ライトペインティング:暗闇で踊る

2012-11-01

ライトペインティングをもっと上手くやりたいって思ってない?もっとすごい写真を撮りたいって思ってない?このステップに従って、輝かしいロモグラフを撮ろう。

必要なもの:
・黒色の厚紙
・テープ
・チョーク
・バルブモードのカメラ。私はLubitel 166+を使いました
・スローで低いISOのフィルム。私はFuji Superia 100を使いました
・シャッターボタンから離れても、シャーターを開いておくことが出来る、ケーブルレリーズやその様なもの
・懐中電灯。ボタンで簡単にスイッチの入切が出来るものをお勧めします
・もし、色を付けたかったら、懐中電灯につけるフィルターとして、シルク生地やセロファンを使ってください
・黒い服と、もし持っているなら忍者のマスク
・絶対に、ほぼ完全に暗い部屋で写真を撮ること
Let’s go!

1. 壁に黒色の厚紙をつける

2. 低いISOフィルムを入れたカメラを、三脚にのせ、真ん中に置く。バルブモードになっている事をチェックしてね。私はf. 16にしました。カメラにケーブルレリーズをつけて。フレームには、黒色の厚紙しか映っていない事を確認して。絶対ね。

3. ビューファインダーを覗いて、カメラに映っている範囲に印をつける。私は、すごく小さな印しを、チョークで描きました。

4. チョークで下書きする

5. 黒い服を着る。ふざけてないからね!忍者みたいなマスクを付けた事はないけど、顔に懐中電灯の光があたる事を防ぐためには、マスクをかぶった方がいいの。

6. 懐中電灯の持ち方を練習する。そうすれば、描きやすいポジションにいながら、上手くカメラに光を写す事ができるから。私は、懐中電灯が大きな鉛筆だって想像して、先っぽを後ろに向けてしまったの。光の事を忘れていたから、ほとんどカメラには私の後ろ姿しか写っていなかったわ。オンとオフのボタンを使う事を忘れないで。線を切り離して描く事が出来るから。

7. ライトを消して、ほぼ完全に暗い部屋を出る。ほんの少しライトの光を残しておくことが大切です。そうすれば、下書きが見えるから。最低限必要な事だからね。初めは、何も見えないけど、少し待つと目が慣れてきて、見えるようになります。大切な事は、この2つの事を承知しておいて:カメラのシャッターと、厚紙に描いたチョークの絵

8. 撮影開始。カメラをあけ、光の動きを捉える準備をして:お絵かき開始!懐中電灯のスイッチをオンにし、一回描いたら、スイッチを切る。スイッチオン、描く、スイッチオフ・・・こうやって描いて行ってください。

9. 集中して。どのパートを描いて、どのパートを描いていないのかを、意識しながら描く事。繰り返し描きたくない所では、絶対にやってはいけないし、バレーシューズみたいに、細かな部分を忘れないで。

Credits: susielomovitz

10.もし色を付けたかったら、シルクかセロファンをフィルター替わりに使って。手に持っておけば、描きながら色を変える事ができます。

Credits: susielomovitz

11. 暗闇の中でダンスして!さぁあなたも踊って!チョークはただの印しだって事を忘れないで、光で遊びましょう!

Credits: susielomovitz

12. 描き終わったら、まずはカメラのところに行って、シャッターを切り、ライトをつけて。すごく重要なことです!そうしないと、今までの苦労が水の泡です。

この記事を書くために、カメラでプロセスを撮っていたんだけど、壊れちゃって写真がなくなってしまったの。最終的には、‘カートゥーン’が気に入ったわ。‘理由があって物事は起きる’のね。それから、チョークの下書きが残っていると思っていたんだけど、見つけることが出来ないの。(この事を口にすることは間違っているけど、あれは本当に良い出来だったの)

この記事が、あなたにインスピレーションを与える事ができたら良いなと思っています。私はすでに、次のアイディアを考えているわ。

2012-11-01 #gear #tutorials #light-painting #tipster #truco #larga-exposicion #susielomovitz #bailarinas #dibujando-con-luz susielomovitz の記事
翻訳 pamiyu

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Ian Hobson:Lomo'Instant Wideでライトペインティング!

    2017-01-30 #people Lomography London の記事
    Ian Hobson:Lomo'Instant Wideでライトペインティング!

    自称 「熱狂的カメラ信者」で、ライトペインターであるという非凡な男・Ian Hobson。今回、彼はすっかり暗くなった夜中にLomo'Instant Wideを持ち出して、Pixelstickや燃えるワイヤーウールを使って魅力的なショットを撮影してくれました!

    2017-01-30
  • Phōtosgraphé: 動くライトペインティング

    2017-02-09 #people Teresa Sutter の記事
    Phōtosgraphé: 動くライトペインティング

    ニューヨークを拠点として活動する写真家 Lucea Spinelli。彼女が作り出したのは、いつまでも眺めていられそうな光の動きを捉えた不思議な動画。

    2017-02-09
  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    2016-11-12 1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    2016-12-13 #ニュース lomographymagazine の記事
    休暇を思い切り楽しむための5つの方法

    どこからともなく鈴の音が聴こえてきそうな、一年でもっとも楽しいシーズンがやって来ました!今日はみなさまに、忙しい仕事から解放されて休暇中を思いっきり楽しくクリエイティブに過ごすための5つの方法をご紹介します。ゆっくりお気に入りのコーヒーや紅茶でも飲みながら、ロモグラフィーからの愉快な提案をご覧ください!

    2016-12-13
  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials lomographymagazine の記事
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

    2017-08-27
  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    2017-04-11 #culture #places lomographymagazine の記事
    東京の「黄金時代」:1960年代 & 1970年代

    60年代、70年代の東京は戦後の歴史上もっとも成長が著しい時代であったことから、「黄金時代」ともよばれています。今日はそんな輝かしい時代を蘇らせてくれる写真たちをご紹介致します!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:Don't Think, Just Shoot!

    2017-03-26 #ニュース Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:Don't Think, Just Shoot!

    Lomo'Instant Automat Glass のオートモードなら昼も夜も関係ありません!カメラの設定に煩わされることなく、撮りたいと思った瞬間にシャッターを押していつでもどこでもインスタント写真を満喫しよう。

    2017-03-26
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • 【コンペティション】春よ、来い!

    2017-03-08 Lomography の記事
    【コンペティション】春よ、来い!

    部屋に閉じこもっていた冬ももうすぐ終わりがやってきます!今からお花見を楽しみにしている人も多いかと思いますが、ロモグラフィーは春の始まりを表現したショートビデオを募集します!

    2017-03-08