Analogue, Digital & You: 男子 vs. 女子

Analogue, Digital and You アンケートへ回答してくれた5676人のなかで、48%が男性で、52%が女性でした。このデータをもとに、回答を分析し、男性と女性のロモグラファーがもっている世界観のちがいを比べてみました。
この調査によって、ロモ男子とロモ女子の間にある面白いちがいがわかってきましたよ〜!

Credits: miriel

ロモグラファーの習慣

Analogue, Digital and You アンケート に回答してくれた女性のうちで、少なくとも一台はロモカメラを持っていると回答したのは、男性が84%だったのにくらべ、90%にものぼりました。さらに、その中で5台以上のカメラを持っていると答えた女性は18%で、男性は24%でした。
この分野では、お気に入りのカメラという点でも男女でちがいがありました。
1番人気のカメラは男女ともに Diana F+ でしたが、女性が25%、男性が16%と、獲得投票率には9%のちがいがありました。同じように、 La Sardina も女性からの支持(9%)のほうが男性からの支持(5%)よりも高くなっています。しかしながら、 オリジナルのLC-A は男性11%、女性4%と男性の人気が高いことがわかります。

ロモグラフィーを使った撮影の頻度という点でも、いくつかの差異がありました。毎日アナログ写真を多く撮影すると答えた男性は16%であるのに比べ、女性は10%ほどでした。また、月に10本以上のフィルムを使用するとする男性が6%だったのに比べ、女性は2%ほどにとどまりました。

Credits: endorphin

ロモグラフィー以外での生活において

男女のロモグラファーで、もっとも面白いちがいが現れたのは、読書に関する点です。毎日本を読む時間が多いと答えた女性は18%でしたが、男性は11%ほどでした。おそらくこれは、読書によって幸せを感じると答えた女性が55%にものぼるのに対して、男性は38%ほどだったことが原因でしょう。
読書とテレビを見るのはどちらが好きか、という質問に対しては、男女ともに読書だと答えた人が多いようです。しかし、ここにも男女でちがいがあり、読書だと答えた比率は男性が74%だったのに対し、女性は82%でした。
また、本を本屋で買うのと、オンラインで買うのはどちらが好きか、という質問に対しては、本屋だと答えた人が多く、男性が81%、女性が86%となっています。

女性が読書を好むことがわかりましたが、コンピューターゲームは好きではないようです。40%の女性がコンピューターゲームには幸せを感じないと答えているのに対し、男性の回答は30%でした。どうやら男性は、アナログ音楽により興味があるらしく、48%の男性のロモグラファーが、レコードで音楽を聴くのが好きだと回答しています。(女性は16%でした。)

Credits: endorphin

デジタルに関するアンケート

最後はデジタルテクノロジーに関してです。男性と女性のデジタルテクノロジーへの捉え方には、大きなちがいがあることがわかりました。ほとんどの場合、男性と女性で回答が大きく違うということはありませんでした、しかし、パーセンテージをみてみると、より日常的な場面では、男女間で差があることがわかりました。
例えば、携帯電話なしで一週間以上過ごせると答えた男性が36%であるのに対して、女性は29%でした。また、家に携帯電話を忘れてきたと気付いたときに、どう感じるかという質問においては、23%の女性が混乱してしまうと答えているのに対し、男性は18%ほどでした。また、一方で16%の男性は、携帯を家に置き忘れたことで、開放感を感じるとしており、この割合は女性では11%でした。

またインターネットを使用する時間に関しても、対照的でした。毎日SMSに多くの時間を使っていると答えた女性は、44%にものぼりましたが、同じ回答をした男性は6%ほどでした。そして、55%の男性がネットサーフィンに毎日多くの時間を使っていると答えたのに対し、女性は7%ほどしかおりませんでした。

この結果は Digital and You アンケート を元に作成されています。
82カ国5676人の方にご協力いただきました。 誠にありがとうございました。

2012-10-07 #ニュース #boys-vs-girls #analogue-digital-and-you-survey tomas_bates の記事
翻訳 keni

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

  • あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    2015-09-09 #ニュース #people ciscoswank の記事
    あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    世の中にあふれる「顔」に見えるものたち。そんな隠れた「顔」を写した写真のコンテストが開催されています!普段は気づかない隠れたものに対する視点を持つことを目的としたこのコンテスト。あなたも参加して、いつもとは違うものの見方を養ってみませんか?

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • LC-Aを愛用しているのは…あの人、あの人、そしてあなた!

    2016-06-29 ciaoannacotta の記事
    LC-Aを愛用しているのは…あの人、あの人、そしてあなた!

    「フィルム写真、何で好きなの?」に対して「●●だから!」とすぐ答えられる人もいれば、「なんとなく(なんだよなぁ)」と少し悩む方もいらっしゃると思います。ここロモグラフィーはフィルム愛で溢れています。中でもLC-A+やLC-Wideを愛用している方は日常的にフィルムで写真を撮っている方がほとんど。いままでロモグラフィージャパンが出会ったLC-Aラヴァ―の方を、今日は一挙にご紹介!またあなたが街で見かけたLC-A話があれば、ぜひコメント欄に投稿してください♪

  • LomoAmigo: Selver Yıldırım

    2016-01-14 #people sedaakay の記事
    LomoAmigo: Selver Yıldırım

    Selver Yildirimはトルコ・イスタンブールのアート学生。友人と共同設立したブランドのデザイナーとして活動しています。日常性の中にユニークなアプローチをとりいれたデザイン、絵を生み出します。そんな彼女にLa Sardina DIYカメラをお渡しし、彼女らしさ満点のカメラをデザインしてもらいました。出来上がった作品はカラフルなイラストで埋め尽くされた、彼女の美学がつめこまれた一品に!

  • 世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    2016-05-06 #ニュース #gear lomographymagazine の記事
    世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    なんとDaguerreotype Achromat Art LensにCanon EFマウント、Nikon FマウントだけではなくPentax Kマウントのリターンが追加されることになりました!あまりに急な発表で驚かれた方もいらっしゃることと思いますが、私たちもこちらを発表することができて大変うれしく思います。世界規模での目標本数に達したためリターンとして正式に追加されます!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 2015年9月のトレンドアルバム

    2015-10-03 #ニュース Eunice Abique の記事
    2015年9月のトレンドアルバム

    私たちが見てきたもの、経験してきたものを表現するのに、時折言葉では足りないと感じることがあります。そういった場合、思い出が詰まったスナップショットならば、更に記憶の最限度は高まります。ロモグラファーたちの9月を、精選されたアルバムを通して振り返りましょう。

  • Lomography+主催【Petzval X'mas直前ワークショップ!】

    2015-11-13 #ニュース #gear Lomography+ の記事
    Lomography+主催【Petzval  X'mas直前ワークショップ!】

    秋真っ盛りですが、あと少しでクリスマスの季節がやってきます! そこで、Lomographerのみなさんとちょっと早いクリスマス気分を、美しいPetzval 85mm Lensと一緒に味わってみませんか?

  • The Big Picture(概要): Lomography Mystery Product (Part 1)

    2015-10-09 #ニュース #gear lomography の記事
    The Big Picture(概要): Lomography Mystery Product (Part 1)

    またこの日がやってきました!Lomographyは新しい商品を近日発表します!新商品は一体どんなものになるのか、気になりますよね?恒例のヒント記事がこちらです!さあ皆さま、次の商品は何なのか?考えてみてください!