CopyCat Nat #4: hodachrome

2013-01-03

私がこのシリーズの次に選んだ写真は、私自身が大ファンであるhodachromeさんです!

Credits: hodachrome

待ちに待った春休みが近づいてきていて、ようやく次の絵を描く時間ができそうでした。今回はせっかくなので、何か新しいことにも挑戦してみようと思い、ツヤのある写真の台紙に油塗料を使うことにしました。というのも、前回の jeabzz さんの写真にも油塗料を使いましたが、その時は、せっかくの湿気を帯びたような独特な質感が紙に吸い取られてしまって、チョークで描いたかのようになってしまったからです。ちょうどジブサム(焼き石膏:絵の具を絵画に適合させるために表面に塗るもの)を買いに行く時間もなかったので、吸収力のない紙を選んだんです。

私はパソコンの前に座り、 hodachrome さんのイルカの写真を表示しました。彼の作品はほんとうに素晴らしいものばっかりで、この一枚を選ぶのはとっても大変でした!最終的に選んだのは、とてもシンプルな写真で、その中には3つの主題しかありません。気持ち良さそうに泳いでいるイルカと、それを見る子どもとそのお兄ちゃん(?)です。

今回の目的は、この写真のディテールを正確に描くことではありません。新しい"キャンバス"に慣れることと、より質感を充実させることです。パソコンで音楽をかけて、背景から描くことにしました。澄んでいる青い水です。
筆をもち、まずは四隅にあるビネットから取りかかりました。少しずつ紙を回しながら、円を描くように筆を動かし徐々に中央にむかっていきます。だんだんと色を明るくしていき、中央が一番の明るさをもつように色を変えていきます。

水を描き終わったら、小さめの筆をとり、お兄ちゃんを描くことにしました。しかし、なかなか筆を思うようにコントロールできません。絵の具がツルツルと滑り、そのシルエットのレイヤーを描くのを難しくします。私はこれ以上の絵の具を使うのを諦めることにしました。この時点で、その少年と背景の質感を比べてみると、滑らかさにずいぶんと差がありました。ですがそれはそれでいい味を出していたので、体と腕、そして彼の手の中にあるカメラ(のようなもの)を描き上げました。

次は彼の隣にいる小さい男の子です。頭と体、それに腕は簡単でした。お兄ちゃんより小さいだけで、そっくりだったからです。ですが、厄介だったのは指です。私が持っている中で一番小さい筆でも、彼の指には大きすぎました。しかしここにある物を使うしかなかったので、何とか指を書き加えました。なのでその出来はあまり気に入ってはいません。仕方ないですよね。

そうして最後の難関、イルカです。お腹からはじめて、水の色の上に白い絵の具を滑らせていくことで、青い影ができてきます。背景のような滑らかさを表現するのは難しいようだったので、イルカは簡単に描きました。(そういう味だと思ってもらえると…)
青い影とヒレを加えて、日陰で乾燥させてついに完成です。

この絵と文章はNatalie Fongさんによるものです。台湾の台北出身の彼女は、現在ハワイのホノルルで生活しています。 CopyCat Nat シリーズの他の作品をチェックしてみてくださいね。

2013-01-03 #copycat-nat-series #lifestyle #hodachrome #oil #regular-contributors #paint #painting natalieerachel の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

    2015-10-08
  • アートな街角スナップ写真ギャラリー

    2016-03-22 lomographymagazine の記事
    アートな街角スナップ写真ギャラリー

    ロモグラフィーのWebサイトにはストリート写真がたくさん!この風潮は多分今後も変わることがないでしょう。スナップ写真の中でも、皆さまにインスピレーションを与える素敵な写真を選びました!

    2016-03-22
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo'Instant Wideに恋に落ちた理由

    2016-01-19 #gear pearlgirl77 の記事
    Lomo'Instant Wideに恋に落ちた理由

    Lomo'Instant Wideは、標準搭載の90mmレンズ、ウルトラワイドアングルレンズ、クローズアップレンズ、Splitzer、そしてレンズキャップのシャッターリモコンを使って撮影できます。このレビューではそれらを全て使った写真をたくさんのせています。しかし!それ以外にも、このカメラが出来ることはまだまだたくさんあるんです!

    2016-01-19
  • 菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    2015-10-14 #ニュース ciscoswank の記事
    菅武志ゲスト展示:「LONDON MY TOWN」 SHOKO CD・書籍同時リリース記念エキシビジョン

    ロンドンと東京を拠点に活動するアーティスト、SHOKOさん。先日CDメジャーデビューを果たし、更にロンドンブックシリーズ第2弾となる書籍を発表されました。そんなSHOKOさんのCD・書籍同時リリース記念エキシビションが10/15(木)より開始されます。このエキシビションでは、ロモグラフィーではおなじみの写真家・菅武志さんが、ロンドンで撮り下ろしたSHOKOさんの写真がゲスト展示されます。菅さんファン必見の美しい写真を見に、そしてアーティストSHOKOさんの世界観を味わいに、是非足を運んでみてください。

    2015-10-14
  • 花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    2016-06-30 #gear #tutorials easilydistracted の記事
    花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    花火の撮影をフィルムでするのは少し勇気がいることだったりしますが、ISO感度の高いLomography CN ISO800とバルブモードのあるカメラがあるとほら、こんなにクッキリと写ります!またバルブモードのないLC-A+をバルブモードに変身させるコツもお教えします!

    2016-06-30
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • 2016年2月のトレンド写真

    2016-02-29 #ニュース lomography の記事
    2016年2月のトレンド写真

    ロモグラフィーのコミュニティーには毎月大量のアナログ写真がアップロードされています。その中でもベストオブベストと呼ぶに相応しい写真には、賛辞の言葉を送らずにはいられません。さあ、今月人気を博した写真のショーケースをこの記事でご覧ください!

    2016-02-29
  • アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    2016-02-25 #tutorials lomographymagazine の記事
    アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    動物は予測できない気まぐれな被写体です。フィルムで撮影するとなると、更に難易度はあがるでしょう。動物の自然なありのままの行動を記録するのが一番ですが、動物園やサファリパークのような飼いならされた場所では、場所の制限もありますし、上手に賢くフレーミングする必要がありますね。この記事では、ロモグラフィーコミュニティーメンバーが写したお手本写真を参考に、アニマル写真の極意をリストアップしました。

    2016-02-25
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    2016-06-10 #gear #tutorials Julien Matabuena の記事
    LC-Wideのいいところ10個教えちゃいます

    常にクリエイティビティを刺激してきたロモグラフィーですが、LC-Wideはその好奇心をさらにくすぐるとんでもない広角レンズ搭載35mmカメラです。10個の特長をお伝えしますので、ドドドッとあふれるアドレナリンを写真で表現してみてください!

    2016-06-10
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • 2016年 アナログ写真の日!Film Photography Day 2016

    2016-04-12 #ニュース shhquiet の記事
    2016年 アナログ写真の日!Film Photography Day 2016

    ロモグラフィーはFilm Photography Day(フィルム写真の日)という、『アナログ』なライフスタイルの面白さを再認識するための特別な日を毎年4月にお祝いしています。今年はどんなイベントが開催されるのでしょう?こちらの記事でチェックを。

    2016-04-12