La Sardina DIY プロジェクト アーティスト -ケルシーズとLa Sardina DIY

ケルシーズさんはイラストレーションが大好きな女の子です。特にマキシマリズム アート スタイルに傾倒しています。 普段はマルチメディア デザイナーとして働いている彼女ですが、仕事を終えた後には、フリーランスのビジュアルアーティストとして活躍しています。 「Never stop dreaming,never stop exploring」 を人生におけるモットーとしている彼女がカスタマイズしてくれたLa Sardina DIYを見てみましょう!

Kelseyz with her “Hong Kong Curry Fish Ball”, her La Sardina DIY customization.

La Sardina DIY プロジェクトに興味をもったキッカケを教えて下さい。

まっ白で奇麗な平らなものをみると、なにか描きたくなっちゃうんです。カップでもお皿でも、ボウルでもなんでも。リサイクルされたやつなんかもいいですね。だから今回のコラボレーションにもものすごく興味がありました!私にとって自分のイマジネーションを描けるこんなクールなものはないですからね。今までにカメラに何かを描いたことはなかったんで、挑戦的て素晴らしいプロジェクトだなって感じました。
デザインしてカスタマイズしていくのは、本当に楽しかったです!

La Sardina DIY の第一印象を教えて下さい。

DIYって買った人がデザインするんでしょう。それってホントにいいアイデアだなーって思います。だって、その人のスタイルや人柄が表現されるってことですもんね。自分でデザインしたカメラを持っているところを想像してみてください。カッコいいし、世界に一つだけのカメラを持ってると思うとちょっと誇らしいでしょ!

デザインした La Sardina DIY customization のテーマを教えてもらえますか?

このLa Sardina DIYカメラのテーマは、香港にある「唐樓」という古い建造物です。去年の休みに香港にいった時に、香港にある歴史的な建造物がとってもステキで、インスピレーションをもらったんです。
実は数年前にも、香港をテーマにカメラにデザインをしようと思ってたんです。でもいろんな事情があって、それが出来なくなってしまって。でも今回はLa Sardina DIYをデザインする機会を頂いたので、その時のアイデアを思い出しながら、カメラをデザインしていきました!
数年来の夢が叶えられてほんとに嬉しいです!

デザインのコンセプトはどんなものでしょう?

コンセプトは、香港の街の喧噪を上からの眺めですね。電車や車が街を走っているのが見えるようになってます。背景はシンプルなレイヤーにして、フィルムが建物から飛び立ってカメラのなかに入って行くのを描きました。名前は「Curry Fish Ball」です。香港で人気のローカルフードの名前なんですよ。じつはこのCurry Fish Ballもデザインのなかに隠れてます。だいたい70%のデザインをし終わったところで、そうだ、Curry Fish Ballも入れようってきめました。Sardina can(イワシ缶)のコンセプトにも合ってるでしょ?

Photo by Kelseyz

普段はどういったところでインスピレーションが湧きますか?

Lomography Fisheye No.2 とデジタルカメラを持って旅行にでかけるのが好きです。Fisheyeで撮れた写真は人間の目じゃみれないアングルの世界を見せてくれるので、いつもインスピレーションの源になってます。Fisheyeカメラが一番の旅の相棒ですね。世界をちがった視点、側面から見せてくれます。
やっぱり旅がインスピレーションのメインソースになっていると思います。だいたいいつも、対象にたいして注意深く観察するようになって、それをイマジネーションに取り入れていきます。
「このボウルにはどんな物語があるんだろう?」っていつも考えるようにしてます。そうして、想像したストーリーをボウルの上にペイントしていってますね。すべてのものにそれぞれのストーリーがあるはずだし、アートというちがったアプローチを使うことで、アーティストが、それぞれの対象物のオリジナルストーリーを作り出せるんだと思います。

デザインした La Sardina DIY artworkにはどんなメッセージが込められていますか?

香港でもマレーシアでも構いませんが、歴史的建造物をみて、そのストーリーを想像して欲しいです。もしそれをアートやファッションに活かすなら、それって素晴らしいことでしょ。身の回りのある古い建物をみんなにもっと見てほしいですね。そして歴史や形からそれのストーリーを考えてみてほしいです。

  • La Sardina DIY をデザインする上でオススメのテクニックはありますか?*

ロモグラフィーのカメラを使う人みんながそれぞれのスキルやスタイルを持って撮影していると思います。私だったら、フリーで手軽なのが好きです。好きな場所で好きなものを好きなように撮るってスタイルですね。それにいろんな色のカラーフィルターを使って、色んな場所のちがったフィーリングを出すのが好きです。私の撮影スタイルはまさにDON’T THINK,JUST SHOOT!ですね。

インタビューにお答えいただいてありがとうございました!

ケルシーズさんがLa Sardinaをカスタマイズする様子は、 ブログFacebook ページ で見ることができます。
彼女の最新作もぜひチェックしてみましょう!

自分エディションのLa Sardina DIYをデザインしてみたくなった方は今すぐショップページへ!

2012-11-21 #people #Lomoamigos #camera-modifications #artist #malaysia #kelseyz #la-sardina-diy-project #creative #do-it-yourself #troublexy eva_eva の記事
translated by keni

他の記事を読む

  • Art Hunter Sardinas x STEEN

    2014-10-07 #people #Lomoamigos mindofmyra の記事
    Art Hunter Sardinas x STEEN

    ニューヨークのデザイナーにLa Sardina DIYカメラをデザインしていただきました!今回ご紹介するのはSteen DrawingsのSteenです。Steenはニューヨークを拠点とし活動しているイラストレーター。彼女はファンタジーの世界を造り上げ、野性的なイマジネーションから作品のストーリーを得ています。彼女のすばらしい作品を見て、あなたのDIYプロジェクトのインスピレーションを湧かせましょう。

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people #ライフスタイル #Lomoamigos Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    2015-05-19 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Ines Rehberger、New Petzval Art Lensで撮る

    フォトグラファーとして専門的な訓練を受けたにも関わらず、Inesさんはその仕事を辞めてしまった。写真は単純に趣味として続けるとのこと。それでも彼女が時折創りだしてくれるポートレイトには、かつてからの美しい豊かな表現力が健在している。最近は彼女の故郷、Brunswick(ブラウンシュバイク)で撮影を行い、あのユニークな渦を生み出すボケ効果を通して、この町を紛れもない夢の世界へと変貌させた。その時彼女が使ったアイテムは?もちろん、New Petzval Art Lensです!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Nishe:写真を通して感情を探る

    2015-03-16 #people #ライフスタイル Julien Matabuena の記事
    Nishe:写真を通して感情を探る

    Nisheのポートレートには悲哀が漂っている。たいてい彼女の画題である顔は、部分的に、もしくは完全に隠れているのです。悲しいけれど、不可避の美しさがあるのです。鬱、純潔を失う事、成長する事への苦悩が彼女の作品のテーマで、それをとても優雅に表現しているのです。

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • Yamanaka YukoのAM Renault、Petzvalレンズで撮る。

    2014-09-17 #people #Lomoamigos #videos fishyu の記事
    Yamanaka YukoのAM Renault、Petzvalレンズで撮る。

    Yamanaka Yuko and Six Dimen Boyの中心人物として活躍するAM Renault。彼の作品には彼の自然に対する熱意が込められています。彼のPetzvalレンズに関しての見解を語っていただきました。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    2015-04-20 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    ロモグラフィーのコミュニティーに悶絶モノの愛くるしい猫写真をたくさんアップロードしているnpkishiさん。気ままにのびのびと暮らしている猫たちの様子をLC-AやDiana F+、Lomo'Instantをはじめとするロモグラフィーのカメラやその他のアナログカメラで収めています。そんな彼女の猫写真に惚れ込んだロモグラフィーは、npkishiさんにPetzvalレンズを貸出し最強のPetzval猫ショットを撮っていただきました。顔がほころぶこと間違い無し!ぐるぐるボケで彩られた猫たちの写真とインタビューをお楽しみください。

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #tipster jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • アナログでやりたいことリスト:12か月で、12個の計画

    2015-08-04 #people #ライフスタイル stratski の記事
    アナログでやりたいことリスト:12か月で、12個の計画

    新年にはいつもよい決意をするのですが、月末にはほとんど失敗してしまいます。今年は、月ごとにやりたいことを決めておこうと決心しました。

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 58 Bokeh Control Lens: ファッションフォトグラファーIssa Ngのファーストインプレッション

    2015-06-12 #people #ライフスタイル #レビュー Jill Tan Radovan の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Lens: ファッションフォトグラファーIssa Ngのファーストインプレッション

    Issa Ngは香港を拠点に活動するファッションとコマーシャルフォトグラファー。彼は長年、広告業界で様々なインターナショナルブランドのアートディレクターやスタイリストとして活動してきた経歴を持っています。それゆえ、コンセプトの確立や構成、激しいイメージングにおいて彼の素晴らしいセンスに基づくスタイルを表現できます。彼は現在ポートレイトに特化し、絶えずフレッシュで面白いプロジェクトを求めています。そんな彼がLomography Petzval 58 Bokeh Control lensでの撮影についてインタビューで語ってくれました。

  • Lomo'Instant LomoAmigo: るうこ

    2015-03-11 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Lomo'Instant LomoAmigo: るうこ

    様々な雑誌やWebサイトなどでモデルとして活躍するるうこさん。instagramやTumblrなどで若い女の子を中心に絶大な人気を誇っています。スタイリッシュでクリエイティブ、そして笑顔がすてきなるうこさん。そんなるうこさんにLomo'Instantを使ってもらい、インタビューに答えていただきました!

  • LomoAmigos: The Watanabes

    2015-02-05 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: The Watanabes

    The Watanabesは日本で活躍するインターナショナルバンド。日本の単語がところどころに聞こえてくる、ノスタルジックでちょっぴり切ない哀愁溢れるフォークロックを奏でます。そんなWatanabesにロモグラフィーのカメラをお貸出しし、思う存分に撮影していただきました!