私が浮気をはじめたワケ

あれは2008年でした。
はじめはほんの火遊びのつもりだったんです。
でも、気付いたらドップリとはまっちゃってて。。
それからというのも、それがくれるやわらかさと優しさがもっともっと欲しくなって….
なんのことかわかりますよね?

私が最初に愛したロモスナップはコレです。
白と黒の SuperSampler

Credits: le_ors

この写真は友だちのカメラを使って撮影しました。私たちは散歩をしてて、彼は何の気なしに撮影していたんです。カメラのテストでした。私はそれ以前にもこのカメラを使ったことがあったんですが、でもこの白と黒の写真をみるまでは、私とロモグラフィーが本気になるなんて思いもしなかったんです!

The SuperSampler that -jor-- lent me back in ‘08-’09

私がロモグラフィーに恋をしてからというのも、ロモに関するものを読みあさりました。当時マンチェスターに住んでいた aguigabriela が私にこのサイトのことを教えてくれて、コミュニティーに加わるように言ってくれました。そこには、連続した場面を切りとった素敵な写真がありました。どうやらOktokinoというようです。そう、わたしはまた、違うマルチレンズ カメラに恋をしてしまったのです。友だちのGabrielaがロンドンへ旅行へ行った時にお土産にくれたこの美しいカメラ、 ActionSampler Chrome です。

Action Samplerではじめて撮った写真

とはいうものの、私はまだレンズを複数もっているカメラ以外の35mmカメラを持っていませんでした。でもある日、友だちの yiyo がこう言ってきたんです。
「私使ってないHolga持ってるんだけど…」
私はそのオファーに即座に飛びつきました。数日後に彼に出会い、そしてHolga 135BCを購入しました。いまだに大事にしています。
それじゃあ、このカメラでとった初めての写真たちを紹介しますね。
とぼけた感じでかわいい写真たちでしょ(こういう写真撮りすぎちゃったんですよね..)

Credits: le_ors

履歴をみると、私がはじめてピギーポイントを手に入れたのは10月18日だったみたいです。その時からすると、ロモグラフィーサーバーは変化して、進化して、どんどん良くなってますね。
私のロモ ライフはたった3年ですが、私のHolgaは本当にいろんなところに行きました。私が行った場所にはかならずHolgaがいました。
素晴らしい人たちと出会い、友だちもできました。
今の私(とベネズエラのロモグラファー)の目標は、それぞれの国の人にフィルム写真に興味を持ってもらう事です。
まだまだその道のりは遠いけどね!

20周年おめでとう!
Lomo On!

2012-12-31 #le_ors #lomography #lifestyle #film #analogue-lifestyle #beginnings #love-affair #requested-post le_ors の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • 実験:塩素!

    2015-07-25 #tutorials beway の記事
    実験:塩素!

    アナログ写真の何が素晴らしいのでしょう?どんな結果になるかわからなかったり、失敗したり、全ての写真が完璧にはなるとは限りません。あなたも同じようなことを経験しているかもしれないですね。いろんなフィルムスープや、薬品を試し終わって、ついに私はとっても簡単で、手軽な方法を見つけました。それは、塩素での漂白です!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Lomo Locations: 東京(日本)

    2015-09-19 #places lomographymagazine の記事
    Lomo Locations: 東京(日本)

    東京を満喫するならば夜であるとよく言われます。銀座のネオン、人で埋め尽くされる渋谷の交差点、我を失う六本木など、少し考えただけでも夜の名所がたくさん。ただ、今回は頭をクリアにして、昼の東京にも目を向けてみましょう。皇居に新宿御苑など、東京にはその他にもたくさんの素敵な公園が点在し、朝から夕暮れ時まで楽しめます。海外からの旅行者にとっては、ただの古い街並みだって魅力的にみえることでしょう。

  • レビュー: Lomo'Instantとレンズセットを使ってみて

    2015-07-14 #people #gear kotpa の記事
    レビュー: Lomo'Instantとレンズセットを使ってみて

    Lomo’Instantとレンズセットを使ってみました。レンズは、魚眼、ポートレート、クローズアップの三種類でしたが、その中でも魚眼レンズに惹かれて、ほとんど魚眼レンズを付けっぱなしでいました。また、Lomographyのインスタントカメラなので、ロモのフィルムカメラでのテクニックを試してみています。はじめてやってみる実験のため、失敗も多かったですが、すごく楽しかったです!

  • Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    2015-11-13 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: SASU TEI

    韓国出身のフォトグラファーSASU TEIさん。日本と韓国でファッションやコマーシャルフォトの分野で活躍されています。彼がPetzval 85 Art Lensで写し出した写真は、幻想的で独特な世界観を放っています。日本で撮影されているのにも関わらず、なんだか日本ではない別世界のように感じる写真たち。日本人が今まで着目してこなかった日本の良さを、SASU TEIさんの作品から教えられたような気がします。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    2016-01-07 #ニュース #gear lomography の記事
    タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    みなさんにとって2015年はどんな年でしたか? Lomographyの2015年はなじみ深いあのアイテムがレンズとして生まれ変わったり、とっても刺激的な1年でした。昨年発表されたカメラやレンズ、フィルムと一緒に2015年を振り返りましょう。 そして今年発表される新商品もお楽しみに!

  • Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    2015-09-14 #people ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    フォトグラファーの仁志しおりさん。昨年、Petzvalレンズを通した美しい雪景色を私たちに見せてくれた彼女が、思い出の詰まったお気に入りの場所で、一番身近な人をPetzval 85 Art Lensで撮影しました。柔らかな空気感まで伝わってくる、自然体の姿を写した写真と興味深いインタビューをお楽しみください。