Be Lomo Elikon 535

Elikon 535。ぱっと見には普通のどこにでもある 35mm オートフォーカスカメラのようですが、よく見てみるとこのカメラにはそれだけではないすばらしい機能が満載だということがわかります。

ぱっと見には普通のどこにでもある 35mm オートフォーカスカメラのようですが、よく見てみるとこのカメラにはそれだけではないすばらしい機能が満載だということがわかります。
Minar 2 のマルチコーティングレンズのおかげで 535 は、冗談めいて苦学生のための LC-A だと言う人もいますが、実際それも一理あると言えると思っています。特にポジフィルムを使ったときの絶妙でな色合い、トンネル効果は出来のいい LOMO 写真のエッセンスが凝縮されています。

もう一つの興味深い特徴として、ピントと絞りをマニュアルで設定できる事が挙げられます。このカメラの場合は機能が限られてしまいますが、ロモグラファーにとって自分の機械を完全にコントロールできるというのは最高に幸せなことだと思っています。焦点距離は3つのアイコンの付いたダイアルでポートレート (1 メートル)、グループ (約 3 メートル)、建物や自然 (無限) のように設定します。絞り優先のカメラなので、適正なシャッタースピードはお天気アイコンの付いたスライダーで設定する絞りに従って決められますが、お天気アイコンでなくもちろん昔からある F 値 (16 から 3.8) を使うこともできます。カメラの底にはもう一つ、フィルム感度を ASA/ISO 50、100、200、400 と設定できるスライダーも付いています。

技術的な話は置いといて、このカメラはとても軽く、ロモグラフィーのゴールデンルール No.1 「どこに行くにもLomoをつれていこう。」 を貫くようなタイプの方にうってつけです。このカメラの目立った特徴はその浮きまくっている赤いシャッターボタンとボディーに刻まれたキリル文字と言えます。レンズカバーは Minar 2 を保護するだけでなくうっかりシャッターを切ってしまう事からも守ってくれる大変実用的なものなのです。ビューファインダーはレンズと並列ではないので、慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。多くのものと違い、なぜだか理由はわからないのですがこのカメラのビューファインダーは紫がかったピンク色がついています。他の特徴としては標準的なホットシューが付属していて、基本的にどんなフラッシュにも対応しているということ。私のおすすめはカメラの上が重くなりすぎない Colorsplash フラッシュを使う事です。三脚用のねじ穴も付いているのですが、535 にはバルブモードもタイマーも付いていないので、全く役には立たないと思います。

結論として Elikon 535 はロモグラファーとして最初の一歩を踏み出そうとしているビギナーの方でも、次々と増え続けるカメラのコレクションをさらに充実させようとしている年季の入ったベテランでも、どちらにとっても良い選択だと言えると思います。

Elikon 535のより詳しい紹介はこちらから
Elikon 535のご購入はこちらから

2009-10-28 #レビュー #elikon #minar-2 #35mm johann_affendy の記事
translated by takuji

コメントはまだありません

他の記事を読む