Belair X 6-12と世界旅行

2012-11-22

Belair X 6-12は生まれながらの旅人。Belair X 6-12が都会人、ジェットセッター、世界旅行者なんて呼ばれるのは理由がある。探検するのが好きで、しかもそれを豪華に中盤フィルムに残すんだ。旅行中にBelair X 6-12で撮影した写真を少し集めてみたんだ。一体どこで撮影されたかわかるかな?

いくつか紛らわしいのも混ざっているけど、ほとんどは簡単に推測できるでしょう?もしどこで撮影されたか分かったら、下のコメント欄に書きこんでね。

Belair X 6-12 は、2012年11月29日まで第三次ご予約をお承り中です!(もしくは、在庫がある限り)プレオーダーにより、定価の15%オフで購入可能です。また、120フィルムを3本、 ギフトメッセージにご利用頂けるスタイリッシュなPDFファイルのダウンロードなどの特典付き。しかし、ご予約頂けるのは限定台数のみですので、ご注意下さい。

2012-11-22 #lifestyle #analogue-photography #belair #analogue-cameras #color-negatives #120-films #belair-x-6-12 #belairx6-12 #bel-air-gallery webo29 の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • アナログ世界紀行:富山県、日本

    2017-04-30 #ニュース Lomography の記事
    アナログ世界紀行:富山県、日本

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日は@akio_nakaiがコマーシャル撮影に出かけた富山の魅力を紹介してくれました!

    2017-04-30 1
  • [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    2017-08-09 choko3 の記事
    [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    ロモグラフィーでも何度か登場しているフォトグラファー Gui Martinezさん。今回彼が制作に関わったショートフィルムの完成を記念して、8月18日(金)の夜、Deus Ex Machina原宿にてレセプションパーティー・上映会が行われます。イベントではショートフィルム上映の他にも、撮影された作品が展示されます。レセプション後も9月15日(金)まで作品は飾られる予定なので、皆さんぜひ足を運んでみてください!

  • アナログカメラで写す超現実的な世界

    2016-11-22 #culture #tutorials lomographymagazine の記事
    アナログカメラで写す超現実的な世界

    誰だってアナログカメラで自分だけのユニークな写真を撮る方法を常に追い求めているはず。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、フィルムで幻想的な世界を映し出す方法を学んでみましょう!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • アナログ世界紀行~コネマラ地方(アイルランド)編~

    2016-10-17 #places Lomography の記事
    アナログ世界紀行~コネマラ地方(アイルランド)編~

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日は、ロモグラファーのMark Furnissが彼の故郷であるアイルランドのコネマラ地方を案内してくれました。

    2016-10-17
  • 朗報!KodakのEktachromeフィルムが復活

    2017-01-12 #culture #ニュース lomographymagazine の記事
    朗報!KodakのEktachromeフィルムが復活

    フィルムはまだまだ生き続けます!!2012年に惜しまれながらも廃盤となった、Kodak Professional Ektachromeのフィルム。なんと多くの方からの支持に応えて復活が発表されました!

    2017-01-12 1
  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

    2017-07-14
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • アナログ世界紀行:アムステルダム、オランダ

    2017-06-28 #places Lomography の記事
    アナログ世界紀行:アムステルダム、オランダ

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのAle Di Gangiがおしゃれなオランダの街をLomoChrome Purpleでいつもとは違った雰囲気に写してくれました!

  • アナログ世界紀行:ノイジードル湖、オーストリア

    2017-05-17 #places Lomography の記事
    アナログ世界紀行:ノイジードル湖、オーストリア

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファー・Franz Bortenschlager (@schwarzesauge) がオーストリアのノイジードル湖の現実離れした美しさを紹介してくれました!

  • 世界アナログ紀行:コペンハーゲン、デンマーク

    2017-05-06 #places Lomography の記事
    世界アナログ紀行:コペンハーゲン、デンマーク

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はThomas Vergeylenがバイカーの避難所として有名なデンマークのコペンハーゲンを案内してくれました!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • アナログ世界紀行:アテネ、ギリシャ

    2017-03-03 #places Lomography の記事
    アナログ世界紀行:アテネ、ギリシャ

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのNural İdrisoğlu (@nural)が休暇で訪れたアテネの街を案内してくれました。

  • ポートレートのいろいろなスタイル ~人物の撮影サイズについて~

    2017-02-12 #culture lomographymagazine の記事
    ポートレートのいろいろなスタイル ~人物の撮影サイズについて~

    あなたはどんな風にポートレートを撮影しますか?ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた写真を通して、ポートレートによく利用される人物の撮影サイズについてご紹介します!

    2017-02-12
  • アナログ世界紀行:サラエボ、ボスニアヘルツェゴビナ

    2017-01-06 #places Lomography の記事
    アナログ世界紀行:サラエボ、ボスニアヘルツェゴビナ

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な街を紹介いたします!今日はMilica Tičerićがサラエボ、そしてボスニアヘルツェゴビナのかわいらしい街並みを案内してくれます。

    2017-01-06