La Sardina ワードローブアーティスト - ウェンディー・ラウとLa Sardina DIY

2012-11-11 1

若い頃から自身のレーベル"UUendy"を立ち上げ、革素材を使った作品を作り上げてるウェンディー・ラウさん。動物が大好きだという彼女が生み出す作品は、見る人みんなを幸せな気持ちにさせてくれます!
そんな彼女がデザインしてくれたLa Sardina DIY。いったいどんな仕上がりになっているんでしょうか?

Wendy 和她的皮革作品。 | 圖片來源

1. まずはじめに、La Sardina DIYをデザインする上でのテーマを教えて下さい。どんなコンセプトがありますか?
今回は、La Sardina DIYをLa Zebraにしちゃいました。素材からシマウマを作って、このカメラにくっつけてみたんです。頭はフラッシュカバーになっていて、尻尾はハンドストラップとして使えます。足はそのままでも三脚が取り付けられるようになっていて、La Sardinaのかわいいボディーに、シマウマのボディーデザインとファーをつけて、撮影するのが楽しくなっちゃうような造りになっています!

カメラの角のLの形って動物の首や体みたいに見えたんで、最初から何か動物のデザインにしようって決めてました。次に「何の動物にしよう?」って考えて、最初はヘラジカにしようと思ったんだけど、鹿のツノを作るのがちょっと難しいのと、保管するのにも不便だろうなってことになりました。アルパカもいいかなって思ったんですけど、首の長さが表現しにくかったんで、これもやめました。そして最後に自分の初期のコレクションでも採用した、シマウマにきめました。カメラの形とシマウマのボディーがマッチしてましたしね。最終的には、尻尾やネックストラップなんかのディテールを加えて、La Zebraを完成させました。

2. このDIYのデザインのキッカケになったのはなんですか?
作品をつくるときには、まず、自分が好きなものに関係するテーマを決めます。思い出だったり、考えていることだったり。その後、ブランドやスタイルに合うように、イマジネーションを広げて、デザインにまたちがったインスピレーションを加えます。だいたいインスピレーションは自分の身の回りにあるものからもらってますね。ファッションや食べ物や建物、交通手段とかいろんなものから。そうやってるうちに"エウレカ"(見つけたっ!)な瞬間がきて、作品の全体像が出来上がります。そうして出来上がったのを、同じようなコレクションの中に加えていってます。
だからいつもインスピレーションは突然にやってくるし、思いついたときは興奮しちゃいますね。

WendyLa Sardina DIY 作品

*3. デザインしたDIYをご自身の好きなアーティストやデザイナーにプレゼントするなら、誰にしますか?その理由は?(亡くなった方でも構いません。)
日本人デザイナーの三宅一生さんですね。彼の作品の大ファンなんです。シンプルなデザインなんですけど、いろんな思いが込められているんです。細部にまでこだわっているし、特にラインの使い方が大好きですね。いつか彼がこのLa Zebraをキッカケに新しいファッションコレクションをデザインしてくれるといいなって思います。ロモグラファーに向けたファッションを彼みたいなマエストロがデザインして、それを着たロモグラファーがDIYカメラで写真を撮っているところが見てみたいです。

4. DIYをデザインする時にオススメのテクニックはありますか?Can you share some creative tips with DIY newbies?
まず自分の方向性や技術を分析して、本やウェブサイトをつかって作り方なんかをリサーチしたほうがいいと思います。作る順番だったり、必要なツールをちゃんと理解しておくと、作るのが楽になりますから。何かを作り出すときには、最初は心の中にちょっとした風が吹くんです。そのあとに、やってみて、肉付けをはじめるんです。自分が思うようにやってみることが大切です。それに最終的に出来上がった作品が、コンセプトとちがっているってことも本当によくあることですね。そしたら、どうしてそうなってしまったのかを分析して、次に活かす。これの繰り返しで満足する作品が出来上がりますよ。

5. このLa Sardina DIYで撮ってみたい人/場所はありますか?(想像上の場所でもOKです)
私がこのLa Zebraを首から下げている姿をみた人の最初のリアクションを撮ってみたいですね。

ロモグラフィーマガジンのインタビューにご協力頂き、ありがとうございました!

彼女のレーベル"UUendy"の作品は、彼女のウェブサイトやFacebookページからご覧になれます!

La Sardina Wardrobe Exhibition

2012-11-11 #people #diy #monochrome #hong-kong #artist #asia #hk #hongkong #lomoamigo #sardina #la-sardina #35mm-films #la-sardina-wardrobe edwinchau の記事
翻訳 keni

1 Comment

  1. npkishi
    npkishi ·

    すーごーくーかわいい!ラウさんの作品にも興味津々…

他の記事を読む

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

    2017-11-18
  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials lomographymagazine の記事
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

    2017-08-27
  • 女性として、世界を旅することについて。

    2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事
    女性として、世界を旅することについて。

    女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかあります。

    2017-03-07
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • Lomography Color Negative F²/400 ギャラリー

    2017-03-10 refallinsasaki の記事
    Lomography Color Negative F²/400 ギャラリー

    【在庫限り!Lomography Color Negative F²/400 再入荷のお知らせ】目の覚めるような鮮やかなブルーが特徴の、F²/400 フィルム。もうすでにフィルムをGETしたラッキーな方も、これから購入を考えている方も、こちらのギャラリーでどんな写真を撮ろうか想像を膨らませてみてください!

    2017-03-10
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • フィルム写真で描く秋の色

    2017-10-16 refallinsasaki の記事
    フィルム写真で描く秋の色

    夏が終わり、ぐっと寒くなりましたね。気づけば、周囲の色が夏とは違うと思いませんか?赤、オレンジ、黄色、黄金色…。秋が魅せる一瞬の色を写真におさめてみませんか?今日は ロモホーム から厳選した秋の景色をお届けします!

    2017-10-16
  • [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    2017-01-27 #people #ビデオ choko3 の記事
    [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーの Kenさん。日々数々のポートレート写真を撮影している彼に、今回はロモグラフィーのPetzval 58 Bokeh Controlで撮影して頂きました!スタイリッシュなポートレートとPetzval 58が生み出すボケのコンビネーションを、作品作りに対する想いを語っていただいたインタビューとともにお楽しみください。

    2017-01-27
  • Andrea Zvadova:Petzval 58 Bokeh Control Art Lensで写す幻想的なパターン

    2017-02-10 #ニュース #people lomographysoholondon の記事
    Andrea Zvadova:Petzval 58 Bokeh Control Art Lensで写す幻想的なパターン

    イギリスを拠点とする写真家 Andrea Zvadovaは美しいファッションポートレートで有名です。私たちは彼女にPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを渡して撮影を依頼しました。彼女がポートレートから離れ、幻想的なボケを研究し生み出された魅力的な作品をご堪能ください。

    2017-02-10
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

  • [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    2017-08-09 choko3 の記事
    [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    ロモグラフィーでも何度か登場しているフォトグラファー Gui Martinezさん。今回彼が制作に関わったショートフィルムの完成を記念して、8月18日(金)の夜、Deus Ex Machina原宿にてレセプションパーティー・上映会が行われます。イベントではショートフィルム上映の他にも、撮影された作品が展示されます。レセプション後も9月15日(金)まで作品は飾られる予定なので、皆さんぜひ足を運んでみてください!

    2017-08-09