BIG LomoKino Rumbleのファイナリスト#4: reneg88

2012-11-05

BIG LomoKino Rumbleのファイナリストの1人、René G. Boscio氏(またはreneg88)をご紹介します。彼のムービー、Snailing in Loveを作る上で一番のインスピレーションとなったもの(または人)を知りたいですか?このムービーの下に答えはありますよ!

reneg88Snailing in Love

名前: René G. Boscio
ロモホーム: http://www.lomography.com/homes/reneg88

このSnailing in Loveというムービーを作ろうと思ったきっかけは何ですか?
前にある女の子と付き合っていたんだけど、とーっても面倒くさがりな子だったんだ。それで、ある日電話をしていたときの話さ。彼女はベッドに寝っころがっていたんだけどね。どれだけお腹が空いているかを話して、こんなことを言ったんだ。「このまま同じ姿勢で、ベッドから台所まで行けたらいいのに……カタツムリみたいに。分かる?」って。ぼくたちは、それはもうめちゃくちゃに笑いだしたよ。そこで、それってすごくおもしろいアイディアじゃないかと思ったんだ。

簡単にストップモーションのムービーが作れる LomoKino のおかげで、このカタツムリみたいに動き回るっていうコンセプトを実現できたし、ロマンチックなシーンも作れた。"falling in love(恋に落ちる)"っていう言葉の"falling(落ちる)"を変えて、"’snailing in love(カタツムリみたいにゆっくりと恋に進む)"にできたんだ:)

もし賞金を獲得したら、次のLomoKinoのムービーのコンセプトは何にしますか?
次のLomoKinoのムービーのために、もう脚本を書き始めているんだ。ぼくの書いた"I’ll Never Say"っていう歌をベースにね。

2人の幼なじみの話なんだけどね。子どもの頃から一緒に育ったんだ。時間が経つにつれて、もちろん2人のあいだの時間も過ぎていく。そして、気持ちも変わっていく。でも、お互いに同じだとは限らないよね。そうやって、段々と恋が芽生えていって、心から惹かれあっていくのが分かる。だけど、男の子のほうは友情と恋のどこに線を引けばいいか分からないんだ。これは基本的に、幼なじみに恋してしまった男の子が、幼なじみが別な人と恋に落ちてしまうのを見ていくっていうストーリー。だから男の子は、女の子を本当に愛していることを絶対に明かさないって決めるんだ。だって、そんなことをしていいことなんてあるかい?彼がそうしても、幸せにはなれないだろう?

この歌はここで聞いてもらえるよ:

http://soundcloud.com/real-eyes-1/ill-never-say

LomoKinoの一番好きなところは何ですか?
さっきもちょっと言ったんだけど、LomoKinoの好きなところは、ストップモーションのムービーが簡単にできちゃうところかな。無限の可能性を持った世界を開いてくれる!浮かんだり、消えたり、カタツムリみたいに進んだりすることだってできるんだ!色んな効果を出すこともできるよ。"I’ll Never Say"のムービーのコンセプトには、ストップモーションはいらないかもしれない。でも、本当にLomoKinoの気に入っているところだよ。ビンテージみたいな写真が撮れることもそうだけど。でもそれはみんな知っているよね:)

LomoKinoを初めて使う人に何かアドバイスはありますか?
ぼくは、きちんと順序立てて物事を進めないと気がすまない、石橋を何度も叩いて渡るようなタイプの人間なんだ。だから前もって計画を立てないと、ほとんど何もできない。だからぼくからのアドバイスは、貴重なフィルムを無駄にしてしまう前に、コンセプトをはっきりさせて、ストーリーボードや脚本を作ってみてってことだね!きみの大好きな映画を作るのに必要な全てが、LomoKinoできみの手に入るよ。それ以上もね。

新しいアナログの世界を LomoKino で。Lomographyの35mmムービーカメラは、フィルムにあなたのストーリーを写し、永遠に残してくれます!どんな35mmフィルムにも、144コマ撮影可能で、あなただけの映画を作ることができます。自分の作品を昔の方法で観たい?それなら、 LomoKinoとLomoKinoscopeのパッケージ をお勧めします。

2012-11-05 #ニュース #ビデオ #35mm # # #lomokino # #rene-boscio #rumble shhquiet の記事
翻訳 tea-tea

他の記事を読む

  • New Russar+: AM Renault (山中遊子)、大阪で撮る。

    2015-10-26 #people #gear h31d1 の記事
     New Russar+: AM Renault (山中遊子)、大阪で撮る。

    香港を拠点に活動する若き写真家 AM Renault。ハイキンググループ「山中遊子」の中心人物であり、自然を愛してやまない人物です。彼はSix Dimen Boyという写真家グループに参加しており、見たものをそのまま記録するだけではなく、アートとデザインの要素を取り入れ人々にインスピレーションを与える作品を撮ります。そんなAMが彼の父親との日本旅行にNew Russar+を持っていき、旅を記録してきました。大阪の日常シーンを写した写真を、彼のインタビューとともにお楽しみください。

    2015-10-26
  • Trending LomoHome: 2015年 LomoHomeランキング!(日本コミュニティー)

    2015-12-27 #ニュース ciscoswank の記事
    Trending LomoHome: 2015年 LomoHomeランキング!(日本コミュニティー)

    ロモグラファーの活動拠点となるロモホーム。自分の写真をアップロードする発表の場であったり、他の人からのLIKEを得る場所でもあります。そんなロモホームで今年一番LIKEを集めたのは この方たちです!

    2015-12-27 1
  • LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    2016-07-31 #gear #people ihave2pillows の記事
    LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか?

    LomoChrome Purple XR 100-400は伝説の赤外カラーフィルム、コダック・エアロクロームおよびエクタクローム プロフェッショナル インフラレッド (EIR)フィルムに対するロモグラフィーなりの答えです。それは先代と同様に高い技術力を要求してくるものでしたが、このフィルムで撮った作品は驚きに満ちています。それではいかにしてパープルを引き出すか。そのための簡単なガイド記事です。

    2016-07-31
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomography+主催 【バレンタインデー特別企画;ライトペインティングワークショップ!】

    2016-02-01 #ニュース Lomography+ の記事
    Lomography+主催 【バレンタインデー特別企画;ライトペインティングワークショップ!】

    2016年のバレンタインデーはライトペインティングで思い出作りはいかがですか? Lomographyのインスタントカメラを使えば簡単に体験できます。 仲良しの恋人・友人と一緒に、光の輪の中で飛んだり跳ねたりしましょう!

    2016-02-01
  • ルイ・ダゲール:写真の礎を築いた男

    2016-05-06 #ニュース #gear Lomography の記事
    ルイ・ダゲール:写真の礎を築いた男

    その多くの功績で写真史に名を残したルイ・ダゲール―そもそも写真の歴史は彼から始まりました。現在まで語り継がれている彼の軌跡をロモグラフィーが紹介いたします。

    2016-05-06
  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Marta Bevacqua

    2016-03-25 #people Lomography の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Marta Bevacqua

    フランス・パリで活躍するイタリア人フォトグラファーMarta Bevacqua。彼女が今回挑戦したのはNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensでの撮影。ぐるぐるボケの出方を調節できる真鍮製のレンズは、彼女の作品にどういった影響を与えたのでしょうか?インタビューしてお話しを伺いました。

    2016-03-25
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 12/4(金)のアドベントカレンダー: フィルムが10% Off! (ディスカウントコード: FROSTYFILMS10)

    2015-12-04 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/4(金)のアドベントカレンダー: フィルムが10% Off! (ディスカウントコード: FROSTYFILMS10)

    恋人とクリスマスディナーを楽しんだり、家族でパーティーを開いたり、街中のイルミネーションを楽しんだり…イベント盛りだくさんな12月。でもちょっと待って!思い出を写真に残すためのフィルムの準備はできていますか?今日フィルムを買えば10% off で手に入りますよ!

    2015-12-04
  • Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    2016-04-07 #ニュース #gear Lomography の記事
    Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    *Daguerreotype Achromat Art Lens* は自分で見ている世界をそのまま、いえ、それ以上を写し出す能力を兼ね備えたプレミアムレンズ。ソフトフォーカスから鮮明でシャープな写り、さらにはユニークなボケまでもたった一台で表現することができます!写真を愛する人々の創造性を刺激し、その好奇心をくすぐるユニークなパートナーとなること間違いなしのレンズが新たにロモグラフィーに登場します!

    2016-04-07
  • Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens:新加入 LumièreとAquarelleの絞りプレートがもつ表現の可能性

    2016-04-21 #ニュース #gear Lomography の記事
    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens:新加入 LumièreとAquarelleの絞りプレートがもつ表現の可能性

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは絞りをかえるだけでソフトフォーカスとシャープな写りを楽しめるのみならず、新しく加わったプレートを使えば表現の可能性は宇宙よりも広大になります!

    2016-04-21
  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Disclosure @ マディソンスクエアガーデン

    2015-11-14 #people Lomography の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Disclosure @ マディソンスクエアガーデン

    DisclosureはHoward LawrenceとGuy Lawrenceの兄弟ユニット。音楽一家に生まれ、ガレージでエレクトロミュージックを演奏しながら育ってきた彼らの夢は、あの有名なニューヨークのマディソンスクエアガーデンでプレイすること!そしてその夢はついに先月実現したのです。この記事ではPetzval 58 Bokeh Control Art Lensで捉えたDisclosure初のマディソンスクエアガーデンでのライブの様子をお届けします。

    2015-11-14
  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。

    2015-11-13
  • アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    2016-02-25 #tutorials lomographymagazine の記事
    アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    動物は予測できない気まぐれな被写体です。フィルムで撮影するとなると、更に難易度はあがるでしょう。動物の自然なありのままの行動を記録するのが一番ですが、動物園やサファリパークのような飼いならされた場所では、場所の制限もありますし、上手に賢くフレーミングする必要がありますね。この記事では、ロモグラフィーコミュニティーメンバーが写したお手本写真を参考に、アニマル写真の極意をリストアップしました。

    2016-02-25