東京での子供時代の話

6

いつもはこんな自分の写真を他人に見せたがらない自分だけど…ロモにハマってしまっているから仕方がない(笑) 今年の夏に昔の写真をたくさんスキャンしてきたから、この機会に子供の時の話をみんなにしようと思います^^

昔の写真を振り返る。昔は本当にみんながみんなフィルムで写真を撮っていたから、フィルム写真が入ったアルバムをよくめくって、昔の思い出に浸る時間もあったと思う。でも最近はみんながみんなデジタル写真。
そんななか、ロモグラフィーにハマりまくりの自分は、夏休みに日本に帰国しては、ひたすら昔の写真をスキャンしていた、クーラーもかけずに(笑)
子供の時の話をしよう、写真を交えながら。写真は自分が撮ったものではないけど、自分の両親や周りの人がみた自分を自分なりに説明してみます^_^

自分は長男、一番最初に生まれたので、家族はみんな大喜び。写真の量もやはり自分の分は半端ない枚数だった。そういうところからも、人生というか、子供が出来てどれだけ嬉しいかっていうことを学ぶ。自分も家族が出来て、子供が出来たら、毎日毎晩のように写真を撮っているんだろうなぁ。

自分のおばあちゃんやおかあちゃんはいつも『小さい時、本当にかわいかった』をよく言うので、実際どんなものか、と確認のつもりで何枚か見てみると、まあ、子供の時はだれもかわいいと思うけど、自分で言うのもあれだけど、かわいいなぁと思った(笑)

昔は結構自分の写真とかみるの、あまり好きじゃなかったけど、こう大人になって、懐かしい思い出を振り返るということはなかなかだと思う。そして昔の思い出とかも思い出して、あのころは、って振り返ったり。

子供の頃は、みんな大人になりたい、成人することに憧れる、そんな自分もいたと思うし、だけど実際成長してみると、やっぱり昔っていいなって思う。時間を好きなように使って、友達と遊んだり、昼寝したり。全てが思い出なんだなぁって。

一枚の写真をみるだけで、いろんなことを思い出す。

友達とカラオケに行く度に話すのだけど、ほんと小さい頃からカラオケには行っていて、やっぱ練習って大事で、一応人並みに歌を歌えるようになったのは、両親のおかげだと思う。感謝感謝^_^

じいちゃんの話をちょこっと。

第二次世界大戦から帰ってきて、ひとりで仕事を始めて、そしてそれを大きくさせて、家族を支えてきたじいちゃん。ほんとすごい人だと思う。

かあちゃんが一人っ子だったから、自分がじいちゃんの名字を受け継いでいるので、なんかじいちゃんのパワーも受け継いだ感じがする。じいちゃんはかなりカメラや写真に凝っていたらしく、こないだもかあちゃんとカメラ屋通った時にかあちゃんが言っていた。生きていたら、一緒にロモグラフィーとかもできたかも知れない。(7年前に亡くなったので)友達もたくさんいたし、仕事でもいろんな人と仲がよく、書道の先生も個人的にやっていたみたいで、今こうやって先生になった自分をみると結構重なるなぁって。そういう思い出も大切にしたいなぁと思う。

子供の時は皮肉なもので、大人や周りの人からしてもらうことのありがたみや大切さがあまり上手にわからないから、うまく感謝できないけど、大人になって、そういうことがわかった時には、もう遅いこともあったりで。じいちゃんはいろんなことを教えてくれていて、そしてたくさんのものを残していってくれたんだなって。

話を自分の子供時代に戻します。

あと何枚か、子供時代の写真を^_^

妹とは7年一緒に二人暮らしをアパートでして、あれはあれでいい経験だったなと今思うし、離れてわかる良さもあるものだしね。弟とは3年会ってなかったけど、今年の夏に彼が住んでいるロサンゼルスに会いにいってきて。みんな元気でやってるならそれが一番かなって。

離れているとありがたみがわかる、それはみんな感じているから、まだまだ仲良くやっていけるはず。

最後に自分の若かりし頃のポートレートにて(笑)
今週末にでも、実家に帰ったりすることがあったり、また掃除する機会があったら、ちょっとアルバムを開いてフィルム写真をのぞいてみては?それか、年末に時間がある人はちょっと昔の写真を家族と一緒に眺めてみたりするのはどうですか? 思い出は大事なものだし、たまに振り返るとふとしたことに気づいたりするかも。

アナログライフ、楽しみましょう。

2012-11-09 #ライフスタイル # whynotwinnipeg の記事
翻訳 whynotwinnipeg

6 Comment

  1. cotonohacafe
    cotonohacafe ·

    素敵な話です。
    なんか、泣きそうです。

  2. whynotwinnipeg
    whynotwinnipeg ·

    ありがとうございます:) そういってもらえると嬉しいです:)
    僕もこうやって昔の思い出を今感謝できるようになって、良かったなって思います^-^

  3. izayoi7
    izayoi7 ·

    私は子供が生まれた頃は動画(8ミリフイルム)ばかり撮っていました。で、子供の記録はもっぱら8ミリビデオ。最近自分の子供の頃の写真を見てちょっぴり後悔しています。我が子の写真ももっと撮っておけば良かったと。大切な思い出を分けていただき、感謝^^)

  4. marina0824
    marina0824 ·

    やっぱり、写真はいいですね。
    小さいころの写真、本当に可愛いでねす:)
    最後の写真が特に私のお気に入りです!

  5. keni
    keni ·

    ゲームボーイの写真、同年代なんで俺もやってたなーと思い出しました。
    初期型のゲームボーイにポケットモンスターがささったまんま実家にあります。
    そういえば子どもの頃は、写真のアルバムを見るのが好きでした。
    そんなことを思い出させてくれた、素敵な記事ですね。

  6. whynotwinnipeg
    whynotwinnipeg ·

    @izayoi7さん
    コメントありがとうございます^-^
    僕のおじいちゃんもおとうさんも8mmで沢山動画を撮っていました。
    幸い写真も沢山とっていただいていたので、今こうやって振り返ることが出来ました^-^

    @marina0824さん
    ありがとうございます^-^ 小さい頃の写真はかわいいのですが、
    実際褒めていただくと恥ずかしいです(笑)

    @keniさん
    コメントありがとうございます。ゲームボーイ、よくやりましたよね!
    今でも鮮明に覚えているのが、よく友達が遊びに来て、フィルム写真のアルバムを眺めていました。
    今は遊びにきても、デジタルの写真はあまりプリントしないので、残念ですが、
    今度何本がフォトブックでも作っておいておけば、見やすいかなと思ってます^-^

他の記事を読む

  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #world #ライフスタイル #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #ロケーション #テクニック hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people #Lomoamigos bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    2015-06-14 #gear #ライフスタイル bgaluppo の記事
    Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    インスタント写真はなんというか、ノスタルジックな感じがする。そう語る人は多い。自分でLomo'Instantカメラを使う時は、Splitzerやカラーフィルター等の奇抜なアクセサリーを併用する事も多いが、それでも確かに、そこには何かが在って...。それはあの幻想的なヴィネット効果のせいかしら?私はいつも、時間を遡り、そこに収められた瞬間をもう一度生きてみたいと願わずにはいられなくなるのだ。アナログ写真と古き良き思い出の導きのもと、私達はウィーンの名所旧跡の幾つかを訪れると、次また次とシャッター切った。写真ギャラリーをとくとご覧頂きたい!

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

  • 不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    2015-07-15 #people #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    ジャズの名曲を聴かせるアナログレコードの無骨な音色は、多くの人が愛するところ。ちょうどそれと同じように、私達がアナログ写真を選ぶのも、その自然な不完全さの故だ。それはなんとも形容し難い不思議な力で、私達の現実の在り方を思い出させてくれる。完璧でないからこそ、アナログ写真は魅力的なのだ。私達は、26歳のシネマトグラファーにしてDJ、そしてまた、緻密に構成された写真によって、自然な美しさの極まった静謐な瞬間を写し続けるフォトグラファーでもあるAdriano Guimarães Sodréと話をすることが出来た。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    2016-02-04 #gear #テクニック imbaaa の記事
    超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    ありきたりなカラー写真に飽きてきていませんか?時にはレトロ風味な写真も撮りたくなりますよね。そんな時に役立つのがこのテクニック。LC-Aで使えるオレンジフィルターを自作しましょう!

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #world #テクニック beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    2015-07-13 #gear #ニュース #ライフスタイル #ロケーション shhquiet の記事
    Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    あなたが次にLomo'Instantと一緒に街を散策する時、これから紹介するテクニックを試すのにちょうど良いかも!最初に素敵な場所を見つけて、Lomo'Instantでインスタント写真に残しましょう。その写真が浮かび上がったら、撮影した場所と同じ場所でその写真を持って、他のカメラでその写真と場所を含んだ写真を撮影してみましょう。口で説明してもちょっと想像がつきにくいかも知れませんね。一体どういうことなのか、この記事の写真で説明します!