スタッフレビュー:香港からのBelair X6-12レビュー

Belair X6-12が、他の小さくて軽いロモグラフィーカメラに比べると、大きすぎるという人がいるかもしれない。それはそれで一つの意見。でも、セールスポイントの一つである6×12フォーマットの写真が撮影できるということを考慮してみよう。もちろんBelairを手にしたら、一番初めに試すフォーマットさ!

Belair X 6-12 Globetrotter , Belair X 6-12 Jetsetter , Belair X 6-12 City Slicker

6×12フォーマット

6×12フォーマット は今まであった6×6、6×4,5、4,5×4,5のフォーマットのどれよりも大きい。120のフィルムでは2、4、6、8、10、12のフレームで撮影するんだ(1ロールにつき6回の露光)。このフォーマットについてどう思う?僕はとてもユニークだと思う。

Credits: edwinchau

Belair のフォーカスと合わせると、絞り値は最大でF/8.0、つまり被写界深度はとても深い。いつも Diana F+Lomo LC-A+ でスナップショットを撮っているロモグラファーにとっては簡単なことさ。小さな絞り値にかかわらず、両手でしっかりと支えていれば、夜や暗いトラムの中でもはっきりとした写真を撮ることができるんだ。下の写真は僕のお気に入りさ。

Credits: edwinchau

*コツ: Belair の露出計はレンズの左側にある。そのため、左側が明るい場合などは露光を調節して。

Credits: edwinchau

6×6フォーマット(正方形)

6×12フォーマット の次に僕が試したのは 6×6 。僕は正方形のフォーマットのサポーターなんだ!デザインとは関係なく、僕にとっては Belair X 6-12 は名前が意味するように6×6フォーマットのカメラなんだ。だから、6×6で撮影するのは、Belairの大きさとフォーマットデザインを生かしていない気がして、もったいなく感じてしまうんだ。そうでなければ、愛らしい6×6フォーマットで撮影するんだけどね(1ロールで12枚)。

Credits: edwinchau

h3. 6×9フォーマット(長方形)

Belair のおかげで、 120 フィルムで初めて 6×9フォーマット を撮影したんだ。おそらく 135フィルム の3:2フォーマットと大差ないだろうと思い、始めはあまり期待していなかったんだ。

Credits: edwinchau

現像した写真を受け取って、自分の間違いに気付いたんだ!僕は技術的な専門用語には詳しくないけど、もし似たような35mm判換算焦点距離レンズを使ったとしても、 135120 フォーマット ではフランジの距離の違いで、写真の見え方や感じ方が変わってくるんだ。

皮肉にも、バカにしていた6×9フォーマットが、僕を一番驚かせたんだ!それに、1ロールにつき、6×12では多くて6枚しか撮影できないけど、6×9フォーマットだと8枚も撮影できるんだ。ちょっと得した気分になるのさ。しかもこのフォーマットは端の歪みを取り除いて、35mm判換算焦点距離を上げるんだ。(40mmレンズくらいの35mm判換算焦点距離があるように感じたんだ。)多分僕はこのフォーマットを一番使うことになるだろうね。

Credits: edwinchau

気をつけること

1. Belair X 6-12は絞り値が低い(F/8.0)。AEモードを使うと、シャッタースピードがゆっくりなことを忘れて、手を動かしてしまうせいで、ぼやけた写真になってしまう。
2. 低い絞り値を日光のもとで使うことで、とても美しい写真が出来上がる。
3. 各フォーマットで撮影可能な枚数:6×12 = 6 枚、6×9 = 8 枚、6×6 = 12 枚。
4. 露光に影響するので、ライトメーターの近くの明るさを考える。

総評

説明したように、僕のロモホームには6×12と6×9のフォーマットの写真が多い。それは、僕は Belair X 6-12 の一番の機能が、普通は高性能なカメラについている、6×12という珍しいフォーマットで撮影できることだと考えるらかなんだ。6×12のカメラは今までは何十万円もするものばかりだったが、Belairのおかげで、オート露光機能も付いているのに、だいぶお手軽な価格で買うことができる(もちろんHolga WPC pnhole cameraのように安いものもある)。僕みたいに120フォーマットが好きなロモグラファーにとって、これは本当にグッドニュースだよ!

僕は、もっとコンパクトにできるから、あの折り畳みできる本体も好きなんだ(あのデザインはただの飾りじゃないよ!)。Lubitel 166+が好きなように、僕ははっきり、 120フィルム ではっきり、くっきりとした写真を撮影するのは好きなんだけど、かさばるカメラを持ち運ぶのは好きじゃないんだ。Lomographyの研究者の人たちが、軽くて持ち運びやすいカメラに高性能光学レンズを取り付けられるようにしたんだ。このおかげで、心から写真を撮ることを楽しむことができるんだ。感謝しないとね。
呢?

この記事の写真は 、 Belair X 6-12Lomgoraphy X-Pro Slide 120Lomography B&W ISO400 120Lomography Color Negative 400 120 を用いて撮影しています。

2012-12-04 #レビュー edwinchau の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    2015-01-20 #gear #tipster mikekumagai の記事
    フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    薬品をかけたり、燃やしたり、ネガにひっかき傷をつけることは、フィルムで実験する数少ない方法です。しかし、完璧にフィルムを壊してしまう(もしあなたがラッキーなら何かびっくりしちゃうものを生み出す)別の方法があります。それは文字通り、夜に居酒屋から千鳥足で家へ帰る酔っぱらった人とおなじくらいばかなものです。 そして、全ては闇に包まれるのです。

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • ロモグラフィーの新しい“キャラクター”: 新製品のご紹介(Part 2)

    2014-04-09 #ニュース hembot の記事
    ロモグラフィーの新しい“キャラクター”: 新製品のご紹介(Part 2)

    みなさま、新商品のヒントその2を紹介するお時間がやってきました!このあたらしい商品にもう少し近づけるために、1958年にロシアで起こった5つの重大な出来事をご紹介します。これらの出来事が、新製品にどのように関わっているのでしょうか?

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • ここだけのコツをおさらい!: LC-Wideで陽気なロモライフを

    2015-01-21 #gear #tipster cheeo の記事
    ここだけのコツをおさらい!: LC-Wideで陽気なロモライフを

    ウルトラ・ワイドで、超・頼りがいのある Minigonレンズが特徴的なLomo LC-Wide。その優れたキャラクターから、私達コミュニティのメンバーからも絶大な人気を得ています。 あなたもここで紹介するいくつかのシンプルなコツを一つか二つモノにすれば、このカメラがなぜそんなにも人気なのかきっとわかるはず!

  • 家でできる手作り4×5インスタントフィルム

    2014-03-12 #gear #tipster cruzron の記事
    家でできる手作り4×5インスタントフィルム

    最近では、大きなフォーマットのカメラ用のインスタントフィルムを見つけるのは夢物語のようです。なので、代わりに自分で作ってはいかがでしょうか?続きをご覧ください!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【スペシャルインタビュー】CAMPFIREチーフキュレーターによるPetzvalレビュー!

    2014-06-30 #レビュー choko3 の記事
    【スペシャルインタビュー】CAMPFIREチーフキュレーターによるPetzvalレビュー!

    昨年から今年にかけて、ロモグラフィーでは3つのプロジェクトをクラウドファンディングプラットフォーム『CAMPFIRE』 (キャンプファイヤー)で実施しました!今回、初めてのプロジェクトからずっと関わって頂いているキュレーターの出川さんにPetzvalレンズを試して頂きました。普段から写真を撮られている出川さんは、なんとロモグラファーでもあります!そんな出川さんが撮影した美しい写真をお楽しみください。

  • 昔からの技術!写真'もどき'

    2014-07-07 #ライフスタイル chooolss の記事
    昔からの技術!写真'もどき'

    世間一般に知られているよりもずっと前から、写真加工の技術が存在したことをご存知ですか?最初の画像加工ソフトが発表されるよりもずっと前のことなんですよ。記憶にとどめておくに相応しい、そんな加工されたアナログ写真を何点かご紹介します!

    1
  • 若さゆえのスタート

    2015-01-19 #ライフスタイル cheeo の記事
    若さゆえのスタート

    なぜ、写真を撮ることに免許は必要ないのでしょうか? それは、あなたがどんなに若くても、写真というクラシックなアートを楽しめるからなのです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomography CINE200 Tungstenでクールな写真をとる方法

    2014-10-14 #レビュー gakurou の記事
    Lomography CINE200 Tungstenでクールな写真をとる方法

    まさか、今度のLomography CINE Tungstenフィルムが感度400なろうとは思ってもみませんでした。前と同じ200のつもりでレビュー記事を書いたのがなんだか間抜けな感じですが、せっかく書いたし、何かの参考になるかもしれないから読んでみてね。

    1
  • きらめく動きの約束:キラキラのポートレートとライトペインティング

    2014-07-18 #gear #tipster lomo-camkage の記事
    きらめく動きの約束:キラキラのポートレートとライトペインティング

    年に二回、私達は火をつけるときらきら光る棒を買うことができます。そのきらめきは個性的で、同じものはありません。それでは、どのようにしてポートレートとライトペインティングに花火を使うのかお話ししましょう。よくあるミスから、最高のショットまで、さあ、あなたのきらめきの約束にカギをかけましょう!

  • LomoChrome Purple XR100-400で写す記憶の中の花写真

    2015-01-28 #gear #tipster toya1010 の記事
    LomoChrome Purple XR100-400で写す記憶の中の花写真

    このフィルムを手にした時真っ先に撮影したいものがみつかったのです。 それは私、toya1010の心の中にある「記憶」でした。 きっと誰の心にもあるものだから、写すヒントを書いておきます。