私がロモを始めたワケ: 中判カメラとブローニフィルム

1

一度は愛した…そう、ずっと一緒にいたのに…でもごめんなさい、もう愛しすぎてどうしようもないんです…中判カメラが!><笑
デジカメをそっちのけ、フィルムとロモグラフィーに走る、そんなカナダに住む変な日本人がお送りする、私がロモを始めたワケ。

白黒のブローニフィルム、コンタクトプリントの現像

忘れもしない、2010年の夏。僕は彼女に出会った。そう、1970年代生まれの中判カメラ機に。

ちょっと話を巻き戻して、2010年、夏。夏休みということで日本に一時帰国。家族に会ったり、友達に会ったり。そんな中、もう自分はデジタル一眼、写真の世界にどっぷりハマってしまって、中古カメラ屋さん巡り、レンズなどを探しまわるのが好きだった。一応近所の中古カメラ屋さんにも足を運び、チェックしている日々だった。ある日、お店に中古のリコーの高級コンパクト、 GRデジタル があるじゃないですか?しかし、大人になろうと必死な自分。「待て、待つんだ!我慢だ、我慢。」と買わず。偉い、自分。そしてとりあえずちゃんと一晩考えることに。次の日、カナダで会った友達とみんなで出かけることに。出かける前にちょっとだけ、とまた近所のカメラ屋さんに。小さいカメラを持ってなかったから、 GRデジタル があったらスナップとか撮れていいかなーと思いつつ、入店。店長が「お、来たね。良いの入ったよ」と。奥から持ってきてくれたのが古めかしいカメラで、レンズが二つ付いていた。萌えた。

とりあえず、一晩考えよう、と決意。けどそのクラシック感がたまらない。天使は「我慢するんだ」、そして悪魔は「買ってしまえ!」と。結局その日は我慢し、次の日、また足を運び、手にとり、購入を決意★ ヤシカD、1970年代の二眼レフ中判カメラである。

露出計がついていないので、デジカメ一台と一緒に早速出かけた。とにかく一緒に歩いているだけで楽しいカメラである。

よーし、いい写真撮るぞ!と意気込んだのはいいが、記念すべき最初の一枚は真っ黒。なぜならキャップをつけっぱなし…(二眼レフは上のレンズで覗き、下のレンズでフィルムに写します)他の写真はなんとか撮れていて、中判フィルムの迫力に魅了されるばかり。

夏休みも終わり、カナダにヤシカを連れて戻り、友達の @gelagoo に見せると「ロモグラフィーを始めなよ!」と一言。前からも言われていたので、もうアカウントは持っていたのだけど、なかなか勢いつかず、放置しておいたのだが。やはりその頃はまだまだデジタル一眼レフなどにハマっていて、まだまだフィルム写真にのめり込むことは出来なかった。だけども、ヤシカDで中判写真を撮り続けていたのは事実だし、やはりフィルムの良さはだんだんと分かっていくようになった。

だんだんヤシカDの使い方もわかり、慣れてきた頃、友達の家族写真を撮ったことがあった。ロモアミーゴの取材でもこれはちょっと話したのだけど、自分は撮った写真で人を幸せな気持ちにするのがとても好きで、自分の写真を見てくれて、ああ、いい写真だ、綺麗だな、そういう気持ちを人に持ってもらえることが自分の写真人生の生き甲斐であると最近よく思う。家族写真を撮ってあげた友達もすごい自分の写真を気に入ってくれて、ヤシカDのことも大好きだ。そういう気持ちを人から聞くだけで毎日が幸せに感じてくる。

当時、いろんな人からこんなことを言われていた。「古いカメラ使ってるね。デジタルの方が綺麗に撮れるんじゃないの?」(今でも良く耳にする)やはりデジタル一眼の流行は止まらないのか?と、ふと自分を見つめると、アナログ写真に自分の興味が動いているのが分かった。どうしてだろう?フィルムのカメラの話をする、友達にこのフィルムはどんなフィルムか、そんなことを聞く。自分は自然ともっとアナログ写真を好きになっていた。自然とフィルム文化を大事にして、人にそれを伝えようとしていた。周りの人の影響もあったけど、昔の素晴らしいフィルムカメラやそのカメラによって撮られる写真によって、自分はもうアナログライフに身を置いていたのだ。

ある日、ひょんとしたことから@gelagooが言っていた、ロモグラフィーとやらを見てみよう、と久しぶりにログイン。さすがにホリデーピギーなど全て期限切れ、特にメッセージなども無く、しょぼん。(他の写真共有サイトに入り浸っていた自分)しかし、その時までに撮っていたアナログ写真の枚数は人知れず。早速アップロードすることに。物事にハマってしまうととことんやる、というのは自分、と仲の良い親友に言われたものだ。それからはフィルム写真を撮り、現像し、スキャナ、アップロードとどんどんマイロモページを変えて行った。

豊富になった自分のフォトストック

沢山の人からコメントを貰ったり、いいね!してもらったり。

ロモにハマりまくっている今日この頃。デジタル機材を申し訳ないぐらい使ってない。今まで毎日チェックしていた写真共有サイトもあまり行ってない。どうしたものか。未だにデジタル写真も撮るけれど、やはり便利だし。写真というそのものに興味があるから、デジタルもアナログも勉強したい。けど今は多分アナログを勉強したいんだと思う。

結婚式とか、イベント写真とか、ポートレートとか、傍らでやっていたけど、今は自分が好きな写真を撮りたいと思う。誰にも捕われない、自分の好き勝手に撮って、自分が満足いく写真を撮りたい。とにかく楽しみたい、そう思う。自分になる、自分の写真をする、それが今のテーマ、だといいなーと思う。

そんな感じで、今にいたります。本当にヤシカに出会ったことを感謝してるし、周りにフィルムを撮る人たちがいるから、こう自分もすーっとこのアナログライフに入って来れるようになったと思っている。だから、@gelagooにも感謝だし、ここまで来れたことに感謝。長々とすいません、読んでいただけて感謝です。もし似たような経験とか思いとかあったら、是非共有しましょう。そして自分なりにロモグラフィーを楽しみましょう^_^

自分に合うスタイルやカメラはいつか出会えるはず。焦らず、楽しみながらいきましょう。もしそれでも見つからない!そういう時は"ロモグラフィーのオンラインショップ":http://shop.lomography.comで自分探しなんてどうでしょう?^^

Don’t worry, be happy.

2012-12-08 #lifestyle #lomohome #204-6x6-d whynotwinnipeg の記事
翻訳 whynotwinnipeg

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

1 Comment

  1. npkishi
    npkishi ·

    ほんとに深くて魅惑的なアナログカメラ&フィルムの森ですね!

他の記事を読む

  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear Lomography の記事
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さななボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

    2018-02-02
  • ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    2017-03-22 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automat Glass : マクロなインスタント写真の世界へ

    Lomo’Instant Automat Glass Magellan にクローズアップ・アタッチメントレンズを装着した場合の最短焦点距離は10cm。シャープでマクロなインスタント写真を思う存分楽しめるアクセサリーです!でも、いざ撮影しようとなると10cmっていったいどのくらい...?と思う人も多いはず。そんなときに便利な方法があります。

    2017-03-22
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear lomographymagazine の記事
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

    2017-08-24
  • 光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    2017-03-02 #tutorials lomographymagazine の記事
    光のイラストを楽しもう!ロモグラフィーのライトペインティングガイド。

    夜の写真をカラフルでエキサイティングなものにしてみたくありませんか?ライトペインティングに挑戦してみましょう!必要なのはライティング道具とカメラを固定する場所(三脚があれば◎)、それにバルブモードのあるカメラだけ。今すぐ光の絵画を始めよう!

    2017-03-02
  • Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    2017-06-04 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    Lomo LC-Aは、ロモグラフィーの始まりともいえるカメラです。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラがどのようにして自分たちの人生の一部となったかを語ってくれました。

    2017-06-04
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

    2017-05-15
  • ロモグラファーの週末チェックリスト:フォトグラファーの春の大掃除!

    2017-04-14 #tutorials lomographymagazine の記事
    ロモグラファーの週末チェックリスト:フォトグラファーの春の大掃除!

    待ちに待った春がやってきました!冬の眠りから目覚めて、新しい季節をフレッシュに始めましょう!まずは撮りためた写真やカメラを整理整頓するところから始めてみませんか?

    2017-04-14
  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17 lomographymagazine の記事
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

    2017-10-17
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

    2017-08-22
  • 《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    2017-10-18 #gear lomographymagazine の記事
    《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    今年で10才になったロモグラフィーの Diana F+ は長年のファンも多い中判フィルムカメラ。そのドリーミーな写りはたくさんの人々を魅了してきました。たくさんのカラーやデザインから選べる Diana F+ シリーズ のカメラを、今日はおさらいしてみましょう!

    2017-10-18
  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

    2017-05-30