東京での子供時代の話

2012-11-09 6

いつもはこんな自分の写真を他人に見せたがらない自分だけど…ロモにハマってしまっているから仕方がない(笑) 今年の夏に昔の写真をたくさんスキャンしてきたから、この機会に子供の時の話をみんなにしようと思います^^

昔の写真を振り返る。昔は本当にみんながみんなフィルムで写真を撮っていたから、フィルム写真が入ったアルバムをよくめくって、昔の思い出に浸る時間もあったと思う。でも最近はみんながみんなデジタル写真。
そんななか、ロモグラフィーにハマりまくりの自分は、夏休みに日本に帰国しては、ひたすら昔の写真をスキャンしていた、クーラーもかけずに(笑)
子供の時の話をしよう、写真を交えながら。写真は自分が撮ったものではないけど、自分の両親や周りの人がみた自分を自分なりに説明してみます^_^

自分は長男、一番最初に生まれたので、家族はみんな大喜び。写真の量もやはり自分の分は半端ない枚数だった。そういうところからも、人生というか、子供が出来てどれだけ嬉しいかっていうことを学ぶ。自分も家族が出来て、子供が出来たら、毎日毎晩のように写真を撮っているんだろうなぁ。

自分のおばあちゃんやおかあちゃんはいつも『小さい時、本当にかわいかった』をよく言うので、実際どんなものか、と確認のつもりで何枚か見てみると、まあ、子供の時はだれもかわいいと思うけど、自分で言うのもあれだけど、かわいいなぁと思った(笑)

昔は結構自分の写真とかみるの、あまり好きじゃなかったけど、こう大人になって、懐かしい思い出を振り返るということはなかなかだと思う。そして昔の思い出とかも思い出して、あのころは、って振り返ったり。

子供の頃は、みんな大人になりたい、成人することに憧れる、そんな自分もいたと思うし、だけど実際成長してみると、やっぱり昔っていいなって思う。時間を好きなように使って、友達と遊んだり、昼寝したり。全てが思い出なんだなぁって。

一枚の写真をみるだけで、いろんなことを思い出す。

友達とカラオケに行く度に話すのだけど、ほんと小さい頃からカラオケには行っていて、やっぱ練習って大事で、一応人並みに歌を歌えるようになったのは、両親のおかげだと思う。感謝感謝^_^

じいちゃんの話をちょこっと。

第二次世界大戦から帰ってきて、ひとりで仕事を始めて、そしてそれを大きくさせて、家族を支えてきたじいちゃん。ほんとすごい人だと思う。

かあちゃんが一人っ子だったから、自分がじいちゃんの名字を受け継いでいるので、なんかじいちゃんのパワーも受け継いだ感じがする。じいちゃんはかなりカメラや写真に凝っていたらしく、こないだもかあちゃんとカメラ屋通った時にかあちゃんが言っていた。生きていたら、一緒にロモグラフィーとかもできたかも知れない。(7年前に亡くなったので)友達もたくさんいたし、仕事でもいろんな人と仲がよく、書道の先生も個人的にやっていたみたいで、今こうやって先生になった自分をみると結構重なるなぁって。そういう思い出も大切にしたいなぁと思う。

子供の時は皮肉なもので、大人や周りの人からしてもらうことのありがたみや大切さがあまり上手にわからないから、うまく感謝できないけど、大人になって、そういうことがわかった時には、もう遅いこともあったりで。じいちゃんはいろんなことを教えてくれていて、そしてたくさんのものを残していってくれたんだなって。

話を自分の子供時代に戻します。

あと何枚か、子供時代の写真を^_^

妹とは7年一緒に二人暮らしをアパートでして、あれはあれでいい経験だったなと今思うし、離れてわかる良さもあるものだしね。弟とは3年会ってなかったけど、今年の夏に彼が住んでいるロサンゼルスに会いにいってきて。みんな元気でやってるならそれが一番かなって。

離れているとありがたみがわかる、それはみんな感じているから、まだまだ仲良くやっていけるはず。

最後に自分の若かりし頃のポートレートにて(笑)
今週末にでも、実家に帰ったりすることがあったり、また掃除する機会があったら、ちょっとアルバムを開いてフィルム写真をのぞいてみては?それか、年末に時間がある人はちょっと昔の写真を家族と一緒に眺めてみたりするのはどうですか? 思い出は大事なものだし、たまに振り返るとふとしたことに気づいたりするかも。

アナログライフ、楽しみましょう。

2012-11-09 #lifestyle # whynotwinnipeg の記事
翻訳 whynotwinnipeg

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

6 Comment

  1. cotonohacafe
    cotonohacafe ·

    素敵な話です。
    なんか、泣きそうです。

  2. whynotwinnipeg
    whynotwinnipeg ·

    ありがとうございます:) そういってもらえると嬉しいです:)
    僕もこうやって昔の思い出を今感謝できるようになって、良かったなって思います^-^

  3. izayoi7
    izayoi7 ·

    私は子供が生まれた頃は動画(8ミリフイルム)ばかり撮っていました。で、子供の記録はもっぱら8ミリビデオ。最近自分の子供の頃の写真を見てちょっぴり後悔しています。我が子の写真ももっと撮っておけば良かったと。大切な思い出を分けていただき、感謝^^)

  4. marina0824
    marina0824 ·

    やっぱり、写真はいいですね。
    小さいころの写真、本当に可愛いでねす:)
    最後の写真が特に私のお気に入りです!

  5. keni
    keni ·

    ゲームボーイの写真、同年代なんで俺もやってたなーと思い出しました。
    初期型のゲームボーイにポケットモンスターがささったまんま実家にあります。
    そういえば子どもの頃は、写真のアルバムを見るのが好きでした。
    そんなことを思い出させてくれた、素敵な記事ですね。

  6. whynotwinnipeg
    whynotwinnipeg ·

    @izayoi7さん
    コメントありがとうございます^-^
    僕のおじいちゃんもおとうさんも8mmで沢山動画を撮っていました。
    幸い写真も沢山とっていただいていたので、今こうやって振り返ることが出来ました^-^

    @marina0824さん
    ありがとうございます^-^ 小さい頃の写真はかわいいのですが、
    実際褒めていただくと恥ずかしいです(笑)

    @keniさん
    コメントありがとうございます。ゲームボーイ、よくやりましたよね!
    今でも鮮明に覚えているのが、よく友達が遊びに来て、フィルム写真のアルバムを眺めていました。
    今は遊びにきても、デジタルの写真はあまりプリントしないので、残念ですが、
    今度何本がフォトブックでも作っておいておけば、見やすいかなと思ってます^-^

他の記事を読む

  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

    2016-12-01
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • アナログカメラで写す超現実的な世界

    2016-11-22 #culture #tutorials lomographymagazine の記事
    アナログカメラで写す超現実的な世界

    誰だってアナログカメラで自分だけのユニークな写真を撮る方法を常に追い求めているはず。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、フィルムで幻想的な世界を映し出す方法を学んでみましょう!

  • LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    2017-03-20 #ニュース lomographysoholondon の記事
    LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    ロモグラフィーのイギリス支店のスタッフHannah BrownがLomoChrome PurpleとLC-Wideを使ってカラフルなパノラマ写真を撮影!ここでは作品とともに、彼女のワイドアングルカメラへの情熱と現像されるまで結果がわからないフィルム写真の魅力について語ってもらいました!!

    2017-03-20
  • ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    2017-06-29 #gear lomographymagazine の記事
    ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    街の撮影ならいつでも、どこでもロモグラフィーの自分で組み立てる一眼カメラKonstruktorがぴったり!今日はその理由を素敵な写真と一緒にご紹介致します。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoAmigo: Müjgan Afra Özceylan × Diana F+

    2017-01-08 #people #ビデオ haleozdemir の記事
    LomoAmigo: Müjgan Afra Özceylan × Diana F+

    LomoAmigoのAfra Özceylanは子供の頃から写真が人生の一部であったと話します。こちらのインタビューでは彼女が写真を始めた経緯やDiana F+、Canon A1で撮影した作品をご紹介致します!

  • 色んな視点で街を見てみよう!

    2016-12-24 #culture lomographymagazine の記事
    色んな視点で街を見てみよう!

    窮屈な街のなかですら、毎日たくさんのことが起こっています。ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた街の写真をご紹介します!さぁ、あなたも今すぐカメラを持って街に飛び出しませんか?

    2016-12-24
  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

  • LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    2016-12-06 #people mpflawer の記事
    LC-A+と一緒にスノボー旅行:Victor Daviet

    プロのスノーボーダーであるVictor Davietから愉快な旅行風景が届きました!写真とスノーボードをこよなく愛するVictorはVansとAct Snowboarding magazine主催のスノーボード旅行にもLC-A+を連れて行きました。いったいどんな写真になったのでしょうか?

    2016-12-06