私がロモを始めたワケ: 中判カメラとブローニフィルム

1

一度は愛した…そう、ずっと一緒にいたのに…でもごめんなさい、もう愛しすぎてどうしようもないんです…中判カメラが!><笑
デジカメをそっちのけ、フィルムとロモグラフィーに走る、そんなカナダに住む変な日本人がお送りする、私がロモを始めたワケ。

白黒のブローニフィルム、コンタクトプリントの現像

忘れもしない、2010年の夏。僕は彼女に出会った。そう、1970年代生まれの中判カメラ機に。

ちょっと話を巻き戻して、2010年、夏。夏休みということで日本に一時帰国。家族に会ったり、友達に会ったり。そんな中、もう自分はデジタル一眼、写真の世界にどっぷりハマってしまって、中古カメラ屋さん巡り、レンズなどを探しまわるのが好きだった。一応近所の中古カメラ屋さんにも足を運び、チェックしている日々だった。ある日、お店に中古のリコーの高級コンパクト、 GRデジタル があるじゃないですか?しかし、大人になろうと必死な自分。「待て、待つんだ!我慢だ、我慢。」と買わず。偉い、自分。そしてとりあえずちゃんと一晩考えることに。次の日、カナダで会った友達とみんなで出かけることに。出かける前にちょっとだけ、とまた近所のカメラ屋さんに。小さいカメラを持ってなかったから、 GRデジタル があったらスナップとか撮れていいかなーと思いつつ、入店。店長が「お、来たね。良いの入ったよ」と。奥から持ってきてくれたのが古めかしいカメラで、レンズが二つ付いていた。萌えた。

とりあえず、一晩考えよう、と決意。けどそのクラシック感がたまらない。天使は「我慢するんだ」、そして悪魔は「買ってしまえ!」と。結局その日は我慢し、次の日、また足を運び、手にとり、購入を決意★ ヤシカD、1970年代の二眼レフ中判カメラである。

露出計がついていないので、デジカメ一台と一緒に早速出かけた。とにかく一緒に歩いているだけで楽しいカメラである。

よーし、いい写真撮るぞ!と意気込んだのはいいが、記念すべき最初の一枚は真っ黒。なぜならキャップをつけっぱなし…(二眼レフは上のレンズで覗き、下のレンズでフィルムに写します)他の写真はなんとか撮れていて、中判フィルムの迫力に魅了されるばかり。

夏休みも終わり、カナダにヤシカを連れて戻り、友達の @gelagoo に見せると「ロモグラフィーを始めなよ!」と一言。前からも言われていたので、もうアカウントは持っていたのだけど、なかなか勢いつかず、放置しておいたのだが。やはりその頃はまだまだデジタル一眼レフなどにハマっていて、まだまだフィルム写真にのめり込むことは出来なかった。だけども、ヤシカDで中判写真を撮り続けていたのは事実だし、やはりフィルムの良さはだんだんと分かっていくようになった。

だんだんヤシカDの使い方もわかり、慣れてきた頃、友達の家族写真を撮ったことがあった。ロモアミーゴの取材でもこれはちょっと話したのだけど、自分は撮った写真で人を幸せな気持ちにするのがとても好きで、自分の写真を見てくれて、ああ、いい写真だ、綺麗だな、そういう気持ちを人に持ってもらえることが自分の写真人生の生き甲斐であると最近よく思う。家族写真を撮ってあげた友達もすごい自分の写真を気に入ってくれて、ヤシカDのことも大好きだ。そういう気持ちを人から聞くだけで毎日が幸せに感じてくる。

当時、いろんな人からこんなことを言われていた。「古いカメラ使ってるね。デジタルの方が綺麗に撮れるんじゃないの?」(今でも良く耳にする)やはりデジタル一眼の流行は止まらないのか?と、ふと自分を見つめると、アナログ写真に自分の興味が動いているのが分かった。どうしてだろう?フィルムのカメラの話をする、友達にこのフィルムはどんなフィルムか、そんなことを聞く。自分は自然ともっとアナログ写真を好きになっていた。自然とフィルム文化を大事にして、人にそれを伝えようとしていた。周りの人の影響もあったけど、昔の素晴らしいフィルムカメラやそのカメラによって撮られる写真によって、自分はもうアナログライフに身を置いていたのだ。

ある日、ひょんとしたことから@gelagooが言っていた、ロモグラフィーとやらを見てみよう、と久しぶりにログイン。さすがにホリデーピギーなど全て期限切れ、特にメッセージなども無く、しょぼん。(他の写真共有サイトに入り浸っていた自分)しかし、その時までに撮っていたアナログ写真の枚数は人知れず。早速アップロードすることに。物事にハマってしまうととことんやる、というのは自分、と仲の良い親友に言われたものだ。それからはフィルム写真を撮り、現像し、スキャナ、アップロードとどんどんマイロモページを変えて行った。

豊富になった自分のフォトストック

沢山の人からコメントを貰ったり、いいね!してもらったり。

ロモにハマりまくっている今日この頃。デジタル機材を申し訳ないぐらい使ってない。今まで毎日チェックしていた写真共有サイトもあまり行ってない。どうしたものか。未だにデジタル写真も撮るけれど、やはり便利だし。写真というそのものに興味があるから、デジタルもアナログも勉強したい。けど今は多分アナログを勉強したいんだと思う。

結婚式とか、イベント写真とか、ポートレートとか、傍らでやっていたけど、今は自分が好きな写真を撮りたいと思う。誰にも捕われない、自分の好き勝手に撮って、自分が満足いく写真を撮りたい。とにかく楽しみたい、そう思う。自分になる、自分の写真をする、それが今のテーマ、だといいなーと思う。

そんな感じで、今にいたります。本当にヤシカに出会ったことを感謝してるし、周りにフィルムを撮る人たちがいるから、こう自分もすーっとこのアナログライフに入って来れるようになったと思っている。だから、@gelagooにも感謝だし、ここまで来れたことに感謝。長々とすいません、読んでいただけて感謝です。もし似たような経験とか思いとかあったら、是非共有しましょう。そして自分なりにロモグラフィーを楽しみましょう^_^

自分に合うスタイルやカメラはいつか出会えるはず。焦らず、楽しみながらいきましょう。もしそれでも見つからない!そういう時は"ロモグラフィーのオンラインショップ":http://shop.lomography.comで自分探しなんてどうでしょう?^^

Don’t worry, be happy.

2012-12-08 #ライフスタイル #204-6x6-d #lomohome whynotwinnipeg の記事
翻訳 whynotwinnipeg

1 Comment

  1. npkishi
    npkishi ·

    ほんとに深くて魅惑的なアナログカメラ&フィルムの森ですね!

他の記事を読む

  • LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    2015-05-13 #gear #ニュース pripri2000 の記事
    LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    いつでも、どこでもあなたの世界を切り取って色鮮やかなワイドアングル写真に残そう!LC-A 120は豊富なISO設定、多重露光用MXスイッチなど、実験的な写真を楽しめる機能を搭載し、あなたのアドベンチャーをサポートします。LC-Aのように手軽に素早く簡単に撮影が出来て、中判カメラながらコンパクトサイズで毎日持ち歩きたくなるカメラです。120フィルムを使ったことがないから不安?心配はいりません!120フィルムは種類も豊富で、何より35mmフィルムより高解像度なのでより美しく仕上がります!百問は一見にしかず。LC-A 120のちょっとしたギャラリーをご用意したのでご覧下さい。

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • 12/7(月)のアドベントカレンダー: Lomo LC-A 120 などのプレミアムカメラが20% OFF! (ディスカウントコード: PREMIUMPACKAGE20)

    2015-12-07 #gear #ニュース Lomography の記事
    12/7(月)のアドベントカレンダー: Lomo LC-A 120 などのプレミアムカメラが20% OFF! (ディスカウントコード: PREMIUMPACKAGE20)

    誰か特別な人に優れたカメラを送りたい?それとも一年間頑張った自分へのご褒美としてプレミアムカメラを手に入れたい?どちらの気分でも本日ご購入するのがとってもお得!なぜなら本日は自動露出コンパクト中判カメラ Lomo LC-A 120が20% OFFで手に入ります!その他にもロモグラフィーのプレミアムカメラが20% OFFになるので、対象カメラをこの記事で確認しましょう。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    2015-06-14 #gear #ライフスタイル bgaluppo の記事
    Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    インスタント写真はなんというか、ノスタルジックな感じがする。そう語る人は多い。自分でLomo'Instantカメラを使う時は、Splitzerやカラーフィルター等の奇抜なアクセサリーを併用する事も多いが、それでも確かに、そこには何かが在って...。それはあの幻想的なヴィネット効果のせいかしら?私はいつも、時間を遡り、そこに収められた瞬間をもう一度生きてみたいと願わずにはいられなくなるのだ。アナログ写真と古き良き思い出の導きのもと、私達はウィーンの名所旧跡の幾つかを訪れると、次また次とシャッター切った。写真ギャラリーをとくとご覧頂きたい!

  • レビュー: Lomo'Instantとレンズセットを使ってみて

    2015-07-14 #people #レビュー kotpa の記事
    レビュー: Lomo'Instantとレンズセットを使ってみて

    Lomo’Instantとレンズセットを使ってみました。レンズは、魚眼、ポートレート、クローズアップの三種類でしたが、その中でも魚眼レンズに惹かれて、ほとんど魚眼レンズを付けっぱなしでいました。また、Lomographyのインスタントカメラなので、ロモのフィルムカメラでのテクニックを試してみています。はじめてやってみる実験のため、失敗も多かったですが、すごく楽しかったです!

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #world #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • Lomo'Instant Wideをご予約いただいた皆様にLomography Light Painterをプレゼント!

    2015-11-05 #world #ニュース leora の記事
    Lomo'Instant Wideをご予約いただいた皆様にLomography Light Painterをプレゼント!

    Lomo’Instant Wide を12月発送予定のプレオーダーで予約して、もっと多くの人にクリスマスや年末年始にこのカメラを存分に楽しんでいただきたい!そんな思いから、予約特典が増えることになりました!ご予約いただいた皆様全員にキーホルダー型のライトペインティングツール・Lomography Light Painterをプレゼントします!今からご予約いただいた方にももちろんプレゼントしますので、プレオーダー受付が終了する前に予約しておきましょう!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • 大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    2015-05-21 #world #ライフスタイル K. Aquino の記事
    大きな世界に小さな人間:世界と人間の対比が面白い写真

    都市や大自然での生活の上に成り立つ広大な帝国を、カメラのように小さなものが表すことができるってなんて素敵なことでしょう!高い建物やとても広い場所に囲われた人々は、控えめで、撮影距離からミニチュアサイズに写っています。この記事ではそんな巨大な世界と人々との対比が面白い4つの写真を紹介します。

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。