La Sardina DIY プロジェクト アーティスト -ケルシーズとLa Sardina DIY

2012-11-21

ケルシーズさんはイラストレーションが大好きな女の子です。特にマキシマリズム アート スタイルに傾倒しています。
普段はマルチメディア デザイナーとして働いている彼女ですが、仕事を終えた後には、フリーランスのビジュアルアーティストとして活躍しています。
「Never stop dreaming,never stop exploring」
を人生におけるモットーとしている彼女がカスタマイズしてくれたLa Sardina DIYを見てみましょう!

Kelseyz with her “Hong Kong Curry Fish Ball”, her La Sardina DIY customization.

La Sardina DIY プロジェクトに興味をもったキッカケを教えて下さい。

まっ白で奇麗な平らなものをみると、なにか描きたくなっちゃうんです。カップでもお皿でも、ボウルでもなんでも。リサイクルされたやつなんかもいいですね。だから今回のコラボレーションにもものすごく興味がありました!私にとって自分のイマジネーションを描けるこんなクールなものはないですからね。今までにカメラに何かを描いたことはなかったんで、挑戦的て素晴らしいプロジェクトだなって感じました。
デザインしてカスタマイズしていくのは、本当に楽しかったです!

La Sardina DIY の第一印象を教えて下さい。

DIYって買った人がデザインするんでしょう。それってホントにいいアイデアだなーって思います。だって、その人のスタイルや人柄が表現されるってことですもんね。自分でデザインしたカメラを持っているところを想像してみてください。カッコいいし、世界に一つだけのカメラを持ってると思うとちょっと誇らしいでしょ!

デザインした La Sardina DIY customization のテーマを教えてもらえますか?

このLa Sardina DIYカメラのテーマは、香港にある「唐樓」という古い建造物です。去年の休みに香港にいった時に、香港にある歴史的な建造物がとってもステキで、インスピレーションをもらったんです。
実は数年前にも、香港をテーマにカメラにデザインをしようと思ってたんです。でもいろんな事情があって、それが出来なくなってしまって。でも今回はLa Sardina DIYをデザインする機会を頂いたので、その時のアイデアを思い出しながら、カメラをデザインしていきました!
数年来の夢が叶えられてほんとに嬉しいです!

デザインのコンセプトはどんなものでしょう?

コンセプトは、香港の街の喧噪を上からの眺めですね。電車や車が街を走っているのが見えるようになってます。背景はシンプルなレイヤーにして、フィルムが建物から飛び立ってカメラのなかに入って行くのを描きました。名前は「Curry Fish Ball」です。香港で人気のローカルフードの名前なんですよ。じつはこのCurry Fish Ballもデザインのなかに隠れてます。だいたい70%のデザインをし終わったところで、そうだ、Curry Fish Ballも入れようってきめました。Sardina can(イワシ缶)のコンセプトにも合ってるでしょ?

Photo by Kelseyz

普段はどういったところでインスピレーションが湧きますか?

Lomography Fisheye No.2 とデジタルカメラを持って旅行にでかけるのが好きです。Fisheyeで撮れた写真は人間の目じゃみれないアングルの世界を見せてくれるので、いつもインスピレーションの源になってます。Fisheyeカメラが一番の旅の相棒ですね。世界をちがった視点、側面から見せてくれます。
やっぱり旅がインスピレーションのメインソースになっていると思います。だいたいいつも、対象にたいして注意深く観察するようになって、それをイマジネーションに取り入れていきます。
「このボウルにはどんな物語があるんだろう?」っていつも考えるようにしてます。そうして、想像したストーリーをボウルの上にペイントしていってますね。すべてのものにそれぞれのストーリーがあるはずだし、アートというちがったアプローチを使うことで、アーティストが、それぞれの対象物のオリジナルストーリーを作り出せるんだと思います。

デザインした La Sardina DIY artworkにはどんなメッセージが込められていますか?

香港でもマレーシアでも構いませんが、歴史的建造物をみて、そのストーリーを想像して欲しいです。もしそれをアートやファッションに活かすなら、それって素晴らしいことでしょ。身の回りのある古い建物をみんなにもっと見てほしいですね。そして歴史や形からそれのストーリーを考えてみてほしいです。

  • La Sardina DIY をデザインする上でオススメのテクニックはありますか?*

ロモグラフィーのカメラを使う人みんながそれぞれのスキルやスタイルを持って撮影していると思います。私だったら、フリーで手軽なのが好きです。好きな場所で好きなものを好きなように撮るってスタイルですね。それにいろんな色のカラーフィルターを使って、色んな場所のちがったフィーリングを出すのが好きです。私の撮影スタイルはまさにDON’T THINK,JUST SHOOT!ですね。

インタビューにお答えいただいてありがとうございました!

ケルシーズさんがLa Sardinaをカスタマイズする様子は、 ブログFacebook ページ で見ることができます。
彼女の最新作もぜひチェックしてみましょう!

自分エディションのLa Sardina DIYをデザインしてみたくなった方は今すぐショップページへ!

2012-11-21 #people #lomoamigo #camera-modifications #creative #kelseyz #la-sardina-diy-project #malaysia #artist #do-it-yourself #troublexy eva_eva の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • LomoAmigo: Selver Yıldırım

    2016-01-14 #people sedaakay の記事
    LomoAmigo: Selver Yıldırım

    Selver Yildirimはトルコ・イスタンブールのアート学生。友人と共同設立したブランドのデザイナーとして活動しています。日常性の中にユニークなアプローチをとりいれたデザイン、絵を生み出します。そんな彼女にLa Sardina DIYカメラをお渡しし、彼女らしさ満点のカメラをデザインしてもらいました。出来上がった作品はカラフルなイラストで埋め尽くされた、彼女の美学がつめこまれた一品に!

    2016-01-14
  • Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    2015-12-26 #gear #people zonderbar の記事
    Kate Bellm: LomoChromeフィルムで写し出すサイケデリックなアイスランド

    我らがロモアミーゴ Kate BellmはDeyáを拠点に活動するサイケデリックな作風で知られる写真家。ユニークな色の変化が楽しめるロモグラフィーのLomoChrome フィルムは彼女のスタイルにぴったり!彼女はバッグにLomoChrome PurpleとTurquoiseを詰め込みアイスランドへと旅立ち、まるで別世界を写し出したかのような素敵な写真と共に戻ってきました!

    2015-12-26
  • Philippe MastrocolaのDIYスプレー缶ピンホールカメラ

    2016-03-23 #ビデオ lomographymagazine の記事
    Philippe MastrocolaのDIYスプレー缶ピンホールカメラ

    Philippe Mastrocolaはモントリオールのグラフィティーアーティスト兼写真家。リサイクルすれば、家のなかのガラクタでアート作品を生み出す道具を自作できることを彼が教えてくれました。

    2016-03-23
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Fashion Shoot with Lomo'Instant Wide x Seven Sins

    2016-04-15 #people choko3 の記事
    Fashion Shoot with Lomo'Instant Wide x Seven Sins

    俳優として、デザイナーとして、モデルとしてマルチに活躍されるMAKOTO UENOBORIさん。今回は彼が手がけるブランド、 "Seven Sins"について聞いてみました!Lomo'Instant WideとLC-A+で撮影されたfashionableでchicな写真をお楽しみください!

    2016-04-15
  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

    2016-04-09
  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    2016-05-05 #ニュース #ビデオ #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影された“The Sea Within.”は、香港のビジュアルアーティストであるHeiwa Wongによって監督された音楽とイメージをミニマルアートとして巧みに扱いながら、強い感覚の経験を呼び起こす短編映画です。自然と身体のつながりについて触れ、見る者を冷静と情熱の間を行き交う旅へと誘う作品を彼女のインタビューと共にお楽しみください。

    2016-05-05
  • Lomo'Instantが写すタスマニア島とモハーヴェ砂漠

    2016-08-04 #gear #people pan_dre の記事
    Lomo'Instantが写すタスマニア島とモハーヴェ砂漠

    オーストラリア・メルボルンを拠点に活動しているフォトグラファー、Joe Nigel Coleman。彼はポラロイド社がインスタントフィルムの生産を終了してからというもの、インスタント写真を撮ることを辞めていました。しかし、彼のインスタント写真欲を再度刺激することができたのです。それは幸運にもLomo'Instantによってでした。

    2016-08-04
  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

    2016-01-22
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    2016-06-10 #gear #tutorials Julien Matabuena の記事
    LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    常にクリエイティビティを刺激してきたロモグラフィーですが、LC-Wideはその好奇心をさらにくすぐるとんでもない広角レンズ搭載35mmカメラです。10個の特長をお伝えしますので、ドドドッとあふれるアドレナリンを写真で表現してみてください!

    2016-06-10
  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 人生に彩りを

    2016-09-29 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 人生に彩りを

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「人生に彩りを」

    2016-09-29
  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: 山本春花

    2015-12-16 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: 山本春花

    フィルムカメラで撮影した女性のポートレイトシリーズ「乙女グラフィー」を発信しているフォトグラファーの山本春花さん。ロモグラフィーのWebサイトにはsnap! 鈴木編集長のPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの記事でモデルとしても登場していただいています。そんな山本さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensをお貸しし、ぐるぐるボケに包まれた瑞々しい乙女を撮影していただきました。

    2015-12-16