アナログカメラ用フィルムスピードガイド「サニー16テーブルガイド」

ロモグラファーのみんなのために、正しいISO値を選びたい時の参考になるように、ロモグラファーの愛する「サニー16」ルールをもとにして、カラフルで小さな表を作ったんだ。

アナログカメラを使っていると、限られた絞りとシャッタースピードからしか選べない。つまり、周りの明るさによってフィルムスピードを選ぶときに、露出オーバーにもアンダーにもならないように気をつけなくちゃいけないんだ。「そんなこと言ったって、フィルムの種類だってたくさんあるし、どうやって正しいのを選ぶんだい?」なんて言いたそうな顔をしているね。まぁ、サニー16ルールとちょっとして計算で、最適のISOを選ぶことができるようになるよ。でも、ちょっと待って…ロモグラフィーの10ゴールデンルールの6番目と7番目は「考えるな」と「早く、速く」だったっけ?とにかく、君たちの撮影に役立つように分かりやすい表を作っておいたんだ。これでもう悩まされることはないよ。

まず始めに

これを読んでる初心者のためにフィルムスピード、シャッタースピード、絞り、そしてこれらがなんで大切なのかを、ちょっと簡単に説明するよ。

フィルムスピードというのは、フィルムの光に対する感度のことなんだ。ISO値という数字で表されている。低いISO値(100~400)は光に対しての感度が低いため、周りが明るいときに使うことで露出オーバーを防ぐことができるんだ。高いISO値(400~1600)は感度が高いので、暗い所で撮影することで、露出アンダーを防ぐことができるんだ。

絞りは簡単に言うとカメラの中のレンズの後ろにある穴のサイズのことなんだ。絞りが大きいとより多くの光が露光される。絞りはF値で決められていて、その数字が大きいほど、絞りが狭いんだ。

最後に、シャッタースピートっていうのはシャッターを開いてる時間で、秒で数えられるんだ。シャッタースピードが早ければ早いほど、カメラに入ってくる光は少なくなるんだ。

もっと詳しく知りたい人は ロモグラファービギナーズガイド を読んでね。

表の使い方

二つの表があるだろう?それぞれシャッタースピードの違うんだ。ロモグラフィーのカメラはシャッタースピードが1/100秒か1/160秒なんだ。もっと分かりやすくするために「key」のところに各カメラごとに色を振り分けて、表に印をつけておいたから、わざわざマニュアルを見て確認する必要はないよ。するべきことは、自分の使っているカメラと「key」の色を参照して、どっちの表か、そしてどのF値を参考にするかを確認することだよ。FisheyeやLa SardinaのようなカメラにはF値は一つしかないけど、カメラによっては選べることがあるんだ。だから、マニュアルを読んでF値を見方や設定の仕方を調べておいてね。

次に、撮影したい場所の明るさを確認するんだ。「Shadow Detail」(影の状況)を参考にして決めるんだ。「空に雲がたくさんあるか?」、「影ははっきりしているのか?」、「影がほとんどないのか?」というような質問を自分自身に聞いてみるんだ。もし影の中や室内で撮影する場合は、それも明るさに影響してくるから気をつけてね。

自分で決めた明るさと、カメラのF値を指でなぞって、交わったところ。そう、そこが最適なフィルムスピードなんだ。

そもそも「サニー16」って何なの?

この表はシンプルなので、初心者からベテランまで使うことができるんだ。ここで、サニー16について簡単に説明するね。サニー16ルールは、明るくて、晴れていて、F値がF/16の時、シャッタースピードを参考に、最適の露光にするために理想的なフィルムスピードを教えてくれるんだ。そしてその逆もわかるんだ。例えば、僕が1/100のシャッタースピードのカメラを使っていたら、理想的なフィルムはISO100のものだね。逆に、ISO64のフィルムを晴れた状況で使いたい時には、理想的なシャッタースピードはだいたい1/60になるんだ。

それぞれが対応しているので、明るさが変わったら、絞りを一段階変えればいいんだ。例えば、「Slight Overcast」(少し雲り)の状況で、シャッタースピードが1/100のカメラでISO100のフィルムを使いたい時には、F値を一段階大きいF/8にすることで、同じ結果を得ることができるんだ。ロモグラフィーのカメラでは絞り値とシャッタースピードが限られているので、僕たちはフィルムスピードを変えることで最適な露出を得るしかないんだけどね。

つまり、1/100のカメラでF/16だったら、晴れてるときにはISO100を、少し曇ってるときにはISO200、曇りの時にはISO400を使う、って感じかな。

Wike on the Sunny 16 rule

覚えるべきこと

このガイドを使う時にいくつか覚えておくべきことがある。

1、 ただのガイドだということ
実験こそがロモグラフィーの真髄なので、ルールやガイドに縛られてしまうとクリエイティビティに悪影響が出てしまう。それに、これは“最適な”フィルムスピードを選ぶためのものであり、表にある全ての数値にあったフィルムが手に入るとは限らない。Holga用にISO1920のフィルムは見つけられないだろうし、表がすべてではないってことを覚えておいて。それに、アナログカメラでシャッタースピードはいつも正確って訳じゃないので、全てを完璧にコントロールするのは難しいだろう。とにかく、露出アンダーでも露出オーバーでも、その効果が好きだったら、この表は忘れてもいいってこと。

2、 フィルムによって露出の寛容度が違うこと
つまり、フィルムによって、どのくらいで露出アンダーになったり露出オーバーになったりするかが違うっていうこと。カラーネガティブフィルムでは大抵、露出オーバーは三段階、露出アンダーは一段階の差で、写真の違いに気づくくらいなんだ。白黒フィルムだと、露出オーバーは二段階、露出アンダーは一段階くらいかな。スライドフィルムは寛容度が狭く、半分位で違いが表れるんだ。でも、クロスプロセスを行うことで、その幅は広がるよ。

3、 Holgaの絞り値とシャッタースピード
このガイドに載っているHolgaとHolga 135の絞り値とシャッタースピードがマニュアルと違うのに気付いたでしょう。これは古いHolgaのデザインのせいで、マニュアルが間違っているからなんだ。このガイドが書かれたHolga 120が製造販売されていた時絞り値はF/13.3とF/20があったんだけど、Holga 135にはF/13.3しかなかったんだ。(参照: http://en.wikipedia.org/wiki/Holga

さぁ、この表を印刷して、壁でも、カメラバックでも、カメラの後ろにでも貼り付けて、次にフィルムを選ぶときの参考にしよう。それか、全く無視して、古いフィルムに賭けてみるのもいいかもね。どっちにしろ、このガイドがみんなの役に立つことを願っているよ。

2012-12-30 #gear #tutorials #select-type-of-tipster #fisheye #la-sardina #film-speed #sunny-16 #tutorial #diana #aperture #select-what-this-tipster-is-about #film #tipster #sprocket-rocket #holga #iso kidrobot の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    2015-06-04 #people hodachrome の記事
    ターコイズブルーの世界を楽しむためのコツ

    皆さんは新しく発売されたネガフィルム「LomoChrome Turquoise XR 100-400」をもう試してみましたか?「淡い色は透き通ったアクアブルーに、真っ青な空やエメラルドグリーンの海は輝くゴールデンカラーに変色する衝撃的なフィルム」と銘打って発売されたこのフィルムですが、実際に使ってみた感想とその特徴などをまとめてみましたので、まだ使っていないという方はぜひ参考にしてみてください♪

  • The Big Picture(概要): Lomography Mystery Product (Part 1)

    2015-10-09 #ニュース #gear lomography の記事
    The Big Picture(概要): Lomography Mystery Product (Part 1)

    またこの日がやってきました!Lomographyは新しい商品を近日発表します!新商品は一体どんなものになるのか、気になりますよね?恒例のヒント記事がこちらです!さあ皆さま、次の商品は何なのか?考えてみてください!

  • LIFE: ロモグラファーによる、ロモグラファーのためのグループ展

    2015-10-14 #ニュース #people ciscoswank の記事
    LIFE: ロモグラファーによる、ロモグラファーのためのグループ展

    毎年恒例のギャラリー・世田谷233でのLOMOグループ写真展。ギャラリー・世田谷233に集まるロモグラファーたちによって2006年にスタートしたこの展示会も、次でなんと11回目の開催となります!来年の1月に始まる展示の参加者を現在受付けています。あなたも、自分のLOMO写真を、自分の「LIFE」を展示してみませんか?ロモグラファー仲間の輪も広がりますよ!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    2016-04-18 #people ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    「あのPetzvalに勝るとも劣らないクラシックでロマンチックなレンズだと思います。このレンズから新たな表現を生み出すのが楽しみです!」ソフトでドリーミーな作品で私たちを幻想的な世界へと連れ出す魔力を秘めたフォトグラファーTakeshi Suga(菅 武志)さんに、特徴的なソフトフォーカスを写し撮るDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの所感を伺いました。

  • 【ワークショップレポート】11/7(土) LOMO × snap! × ポパイカメラ 高校生限定!LC-A+ワークショップ

    2015-12-10 #ニュース #people ciscoswank の記事
    【ワークショップレポート】11/7(土) LOMO × snap! × ポパイカメラ 高校生限定!LC-A+ワークショップ

    11/7(土)、snap! マガジン、ポパイカメラ、そしてロモグラフィーというフィルムカメラに情熱を注ぐ3社がタッグを結成!初めての合同開催によるLC-A+ワークショップを開催しました!今回のワークショップの参加条件は「高校生であること」。最近の若い子たちは、フィルムカメラLC-A+に一体どんな反応を示したのでしょう?当日の様子をレポートします!

  • アートな街角スナップ写真ギャラリー

    2016-03-22 lomographymagazine の記事
    アートな街角スナップ写真ギャラリー

    ロモグラフィーのWebサイトにはストリート写真がたくさん!この風潮は多分今後も変わることがないでしょう。スナップ写真の中でも、皆さまにインスピレーションを与える素敵な写真を選びました!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 【CP+ 2016】イベントレポート

    2016-03-05 #ニュース ciscoswank の記事
    【CP+ 2016】イベントレポート

    今年もカメラ・映像の大展示会CP+が終了しました! フィルムのラインナップに興奮するアナログ写真ファン、ユニークなレンズに驚く熟練フォトグラファー、ロモカメラを持って遊びに来てくれるロモグラファーの方々…。 連日たくさんの方々にご来場いただいたロモグラフィーブース。その様子をスタッフの撮影した写真と共に振り返ってみましょう!

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    2015-09-09 #ニュース #people ciscoswank の記事
    あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    世の中にあふれる「顔」に見えるものたち。そんな隠れた「顔」を写した写真のコンテストが開催されています!普段は気づかない隠れたものに対する視点を持つことを目的としたこのコンテスト。あなたも参加して、いつもとは違うものの見方を養ってみませんか?

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

  • 2015年10月のトレンドアルバム

    2015-11-04 #ニュース lomography の記事
    2015年10月のトレンドアルバム

    2015年10月にロモグラフィーコミュニティーで人気を博したフォトアルバムのセレクションです。巧に編纂されたフォトアルバムを参考に、あなたのストーリーを視覚的に伝える方法を学びましょう。

  • International Women's Day Special: LomoAmigosに登場した女性アーティストの作品

    2016-03-08 #ニュース #people ciscoswank の記事
    International Women's Day Special: LomoAmigosに登場した女性アーティストの作品

    本日、3月8日は国際女性デー。国連は1975年の3月8日以来この日を「国際婦人デー」と定め、「女性の十全かつ平等な社会参加」の環境整備を加盟国に対し呼びかけています。本日は、その国際女性デーにちなんでLomoAmigosに登場した女性アーティストの作品を振り返ってみましょう!