モノクロームで見る世界:白黒フィルムとBelair

アナログ写真のいい点の1つは、リアルな世界を変えることができること。クロスプロセスしたスライドフィルム写真は、極端な色のシフトをし、白黒フィルムを使えば、見える世界の色を変えてしまいます。Belair X 6-12 で撮影された白黒写真をいくつか見てみましょう。

“ガーゴイルが、立っている、ゲートの前に。私に待てと言うように。”
これはLana Del Reyの曲、新カメラと偶然にも同じ名前の「 Bel Air 」の歌詞の一節。静かで神々しく日常とは異なる感覚を連想させるような様子のこの歌詞の感じ、白黒フィルムを使って撮影したアナログ写真に通じるものがあります。

人々はたいてい世界を白黒では観ません。白黒のイメージが、他の世界のようで、クラシックで、時代を超えて私たちを惹きつける理由の1つはこれでしょう。
Belair X 6-12 には一言で白黒フィルムというだけでは足りないほど様々なメーカーの中判白黒フィルムを使用することができます。もちろんLomographyの白黒フィルムもBelairを手にする時に一緒に手にしたいフィルムの1つ。 Lomography Earl Grey 100Lomography Lady Grey 400 はどちらもロモグラフィー120中判フィルム。微粒子の写りで、あなたの写真に過ぎ去った時間を感じさせる魔法を加えます。

今すぐ予約する
Belair X 6-12 商品ページへ
Belair X 6-12 関連記事を読む
ご不明な点がございましたら、プレオーダーFAQをご確認ください

2012-11-07 #belair-x-6-12 #bel-air-gallery #vintage #lifestyle #monochrome #landscapes #analogue-photography #120-films #black-and-white #35mm-films #analogue-cameras #accessories #belair #classic bohlera の記事
翻訳 kyonn

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • アートな街角スナップ写真ギャラリー

    2016-03-22 lomographymagazine の記事
    アートな街角スナップ写真ギャラリー

    ロモグラフィーのWebサイトにはストリート写真がたくさん!この風潮は多分今後も変わることがないでしょう。スナップ写真の中でも、皆さまにインスピレーションを与える素敵な写真を選びました!

  • テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    2016-03-24 #people #tutorials bartolomo の記事
    テクニック: ilcontrariodimeが考案した「フォト・スクラッチ」

    人の創作意欲に限界はない!新しいものを取り入れ、新しいものを創り出すことは私たちのライフワークです。アナログ写真を愛するロモグラフィーコミュニティーのメンバーであるilcontrariodimeは、フィルムに何か思いついたものを描く「フォト・スクラッチ」というテクニックを作り上げました!

  • ネオヴィンテージ・コラージュ byサミー・スラビンク

    2016-05-27 #people lomographymagazine の記事
    ネオヴィンテージ・コラージュ byサミー・スラビンク

    かつては別々の世界を構成していたピースや断片をつなぎ、新しい世界を作り出す。この表現方法が現在アート界で流行しています。ベルギーのアーティスト、サミー・スラビンクは新旧のイメージや技術を見事に融合させ、今と昔の中間である独創的な世界を表現しています。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Awesome Albums: 『GRÜN』 by alightthatnevergoesout

    2015-10-06 Lomography の記事
    Awesome Albums: 『GRÜN』 by alightthatnevergoesout

    カラーネガをスライドフィルム現像液で処理したらどんな出来上がりになるのだろう、と考えたことはありませんか?そんな疑問に対するひとつの答えがこちらです。

  • あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    2015-09-09 #ニュース #people ciscoswank の記事
    あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    世の中にあふれる「顔」に見えるものたち。そんな隠れた「顔」を写した写真のコンテストが開催されています!普段は気づかない隠れたものに対する視点を持つことを目的としたこのコンテスト。あなたも参加して、いつもとは違うものの見方を養ってみませんか?

  • Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    2016-04-07 #ニュース #gear Lomography の記事
    Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    *Daguerreotype Achromat Art Lens* は自分で見ている世界をそのまま、いえ、それ以上を写し出す能力を兼ね備えたプレミアムレンズ。ソフトフォーカスから鮮明でシャープな写り、さらにはユニークなボケまでもたった一台で表現することができます!写真を愛する人々の創造性を刺激し、その好奇心をくすぐるユニークなパートナーとなること間違いなしのレンズが新たにロモグラフィーに登場します!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    2016-01-30 lomographymagazine の記事
    Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    写真を撮ることをやめさせるものとは、一体何なのでしょうか?世界的に大寒波に見舞われた今月、大吹雪がニューヨークを襲った時でさえも、写真を撮り続けたひとりのロモグラファーがいます。

  • Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    2015-10-15 #ニュース #gear Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    ロモグラフィーが新たに発表したLomo'Instant Wideは、その名の通り幅広いインスタント写真の撮影を楽しめます。あなたが遭遇した面白い場面、あなたが見た素敵な景色を、白枠フレームで飾られた写真に残しましょう。サンプル写真を紹介するにあたり、まずは標準搭載レンズで撮影されたスタンダードな写真からご紹介します!