もうBelairをゲットしたラッキーな人: リヤン・ユエン・チンさん

リヤン・ユエン・チン (梁渊清)さんは北京閣TVのプロデューサーであり、フリーランスの写真家です。彼もまた、中国でもうBelair X6-12カメラを手に入れたラッキーな人物の1人なんです。 彼がBelairを使った感想を教えてくれるみたいですよ〜。

リヤンさんのロモホーム: lyq1985424

リヤンさんは、 Belair X 6-12 Jesetter を世界で最初に手に入れたラッキーなオーナーです。そして、それがサイトのニュースで取り上げられたので、いろんなロモグラファーから羨ましがられているみたいらしいですよ。さぁ、それではどんなレビューを聞かせてくれるんでしょうか。どうやらBelairに一目惚れしたらしいですよ…

最初に Belair を見た時に、アンセル・アダムスが持っていたカメラを思い出しました。でも、今このブランニューカメラをこの手に持ってみて、アジアにいる他の19人のラッキーロモグラファーと同じように、僕のBelairの印象もガラっと変わったんだ。

そのときの私はちょうど、ロココ調スタイルで撮影をしていました。そこでBelairカメラをロココのセットに入れてみたら、そのきめ細やかな作りやエレガントな見た目がまるでカーテンから差し込む光を浴びているフランスのお姫様のような空気をまとっていたんです。

その姿にとても感動したと同時に私の一台目のカメラとそれと共にすごした楽しかった午後を思い出しました。

lyq1985424

2012-11-29 #ニュース #first-look #pioneer #social-media #comment #first-view #analogue-cameras #first-feeling #belair #120-films #tester #belair-x rinchy の記事

他の記事を読む