我が子を撮る!

親にとっては、子どもの写真を撮るというのも使命の一つです。
そしてきっとそれこそが、子どもに与えられる素敵なギフトになるはず。

子どもって本当にカワイイですよね!
のんきで、おもしろくって、いっつも何かに夢中になってますよね。大人の世界の責任や重荷なんてものとは無縁です。でも、残念なことに彼らもずっと子どもってわけではありません。そのうちすぐに、悲しみや、お金のことやいろんな責任に追われることになります。だから、まだ彼らが若い間に、たくさんの写真を撮っておいてあげましょう。そうすればきっと、その幸せな時間を思い出すキッカケになるはずなので。
それでは、あなたの子どもの写真を撮るのに使えるいくつかのアイデアを紹介します。

地球に生まれた最初の日

子どもたちには、いろんな節目やイベントや儀式がありますが、その中でも私が個人的に一番重要だと思うのは、彼らが母親の子宮からこの世界に運ばれてきた日だと思うんです。ですので、もしあなたに子どもが生まれてくる予定があるのなら、忘れずに病院にカメラを持っていくことにしましょう。そして、生まれたての赤ん坊のスナップを撮りましょう。

とにかく近よる

赤ちゃんが生まれたら、とにかくジッと見ちゃいますよね。そしてあなたのパートナーと、この子の目はどっちに似てるなんて言い合いをするかもしれません。マクロレンズなどを使って赤ちゃんの足や手、顔を撮影してみましょう。

最高の瞬間を写真に

あなたに子どもができたら、きっと毎日急いで家に帰るようになります。そして次に来る休日が待ちきれなくなってきます。だって、休みになれば赤ちゃんといっしょに最高の時間が過ごせますもんね。そんな時も写真を撮るのを忘れずに!

老いと若いを一緒に

あなたの子どもと親との年齢のコントラストを見るのも楽しみの一つです。
人生のサイクルを見るかのようですね。その写真を撮る事によって、両親があなたが若かった頃にどんなに気にかけて、愛してくれたのかをみることができます。赤ちゃんをおじいちゃん、おばあちゃんに抱いてもらって、いっしょに写真に残しましょう。

子どもを笑わせよう

子どもを笑わせるのはそんなに難しくはありません。そう、単におバカなことをやればいいんです。でもやる価値がありますよ。江南スタイルのダンスをしてみてください。しっかり顔マネもして、踊ってみてください。そうしたら絶対に子どもが可愛らしい笑顔を引き出せるはず。そのときにも、しっかりとカメラを持って、写真に残す事を忘れずに。この世で一番幸せな瞬間ですからね。

遊んでいる姿を撮ろう

子どもがハイハイをはじめて、歩き出したり、どこかによじ上りだしたら、その後を付いていく用意をしましょう。ちゃんと疲れをとってエネルギーを貯えておいてくださいね。じゃないと子どもたちとは付き合っていけませんよ。だって子どもって疲れを知りませんからね。子どもと一緒に走っているときにも、写真を撮るのを忘れずに!

寝ている姿を撮ろう

永遠に続くかと思った遊ぶ時間が終わったら、子どもたちもさすがに疲れて眠っちゃうと思います。ベッドに寝そべって静かに寝ていますね。どんな夢を見ているんでしょうね。そしてあなたはその夢をいくつ叶えてあげる事ができるんでしょう。いくつかの国では寝ている人の写真を撮るのはよくないとされていますが、でもたまには誘惑に負けてもいいですよね。

日曜日のベストを

子ども達がドレスアップする場面もありますよね。日曜日に教会に行くときや、親戚の結婚式でフラワーガールをする時なんかがそうです。
そういう機会を逃さないように、たくさんスナップを撮りましょう!

子どもをロモグラファーにしよう

あなたのカメラを子どもとシェアして使うのに、早すぎるなんてことはありません。まだどうやって使うのかをわかっていなくても、アナログ写真というワンダフルワールドの素晴らしさを教える事ができます。そして私たちが年を取ったときには、自分の孫といっしょにいるところを、子ども達に写真に撮ってもらいましょう。

2012-12-09 #gear #テクニック #potraits #tipster #analogue #children #camera #lomography #advice #child renenob の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear #ライフスタイル tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #gear #ニュース Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    2015-05-21 #world #ライフスタイル K. Aquino の記事
    大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    都市や大自然での生活の上に成り立つ広大な帝国を、カメラのように小さなものが表すことができるってなんて素敵なことでしょう!高い建物やとても広い場所に囲われた人々は、控えめで、撮影距離からミニチュアサイズに写っています。この記事ではそんな巨大な世界と人々との対比が面白い4つの写真を紹介します。

  • Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    2015-10-29 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 & 58 Bokeh Control Art Lens: kisimari

    ファッションフォトグラファーとして活動するkisimariさん。様々なファッション誌や広告で写真を撮影しながら、Webマガジンでブログの連載、雑誌でkisimari流インテリアとDIYの連載を行うなど幅広く活躍しています。彼女は女の子なら胸がキュンキュンしてしまうようなガーリーでポップな世界を写し出します。そんなkisimariさんがPetzval レンズで撮影した写真は、美しい色使いに繊細さが冴える素敵な作品となっています。kisimariさんの写真家としての真髄を探るインタビューとともに、Petzval × kisimari ワールドをお楽しみください!

  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #world #ライフスタイル #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #テクニック hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2
  • New Russar+: AM Renault (山中遊子)、大阪で撮る。

    2015-10-26 #people #レビュー #Lomoamigos h31d1 の記事
     New Russar+: AM Renault (山中遊子)、大阪で撮る。

    香港を拠点に活動する若き写真家 AM Renault。ハイキンググループ「山中遊子」の中心人物であり、自然を愛してやまない人物です。彼はSix Dimen Boyという写真家グループに参加しており、見たものをそのまま記録するだけではなく、アートとデザインの要素を取り入れ人々にインスピレーションを与える作品を撮ります。そんなAMが彼の父親との日本旅行にNew Russar+を持っていき、旅を記録してきました。大阪の日常シーンを写した写真を、彼のインタビューとともにお楽しみください。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 #world #ライフスタイル Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • Petzval 58 Bokeh Control Lens: ファッションフォトグラファーIssa Ngのファーストインプレッション

    2015-06-12 #people #ライフスタイル #レビュー Jill Tan Radovan の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Lens: ファッションフォトグラファーIssa Ngのファーストインプレッション

    Issa Ngは香港を拠点に活動するファッションとコマーシャルフォトグラファー。彼は長年、広告業界で様々なインターナショナルブランドのアートディレクターやスタイリストとして活動してきた経歴を持っています。それゆえ、コンセプトの確立や構成、激しいイメージングにおいて彼の素晴らしいセンスに基づくスタイルを表現できます。彼は現在ポートレイトに特化し、絶えずフレッシュで面白いプロジェクトを求めています。そんな彼がLomography Petzval 58 Bokeh Control lensでの撮影についてインタビューで語ってくれました。