もうBelairをゲットしたラッキーな人: リヤン・ユエン・チンさん

リヤン・ユエン・チン (梁渊清)さんは北京閣TVのプロデューサーであり、フリーランスの写真家です。彼もまた、中国でもうBelair X6-12カメラを手に入れたラッキーな人物の1人なんです。
彼がBelairを使った感想を教えてくれるみたいですよ〜。

リヤンさんのロモホーム: lyq1985424

リヤンさんは、 Belair X 6-12 Jesetter を世界で最初に手に入れたラッキーなオーナーです。そして、それがサイトのニュースで取り上げられたので、いろんなロモグラファーから羨ましがられているみたいらしいですよ。さぁ、それではどんなレビューを聞かせてくれるんでしょうか。どうやらBelairに一目惚れしたらしいですよ…

最初に Belair を見た時に、アンセル・アダムスが持っていたカメラを思い出しました。でも、今このブランニューカメラをこの手に持ってみて、アジアにいる他の19人のラッキーロモグラファーと同じように、僕のBelairの印象もガラっと変わったんだ。

そのときの私はちょうど、ロココ調スタイルで撮影をしていました。そこでBelairカメラをロココのセットに入れてみたら、そのきめ細やかな作りやエレガントな見た目がまるでカーテンから差し込む光を浴びているフランスのお姫様のような空気をまとっていたんです。

その姿にとても感動したと同時に私の一台目のカメラとそれと共にすごした楽しかった午後を思い出しました。

lyq1985424

2012-11-29 #ニュース #tester #belair #analogue-cameras #comment #pioneer #social-media #120-films #belair-x #first-view #first-look #first-feeling rinchy の記事
翻訳 keni

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

他の記事を読む

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear Lomography の記事
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さななボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

    2018-02-02
  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

    2017-11-20
  • 2017年3月のトレンドアルバム

    2017-03-31 #ニュース Lomography の記事
    2017年3月のトレンドアルバム

    アルバムのまとめ方は人それぞれ。撮影場所、フィルム、ベストショットなどなど色んな方法がありますが、2017年の3月に人気を集めたアルバムはどんなものだったのでしょう?ロモグラフィーのコミュニティーに投稿されたなかでベストに選ばれたアルバムたちからヒントをもらいましょう!

    2017-03-31
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomography Color Negative F²/400 ギャラリー

    2017-03-10 refallinsasaki の記事
    Lomography Color Negative F²/400 ギャラリー

    【在庫限り!Lomography Color Negative F²/400 再入荷のお知らせ】目の覚めるような鮮やかなブルーが特徴の、F²/400 フィルム。もうすでにフィルムをGETしたラッキーな方も、これから購入を考えている方も、こちらのギャラリーでどんな写真を撮ろうか想像を膨らませてみてください!

    2017-03-10
  • [Lomo Amigo] Ken_Youth of Tokyo × Lomo LC-A+:夢のLA-LA-LAND!

    2017-06-11 choko3 の記事
    [Lomo Amigo] Ken_Youth of Tokyo × Lomo LC-A+:夢のLA-LA-LAND!

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーのKenさん。ロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みの彼が、今回はロモグラフィーのLC-A+を使って夢のLa-La Landを撮影!!インタビューとともにお楽しみください。

    2017-06-11
  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials lomographymagazine の記事
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

    2017-08-27
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    2017-03-16 #ニュース #people Jill Tan Radovan の記事
    CcwuがNew Russar+ Lensの魅力に迫る!

    ccwuはロモグラフィーのコミュニティーでもお馴染みなので、名前を聞いたことがある方もいるはず。台北・台湾を拠点とする彼は、いつもその素晴らしい作品で非凡な才能を証明してきました。ccwuのような才能溢れる写真家とNew Russar+ Lensが出会うと、どんな素晴らしい化学反応が起こるのでしょうか?覗いてみちゃいましょう!

    2017-03-16
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • 【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    2017-10-20 #ビデオ choko3 の記事
    【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    25周年を記念して『ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ』開催決定!Lomographyの代表的なフィルムカメラ LOMO LC-A+ と、さらにその他たくさんのカメラを使って撮影を楽しみながら、原宿や渋谷の街を撮り歩きます。フィルムカメラを使ったことがない人も、スタッフがフィルムの入れ方からレクチャーします!

    2017-10-20
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    2017-08-09 choko3 の記事
    [展示イベント] Gui Martinez x poweredby.tokyo • ショートフィルム上映会@Deus Ex Machina原宿

    ロモグラフィーでも何度か登場しているフォトグラファー Gui Martinezさん。今回彼が制作に関わったショートフィルムの完成を記念して、8月18日(金)の夜、Deus Ex Machina原宿にてレセプションパーティー・上映会が行われます。イベントではショートフィルム上映の他にも、撮影された作品が展示されます。レセプション後も9月15日(金)まで作品は飾られる予定なので、皆さんぜひ足を運んでみてください!

    2017-08-09
  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

    2017-06-23
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03