私がロモを始めたワケ: 中判カメラとブローニフィルム

1

一度は愛した...そう、ずっと一緒にいたのに...でもごめんなさい、もう愛しすぎてどうしようもないんです...中判カメラが!><笑 デジカメをそっちのけ、フィルムとロモグラフィーに走る、そんなカナダに住む変な日本人がお送りする、私がロモを始めたワケ。

Credits: whynotwinnipeg

白黒のブローニフィルム、コンタクトプリントの現像

忘れもしない、2010年の夏。僕は彼女に出会った。そう、1970年代生まれの中判カメラ機に。

ちょっと話を巻き戻して、2010年、夏。夏休みということで日本に一時帰国。家族に会ったり、友達に会ったり。そんな中、もう自分はデジタル一眼、写真の世界にどっぷりハマってしまって、中古カメラ屋さん巡り、レンズなどを探しまわるのが好きだった。一応近所の中古カメラ屋さんにも足を運び、チェックしている日々だった。ある日、お店に中古のリコーの高級コンパクト、 GRデジタル があるじゃないですか?しかし、大人になろうと必死な自分。「待て、待つんだ!我慢だ、我慢。」と買わず。偉い、自分。そしてとりあえずちゃんと一晩考えることに。次の日、カナダで会った友達とみんなで出かけることに。出かける前にちょっとだけ、とまた近所のカメラ屋さんに。小さいカメラを持ってなかったから、 GRデジタル があったらスナップとか撮れていいかなーと思いつつ、入店。店長が「お、来たね。良いの入ったよ」と。奥から持ってきてくれたのが古めかしいカメラで、レンズが二つ付いていた。萌えた。

とりあえずどうやって使うのかもわからないカメラ

とりあえず、一晩考えよう、と決意。けどそのクラシック感がたまらない。天使は「我慢するんだ」、そして悪魔は「買ってしまえ!」と。結局その日は我慢し、次の日、また足を運び、手にとり、購入を決意★ ヤシカD、1970年代の二眼レフ中判カメラである。

露出計がついていないので、デジカメ一台と一緒に早速出かけた。とにかく一緒に歩いているだけで楽しいカメラである。

人生初の ブローニフィルム

よーし、いい写真撮るぞ!と意気込んだのはいいが、記念すべき最初の一枚は真っ黒。なぜならキャップをつけっぱなし…(二眼レフは上のレンズで覗き、下のレンズでフィルムに写します)他の写真はなんとか撮れていて、中判フィルムの迫力に魅了されるばかり。

夏休みも終わり、カナダにヤシカを連れて戻り、友達の @gelagoo に見せると「ロモグラフィーを始めなよ!」と一言。前からも言われていたので、もうアカウントは持っていたのだけど、なかなか勢いつかず、放置しておいたのだが。やはりその頃はまだまだデジタル一眼レフなどにハマっていて、まだまだフィルム写真にのめり込むことは出来なかった。だけども、ヤシカDで中判写真を撮り続けていたのは事実だし、やはりフィルムの良さはだんだんと分かっていくようになった。

だんだんヤシカDの使い方もわかり、慣れてきた頃、友達の家族写真を撮ったことがあった。ロモアミーゴの取材でもこれはちょっと話したのだけど、自分は撮った写真で人を幸せな気持ちにするのがとても好きで、自分の写真を見てくれて、ああ、いい写真だ、綺麗だな、そういう気持ちを人に持ってもらえることが自分の写真人生の生き甲斐であると最近よく思う。家族写真を撮ってあげた友達もすごい自分の写真を気に入ってくれて、ヤシカDのことも大好きだ。そういう気持ちを人から聞くだけで毎日が幸せに感じてくる。

ピアス家の家族写真

当時、いろんな人からこんなことを言われていた。「古いカメラ使ってるね。デジタルの方が綺麗に撮れるんじゃないの?」(今でも良く耳にする)やはりデジタル一眼の流行は止まらないのか?と、ふと自分を見つめると、アナログ写真に自分の興味が動いているのが分かった。どうしてだろう?フィルムのカメラの話をする、友達にこのフィルムはどんなフィルムか、そんなことを聞く。自分は自然ともっとアナログ写真を好きになっていた。自然とフィルム文化を大事にして、人にそれを伝えようとしていた。周りの人の影響もあったけど、昔の素晴らしいフィルムカメラやそのカメラによって撮られる写真によって、自分はもうアナログライフに身を置いていたのだ。

ある日、ひょんとしたことから@gelagooが言っていた、ロモグラフィーとやらを見てみよう、と久しぶりにログイン。さすがにホリデーピギーなど全て期限切れ、特にメッセージなども無く、しょぼん。(他の写真共有サイトに入り浸っていた自分)しかし、その時までに撮っていたアナログ写真の枚数は人知れず。早速アップロードすることに。物事にハマってしまうととことんやる、というのは自分、と仲の良い親友に言われたものだ。それからはフィルム写真を撮り、現像し、スキャナ、アップロードとどんどんマイロモページを変えて行った。

豊富になった自分のフォトストック

沢山の人からコメントを貰ったり、いいね!してもらったり。

ロモにハマりまくっている今日この頃。デジタル機材を申し訳ないぐらい使ってない。今まで毎日チェックしていた写真共有サイトもあまり行ってない。どうしたものか。未だにデジタル写真も撮るけれど、やはり便利だし。写真というそのものに興味があるから、デジタルもアナログも勉強したい。けど今は多分アナログを勉強したいんだと思う。

結婚式とか、イベント写真とか、ポートレートとか、傍らでやっていたけど、今は自分が好きな写真を撮りたいと思う。誰にも捕われない、自分の好き勝手に撮って、自分が満足いく写真を撮りたい。とにかく楽しみたい、そう思う。自分になる、自分の写真をする、それが今のテーマ、だといいなーと思う。

自分になること。

そんな感じで、今にいたります。本当にヤシカに出会ったことを感謝してるし、周りにフィルムを撮る人たちがいるから、こう自分もすーっとこのアナログライフに入って来れるようになったと思っている。だから、@gelagooにも感謝だし、ここまで来れたことに感謝。長々とすいません、読んでいただけて感謝です。もし似たような経験とか思いとかあったら、是非共有しましょう。そして自分なりにロモグラフィーを楽しみましょう^_^

自分に合うスタイルやカメラはいつか出会えるはず。焦らず、楽しみながらいきましょう。もしそれでも見つからない!そういう時は"ロモグラフィーのオンラインショップ":http://shop.lomography.comで自分探しなんてどうでしょう?^^

七転び八起き。写真は良く撮れる日もあれば、そうでない日も。前向きに行きましょう。

Don’t worry, be happy.

2012-12-08 #ライフスタイル #lomohome #204-6x6-d whynotwinnipeg の記事

1 Comment

  1. npkishi
    npkishi ·

    ほんとに深くて魅惑的なアナログカメラ&フィルムの森ですね!

他の記事を読む

  • Sprocket Rocket: First Love Never Dies

    2014-09-19 #レビュー jokelangens の記事
    Sprocket Rocket: First Love Never Dies

    Lomography Sprocket Rocketは私の初めてのアナログカメラで、少々このカメラに困ったこともありました。もう数年間、嵐の様な熱愛関係にあります。でもついに、困難を克服して私たちの関係も穏やかになりました。今では彼は私の古いお気に入り。昔の恋は決して錆びません。

  • Lomo'Instant LomoAmigo: るうこ

    2015-03-11 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Lomo'Instant LomoAmigo: るうこ

    様々な雑誌やWebサイトなどでモデルとして活躍するるうこさん。instagramやTumblrなどで若い女の子を中心に絶大な人気を誇っています。スタイリッシュでクリエイティブ、そして笑顔がすてきなるうこさん。そんなるうこさんにLomo'Instantを使ってもらい、インタビューに答えていただきました!

  • フィルムを操る: 漂白剤、洗剤とネガを混ぜる

    2014-11-23 #gear #tipster neonlights の記事
    フィルムを操る: 漂白剤、洗剤とネガを混ぜる

    私はたくさんの物質、大抵の腐食剤でフィルムマニピュレーションの実験をしてきました。出来上がるイメージはとっても変わっていて、時にはそれがなんなのかわからない人もいるでしょう。写真は漂白剤と洗剤の粉を混ぜ合わせた実験の結果です。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Horizonシリーズのカメラで撮影されたストリート・パノラマ写真たち

    2014-05-14 #ライフスタイル cheeo の記事
    Horizonシリーズのカメラで撮影されたストリート・パノラマ写真たち

    歩き回って、目に見る景色を写真に残しましょう。賑やかな都市でも、のんびりとした田舎街でも道を歩けばあなたの冒険は始まります。でもひとつ忘れてはいけないことが、Horizonカメラを一緒に持っていくこと!

  • エクステンションチューブでアナログの接写撮影

    2015-03-22 #gear #tipster daxxfbondoc の記事
    エクステンションチューブでアナログの接写撮影

    僕は、普段から目にするような日常的なものの写真を撮るのが好きなんだ。接写写真を撮ると、そういったものがもっとおもしろく見える気がするね。スプーン一杯のお菓子とか、小さなネックレスとか、間近で撮るとよりおもしろくて楽しいんじゃないかな。

  • LomoAmigos: The Watanabes

    2015-02-05 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: The Watanabes

    The Watanabesは日本で活躍するインターナショナルバンド。日本の単語がところどころに聞こえてくる、ノスタルジックでちょっぴり切ない哀愁溢れるフォークロックを奏でます。そんなWatanabesにロモグラフィーのカメラをお貸出しし、思う存分に撮影していただきました!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 初めてのLC-A体験: 夢のLC-A+ RL

    2014-06-13 #ライフスタイル ekeupratama の記事
    初めてのLC-A体験:  夢のLC-A+ RL

    ロモグラフィーに参加しているすべての人々が頼もしくて魅力的なこのカメラを手にすることを夢見るでしょう。わたしにとっては今でも、このカメラを持っていることが夢のようです。

  • LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    2014-11-25 #ニュース tomas_bates の記事
    LC-A 120で写し出すオーストリアの田園風景

    ロモグラフィー本社のあるオーストリアのウィーンでは肌寒い季節になりました。こんな季節に美しい夏の終わりを写し出した写真を見るとノスタルジックな気分に導かれます。私たちの同僚のDreamが LC-A 120で写し出したオーストリアの田園風景を見て、冷たい冬の訪れとともにやってくるブルーな気分を払拭しましょう。

  • Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    2015-03-21 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    Belair X 6-12を一台手に入れると、まるでカメラを2台も3台も手に入れたかのように感じれます。中判カメラですが、インスタント写真の撮影が可能になる裏蓋も別途販売しています。そして120フィルムでも3種類のフォーマットで撮影できるのがBelair X 6-12の強み。用途に合わせてフォーマットを変えれるので便利です。この記事ではクラシックな6x6フォーマットで撮影された素晴らしい写真の数々をご紹介します。Enjoy!

    1
  • ショップニュース

    イギリスから来たDIYカメラ VIDERE

    イギリスから来たDIYカメラ VIDERE

    VIDEREは自分で組み立てるタイプのDIYピンホールカメラキット。約1時間であなたのカメラコレクションの中でも個性を放つユニークなのピンホールカメラが完成します。精密にレーザーカットを施した0.4mmのピンホールを搭載し、120フィルムにクラシカルなピンホール写真を写し出します。

  • カメラの夏: サニー16とは?

    2014-08-30 #gear #tipster dopa の記事
    カメラの夏: サニー16とは?

    アナログ写真家のみんななら、適切なシャッタースピードと絞りの組み合わせを決めるときの「サニー16」という法則について、すでに誰かから聞いたことがあると思う。でも、それって何なんだ? このまま読んでくれたら、僕が説明するよ。

  • ワイドな写真のコツ:LC-Wideで建築物の写真

    2014-06-19 #gear #tipster sirio174 の記事
    ワイドな写真のコツ:LC-Wideで建築物の写真

    ファンタスティックなLOMO LC-Aの30周年のお祝い、そして新しいRussar+レンズを待つ間、この記事を建築写真を撮るのにぴったりなすごい広角カメラ、LC-Wideにささげようと思います。私がイタリアの中心部にあるモダンな街ラティーナでのフォトセットを撮るときに使ったシンプルなコツはこちらです。

  • 家族を写すLomo'Instantとの一週間

    2014-12-12 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    家族を写すLomo'Instantとの一週間

    インスタントカメラは撮ってすぐに写真が見れるので、家族や友達と過ごしているときに使うとその場がとっても和みます。元Lomographyのショップスタッフであり、現在は9ヶ月の男の子のママである増野麻衣さんにLomo'Instantを貸出し、感想を聞いてみました!見ているこちらがにやけてしまうような愛くるしいファミリーショットと共にお楽しみください!