Satomi & Belair X 6-12: 最高なアナログの世界を生み出す

ロモグラフィーコミュニティーのメンバーであるSatomiは、Belair X 6-12の信頼できるテスターです。なぜ彼女が、この新作の中判カメラにハマっているのか知りたいのなら、この記事を読んで、答えを見つけてくれ。それから、Belair X 6-12の初公開写真もいくつか載せておいたよ!

やあ、 Satomi

Belair X 6-12のどんな所が一番気に入っているんだい?

Belair X 6-12 を使った事がある人も、これから使う人も、みーんなこのカメラの一番良い所は、オート露光が出来る所だと言うと思うわ。私はずーっと、オート露光可能な中判フォーマットカメラが欲しかったんだけど、すごく高くて買えなかったの。だから、まさかオート露光機能が付いた、中判カメラが発売されるなんて思ってもいなかったの!

これまでのロモグラフィーカメラより、特にこのカメラの良い所は何だと思う?

また言っちゃうけど、オート露光よ。でも、 Belair X 6-12 は、3つのフォーマットから選べるから、他のロモグラフィーカメラや、中判フォーマットカメラと比べるには、違い過ぎるかもしれない。オート露光と3つのフォーマットが付いたLC-Wideと比べる事が出来るかもしれないけど、そうなると、違いは価格かな!

3つのエディションの中でどれが好き?どうして?

うーん。私って本当に“限定エディション”に弱いから、Globetrotterはすごく魅力的ね。でも、シンプルなCity Slickerのなめらかなデザインや、Jetsetterのレトロなデザインもすごく良い・・・だけど、私はいつも無難な黒を選んでいるの。だから次は価格で比較すると、Jetsetterね!(はぁ、本当に決めるのに苦労したわ!)

3つのフォーマットの中で、一番しっくりきたのはどれ?

6×6!私は正方形が好きなの!正方形フォーマットは、イメージを10倍かっこ良くすると思うし、1つのフィルムで多くの写真が撮れるでしょ。でも、絶対に風景を撮る時は、6×9や6×12にするわ。

ゴールドのパンツを履いた、この男性は誰だい?コミュニティーの皆が、彼に夢中なんだよ!

はははははは!:D セクシーでしょう?私の友人のパトリックよ。彼もロモグラフィーの事は知っているのよ。彼のロモグラフィーのネームは、 lomosexual_manboy で、ちょっと面白い撮影を頼んだの。でも、言わせてほしい事があるの。このゴールドのパンツは、彼自信の物よ。正に、彼のユーザーネーム通りでしょう!

何か情報や、お勧めはない?

初心者用の情報に聞こえるかもしれないけど、距離の設定を変える事を忘れないで!私は2、3回忘れた事があって、失敗しちゃったの。このカメラは、あなたが正しい距離で撮影する限り、めちゃくちゃ最高な写真を撮ってくれる。

どうして、ロモグラファーはBelair X 6-12をゲットすべきだと思う?

聞く必要がある?;)機能・クオリティー・ルックス・お手頃価格・・・あなたが見る事が出来るすべてよ。見過ごす事の出来ないカメラなの!

もしJetsetterを世界のどこへでも持って行けるとしたら、どこへ行きたい?また、何を撮りたい?

そうね、初のヨーロッパ旅行がもうすぐなのね;絶対にこのカメラを持って行くわ!友人や美しい街並み/景色を、はやく撮りたい!

コミュニティーのメンバーにシェアしたい、Belair X 6-12での撮影時の、面白いハプニングとかある?

えーっと、撮影してる時に、たくさんの人が、何のカメラを使っているのかって聞いてきたんだけど、まだ言えない時だったから、ヴィンテージですって答えたの。誰も疑う人はいなかったわ。これで、どれだけこのコが、クラッシーなデザインか、わかってもらえたと思うわ。

Belair X 6-12 は、2012年11月29日まで第三次ご予約をお承り中です!(もしくは、在庫がある限り)プレオーダーにより、定価の15%オフで購入可能です。しかし、ご注意を。ご予約頂けるのは限定台数のみです。

2012-11-07 #ライフスタイル #belair-x-6-12 #belairx6-12 #satomi #color-negatives #6x12 #belair #analogue-photography #120-films #belair-users #6x6 #black-and-white #analogue-cameras #square webo29 の記事
翻訳 pamiyu

他の記事を読む

  • テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    2016-03-24 #people #テクニック bartolomo の記事
    テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    人の創作意欲に限界はない!新しいものを取り入れ、新しいものを創り出すことは私たちのライフワークです。アナログ写真を愛するロモグラフィーコミュニティーのメンバーであるilcontrariodimeは、フィルムに何か思いついたものを描く「フォト・スクラッチ」というテクニックを作り上げました!

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #world #ロケーション Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    2016-04-04 #gear #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: ミステリープロダクト!

    ええ、あなたの目はうそを言ってはいません...。私たちロモグラフィーは、新しい製品の発表に向けて最終準備をしているところです!これからいくつかヒントを出していくので、息をついて落ち着いて、物の見方を変えて、集中していてください。

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • Lomo Essentials: 映画『欲望』のようなミステリーハントに必要なもの

    2015-05-26 #gear #ニュース K. Aquino の記事
    Lomo Essentials: 映画『欲望』のようなミステリーハントに必要なもの

    茂み越しでも謎の女性の前でも、活発なフォトグラファーならいつも信頼出来るレンズを首からさげています。アントニオーニのカンヌ国際映画祭・パルムドール受賞作の『欲望』をインスピレーションにあなたも60年代モッズスタイルを取り入れてみましょう。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • [展示] Lomo Cameras X Glastonbury: - Narrative - by Taio Konishi

    2015-07-11 #world #ニュース #イベント ciscoswank の記事
    [展示] Lomo Cameras X Glastonbury: - Narrative - by Taio Konishi

    国内外のコンサートや音楽フェスの撮影をしているフォトグラファーの小西泰央さん。6月下旬にイギリスで開催された世界最大級の音楽フェスティバルであるGlastonbury Music Festival (グラストンベリー・ミュージック・フェスティバル) をLC-A+、Horizon Perfekt、Diana F+そしてPetzval 85mmレンズで写し出しました。日本からプレス・パスで取材できるのはごく少数の人々に限られています。そんな貴重な体験をロモカメラで写したGlastonbury Festivalの写真エキシビションが7月18日(土)から開催されます。

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #ロケーション #テクニック hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo'Instant Wide First impressions: dop

    2015-10-27 #gear #レビュー jillytanrad の記事
    Lomo'Instant Wide First impressions: dop

    ロモグラフィーコミュニティー内ではdopとして活動しているDiana。彼女はLomo'Instant Wideのプロトタイプをテストするレアな機会に恵まれました。彼女のLomo'Instant Wide体験を伺ったインタビューをこの記事でお楽しみください!

  • ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    2015-07-23 #people #Lomoamigos petit_loir の記事
    ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    ドイツのトップロモグラファー達を紹介する本シリーズ ( ※lomography.deで連載中) 、今回はシュトゥットガルト出身のFabiをご紹介します!本年度のLomoWochenende実行チームの一員として、一大プロジェクトに取り組まれている最中ですが、それだけではありません! 我々のインタビューでは、写真撮影と並んで彼が情熱を傾けるスケートボードについて、また今から5年以上も前にロモグラフィーを訪れることとなった経緯についてなどなど、たくさん語ってくれました。

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 #world #ライフスタイル Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。