ロモグラフィー20年の歴史とその舞台裏: 1991年-1999年の写真と共に

ロモグラフィーが刻んできた歴史の一端を見てみましょう。
ロモグラフィーはこの20年いったいどんな道を歩んできたのか。そしてこれからとは…!
今日のロモグラフィーに至までのはじまりは、ほんの小さなものだったようですよ。さぁ、それでは見てみましょう!

ロモグラフィック ソサイエティの設立者たちとウラジーミル・プーチンの会合
1991

LC-Aの人気の高まりを受けて、大きなチャレンジがスタートしました。
当時、ロシアのメーカーはLC-Aの生産をストップすると決定していました。そこで、現在のロモグラフィーの設立者たちは、わざわざロシアのLomo光学工場へ出向き、主席主任(当時、副市長のウラジーミル・プーチン)に世界のためにLC-Aの生産を続けるよう求めました。

初期のロモウォール
1990s
この頃、はじめてのロモウォールが作られました。
今ではみんながロモホームにウォールを持っていますね!

ロシアのLomo工場
オリジナルのЛОМО́ (LOMO)工場の、その活気溢れる様子は人々の誇りでもありました。
- この写真は、カメラを組み立てる特別な技術者が働いている様子です。ちょうど、そのワイドな写りが特徴のロシアレンズをオリジナルのカメラボディに取り付けているところです。

ウィーンのThe Lomodepot
1996

1996年に、ロモグラフィー設立者の1人が、学校の合間をぬってロモグラフィープロジェクトでアルバイトをしていました。この頃に、彼女はアナログ写真愛好家たちが集う、「Lomodepot」という小さいコミュニティー(クラブのようなもの)を見つけました。おそらくこれらが、すべてのはじまりの前兆だったのでしょう。
Lomodepotは現在、数千の会員のいるコミュニティーへと発展しています!

はじめてのロモグラフィー展示会: ニューヨークとモスクワで同時に開催
1996

1996年にはまた、ニューヨークとモスクワにて、その第一回目となるロモグラフィーの写真のばかりを集めた展示会が同時に行われました。また、それと共に外国からやって来た素敵なロモグラフが並べられ、巨大なロモウォールが二つの街を飾りました。

ロモグラフィー ベルリン エンバシーの設立
1996

第一回ロモグラフィー展示会から数ヶ月後、ベルリン エンバシーが誕生しました。色とりどりのロモグラフに囲まれるなか、素敵なパーティーが行われました。

Actionsampler 世界大会, ニューヨーク
1999

1999年、ニューヨークにてActionsamplerの世界大会が行われました。そのコンペティションでは、マルチレンズを搭載し、1枚の中にアクションをとらえることができるカメラActionsamplerを使用したミニムービーが公開されました。また、大会に寄せられた素晴らしい作品たちも一同に展示されました。

2012-11-16 #workshops #lomohome #lifestyle #20th-anniversary #lomography-gallery-store #analogue-cameras #lomography-20 #events #exhibitions kazarareta の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    2015-10-14 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: 菅武志、Petzval 58 Bokeh Countrol Art Lensでウエディング写真を撮る。

    ドリーミーな世界観を作り出すフォトグラファーの菅武志さん。ロモグラフィーのコミュニティーでも何度か作品を披露していただき、まるで夢の中のような幻想的な写真の虜になった方も多いことでしょう。そんな菅さんは、長年活動の拠点としてきたイギリスから拠点を日本に移し、新たな試みに挑戦されています。初夏にはPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使い、ロンドンの庭園で美しく咲くボケの花を撮影していただきましたが、今回は日本で撮影したウェディング写真をシェアしていただきました。

  • タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    2016-01-07 #ニュース #gear lomography の記事
    タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    みなさんにとって2015年はどんな年でしたか? Lomographyの2015年はなじみ深いあのアイテムがレンズとして生まれ変わったり、とっても刺激的な1年でした。昨年発表されたカメラやレンズ、フィルムと一緒に2015年を振り返りましょう。 そして今年発表される新商品もお楽しみに!

  • 12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    2015-12-17 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    この季節は写真をたくさん撮影します。クリスマスに年末年始とイベント事が盛りだくさん待ち構えています!そんな季節にアナログカメラでたくさん写真を撮れるようにフィルムを買っておきましょう!本日まで同じフィルムパックを3つご購入で1パック分無料になるキャンペーンを実施中!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • 12/13(日)のアドベントカレンダー: カメラアクセサリーを20% OFFでGET! (ディスカウントコード: AMAZINGACCESSORIES20)

    2015-12-13 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/13(日)のアドベントカレンダー: カメラアクセサリーを20% OFFでGET! (ディスカウントコード: AMAZINGACCESSORIES20)

    あなたのカメラをレベルアップさせたいならば、専用のアクセサリーを使いましょう!「フラッシュがずっと欲しかった!」「Splitzerを手に入れたかった!」...そんな方は今日がチャンス!ロモグラフィーのアクセサリーが20% OFFでGETできます!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 2016年2月のトレンドアルバム

    2016-03-01 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンドアルバム

    みなさんはどのようにアルバムの構成をしていますか?多くの人がイベントや撮影場所で分けてアルバムを作成していることでしょう。フィルムやテクニック毎に分けている人もいますよね。ロモグラフィーコミュニティーでは様々な分別の仕方で編纂されたアルバムが毎月大量にアップロードされています。その中でも注目を集めたアルバムをご紹介します。今度あなたがアルバムを作るときの参考にしてみてください!

  • 菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    2015-10-14 #ニュース ciscoswank の記事
    菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    ロンドンと東京を拠点に活動するアーティスト、SHOKOさん。先日CDメジャーデビューを果たし、更にロンドンブックシリーズ第2弾となる書籍を発表されました。そんなSHOKOさんのCD・書籍同時リリース記念エキシビションが10/15(木)より開始されます。このエキシビションでは、ロモグラフィーではおなじみの写真家・菅武志さんが、ロンドンで撮り下ろしたSHOKOさんの写真がゲスト展示されます。菅さんファン必見の美しい写真を見に、そしてアーティストSHOKOさんの世界観を味わいに、是非足を運んでみてください。

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。