東京での子供時代の話

2012-11-09 6

いつもはこんな自分の写真を他人に見せたがらない自分だけど…ロモにハマってしまっているから仕方がない(笑) 今年の夏に昔の写真をたくさんスキャンしてきたから、この機会に子供の時の話をみんなにしようと思います^^

昔の写真を振り返る。昔は本当にみんながみんなフィルムで写真を撮っていたから、フィルム写真が入ったアルバムをよくめくって、昔の思い出に浸る時間もあったと思う。でも最近はみんながみんなデジタル写真。
そんななか、ロモグラフィーにハマりまくりの自分は、夏休みに日本に帰国しては、ひたすら昔の写真をスキャンしていた、クーラーもかけずに(笑)
子供の時の話をしよう、写真を交えながら。写真は自分が撮ったものではないけど、自分の両親や周りの人がみた自分を自分なりに説明してみます^_^

自分は長男、一番最初に生まれたので、家族はみんな大喜び。写真の量もやはり自分の分は半端ない枚数だった。そういうところからも、人生というか、子供が出来てどれだけ嬉しいかっていうことを学ぶ。自分も家族が出来て、子供が出来たら、毎日毎晩のように写真を撮っているんだろうなぁ。

自分のおばあちゃんやおかあちゃんはいつも『小さい時、本当にかわいかった』をよく言うので、実際どんなものか、と確認のつもりで何枚か見てみると、まあ、子供の時はだれもかわいいと思うけど、自分で言うのもあれだけど、かわいいなぁと思った(笑)

昔は結構自分の写真とかみるの、あまり好きじゃなかったけど、こう大人になって、懐かしい思い出を振り返るということはなかなかだと思う。そして昔の思い出とかも思い出して、あのころは、って振り返ったり。

子供の頃は、みんな大人になりたい、成人することに憧れる、そんな自分もいたと思うし、だけど実際成長してみると、やっぱり昔っていいなって思う。時間を好きなように使って、友達と遊んだり、昼寝したり。全てが思い出なんだなぁって。

一枚の写真をみるだけで、いろんなことを思い出す。

友達とカラオケに行く度に話すのだけど、ほんと小さい頃からカラオケには行っていて、やっぱ練習って大事で、一応人並みに歌を歌えるようになったのは、両親のおかげだと思う。感謝感謝^_^

じいちゃんの話をちょこっと。

第二次世界大戦から帰ってきて、ひとりで仕事を始めて、そしてそれを大きくさせて、家族を支えてきたじいちゃん。ほんとすごい人だと思う。

かあちゃんが一人っ子だったから、自分がじいちゃんの名字を受け継いでいるので、なんかじいちゃんのパワーも受け継いだ感じがする。じいちゃんはかなりカメラや写真に凝っていたらしく、こないだもかあちゃんとカメラ屋通った時にかあちゃんが言っていた。生きていたら、一緒にロモグラフィーとかもできたかも知れない。(7年前に亡くなったので)友達もたくさんいたし、仕事でもいろんな人と仲がよく、書道の先生も個人的にやっていたみたいで、今こうやって先生になった自分をみると結構重なるなぁって。そういう思い出も大切にしたいなぁと思う。

子供の時は皮肉なもので、大人や周りの人からしてもらうことのありがたみや大切さがあまり上手にわからないから、うまく感謝できないけど、大人になって、そういうことがわかった時には、もう遅いこともあったりで。じいちゃんはいろんなことを教えてくれていて、そしてたくさんのものを残していってくれたんだなって。

話を自分の子供時代に戻します。

あと何枚か、子供時代の写真を^_^

妹とは7年一緒に二人暮らしをアパートでして、あれはあれでいい経験だったなと今思うし、離れてわかる良さもあるものだしね。弟とは3年会ってなかったけど、今年の夏に彼が住んでいるロサンゼルスに会いにいってきて。みんな元気でやってるならそれが一番かなって。

離れているとありがたみがわかる、それはみんな感じているから、まだまだ仲良くやっていけるはず。

最後に自分の若かりし頃のポートレートにて(笑)
今週末にでも、実家に帰ったりすることがあったり、また掃除する機会があったら、ちょっとアルバムを開いてフィルム写真をのぞいてみては?それか、年末に時間がある人はちょっと昔の写真を家族と一緒に眺めてみたりするのはどうですか? 思い出は大事なものだし、たまに振り返るとふとしたことに気づいたりするかも。

アナログライフ、楽しみましょう。

2012-11-09 #lifestyle # whynotwinnipeg の記事
翻訳 whynotwinnipeg

6 Comment

  1. cotonohacafe
    cotonohacafe ·

    素敵な話です。
    なんか、泣きそうです。

  2. whynotwinnipeg
    whynotwinnipeg ·

    ありがとうございます:) そういってもらえると嬉しいです:)
    僕もこうやって昔の思い出を今感謝できるようになって、良かったなって思います^-^

  3. izayoi7
    izayoi7 ·

    私は子供が生まれた頃は動画(8ミリフイルム)ばかり撮っていました。で、子供の記録はもっぱら8ミリビデオ。最近自分の子供の頃の写真を見てちょっぴり後悔しています。我が子の写真ももっと撮っておけば良かったと。大切な思い出を分けていただき、感謝^^)

  4. marina0824
    marina0824 ·

    やっぱり、写真はいいですね。
    小さいころの写真、本当に可愛いでねす:)
    最後の写真が特に私のお気に入りです!

  5. keni
    keni ·

    ゲームボーイの写真、同年代なんで俺もやってたなーと思い出しました。
    初期型のゲームボーイにポケットモンスターがささったまんま実家にあります。
    そういえば子どもの頃は、写真のアルバムを見るのが好きでした。
    そんなことを思い出させてくれた、素敵な記事ですね。

  6. whynotwinnipeg
    whynotwinnipeg ·

    @izayoi7さん
    コメントありがとうございます^-^
    僕のおじいちゃんもおとうさんも8mmで沢山動画を撮っていました。
    幸い写真も沢山とっていただいていたので、今こうやって振り返ることが出来ました^-^

    @marina0824さん
    ありがとうございます^-^ 小さい頃の写真はかわいいのですが、
    実際褒めていただくと恥ずかしいです(笑)

    @keniさん
    コメントありがとうございます。ゲームボーイ、よくやりましたよね!
    今でも鮮明に覚えているのが、よく友達が遊びに来て、フィルム写真のアルバムを眺めていました。
    今は遊びにきても、デジタルの写真はあまりプリントしないので、残念ですが、
    今度何本がフォトブックでも作っておいておけば、見やすいかなと思ってます^-^

他の記事を読む

  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

    2016-03-17
  • [LomoAmigo] SuperSampler: moron_non

    2016-08-10 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] SuperSampler: moron_non

    Instagramで話題の人気フォトグラファー、moron_nonさん。爽やかでフレッシュな作風、さらにはフィルムで撮影されている写真を拝見し、お声掛けしたところ…なんとまだ現役の大学生!今回は「4連写カメラ・SuperSamplerを使ってみたい!」と嬉しいリクエストを頂きましたので、夏の日差しをたっぷり写した写真を撮影して頂きました。

    2016-08-10
  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

    2016-03-31
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

    2016-12-01
  • 2016年10月のトレンド写真

    2016-11-08 #ニュース Lomography の記事
    2016年10月のトレンド写真

    10月もたくさんの写真がロモホームにアップされました。その中から10月のベストフォトに輝いた写真をご紹介します!あなたの写真も載ってるかも?

    2016-11-08
  • アナログカメラで写す超現実的な世界

    2016-11-22 #culture #tutorials lomographymagazine の記事
    アナログカメラで写す超現実的な世界

    誰だってアナログカメラで自分だけのユニークな写真を撮る方法を常に追い求めているはず。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、フィルムで幻想的な世界を映し出す方法を学んでみましょう!

    2016-11-22
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    2016-04-07 #ニュース #gear Lomography の記事
    Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    *Daguerreotype Achromat Art Lens* は自分で見ている世界をそのまま、いえ、それ以上を写し出す能力を兼ね備えたプレミアムレンズ。ソフトフォーカスから鮮明でシャープな写り、さらにはユニークなボケまでもたった一台で表現することができます!写真を愛する人々の創造性を刺激し、その好奇心をくすぐるユニークなパートナーとなること間違いなしのレンズが新たにロモグラフィーに登場します!

    2016-04-07
  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

    2016-05-10
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • 【イベント】夏休みの自由研究に!一眼レフカメラKonsturuktor を自分で組み立ててみよう in 二子玉川 蔦屋家電

    2016-07-27 deco の記事
    【イベント】夏休みの自由研究に!一眼レフカメラKonsturuktor を自分で組み立ててみよう in 二子玉川 蔦屋家電

    いよいよ始まった夏休み。二子玉川 蔦屋家電の写真コンシェルジュに教わるKonstruktorの組み立てワークショップへ自由研究の一環として参加してみませんか?カメラの構造を理解し、さらにはフィルムで撮影!自分で組み立てたカメラで夏の思い出を撮影するのも素敵!お子様とペアでの参加お待ちしております!

    2016-07-27
  • [LomoAmigo] Lomo'Instant: Yu Yokoyama

    2016-08-25 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] Lomo'Instant: Yu Yokoyama

    鳥がいる…真っ白なLomo'Instantに青い鳥が一羽、二羽、三羽…もっといる!お茶目な顔をした鳥はイラストレーター/アートディレクター/グラフィックデザイナーとして活躍されている横山雄さんが描いたもの。世界で一つのLomo'Instantが登場するに至った経緯は秘密ですが、イラストを描くことへの思いやインスタント写真の面白さを漫画も描いていた横山さんらしい言葉遣いでお話しして下さいました。

    2016-08-25