アナログカメラ用フィルムスピードガイド「サニー16テーブルガイド」

ロモグラファーのみんなのために、正しいISO値を選びたい時の参考になるように、ロモグラファーの愛する「サニー16」ルールをもとにして、カラフルで小さな表を作ったんだ。

アナログカメラを使っていると、限られた絞りとシャッタースピードからしか選べない。つまり、周りの明るさによってフィルムスピードを選ぶときに、露出オーバーにもアンダーにもならないように気をつけなくちゃいけないんだ。「そんなこと言ったって、フィルムの種類だってたくさんあるし、どうやって正しいのを選ぶんだい?」なんて言いたそうな顔をしているね。まぁ、サニー16ルールとちょっとして計算で、最適のISOを選ぶことができるようになるよ。でも、ちょっと待って…ロモグラフィーの10ゴールデンルールの6番目と7番目は「考えるな」と「早く、速く」だったっけ?とにかく、君たちの撮影に役立つように分かりやすい表を作っておいたんだ。これでもう悩まされることはないよ。

まず始めに

これを読んでる初心者のためにフィルムスピード、シャッタースピード、絞り、そしてこれらがなんで大切なのかを、ちょっと簡単に説明するよ。

フィルムスピードというのは、フィルムの光に対する感度のことなんだ。ISO値という数字で表されている。低いISO値(100~400)は光に対しての感度が低いため、周りが明るいときに使うことで露出オーバーを防ぐことができるんだ。高いISO値(400~1600)は感度が高いので、暗い所で撮影することで、露出アンダーを防ぐことができるんだ。

絞りは簡単に言うとカメラの中のレンズの後ろにある穴のサイズのことなんだ。絞りが大きいとより多くの光が露光される。絞りはF値で決められていて、その数字が大きいほど、絞りが狭いんだ。

最後に、シャッタースピートっていうのはシャッターを開いてる時間で、秒で数えられるんだ。シャッタースピードが早ければ早いほど、カメラに入ってくる光は少なくなるんだ。

もっと詳しく知りたい人は ロモグラファービギナーズガイド を読んでね。

表の使い方

二つの表があるだろう?それぞれシャッタースピードの違うんだ。ロモグラフィーのカメラはシャッタースピードが1/100秒か1/160秒なんだ。もっと分かりやすくするために「key」のところに各カメラごとに色を振り分けて、表に印をつけておいたから、わざわざマニュアルを見て確認する必要はないよ。するべきことは、自分の使っているカメラと「key」の色を参照して、どっちの表か、そしてどのF値を参考にするかを確認することだよ。FisheyeやLa SardinaのようなカメラにはF値は一つしかないけど、カメラによっては選べることがあるんだ。だから、マニュアルを読んでF値を見方や設定の仕方を調べておいてね。

次に、撮影したい場所の明るさを確認するんだ。「Shadow Detail」(影の状況)を参考にして決めるんだ。「空に雲がたくさんあるか?」、「影ははっきりしているのか?」、「影がほとんどないのか?」というような質問を自分自身に聞いてみるんだ。もし影の中や室内で撮影する場合は、それも明るさに影響してくるから気をつけてね。

自分で決めた明るさと、カメラのF値を指でなぞって、交わったところ。そう、そこが最適なフィルムスピードなんだ。

そもそも「サニー16」って何なの?

この表はシンプルなので、初心者からベテランまで使うことができるんだ。ここで、サニー16について簡単に説明するね。サニー16ルールは、明るくて、晴れていて、F値がF/16の時、シャッタースピードを参考に、最適の露光にするために理想的なフィルムスピードを教えてくれるんだ。そしてその逆もわかるんだ。例えば、僕が1/100のシャッタースピードのカメラを使っていたら、理想的なフィルムはISO100のものだね。逆に、ISO64のフィルムを晴れた状況で使いたい時には、理想的なシャッタースピードはだいたい1/60になるんだ。

それぞれが対応しているので、明るさが変わったら、絞りを一段階変えればいいんだ。例えば、「Slight Overcast」(少し雲り)の状況で、シャッタースピードが1/100のカメラでISO100のフィルムを使いたい時には、F値を一段階大きいF/8にすることで、同じ結果を得ることができるんだ。ロモグラフィーのカメラでは絞り値とシャッタースピードが限られているので、僕たちはフィルムスピードを変えることで最適な露出を得るしかないんだけどね。

つまり、1/100のカメラでF/16だったら、晴れてるときにはISO100を、少し曇ってるときにはISO200、曇りの時にはISO400を使う、って感じかな。

Wike on the Sunny 16 rule

覚えるべきこと

このガイドを使う時にいくつか覚えておくべきことがある。

1、 ただのガイドだということ
実験こそがロモグラフィーの真髄なので、ルールやガイドに縛られてしまうとクリエイティビティに悪影響が出てしまう。それに、これは“最適な”フィルムスピードを選ぶためのものであり、表にある全ての数値にあったフィルムが手に入るとは限らない。Holga用にISO1920のフィルムは見つけられないだろうし、表がすべてではないってことを覚えておいて。それに、アナログカメラでシャッタースピードはいつも正確って訳じゃないので、全てを完璧にコントロールするのは難しいだろう。とにかく、露出アンダーでも露出オーバーでも、その効果が好きだったら、この表は忘れてもいいってこと。

2、 フィルムによって露出の寛容度が違うこと
つまり、フィルムによって、どのくらいで露出アンダーになったり露出オーバーになったりするかが違うっていうこと。カラーネガティブフィルムでは大抵、露出オーバーは三段階、露出アンダーは一段階の差で、写真の違いに気づくくらいなんだ。白黒フィルムだと、露出オーバーは二段階、露出アンダーは一段階くらいかな。スライドフィルムは寛容度が狭く、半分位で違いが表れるんだ。でも、クロスプロセスを行うことで、その幅は広がるよ。

3、 Holgaの絞り値とシャッタースピード
このガイドに載っているHolgaとHolga 135の絞り値とシャッタースピードがマニュアルと違うのに気付いたでしょう。これは古いHolgaのデザインのせいで、マニュアルが間違っているからなんだ。このガイドが書かれたHolga 120が製造販売されていた時絞り値はF/13.3とF/20があったんだけど、Holga 135にはF/13.3しかなかったんだ。(参照: http://en.wikipedia.org/wiki/Holga

さぁ、この表を印刷して、壁でも、カメラバックでも、カメラの後ろにでも貼り付けて、次にフィルムを選ぶときの参考にしよう。それか、全く無視して、古いフィルムに賭けてみるのもいいかもね。どっちにしろ、このガイドがみんなの役に立つことを願っているよ。

2012-12-30 #gear #テクニック #select-type-of-tipster #iso #la-sardina #sprocket-rocket #film-speed #sunny-16 #film #tutorial #fisheye #select-what-this-tipster-is-about #aperture #diana #holga kidrobot の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    2015-06-04 #people hodachrome の記事
    ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    皆さんは新しく発売されたネガフィルム「LomoChrome Turquoise XR 100-400」をもう試してみましたか?「淡い色は透き通ったアクアブルーに、真っ青な空やエメラルドグリーンの海は輝くゴールデンカラーに変色する衝撃的なフィルム」と銘打って発売されたこのフィルムですが、実際に使ってみた感想とその特徴などをまとめてみましたので、まだ使っていないという方はぜひ参考にしてみてください♪

  • Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    2015-04-20 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Community Amigos: 猫ロモグラファーnpkishi、Petzvalレンズで撮る

    ロモグラフィーのコミュニティーに悶絶モノの愛くるしい猫写真をたくさんアップロードしているnpkishiさん。気ままにのびのびと暮らしている猫たちの様子をLC-AやDiana F+、Lomo'Instantをはじめとするロモグラフィーのカメラやその他のアナログカメラで収めています。そんな彼女の猫写真に惚れ込んだロモグラフィーは、npkishiさんにPetzvalレンズを貸出し最強のPetzval猫ショットを撮っていただきました。顔がほころぶこと間違い無し!ぐるぐるボケで彩られた猫たちの写真とインタビューをお楽しみください。

  • LIFE: ロモグラファーによる、ロモグラファーのためのグループ展

    2015-10-14 #people #ニュース ciscoswank の記事
    LIFE: ロモグラファーによる、ロモグラファーのためのグループ展

    毎年恒例のギャラリー・世田谷233でのLOMOグループ写真展。ギャラリー・世田谷233に集まるロモグラファーたちによって2006年にスタートしたこの展示会も、次でなんと11回目の開催となります!来年の1月に始まる展示の参加者を現在受付けています。あなたも、自分のLOMO写真を、自分の「LIFE」を展示してみませんか?ロモグラファー仲間の輪も広がりますよ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【ワークショップレポート】11/7(土) LOMO × snap! × ポパイカメラ 高校生限定!LC-A+ワークショップ

    2015-12-10 #people #ニュース #イベント ciscoswank の記事
    【ワークショップレポート】11/7(土) LOMO × snap! × ポパイカメラ 高校生限定!LC-A+ワークショップ

    11/7(土)、snap! マガジン、ポパイカメラ、そしてロモグラフィーというフィルムカメラに情熱を注ぐ3社がタッグを結成!初めての合同開催によるLC-A+ワークショップを開催しました!今回のワークショップの参加条件は「高校生であること」。最近の若い子たちは、フィルムカメラLC-A+に一体どんな反応を示したのでしょう?当日の様子をレポートします!

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #ライフスタイル #ロケーション lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    2015-09-09 #people #ニュース ciscoswank の記事
    あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    世の中にあふれる「顔」に見えるものたち。そんな隠れた「顔」を写した写真のコンテストが開催されています!普段は気づかない隠れたものに対する視点を持つことを目的としたこのコンテスト。あなたも参加して、いつもとは違うものの見方を養ってみませんか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • 2015年10月のトレンドアルバム

    2015-11-04 #world #ニュース lomography の記事
    2015年10月のトレンドアルバム

    2015年10月にロモグラフィーコミュニティーで人気を博したフォトアルバムのセレクションです。巧に編纂されたフォトアルバムを参考に、あなたのストーリーを視覚的に伝える方法を学びましょう。

  • 冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    2015-10-30 #gear #ニュース shhquiet の記事
    冬気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場!

    今年もクリスマスシーズンが近づいてきました!これからは家族、友人、恋人との大切な思い出がたくさん増える季節です。お休みの日にスキーに出かけたり、雪降る景色を窓から眺めながらホットココアを飲んで温まったり、友達とクリスマスパーティーではしゃいだり…想像するだけでワクワクしてきますよね。そんなクリスマス気分を盛り上げる新しいエディションがDianaファミリーに登場しました!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    2015-06-04 #people #ライフスタイル #Lomoamigos Jill Tan Radovan の記事
    LomoKev、New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensをテスト

    ロモグラファーLomoKevとして知られるKevin Meredithは、イングランドのブライトンを拠点に活動する写真家です。彼はLomo LC-Aを愛用しており、写真を撮るときのロモグラフィックなスタイルで有名になりました。個人的なフォトプロジェクト、仕事でのプロジェクトに没頭しながら、写真のワークショップの運営や写真関連の本の出版を行い、様々な展示会にも参加しています。彼の写真に対する情熱の高さから、彼がNew Petzval 58 Bokeh Control Art Lensのプロトタイプでテスト撮影を行う写真家に選ばれたのも納得です!

  • LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    2015-06-26 #gear #ライフスタイル Eunice Abique の記事
    LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    LomoChrome Turquoiseフイルム。その視線を釘付けにする予測不可能な色彩は極めて印象的だ。そこで私は考えた。これと 「レッドスケール」 を組み合わせたら、さらに劇的な結果が得られるのではないかと。意外なことに、撮影した写真のカラーパレットはLomoChromeTurquoiseの柔らかで繊細な側面を顕わにするものだった。

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #world #ロケーション Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2