Belair X 6-12でライトペインティング

冬がもうすぐそこまでやってきてます!
外で写真をとるのが大変になってくる季節ですね。
低い気温と灰色の空、、それだけで外に出たくなくなっちゃいます。
でも、写真の季節が終わった訳じゃないんです!
必要なのはライトとフィルム、それだけで楽しい時間のはじまりです。

A la Picassoが Belair とライトをつかって実験的な撮影をしたみたいですよ!!

え?ライトペインティングってなにって?
ノープログラム。 ライトペインティングがよく判る記事 を読めばもう大丈夫。やってみてね!

15%OFF+120フィルム3本プレゼント付きの先行予約のお申込み締切は11/29(木)まで!
Belair X 6-12商品ページへ

2012-11-27 #ニュース #light-painting #belair-x-6-12 #tipster lomography の記事
翻訳 keni

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    2015-12-17 #ニュース #gear Lomography の記事
    12/17(木)のアドベントカレンダー: 最終日!フィルムパック3つを2つの値段でGET! (ディスカウントコード: THREE4TWO)

    この季節は写真をたくさん撮影します。クリスマスに年末年始とイベント事が盛りだくさん待ち構えています!そんな季節にアナログカメラでたくさん写真を撮れるようにフィルムを買っておきましょう!本日まで同じフィルムパックを3つご購入で1パック分無料になるキャンペーンを実施中!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomography XPro 200と日光の下で

    2016-03-12 #gear lomographymagazine の記事
    Lomography XPro 200と日光の下で

    雪が解け、冬が終わりを告げようとしています。我らが母なる大地は春の冠をかぶり、様々なものに生命を与えます。そう、外に出て写真を存分に撮る季節の到来です!この季節にはLomography XPro 200 35mmがぴったりです。

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • 冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    2015-10-30 #ニュース #gear shhquiet の記事
    冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    今年もクリスマスシーズンが近づいてきました!これからは家族、友人、恋人との大切な思い出がたくさん増える季節です。お休みの日にスキーに出かけたり、雪降る景色を窓から眺めながらホットココアを飲んで温まったり、友達とクリスマスパーティーではしゃいだり…想像するだけでワクワクしてきますよね。そんなクリスマス気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場しました!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    2015-07-15 #people jennifer_pos の記事
    不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    ジャズの名曲を聴かせるアナログレコードの無骨な音色は、多くの人が愛するところ。ちょうどそれと同じように、私達がアナログ写真を選ぶのも、その自然な不完全さの故だ。それはなんとも形容し難い不思議な力で、私達の現実の在り方を思い出させてくれる。完璧でないからこそ、アナログ写真は魅力的なのだ。私達は、26歳のシネマトグラファーにしてDJ、そしてまた、緻密に構成された写真によって、自然な美しさの極まった静謐な瞬間を写し続けるフォトグラファーでもあるAdriano Guimarães Sodréと話をすることが出来た。

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    2015-07-13 #ニュース #gear #places shhquiet の記事
    Lomo'Instantでその時の環境を写し出そう

    あなたが次にLomo'Instantと一緒に街を散策する時、これから紹介するテクニックを試すのにちょうど良いかも!最初に素敵な場所を見つけて、Lomo'Instantでインスタント写真に残しましょう。その写真が浮かび上がったら、撮影した場所と同じ場所でその写真を持って、他のカメラでその写真と場所を含んだ写真を撮影してみましょう。口で説明してもちょっと想像がつきにくいかも知れませんね。一体どういうことなのか、この記事の写真で説明します!