中判カメラ: ゾーンフォーカス用に自分だけの距離測定機を作ろう

新しいカメラBelair X6-12を注文したときに、その90mmレンズの被写界深度の浅さが気になりました。もしかしたら、焦点が合わずに大事な120フィルムが無駄になってしまうかも。そう思ってこのとてもシンプルで、なおかつ色んなゾーンフォーカスカメラに対応できる距離測定機を作る事にしました。

Credits: simonh82

中判カメラで撮った写真は素晴らしいですよね。驚くようなレベルでディテールを伝えてくれます。ロモグラフィーの新しいカメラBelair X6-12は、6×12フォーマットにも対応しており、その機能性に思わずヨダレがでちゃいそうでした。でも実は、中判カメラにも欠点があるんです。中判カメラには、より焦点距離の長いレンズを付けたくなりますが、じつはそうすることによって、被写界深度が浅くなってしまうのです。もちろん、それをクリエイティブに利用することもできますが、ゾーンフォーカスカメラの場合は、思った所にピントの合っていない失敗写真になってしまうことが多いのです。

Shallow depth of field from medium format film

このテクニックに取りかかる前に、ちょっと復習してみましょう。距離測定機とは、その名の通り撮影者と対象物の間の距離を正確に測る事ができます。写真の世界では長い間使われてきており、どのように写るのか予測できないカメラでも、そのピントを計算することができます。これは、固定焦点やゾーンフォーカスを採用しているすべてのロモグラフィーのカメラにもあてはまります。

固定焦点レンズは、その過焦点距離(この距離を超えるとすべて焦点が合うという距離)において機能するようにデザインされています。そのために固定焦点レンズは A)被写界深度を深くするために、非常に広角のレンズにする B)絞りを小さくして、被写界深度を深くする C)1mほどの短い焦点距離にする。この3つのどれかを採用することで、対象まで近すぎることさえなければ、すべてにピントが合うようにできています。

ゾーンフォーカスカメラでは、シャープな結果を得るために実際にピントを合わせる必要があります。これが得意な人もいるでしょうが、私はいつも、どこかピントが合いきっていない写真が撮れてしまいます。Belair X6-12の90mmレンズでは、F8に設定したときの被写界深度は15cmほどです。背景をボカしたポートレートにとっては最適であるといえますが、もし、正確にピントを合わせなかった場合は、せっかくの人物がボヤけてしまうと言えるでしょう。

この問題を克服するための、このシャレた距離測定機はあなたの目と、まっすぐ伸ばした腕を使い対象との距離を三角法を使って測ります。普通の距離測定機に比べるとそれほど正確とは言えませんが、実際にかなり近い値がわかりますし、適当にとってピンぼけになることも防げます。

さて、この距離測定機を作るには、次のようなものが必要です。
*メジャー
*手伝ってくれる友だち
*プリンターとパソコン、PDFを扱えるソフトウェア
*プリント用の紙/カード
*カラーペン・・距離測定機を読みやすくするために使用

ステップ 1
左目から、真っすぐに伸ばした左手に持った紙までの距離を測ります。
友だちに手伝ってもらうと簡単でしょう。

Credits: simonh82

ステップ 2
あなたの両目の真ん中の距離を測ります。(友だちに手伝ってもらわないと大変です。)この測定はできるだけ正確に行いましょう。ここでの誤差が、対象までの距離を測るときには大きな誤差となってしまいます。

Credits: simonh82

ステップ 3
そして、この二つの数値をこのスバラシイ サイト に入力するだけ!全部計算してくれます。それ以外に必要なのは、レンズに書いてある焦点距離です、例えば1m,2m,3mそして無限大といったものです。もちろん、必要であればレンズに書いていない距離を入力することも可能です。

ステップ 4
サイトの指示に従って、カードをプリントしましょう。プリントの倍率はきtんと100%にするようにしてください。私はプラスチックカードプリンターを使えたので、プリントして、壁にはっています。

ステップ 5
油性のマーカーペンで色をつけて、距離のちがいをわかりやすくしましょう。

Credits: simonh82

距離測定機を使う
この距離測定機を使うにはまず、カードを左手でもち腕を真っすぐに伸ばします。そしてカードを左目でみます。カードの左端の上に測りたい物(対象物)をもってきたら、左目を閉じて、右目でカードを見ます。そうすると、対象物はカードの内側に移動するはずです。メモリのどこにあるのかを見てみましょう。それが対象物までの距離になります。左、右と何度か片方の目で見直してみて、腕が動いていないか確認しましょう。

壁にかかっている飾りまでは2mです。

もし、ちょうど二つの距離の真ん中に対象物がきてしまった場合は、より近い方の距離を採用したほうが無難です。注意してほしいのは、このカードは定規ではないので、二つの距離の真ん中にあるからといって、そこまでの距離が実際に二つの距離の中間にあるわけではありません。そして、レンズの被写界深度は、焦点の前よりも後ろにおいてより浅くなるので、この場合はより近い距離を採用するほうがいいのです。

上で紹介したウェブサイトでは、オプションによって過焦点チャート(すべてに焦点のあう距離)も作ってくれますので、もしカメラのフォーカスを考えたくない場合はそれを参考にしましょう。しかし、残念なことにこれは6×9フォーマットまでしか対応していませんので、Belairを6×12フォーマットで使用したい方は諦めて下さい。。

おまけのテクニックとして、さらにピントを正確に合わせるためにレンズに新しい距離マークをつける方法を紹介します。
その方法はこちら

ステップ 1
まず、カードを測ることからはじめます。
そのカメラの一番近いピントの合う距離(たとえば1m)から、無限大までのカード上の距離を測ります。
注意!左端から測る訳ではありません!

Credits: simonh82

ステップ 2
メジャーをつかい、レンズのピントを1m(最短距離)から無限大まで動かしたときの距離を測ります。この場合は2.7cmでした。

Credits: simonh82

ステップ 3
2.7を4.7で割ります。そうすると0.57という値がでてきます。この値をつかって計算し、レンズに新しい距離マークをつけます。

ステップ 4
もし、1.5mという距離マークをつけたい場合、カードの1mから1.5mまでの距離を測ります。1.5cmでした。そこで、1.5×0.57をします。そうすると0.86cmになります。これを実用的にするために、切り上げて0.9cmとします。

ステップ 5
メジャーを使い、1mのマークから0.9cmの距離にあるところを測り、そこが新しいマークの場所となります。他にも距離マークをつけたい場合はこの手順を繰り返します。私のDianaでは、1,5mにピントを合わせたい場合は2-4mの距離マークのところにいる人たちの一番最初の人のところに合わせればいいということがわかりました。

Credits: simonh82

遠くの距離のマークを作るよりも、より近くの距離マークを加える方が簡単でなおかつ重要になります。これは、より近い距離のほうが、レンズにある距離マーク同士の間が離れますし、また被写界深度も浅くなるからです。

どう?便利でしょう?

2012-11-28 #gear #tutorials #medium-format #tipster #uk-mf simonh82 の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    2017-10-20 #ビデオ choko3 の記事
    【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    25周年を記念して『ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ』開催決定!Lomographyの代表的なフィルムカメラ LOMO LC-A+ と、さらにその他たくさんのカメラを使って撮影を楽しみながら、原宿や渋谷の街を撮り歩きます。フィルムカメラを使ったことがない人も、スタッフがフィルムの入れ方からレクチャーします!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    2017-10-18 #gear
    《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    今年で10才になったロモグラフィーの Diana F+ は長年のファンも多い中判フィルムカメラ。そのドリーミーな写りはたくさんの人々を魅了してきました。たくさんのカラーやデザインから選べる Diana F+ シリーズ のカメラを、今日はおさらいしてみましょう!

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?