La Sardina ワードローブアーティスト - ウェンディー・ラウとLa Sardina DIY

1

若い頃から自身のレーベル"UUendy"を立ち上げ、革素材を使った作品を作り上げてるウェンディー・ラウさん。動物が大好きだという彼女が生み出す作品は、見る人みんなを幸せな気持ちにさせてくれます!
そんな彼女がデザインしてくれたLa Sardina DIY。いったいどんな仕上がりになっているんでしょうか?

Wendy 和她的皮革作品。 | 圖片來源

1. まずはじめに、La Sardina DIYをデザインする上でのテーマを教えて下さい。どんなコンセプトがありますか?
今回は、La Sardina DIYをLa Zebraにしちゃいました。素材からシマウマを作って、このカメラにくっつけてみたんです。頭はフラッシュカバーになっていて、尻尾はハンドストラップとして使えます。足はそのままでも三脚が取り付けられるようになっていて、La Sardinaのかわいいボディーに、シマウマのボディーデザインとファーをつけて、撮影するのが楽しくなっちゃうような造りになっています!

カメラの角のLの形って動物の首や体みたいに見えたんで、最初から何か動物のデザインにしようって決めてました。次に「何の動物にしよう?」って考えて、最初はヘラジカにしようと思ったんだけど、鹿のツノを作るのがちょっと難しいのと、保管するのにも不便だろうなってことになりました。アルパカもいいかなって思ったんですけど、首の長さが表現しにくかったんで、これもやめました。そして最後に自分の初期のコレクションでも採用した、シマウマにきめました。カメラの形とシマウマのボディーがマッチしてましたしね。最終的には、尻尾やネックストラップなんかのディテールを加えて、La Zebraを完成させました。

2. このDIYのデザインのキッカケになったのはなんですか?
作品をつくるときには、まず、自分が好きなものに関係するテーマを決めます。思い出だったり、考えていることだったり。その後、ブランドやスタイルに合うように、イマジネーションを広げて、デザインにまたちがったインスピレーションを加えます。だいたいインスピレーションは自分の身の回りにあるものからもらってますね。ファッションや食べ物や建物、交通手段とかいろんなものから。そうやってるうちに"エウレカ"(見つけたっ!)な瞬間がきて、作品の全体像が出来上がります。そうして出来上がったのを、同じようなコレクションの中に加えていってます。
だからいつもインスピレーションは突然にやってくるし、思いついたときは興奮しちゃいますね。

WendyLa Sardina DIY 作品

*3. デザインしたDIYをご自身の好きなアーティストやデザイナーにプレゼントするなら、誰にしますか?その理由は?(亡くなった方でも構いません。)
日本人デザイナーの三宅一生さんですね。彼の作品の大ファンなんです。シンプルなデザインなんですけど、いろんな思いが込められているんです。細部にまでこだわっているし、特にラインの使い方が大好きですね。いつか彼がこのLa Zebraをキッカケに新しいファッションコレクションをデザインしてくれるといいなって思います。ロモグラファーに向けたファッションを彼みたいなマエストロがデザインして、それを着たロモグラファーがDIYカメラで写真を撮っているところが見てみたいです。

4. DIYをデザインする時にオススメのテクニックはありますか?Can you share some creative tips with DIY newbies?
まず自分の方向性や技術を分析して、本やウェブサイトをつかって作り方なんかをリサーチしたほうがいいと思います。作る順番だったり、必要なツールをちゃんと理解しておくと、作るのが楽になりますから。何かを作り出すときには、最初は心の中にちょっとした風が吹くんです。そのあとに、やってみて、肉付けをはじめるんです。自分が思うようにやってみることが大切です。それに最終的に出来上がった作品が、コンセプトとちがっているってことも本当によくあることですね。そしたら、どうしてそうなってしまったのかを分析して、次に活かす。これの繰り返しで満足する作品が出来上がりますよ。

5. このLa Sardina DIYで撮ってみたい人/場所はありますか?(想像上の場所でもOKです)
私がこのLa Zebraを首から下げている姿をみた人の最初のリアクションを撮ってみたいですね。

ロモグラフィーマガジンのインタビューにご協力頂き、ありがとうございました!

彼女のレーベル"UUendy"の作品は、彼女のウェブサイトやFacebookページからご覧になれます!

La Sardina Wardrobe Exhibition

2012-11-11 #people #Lomoamigos #la-sardina-wardrobe #hong-kong #hongkong #hk #diy #sardina #asia #artist #35mm-films #la-sardina #monochrome edwinchau の記事
翻訳 keni

1 Comment

  1. npkishi
    npkishi ·

    すーごーくーかわいい!ラウさんの作品にも興味津々…

他の記事を読む

  • LomoAmigo: Selver Yıldırım

    2016-01-14 #people #Lomoamigos sedaakay の記事
    LomoAmigo: Selver Yıldırım

    Selver Yildirimはトルコ・イスタンブールのアート学生。友人と共同設立したブランドのデザイナーとして活動しています。日常性の中にユニークなアプローチをとりいれたデザイン、絵を生み出します。そんな彼女にLa Sardina DIYカメラをお渡しし、彼女らしさ満点のカメラをデザインしてもらいました。出来上がった作品はカラフルなイラストで埋め尽くされた、彼女の美学がつめこまれた一品に!

  • Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    2015-09-14 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    フォトグラファーの仁志しおりさん。昨年、Petzvalレンズを通した美しい雪景色を私たちに見せてくれた彼女が、思い出の詰まったお気に入りの場所で、一番身近な人をPetzval 85 Art Lensで撮影しました。柔らかな空気感まで伝わってくる、自然体の姿を写した写真と興味深いインタビューをお楽しみください。

  • Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    2015-05-19 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    フォトグラファーとして専門的な訓練を受けたにも関わらず、Inesさんはその仕事を辞めてしまった。写真は単純に趣味として続けるとのこと。それでも彼女が時折創りだしてくれるポートレイトには、かつてからの美しい豊かな表現力が健在している。最近は彼女の故郷、Brunswick(ブラウンシュバイク)で撮影を行い、あのユニークな渦を生み出すボケ効果を通して、この町を紛れもない夢の世界へと変貌させた。その時彼女が使ったアイテムは?もちろん、New Petzval Art Lensです!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • Petzval Gallery: 彼女に恋する10個の理由

    2016-01-13 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Petzval Gallery: 彼女に恋する10個の理由

    Lomographyが再誕させたPetzvalレンズは、美しい顔を愛おしく思うさまざまな理由を与えてくれます。Petzvalが捉えた、「彼女」の美しさをお楽しみください。

  • 【参加者募集中! Lomography+】アーツ千代田3331でカメラの課外授業!学生限定ワークショップ

    2015-07-17 #people ameli124 の記事
    【参加者募集中! Lomography+】アーツ千代田3331でカメラの課外授業!学生限定ワークショップ

    今回Lomography+では、夏休みの始まりに合わせて【学生限定】特別ワークショップを開催いたします!題して、「真夏のカメラ課外授業」。場所は1階にLomographyがショップを構えるちょっと変わった学校・アーツ千代田3331。カメラが大好きな学生さんは勿論、今までカメラを触ったことがない・・・という学生さんも大歓迎。色んなフィルムカメラと一緒にワクワクできる授業を沢山ご用意してお待ちしておりますので、是非ご参加ください!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    2015-05-28 #people #ライフスタイル zonderbar の記事
    Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    この「アナログ写真の5つの質問」シリーズは、傑出した才能とカメラへの情熱を兼ね備えたフイルムフォトグラファーたちに5つの質問をし、かれらのアナログ写真に対する熱い思いを垣間見ようというものです。もちろん素敵な写真も忘れてはいません!今回はInes Rehbergerさんが私達の質問に答えてくれます。ブラウンシュバイク (Braunschweig) 生れの女性フォトグラファーである彼女について、この記事で詳しくご紹介します。

  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #ライフスタイル #Lomoamigos zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people #Lomoamigos Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • 冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    2015-10-30 #gear #ニュース shhquiet の記事
    冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    今年もクリスマスシーズンが近づいてきました!これからは家族、友人、恋人との大切な思い出がたくさん増える季節です。お休みの日にスキーに出かけたり、雪降る景色を窓から眺めながらホットココアを飲んで温まったり、友達とクリスマスパーティーではしゃいだり…想像するだけでワクワクしてきますよね。そんなクリスマス気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場しました!