CopyCat Nat #4: hodachrome

2013-01-03

私がこのシリーズの次に選んだ写真は、私自身が大ファンであるhodachromeさんです!

Credits: hodachrome

待ちに待った春休みが近づいてきていて、ようやく次の絵を描く時間ができそうでした。今回はせっかくなので、何か新しいことにも挑戦してみようと思い、ツヤのある写真の台紙に油塗料を使うことにしました。というのも、前回の jeabzz さんの写真にも油塗料を使いましたが、その時は、せっかくの湿気を帯びたような独特な質感が紙に吸い取られてしまって、チョークで描いたかのようになってしまったからです。ちょうどジブサム(焼き石膏:絵の具を絵画に適合させるために表面に塗るもの)を買いに行く時間もなかったので、吸収力のない紙を選んだんです。

私はパソコンの前に座り、 hodachrome さんのイルカの写真を表示しました。彼の作品はほんとうに素晴らしいものばっかりで、この一枚を選ぶのはとっても大変でした!最終的に選んだのは、とてもシンプルな写真で、その中には3つの主題しかありません。気持ち良さそうに泳いでいるイルカと、それを見る子どもとそのお兄ちゃん(?)です。

今回の目的は、この写真のディテールを正確に描くことではありません。新しい"キャンバス"に慣れることと、より質感を充実させることです。パソコンで音楽をかけて、背景から描くことにしました。澄んでいる青い水です。
筆をもち、まずは四隅にあるビネットから取りかかりました。少しずつ紙を回しながら、円を描くように筆を動かし徐々に中央にむかっていきます。だんだんと色を明るくしていき、中央が一番の明るさをもつように色を変えていきます。

水を描き終わったら、小さめの筆をとり、お兄ちゃんを描くことにしました。しかし、なかなか筆を思うようにコントロールできません。絵の具がツルツルと滑り、そのシルエットのレイヤーを描くのを難しくします。私はこれ以上の絵の具を使うのを諦めることにしました。この時点で、その少年と背景の質感を比べてみると、滑らかさにずいぶんと差がありました。ですがそれはそれでいい味を出していたので、体と腕、そして彼の手の中にあるカメラ(のようなもの)を描き上げました。

次は彼の隣にいる小さい男の子です。頭と体、それに腕は簡単でした。お兄ちゃんより小さいだけで、そっくりだったからです。ですが、厄介だったのは指です。私が持っている中で一番小さい筆でも、彼の指には大きすぎました。しかしここにある物を使うしかなかったので、何とか指を書き加えました。なのでその出来はあまり気に入ってはいません。仕方ないですよね。

そうして最後の難関、イルカです。お腹からはじめて、水の色の上に白い絵の具を滑らせていくことで、青い影ができてきます。背景のような滑らかさを表現するのは難しいようだったので、イルカは簡単に描きました。(そういう味だと思ってもらえると…)
青い影とヒレを加えて、日陰で乾燥させてついに完成です。

この絵と文章はNatalie Fongさんによるものです。台湾の台北出身の彼女は、現在ハワイのホノルルで生活しています。 CopyCat Nat シリーズの他の作品をチェックしてみてくださいね。

2013-01-03 #lifestyle #painting #paint #oil #regular-contributors #copycat-nat-series #hodachrome natalieerachel の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

    2017-08-21
  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • Neon Dreams Tokyo - 写真家 Matthieu Bühler

    2017-12-27 #places cheeo の記事
    Neon Dreams Tokyo - 写真家 Matthieu Bühler

    写真家 Matthieu Bühler's が東京で撮影した『Neon Dreams』シリーズ。東京のいたるところにある、ネオンが彩る独特の色合いと描写をお楽しみください。

  • ショップニュース

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    毎年大人気のロモグラフィーの福袋。2018年もアナログ写真を極めたい方、初めてフィルムカメラを使う方、考えずにただただ撮りたい方など、皆さんに喜んでいただける福袋をご用意しました!売り切れ続出のフィルム福袋や、フィルムとカメラがセットになった福袋など、どれも大満足な内容。2018年最初の1枚はロモグラフィーのフィルムやカメラで切り撮ってみませんか?数量限定なのでお早めにどうぞ!

  • LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    2017-03-10 #people refallinsasaki の記事
    LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    ドローイングや刺繍、そして写真などさまざまな表現活動をしているアーティスト Saiko Otakeさん。昨年はロンドンやシンガポールで個展を開き、大忙しの一年でした。そんな彼女にロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで3ヶ月に渡り撮影していただきました。Saikoさんの写すビビッドなイメージは、どこか無機質で不思議な世界。ロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで撮影した、東京や宇和島、そしてシンガポールの写真をインタビューとともにお楽しみください。

    2017-03-10
  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

    2017-06-23
  • Simple Use Film Camera × ロボットレストランダンサー 花京院椿紗

    2017-05-13 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera × ロボットレストランダンサー 花京院椿紗

    ロボットやダンサーたちのエネルギッシュなショーを見ることができる、新宿歌舞伎町の『ロボットレストラン』。今年4月までダンサーのリーダーを務めあげた 花京院椿紗さん。彼女にロボットレストランで過ごす最後の日々を Simple Use Film Cameraで撮影していただきました。写真は直営店Lomography+でも展示中です!

    2017-05-13
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people Lomography の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

    2017-05-27
  • 自動販売機のある風景:写真家 大橋英児

    2017-08-09 #places lomographymagazine の記事
    自動販売機のある風景:写真家 大橋英児

    日本の風景に欠かせないものとなりつつある自動販売機。そんな日本中どこにでもある自動販売機の姿を捉えたのは、写真家の大橋 英児さん。人里離れた山の上だったり、雪に埋もれていたり、都会にひっそりと佇んでいたり、自動販売機のあるユニークな風景をご覧ください。

    2017-08-09
  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

    2017-08-26
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • All is Fair in Love and Lomography:Diana F+ Family

    2017-02-07 Lomography の記事
    All is Fair in Love and Lomography:Diana F+ Family

    時代が変わっても変わらぬ美しさを誇るDiana!多様なデザイン、特徴、アクセサリーで、Diana F+シリーズのカメラは私たちを魅了し続けます。さぁ、あなたはどのDianaを選びますか?

    2017-02-07
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

    2017-11-18
  • 溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    2017-07-16 #gear lomographymagazine の記事
    溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    英語で「Dog Days」とは真夏の一番暑い日々のこと。外で写真を撮っていると汗がダラダラと流れる季節でもありますが、この時期の太陽の輝きは格別。そんな溶けそうに暑い日は、ロモグラフィーの La Sardinaがぴったり!