ライトペインティング:暗闇で踊る

ライトペインティングをもっと上手くやりたいって思ってない?もっとすごい写真を撮りたいって思ってない?このステップに従って、輝かしいロモグラフを撮ろう。

必要なもの:
・黒色の厚紙
・テープ
・チョーク
・バルブモードのカメラ。私はLubitel 166+を使いました
・スローで低いISOのフィルム。私はFuji Superia 100を使いました
・シャッターボタンから離れても、シャーターを開いておくことが出来る、ケーブルレリーズやその様なもの
・懐中電灯。ボタンで簡単にスイッチの入切が出来るものをお勧めします
・もし、色を付けたかったら、懐中電灯につけるフィルターとして、シルク生地やセロファンを使ってください
・黒い服と、もし持っているなら忍者のマスク
・絶対に、ほぼ完全に暗い部屋で写真を撮ること
Let’s go!

1. 壁に黒色の厚紙をつける

2. 低いISOフィルムを入れたカメラを、三脚にのせ、真ん中に置く。バルブモードになっている事をチェックしてね。私はf. 16にしました。カメラにケーブルレリーズをつけて。フレームには、黒色の厚紙しか映っていない事を確認して。絶対ね。

3. ビューファインダーを覗いて、カメラに映っている範囲に印をつける。私は、すごく小さな印しを、チョークで描きました。

4. チョークで下書きする

5. 黒い服を着る。ふざけてないからね!忍者みたいなマスクを付けた事はないけど、顔に懐中電灯の光があたる事を防ぐためには、マスクをかぶった方がいいの。

6. 懐中電灯の持ち方を練習する。そうすれば、描きやすいポジションにいながら、上手くカメラに光を写す事ができるから。私は、懐中電灯が大きな鉛筆だって想像して、先っぽを後ろに向けてしまったの。光の事を忘れていたから、ほとんどカメラには私の後ろ姿しか写っていなかったわ。オンとオフのボタンを使う事を忘れないで。線を切り離して描く事が出来るから。

7. ライトを消して、ほぼ完全に暗い部屋を出る。ほんの少しライトの光を残しておくことが大切です。そうすれば、下書きが見えるから。最低限必要な事だからね。初めは、何も見えないけど、少し待つと目が慣れてきて、見えるようになります。大切な事は、この2つの事を承知しておいて:カメラのシャッターと、厚紙に描いたチョークの絵

8. 撮影開始。カメラをあけ、光の動きを捉える準備をして:お絵かき開始!懐中電灯のスイッチをオンにし、一回描いたら、スイッチを切る。スイッチオン、描く、スイッチオフ・・・こうやって描いて行ってください。

9. 集中して。どのパートを描いて、どのパートを描いていないのかを、意識しながら描く事。繰り返し描きたくない所では、絶対にやってはいけないし、バレーシューズみたいに、細かな部分を忘れないで。

Credits: susielomovitz

10.もし色を付けたかったら、シルクかセロファンをフィルター替わりに使って。手に持っておけば、描きながら色を変える事ができます。

Credits: susielomovitz

11. 暗闇の中でダンスして!さぁあなたも踊って!チョークはただの印しだって事を忘れないで、光で遊びましょう!

Credits: susielomovitz

12. 描き終わったら、まずはカメラのところに行って、シャッターを切り、ライトをつけて。すごく重要なことです!そうしないと、今までの苦労が水の泡です。

この記事を書くために、カメラでプロセスを撮っていたんだけど、壊れちゃって写真がなくなってしまったの。最終的には、‘カートゥーン’が気に入ったわ。‘理由があって物事は起きる’のね。それから、チョークの下書きが残っていると思っていたんだけど、見つけることが出来ないの。(この事を口にすることは間違っているけど、あれは本当に良い出来だったの)

この記事が、あなたにインスピレーションを与える事ができたら良いなと思っています。私はすでに、次のアイディアを考えているわ。

2012-11-01 #gear #tutorials #light-painting #tipster #truco #larga-exposicion #susielomovitz #bailarinas #dibujando-con-luz susielomovitz の記事
翻訳 pamiyu

他の記事を読む

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • 溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    2017-07-16 #gear
    溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    英語で「Dog Days」とは真夏の一番暑い日々のこと。外で写真を撮っていると汗がダラダラと流れる季節でもありますが、この時期の太陽の輝きは格別。そんな溶けそうに暑い日は、ロモグラフィーの La Sardinaがぴったり!

  • 4連写なら楽しさも4倍:ActionSampler

    2018-01-24 #gear lomosmarti の記事
    4連写なら楽しさも4倍:ActionSampler

    何を撮っても面白い仕上がりになる ActionSampler 。動くものを撮っても、動かないものを撮ってもOK!あなたはその仕上がりに驚くはず。シンプルでコンパクトな見た目ですが、長年のファンも多いユニークなカメラです。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Kodak Aerochromeフィルムで撮影したドロマイト山

    2017-12-28
    Kodak Aerochromeフィルムで撮影したドロマイト山

    その昔カルト的な人気を誇った Kodak Aerochromeフィルム。今回はその希少なフィルムで、Francescoと Andrea Padovaniが撮影したドルマイト(白雲岩)山の写真をご紹介。この美しいトーンとドロマイト山の不思議な風景に吸い込まれそうになりますね。

  • 【2017年】日本ロモホーム大賞発表!

    2018-01-01 refallinsasaki の記事
    【2017年】日本ロモホーム大賞発表!

    親愛なるロモグラファーの皆さま、2017年もロモグラフィーのコミュニティにたくさんの写真を投稿いただき、ありがとうございました!2017年に日本のロモホームで一番多くの「♥LIKE」を集めた写真やロモホームを大発表!!

  • ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    2017-06-29 #gear
    ロモグラフィーの Konstruktorがお出かけにピッタリな理由

    街の撮影ならいつでも、どこでもロモグラフィーの自分で組み立てる一眼カメラKonstruktorがぴったり!今日はその理由を素敵な写真と一緒にご紹介致します。