La Sardina DIY プロジェクト アーティスト -ケルシーズとLa Sardina DIY

ケルシーズさんはイラストレーションが大好きな女の子です。特にマキシマリズム アート スタイルに傾倒しています。
普段はマルチメディア デザイナーとして働いている彼女ですが、仕事を終えた後には、フリーランスのビジュアルアーティストとして活躍しています。
「Never stop dreaming,never stop exploring」
を人生におけるモットーとしている彼女がカスタマイズしてくれたLa Sardina DIYを見てみましょう!

Kelseyz with her “Hong Kong Curry Fish Ball”, her La Sardina DIY customization.

La Sardina DIY プロジェクトに興味をもったキッカケを教えて下さい。

まっ白で奇麗な平らなものをみると、なにか描きたくなっちゃうんです。カップでもお皿でも、ボウルでもなんでも。リサイクルされたやつなんかもいいですね。だから今回のコラボレーションにもものすごく興味がありました!私にとって自分のイマジネーションを描けるこんなクールなものはないですからね。今までにカメラに何かを描いたことはなかったんで、挑戦的て素晴らしいプロジェクトだなって感じました。
デザインしてカスタマイズしていくのは、本当に楽しかったです!

La Sardina DIY の第一印象を教えて下さい。

DIYって買った人がデザインするんでしょう。それってホントにいいアイデアだなーって思います。だって、その人のスタイルや人柄が表現されるってことですもんね。自分でデザインしたカメラを持っているところを想像してみてください。カッコいいし、世界に一つだけのカメラを持ってると思うとちょっと誇らしいでしょ!

デザインした La Sardina DIY customization のテーマを教えてもらえますか?

このLa Sardina DIYカメラのテーマは、香港にある「唐樓」という古い建造物です。去年の休みに香港にいった時に、香港にある歴史的な建造物がとってもステキで、インスピレーションをもらったんです。
実は数年前にも、香港をテーマにカメラにデザインをしようと思ってたんです。でもいろんな事情があって、それが出来なくなってしまって。でも今回はLa Sardina DIYをデザインする機会を頂いたので、その時のアイデアを思い出しながら、カメラをデザインしていきました!
数年来の夢が叶えられてほんとに嬉しいです!

デザインのコンセプトはどんなものでしょう?

コンセプトは、香港の街の喧噪を上からの眺めですね。電車や車が街を走っているのが見えるようになってます。背景はシンプルなレイヤーにして、フィルムが建物から飛び立ってカメラのなかに入って行くのを描きました。名前は「Curry Fish Ball」です。香港で人気のローカルフードの名前なんですよ。じつはこのCurry Fish Ballもデザインのなかに隠れてます。だいたい70%のデザインをし終わったところで、そうだ、Curry Fish Ballも入れようってきめました。Sardina can(イワシ缶)のコンセプトにも合ってるでしょ?

Photo by Kelseyz

普段はどういったところでインスピレーションが湧きますか?

Lomography Fisheye No.2 とデジタルカメラを持って旅行にでかけるのが好きです。Fisheyeで撮れた写真は人間の目じゃみれないアングルの世界を見せてくれるので、いつもインスピレーションの源になってます。Fisheyeカメラが一番の旅の相棒ですね。世界をちがった視点、側面から見せてくれます。
やっぱり旅がインスピレーションのメインソースになっていると思います。だいたいいつも、対象にたいして注意深く観察するようになって、それをイマジネーションに取り入れていきます。
「このボウルにはどんな物語があるんだろう?」っていつも考えるようにしてます。そうして、想像したストーリーをボウルの上にペイントしていってますね。すべてのものにそれぞれのストーリーがあるはずだし、アートというちがったアプローチを使うことで、アーティストが、それぞれの対象物のオリジナルストーリーを作り出せるんだと思います。

デザインした La Sardina DIY artworkにはどんなメッセージが込められていますか?

香港でもマレーシアでも構いませんが、歴史的建造物をみて、そのストーリーを想像して欲しいです。もしそれをアートやファッションに活かすなら、それって素晴らしいことでしょ。身の回りのある古い建物をみんなにもっと見てほしいですね。そして歴史や形からそれのストーリーを考えてみてほしいです。

  • La Sardina DIY をデザインする上でオススメのテクニックはありますか?*

ロモグラフィーのカメラを使う人みんながそれぞれのスキルやスタイルを持って撮影していると思います。私だったら、フリーで手軽なのが好きです。好きな場所で好きなものを好きなように撮るってスタイルですね。それにいろんな色のカラーフィルターを使って、色んな場所のちがったフィーリングを出すのが好きです。私の撮影スタイルはまさにDON’T THINK,JUST SHOOT!ですね。

インタビューにお答えいただいてありがとうございました!

ケルシーズさんがLa Sardinaをカスタマイズする様子は、 ブログFacebook ページ で見ることができます。
彼女の最新作もぜひチェックしてみましょう!

自分エディションのLa Sardina DIYをデザインしてみたくなった方は今すぐショップページへ!

2012-11-21 #people #malaysia #artist #creative #do-it-yourself #lomoamigo #camera-modifications #la-sardina-diy-project #kelseyz #troublexy eva_eva の記事
翻訳 keni

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

他の記事を読む

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Olivia Locher

    2017-05-18 #gear #people katphip の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Olivia Locher

    ファインアートフォトグラファーである Olivia Locherの遊び心溢れる、クリエイティブな写真スタイルに魅了された私たちは彼女に Neptune Convertible Art Lensの試作品を使ったテスト撮影を依頼しました!彼女がこのレンズに抱いた第一印象とは?

    2017-05-18
  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people lomographysoholondon の記事
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。

    2017-05-26
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

    2017-05-25
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事
    果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

    アーティストでありフォトグラファーのEva ZarはSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。今回は彼女にLomoAmigoとしてLomo'Instant Wideによる作品をご紹介して頂きました!

    2017-03-14
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • 太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    2018-02-19 #people crissyrobles の記事
    太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    前回 Petzval 85 Art Lens で美しいポートレイト・シリーズを撮影したシンガポール人の Audrey Kwok。私たちは Lomo'Instant Squareのクラウドファンディングが始まる前に、彼女にカメラを試してもらいました。彼女が描くミニマルで美しい世界は、Lomo'Instant Squareのスクエアフレームにぴったり。

    2018-02-19
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ★インスタント写真の美しさ:Ruby JuneがLomo'Instant Automat Glassを初体験!

    2017-03-19 lomographymagazine の記事
    ★インスタント写真の美しさ:Ruby JuneがLomo'Instant Automat Glassを初体験!

    ロモグラフィー好きを公言するRuby Juneは「はじめてロモグラフィーのカメラを手にした時から人生が変わった」と語ります。今回は彼女にロモグラフィー初のワイドガラスレンズ搭載インスタントカメラLomo'Instant Automat Glassを一足先に使っていただき、その感想を聞いてみました!

    2017-03-19
  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people lomographysoholondon の記事
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

    2017-09-30
  • John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    2017-02-27 #people #places charlie_cat の記事
    John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    ギリシャのフォトグラファー・John Voulgarakisはきっと前世でも写真に関わっていたに違いありません。このインタビューで、彼はLC-Aに対する情熱とギリシャの危機が芸術シーンに及ぼす影響を語り、愛するアテネの街並みを案内してくれました。

    2017-02-27
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 色とディティール:Lyn Low x Petzval 58 Art Lens

    2017-07-04 #people crissyrobles の記事
    色とディティール:Lyn Low x Petzval 58 Art Lens

    シンガポールのビジュアルアーティスト Lyn Low の写真は、ちょっと不思議で抽象的。今回彼女は Petzval 58 Art Lens を Sony A&Rに装着して、作品を撮影しました。彼女が制作中の作品『Just Enough』の一部をご紹介します。

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

    2017-06-29
  • 家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    2017-05-09 #people lomographymagazine の記事
    家族のためのアルバム:Nancy Borowick

    アメリカのフォトジャーナリストNancy Borowickは両親がステージ5の癌と診断されて以来、家族の想い出を写真に残し続けています。「この瞬間を永遠に刻む」という写真本来の目的のもとで、写真家としてではなく家族として彼女は両親にレンズを向けます。

    2017-05-09