ライトペインティング:暗闇で踊る

ライトペインティングをもっと上手くやりたいって思ってない?もっとすごい写真を撮りたいって思ってない?このステップに従って、輝かしいロモグラフを撮ろう。

必要なもの:
・黒色の厚紙
・テープ
・チョーク
・バルブモードのカメラ。私はLubitel 166+を使いました
・スローで低いISOのフィルム。私はFuji Superia 100を使いました
・シャッターボタンから離れても、シャーターを開いておくことが出来る、ケーブルレリーズやその様なもの
・懐中電灯。ボタンで簡単にスイッチの入切が出来るものをお勧めします
・もし、色を付けたかったら、懐中電灯につけるフィルターとして、シルク生地やセロファンを使ってください
・黒い服と、もし持っているなら忍者のマスク
・絶対に、ほぼ完全に暗い部屋で写真を撮ること
Let’s go!

1. 壁に黒色の厚紙をつける

2. 低いISOフィルムを入れたカメラを、三脚にのせ、真ん中に置く。バルブモードになっている事をチェックしてね。私はf. 16にしました。カメラにケーブルレリーズをつけて。フレームには、黒色の厚紙しか映っていない事を確認して。絶対ね。

3. ビューファインダーを覗いて、カメラに映っている範囲に印をつける。私は、すごく小さな印しを、チョークで描きました。

4. チョークで下書きする

5. 黒い服を着る。ふざけてないからね!忍者みたいなマスクを付けた事はないけど、顔に懐中電灯の光があたる事を防ぐためには、マスクをかぶった方がいいの。

6. 懐中電灯の持ち方を練習する。そうすれば、描きやすいポジションにいながら、上手くカメラに光を写す事ができるから。私は、懐中電灯が大きな鉛筆だって想像して、先っぽを後ろに向けてしまったの。光の事を忘れていたから、ほとんどカメラには私の後ろ姿しか写っていなかったわ。オンとオフのボタンを使う事を忘れないで。線を切り離して描く事が出来るから。

7. ライトを消して、ほぼ完全に暗い部屋を出る。ほんの少しライトの光を残しておくことが大切です。そうすれば、下書きが見えるから。最低限必要な事だからね。初めは、何も見えないけど、少し待つと目が慣れてきて、見えるようになります。大切な事は、この2つの事を承知しておいて:カメラのシャッターと、厚紙に描いたチョークの絵

8. 撮影開始。カメラをあけ、光の動きを捉える準備をして:お絵かき開始!懐中電灯のスイッチをオンにし、一回描いたら、スイッチを切る。スイッチオン、描く、スイッチオフ・・・こうやって描いて行ってください。

9. 集中して。どのパートを描いて、どのパートを描いていないのかを、意識しながら描く事。繰り返し描きたくない所では、絶対にやってはいけないし、バレーシューズみたいに、細かな部分を忘れないで。

Credits: susielomovitz

10.もし色を付けたかったら、シルクかセロファンをフィルター替わりに使って。手に持っておけば、描きながら色を変える事ができます。

Credits: susielomovitz

11. 暗闇の中でダンスして!さぁあなたも踊って!チョークはただの印しだって事を忘れないで、光で遊びましょう!

Credits: susielomovitz

12. 描き終わったら、まずはカメラのところに行って、シャッターを切り、ライトをつけて。すごく重要なことです!そうしないと、今までの苦労が水の泡です。

この記事を書くために、カメラでプロセスを撮っていたんだけど、壊れちゃって写真がなくなってしまったの。最終的には、‘カートゥーン’が気に入ったわ。‘理由があって物事は起きる’のね。それから、チョークの下書きが残っていると思っていたんだけど、見つけることが出来ないの。(この事を口にすることは間違っているけど、あれは本当に良い出来だったの)

この記事が、あなたにインスピレーションを与える事ができたら良いなと思っています。私はすでに、次のアイディアを考えているわ。

2012-11-01 #gear #tutorials #light-painting #bailarinas #susielomovitz #tipster #larga-exposicion #truco #dibujando-con-luz susielomovitz の記事
翻訳 pamiyu

他の記事を読む

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    2015-07-02 #gear candilsw の記事
    Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    Pixelstickは、まさにマスト・ハブ・アクセサリー。多彩なカラーと模様が、強烈なライトペインティングを生み出す。大きさは1.8メートル、高再現度を誇る200色のフルカラーLEDを搭載!長時間露光機能付のカメラと三脚を手にすれば、あとはただ、暗闇のなかでPixelstickを振り動かすだけで、夢みたいな写真が何ダースでも思いのままに。まずは、我らが盟友、ロモグラフィー香港のみんながこのPixelstickで撮影した写真を見てみてくれ!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #tutorials hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2
  • LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    2015-09-04 #people hannah_brown の記事
    LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    Ian Hobsonはイギリスで活動するライトペインティングに特化したフォトグラファー。彼にLomo'InstantとPixelstickという最高のライトペインティングツールを使ってテスト撮影を行っていただきました。この記事では、この組み合わせで撮影された素晴らしいライトペインティング写真と、夜間の撮影やライトペインティングの手法について彼にお伺いしたインタビューをご紹介します。

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • Lomo'Instant Wideをご予約いただいた皆様にLomography Light Painterをプレゼント!

    2015-11-05 #ニュース leora の記事
    Lomo'Instant Wideをご予約いただいた皆様にLomography Light Painterをプレゼント!

    Lomo’Instant Wide を12月発送予定のプレオーダーで予約して、もっと多くの人にクリスマスや年末年始にこのカメラを存分に楽しんでいただきたい!そんな思いから、予約特典が増えることになりました!ご予約いただいた皆様全員にキーホルダー型のライトペインティングツール・Lomography Light Painterをプレゼントします!今からご予約いただいた方にももちろんプレゼントしますので、プレオーダー受付が終了する前に予約しておきましょう!

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #ニュース #gear ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!