スタッフレビュー:香港からのBelair X6-12レビュー

2012-12-04

Belair X6-12が、他の小さくて軽いロモグラフィーカメラに比べると、大きすぎるという人がいるかもしれない。それはそれで一つの意見。でも、セールスポイントの一つである6×12フォーマットの写真が撮影できるということを考慮してみよう。もちろんBelairを手にしたら、一番初めに試すフォーマットさ!

Belair X 6-12 Globetrotter , Belair X 6-12 Jetsetter , Belair X 6-12 City Slicker

6×12フォーマット

6×12フォーマット は今まであった6×6、6×4,5、4,5×4,5のフォーマットのどれよりも大きい。120のフィルムでは2、4、6、8、10、12のフレームで撮影するんだ(1ロールにつき6回の露光)。このフォーマットについてどう思う?僕はとてもユニークだと思う。

Credits: edwinchau

Belair のフォーカスと合わせると、絞り値は最大でF/8.0、つまり被写界深度はとても深い。いつも Diana F+Lomo LC-A+ でスナップショットを撮っているロモグラファーにとっては簡単なことさ。小さな絞り値にかかわらず、両手でしっかりと支えていれば、夜や暗いトラムの中でもはっきりとした写真を撮ることができるんだ。下の写真は僕のお気に入りさ。

Credits: edwinchau

*コツ: Belair の露出計はレンズの左側にある。そのため、左側が明るい場合などは露光を調節して。

Credits: edwinchau

6×6フォーマット(正方形)

6×12フォーマット の次に僕が試したのは 6×6 。僕は正方形のフォーマットのサポーターなんだ!デザインとは関係なく、僕にとっては Belair X 6-12 は名前が意味するように6×6フォーマットのカメラなんだ。だから、6×6で撮影するのは、Belairの大きさとフォーマットデザインを生かしていない気がして、もったいなく感じてしまうんだ。そうでなければ、愛らしい6×6フォーマットで撮影するんだけどね(1ロールで12枚)。

Credits: edwinchau

6×9フォーマット(長方形)

Belair のおかげで、 120 フィルムで初めて 6×9フォーマット を撮影したんだ。おそらく 135フィルム の3:2フォーマットと大差ないだろうと思い、始めはあまり期待していなかったんだ。

Credits: edwinchau

現像した写真を受け取って、自分の間違いに気付いたんだ!僕は技術的な専門用語には詳しくないけど、もし似たような35mm判換算焦点距離レンズを使ったとしても、 135120 フォーマット ではフランジの距離の違いで、写真の見え方や感じ方が変わってくるんだ。

皮肉にも、バカにしていた6×9フォーマットが、僕を一番驚かせたんだ!それに、1ロールにつき、6×12では多くて6枚しか撮影できないけど、6×9フォーマットだと8枚も撮影できるんだ。ちょっと得した気分になるのさ。しかもこのフォーマットは端の歪みを取り除いて、35mm判換算焦点距離を上げるんだ。(40mmレンズくらいの35mm判換算焦点距離があるように感じたんだ。)多分僕はこのフォーマットを一番使うことになるだろうね。

Credits: edwinchau

気をつけること

1. Belair X 6-12は絞り値が低い(F/8.0)。AEモードを使うと、シャッタースピードがゆっくりなことを忘れて、手を動かしてしまうせいで、ぼやけた写真になってしまう。
2. 低い絞り値を日光のもとで使うことで、とても美しい写真が出来上がる。
3. 各フォーマットで撮影可能な枚数:6×12 = 6 枚、6×9 = 8 枚、6×6 = 12 枚。
4. 露光に影響するので、ライトメーターの近くの明るさを考える。

総評

説明したように、僕のロモホームには6×12と6×9のフォーマットの写真が多い。それは、僕は Belair X 6-12 の一番の機能が、普通は高性能なカメラについている、6×12という珍しいフォーマットで撮影できることだと考えるらかなんだ。6×12のカメラは今までは何十万円もするものばかりだったが、Belairのおかげで、オート露光機能も付いているのに、だいぶお手軽な価格で買うことができる(もちろんHolga WPC pnhole cameraのように安いものもある)。僕みたいに120フォーマットが好きなロモグラファーにとって、これは本当にグッドニュースだよ!

僕は、もっとコンパクトにできるから、あの折り畳みできる本体も好きなんだ(あのデザインはただの飾りじゃないよ!)。Lubitel 166+が好きなように、僕ははっきり、 120フィルム ではっきり、くっきりとした写真を撮影するのは好きなんだけど、かさばるカメラを持ち運ぶのは好きじゃないんだ。Lomographyの研究者の人たちが、軽くて持ち運びやすいカメラに高性能光学レンズを取り付けられるようにしたんだ。このおかげで、心から写真を撮ることを楽しむことができるんだ。感謝しないとね。
呢?

この記事の写真は 、 Belair X 6-12Lomgoraphy X-Pro Slide 120Lomography B&W ISO400 120Lomography Color Negative 400 120 を用いて撮影しています。

2012-12-04 #gear #6x6 #belair #square #hong-kong #staff-review #cross-processing #612 #analogue-photography #hongkong #belair-first-owner #black-and-white #hk #vingnetting #art #review #120-films #belair-x-6-12 edwinchau の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • Maya Kibbelが 原宿ファッションスナップを再開発

    2016-10-04 #people Ciel Hernandez の記事
    Maya Kibbelが 原宿ファッションスナップを再開発

    ファッションを担う人々は、昔から洗練されたスタイルとファッションという型にはまった厳しいルールを押しつける傾向にあります。その一方でファッション界の別の面では、日米フォトグラファーMaya Kibbel(マヤ・キベル)によって「かわいい」と「色っぽい」の中間のようなファッションも奨励されています。

    2016-10-04
  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

    2016-04-09
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    2016-08-13 ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] LC-Wide: Erina Uemura

    Petzval85で撮影されたBonnarooフェスティバルもぐるぐるとパワフルでしたが、LC-Wideで撮られたフィルム写真はまた別の味があります。粒子一つ一つから音が聴こえてきそうな、なめらかで人のぬくもり感じる写真をお楽しみください。

    2016-08-13
  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

    2016-04-05
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26
  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: いつでもかわいい

    2016-09-16 Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: いつでもかわいい

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「いつでもかわいい」

    2016-09-16
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    2016-04-07 #ニュース #gear Lomography の記事
    Daguerreotype Achromat Art Lens-写真黎明期の美しく幻想的な世界があなたの手からよみがえる

    *Daguerreotype Achromat Art Lens* は自分で見ている世界をそのまま、いえ、それ以上を写し出す能力を兼ね備えたプレミアムレンズ。ソフトフォーカスから鮮明でシャープな写り、さらにはユニークなボケまでもたった一台で表現することができます!写真を愛する人々の創造性を刺激し、その好奇心をくすぐるユニークなパートナーとなること間違いなしのレンズが新たにロモグラフィーに登場します!

    2016-04-07
  • [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    2016-12-05 #gear #culture #ニュース sikakuipanda の記事
    [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    現在プレオーダー中のLomo"instant Automatが手元に届くのが待ちきれない方も多いかと思いますが、フィルムの準備はもうOKでしょうか?今回は直営店スタッフが、話題のモノクロチェキフィルムとカラーフィルターを使って、どんな効果が発生するのか試してみました! 通常のモノクロフィルムと同様の効果はえられるのでしょうか!?

    2016-12-05
  • 世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    2016-05-06 #ニュース #gear lomographymagazine の記事
    世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    なんとDaguerreotype Achromat Art LensにCanon EFマウント、Nikon FマウントだけではなくPentax Kマウントのリターンが追加されることになりました!あまりに急な発表で驚かれた方もいらっしゃることと思いますが、私たちもこちらを発表することができて大変うれしく思います。世界規模での目標本数に達したためリターンとして正式に追加されます!

    2016-05-06