ロモグラフィー20年の歴史とその舞台裏: 1991年-1999年の写真と共に

ロモグラフィーが刻んできた歴史の一端を見てみましょう。 ロモグラフィーはこの20年いったいどんな道を歩んできたのか。そしてこれからとは...! 今日のロモグラフィーに至までのはじまりは、ほんの小さなものだったようですよ。さぁ、それでは見てみましょう!

ロモグラフィック ソサイエティの設立者たちとウラジーミル・プーチンの会合
1991

LC-Aの人気の高まりを受けて、大きなチャレンジがスタートしました。
当時、ロシアのメーカーはLC-Aの生産をストップすると決定していました。そこで、現在のロモグラフィーの設立者たちは、わざわざロシアのLomo光学工場へ出向き、主席主任(当時、副市長のウラジーミル・プーチン)に世界のためにLC-Aの生産を続けるよう求めました。

初期のロモウォール
1990s
この頃、はじめてのロモウォールが作られました。
今ではみんながロモホームにウォールを持っていますね!

ロシアのLomo工場
オリジナルのЛОМО́ (LOMO)工場の、その活気溢れる様子は人々の誇りでもありました。
- この写真は、カメラを組み立てる特別な技術者が働いている様子です。ちょうど、そのワイドな写りが特徴のロシアレンズをオリジナルのカメラボディに取り付けているところです。

ウィーンのThe Lomodepot
1996

1996年に、ロモグラフィー設立者の1人が、学校の合間をぬってロモグラフィープロジェクトでアルバイトをしていました。この頃に、彼女はアナログ写真愛好家たちが集う、「Lomodepot」という小さいコミュニティー(クラブのようなもの)を見つけました。おそらくこれらが、すべてのはじまりの前兆だったのでしょう。
Lomodepotは現在、数千の会員のいるコミュニティーへと発展しています!

はじめてのロモグラフィー展示会: ニューヨークとモスクワで同時に開催
1996

1996年にはまた、ニューヨークとモスクワにて、その第一回目となるロモグラフィーの写真のばかりを集めた展示会が同時に行われました。また、それと共に外国からやって来た素敵なロモグラフが並べられ、巨大なロモウォールが二つの街を飾りました。

ロモグラフィー ベルリン エンバシーの設立
1996

第一回ロモグラフィー展示会から数ヶ月後、ベルリン エンバシーが誕生しました。色とりどりのロモグラフに囲まれるなか、素敵なパーティーが行われました。

Actionsampler 世界大会, ニューヨーク
1999

1999年、ニューヨークにてActionsamplerの世界大会が行われました。そのコンペティションでは、マルチレンズを搭載し、1枚の中にアクションをとらえることができるカメラActionsamplerを使用したミニムービーが公開されました。また、大会に寄せられた素晴らしい作品たちも一同に展示されました。

2012-11-16 #ライフスタイル kazarareta の記事

他の記事を読む

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • きらめく動きの約束:キラキラのポートレートとライトペインティング

    2014-07-18 #gear #tipster lomo-camkage の記事
    きらめく動きの約束:キラキラのポートレートとライトペインティング

    年に二回、私達は火をつけるときらきら光る棒を買うことができます。そのきらめきは個性的で、同じものはありません。それでは、どのようにしてポートレートとライトペインティングに花火を使うのかお話ししましょう。よくあるミスから、最高のショットまで、さあ、あなたのきらめきの約束にカギをかけましょう!

  • Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    2014-04-10 #ライフスタイル chooolss の記事
    Russar+ Lens x Lomochrome Purple ギャラリー

    Russar+で撮影された写真をもっと見て、どんな写りをするのか見てみたいと皆さん思われていることでしょう。そんな皆様に4月より通常販売を開始したロモグラファーの大のお気に入りフィルム・LomoChrome Purpleを使った写真をご紹介いたします!Russar+のすばらしい写真をチェックしてください。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    2014-10-10 #gear #tipster gakurou の記事
    Petzval Lensが教えてくれたこと ―太陽の輝蹟―

    今まで光を意識してなかったわけではないけれど、Petzval Lensを使うようになって、より光を意識するようになった。 日中に見える物は、すべて太陽の光の反射によるもので、その最大の光を捉える方法をPetzval Lensが教えてくれました。 まったく当たり前のことを書いていますが、ちょっと読んでみてほしい光の捕え方です。

    1
  • ロモグラフィーの新しい“キャラクター”: 新製品のご紹介(Part 2)

    2014-04-09 #ニュース hembot の記事
    ロモグラフィーの新しい“キャラクター”: 新製品のご紹介(Part 2)

    みなさま、新商品のヒントその2を紹介するお時間がやってきました!このあたらしい商品にもう少し近づけるために、1958年にロシアで起こった5つの重大な出来事をご紹介します。これらの出来事が、新製品にどのように関わっているのでしょうか?

  • 家族を写すLomo'Instantとの一週間

    2014-12-12 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    家族を写すLomo'Instantとの一週間

    インスタントカメラは撮ってすぐに写真が見れるので、家族や友達と過ごしているときに使うとその場がとっても和みます。元Lomographyのショップスタッフであり、現在は9ヶ月の男の子のママである増野麻衣さんにLomo'Instantを貸出し、感想を聞いてみました!見ているこちらがにやけてしまうような愛くるしいファミリーショットと共にお楽しみください!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • Fräulein Catherine、Konstruktorに挑戦

    2014-07-24 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Fräulein Catherine、Konstruktorに挑戦

    ロモグラフィーがKonstruktorを世に送りだしてから既に一年。この自分で組み立てるアナログDIY一眼レフカメラはあなたに今までにない経験を与えてくれます。ウィーンに住む人気ブロガーのFräulein Catherine(Miss Catherine)がそんなKonstruktorに挑戦!彼女のチャレンジを見てみましょう。

  • ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    2014-04-28 #gear #tipster plasticpopsicle の記事
    ボケの基本:あなたがボケについて知るべきこと

    ボケに興味があり、うまく使いこなしたいと思っていませんか?この記事では、皆さんが知るべき基礎知識をご紹介します。あなたもボケを使いこなして、作品のアドバンテージとして使えるようにしましょう!

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 花代 x Lomography: #3 2013

    2014-06-18 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    花代 x Lomography: #3 2013

    花代さんに約一年間ロモグラフィーのカメラを使っていただき、様々なシーンを撮影していただきました。そのすばらしい写真の数々を『花代 x Lomography』シリーズとしてご紹介しています。第三回のテーマは『2013年』。花代さんの目に映った昨年の夏を、皆さんも覗いてみましょう。

  • スプリッツァーの魔術師・gocchinさんの個展が開催されます!

    2014-03-17 #イベント ciscoswank の記事
    スプリッツァーの魔術師・gocchinさんの個展が開催されます!

    日本のみならず、世界中のロモグラファーから熱い支持を受けているgocchinさん。 彼のスプリッツァーを使った多重露光は大胆かつ幻想的。見る者の目を離しません。 そんなgocchinさんの3回目の個展が銀座で開催されます! PCモニターで見るよりもずっと迫力のある彼の写真。 是非あなたも生で見てgocchinマジックにかかっちゃいましょう!

    1
  • Petzval Artist: Arat aka Hugeによるタイのウエディング写真

    2014-08-05 #people #Lomoamigos hannah_brown の記事
    Petzval Artist: Arat aka Hugeによるタイのウエディング写真

    Arat Komsawadichai aka Hugeはフィルムでの撮影に情熱を注ぐ、タイ出身の写真家です。彼は以前、よくロンドンのロモグラフィーSohoストアに通っていて、ショップスタッフと一緒に遊びにいったり、フィルムに情熱を注ぐあまり接客までしていたことも!最近Aratのお兄さんが結婚式をあげることになり、LomoChrome PurpleフィルムとPetzvalレンズで撮影を行いました。 彼のすばらしい写真を見てみましょう。