答えた女性は、44%にものぼりましたが、同じ回答をした男性は6%ほどでした。そして、55%の男性がネットサーフィンに毎日多くの時間を使っていると答えたのに対し、女性は7%ほどしかおりませんでした。

この結果は Digital and You アンケート を元に作成されています。
82カ国5676人の方にご協力いただきました。 誠にありがとうございました。

2012-10-07 #ニュース #analogue-digital-and-you-survey #boys-vs-girls tomas_bates の記事
翻訳 keni

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    2017-06-04 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    Lomo LC-Aは、ロモグラフィーの始まりともいえるカメラです。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラがどのようにして自分たちの人生の一部となったかを語ってくれました。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    2018-02-19 #people crissyrobles の記事
    太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    前回 Petzval 85 Art Lens で美しいポートレイト・シリーズを撮影したシンガポール人の Audrey Kwok。私たちは Lomo'Instant Squareのクラウドファンディングが始まる前に、彼女にカメラを試してもらいました。彼女が描くミニマルで美しい世界は、Lomo'Instant Squareのスクエアフレームにぴったり。

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    2017-06-04
    Neptune Convertible Art Lens Systemでいつもとは違う視点から撮影してみよう!

    無限の可能性に挑戦できるNeptune Convertible Art Lens Systemを活用して、建物のラインや模様を生かしたイメージを撮影してみませんか?きっとこれまで観たことのないような世界に出逢えるはずですよ!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • 山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    2018-01-12 hodachrome の記事
    山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    多重露光による様々な幻想世界を魅せる山本穂高氏 ( @hodachrome )による写真展のご案内です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない四季折々の群像劇をぜひご堪能ください。