La Sardina DIYプロジェクト アーティスト - ユン・ルーとLa Sardina DIY

2013-01-10

モデルとして活躍するユン・ルーさんは旅行が大好きだそうです。
そんな彼女はよく、周りの環境の影響を受けた夢を見るらしいですよ。
そんな彼女がカスタムしてくれたLa Sardinaにはどんなストーリーがあるんでしょうか?
さぁ、いっしょに見てみましょう!

Yunn Ru with her “Woods And My Moo”, her La Sardina DIY customization.

La Sardina DIY プロジェクトに興味をもったキッカケを教えて下さい。

ずっと写真が好きで、ロモグラフィーの Diana が最初のカメラでした。私がLa Sardinaをデザインする機会を頂いたときに、やるしかないなって思ったんです。だってそうでしょ?
この機会をくれたロモグラフィーマレーシアと、こんな素敵で天才的な商品をデザインしてくれたロモグラフィーにホントに感謝しています。

La Sardina DIY を見た時の第一印象を教えて下さい!

最初にこのまっ白なLa Sardinaを箱から取り出したとき、「うわぁ!すっごいカワイイ!このまっ白なままでもいいなぁ。」って思いました。
でも、手に取ってみて、だんだんと愛着がわいてきたら、やっぱり自分だけのものにしたくなっちゃっいました。じっさいに、このデザインは自分らしさを表現できたと思います。私の人となりや、人生観なんかが表現できてるんじゃないかな。いつも自由でいたいし、La Sardina DIYといっしょに、好きな時に旅に出て、新しい発見がしたいですね。
いっぱい写真を撮ってきますから、待ってて下さいね。

どんなテーマで La Sardina DIY をカスタマイズしましたか?コンセプトなんかも教えて下さい。

私がデザインしたLa Sardina DIY「Woods and My Moo」は、ハーモニーの女神だと思ってます。ロモグラフィー って地球を愛することがテーマだと思うんです。自然だったり、私たちの身の回りの環境だったりそういったものすべての瞬間を捉えようって。私にとって写真っていうのも、幸せや忘れられない思い出を残すための、かけがえのないものなんです。
カメラをデザインするには勇気が必要でした。そして、このカメラのテーマには、隠喩的に、実はいろんな生命が協力し合って生きているというものにしました。自分とは別のものや、馴染みのない場所にくっついたり、離れたりしている様子です。でも、私たちの周りや、環境、人間、野生、それ以外のものにあるちがいっていうものも、それぞれがハーモニーになっているんだと思います。
だから、この瞬間を生きていてほしいし、地球を愛してほしいと思います。

普段はどんなところでインスピレーションを得ますか?

その時にどこにいるかによりますね。職業柄しょっちゅうあちこち飛び回っているので。そんな時もカメラは常に持って行きますね。カメラで撮影したスナップ、いった場所、出会った人そういったものが私にインスピレーションをくれます。だから、もしアナタが私が写真を撮っているのを見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね。あと、ロモグラフィーやアート、音楽、映画、食べ物、そして文化からもよくキッカケをもらいます。そしてロモグラフィーの文化である「共有」なんかもそうですね。
La Sardina DIYをこの手にしてから、また新しいストーリーがはじまったところです!

La Sardina DIY にこめたメッセージを教えて下さい!

私の人生におけるルールなんですけど、いつも愛をもって、充実した人生を送りたいんです。自分自身や周りの人を愛するってこと。神様への感謝を忘れずに、そして私たちの故郷である地球を愛しましょう。

Yunn Ru posing with her La Sardina DIY camera after the customization!

La Sardina DIY をカスタマイズする上でオススメのテクニックはありますか?

実験的に、そして自分のアイデアを思いっきりぶつけてみることです。
最終的には、La Sardinaがあなたとあなたの価値観を表現してるってわかると思います。でも、まずプランをたてて、それにそって材料を切ったり、大胆に貼付けたりしましょうね!

インタビューにご協力頂いてありがとうございました!

ユン・ルーさんが作業している様子が気になる方は、 Facebook ページ をチェック!
彼女の最新作の情報を見れますよ!

自分エディションのLa Sardina DIYをデザインしてみたくなった方は今すぐショップページへ!

2013-01-10 #people #malaysia #artist #creative #model #do-it-yourself #celebrity #lomoamigo #la-sardina-diy-project #yunn-ru eva_eva の記事
翻訳 keni

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • 実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    2017-02-04 #people Ivana Džamić の記事
    実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    「夢のような景色」という言葉から、どんな風景を想像しますか?それは Dustin Adamsの写真にふさわしい表現だと言えるでしょう。スケートボードがきっかけでカメラを始めて以来、彼は素晴らしい写真を撮り続けています。

    2017-02-04
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    2017-03-16 #ニュース #people Jill Tan Radovan の記事
    CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    ccwuはロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みなので、名前を聞いたことがある方もいるはず。台北・台湾を拠点とする彼は、いつもその素晴らしい作品で非凡な才能を証明してきました。ccwuのような才能溢れる写真家とNew Russar+ Lensが出会うと、どんな素晴らしい化学反応が起こるのでしょうか?覗いてみちゃいましょう!

    2017-03-16
  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17 lomographymagazine の記事
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

    2017-10-17
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

    2017-11-18
  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • ショップニュース

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    毎年大人気のロモグラフィーの福袋。2018年もアナログ写真を極めたい方、初めてフィルムカメラを使う方、考えずにただただ撮りたい方など、皆さんに喜んでいただける福袋をご用意しました!売り切れ続出のフィルム福袋や、フィルムとカメラがセットになった福袋など、どれも大満足な内容。2018年最初の1枚はロモグラフィーのフィルムやカメラで切り撮ってみませんか?数量限定なのでお早めにどうぞ!

  • 女性として、世界を旅することについて。

    2017-03-07 #places Kamila Stanley の記事
    女性として、世界を旅することについて。

    女性が一人旅に出る理由は、たくさんあります。自分がちっぽけな存在だと知るため、成長するため、言葉を学ぶため、失恋から立ち直るため、世界の不条理をこの目で見るため、そして自分の人生を少しだけ変えるため。一人旅をしているとよく言われる言葉がいくつかあります。

    2017-03-07
  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!