アナログカメラ用フィルムスピードガイド「サニー16テーブルガイド」

2012-12-30

ロモグラファーのみんなのために、正しいISO値を選びたい時の参考になるように、ロモグラファーの愛する「サニー16」ルールをもとにして、カラフルで小さな表を作ったんだ。

アナログカメラを使っていると、限られた絞りとシャッタースピードからしか選べない。つまり、周りの明るさによってフィルムスピードを選ぶときに、露出オーバーにもアンダーにもならないように気をつけなくちゃいけないんだ。「そんなこと言ったって、フィルムの種類だってたくさんあるし、どうやって正しいのを選ぶんだい?」なんて言いたそうな顔をしているね。まぁ、サニー16ルールとちょっとして計算で、最適のISOを選ぶことができるようになるよ。でも、ちょっと待って…ロモグラフィーの10ゴールデンルールの6番目と7番目は「考えるな」と「早く、速く」だったっけ?とにかく、君たちの撮影に役立つように分かりやすい表を作っておいたんだ。これでもう悩まされることはないよ。

まず始めに

これを読んでる初心者のためにフィルムスピード、シャッタースピード、絞り、そしてこれらがなんで大切なのかを、ちょっと簡単に説明するよ。

フィルムスピードというのは、フィルムの光に対する感度のことなんだ。ISO値という数字で表されている。低いISO値(100~400)は光に対しての感度が低いため、周りが明るいときに使うことで露出オーバーを防ぐことができるんだ。高いISO値(400~1600)は感度が高いので、暗い所で撮影することで、露出アンダーを防ぐことができるんだ。

絞りは簡単に言うとカメラの中のレンズの後ろにある穴のサイズのことなんだ。絞りが大きいとより多くの光が露光される。絞りはF値で決められていて、その数字が大きいほど、絞りが狭いんだ。

最後に、シャッタースピートっていうのはシャッターを開いてる時間で、秒で数えられるんだ。シャッタースピードが早ければ早いほど、カメラに入ってくる光は少なくなるんだ。

もっと詳しく知りたい人は ロモグラファービギナーズガイド を読んでね。

表の使い方

二つの表があるだろう?それぞれシャッタースピードの違うんだ。ロモグラフィーのカメラはシャッタースピードが1/100秒か1/160秒なんだ。もっと分かりやすくするために「key」のところに各カメラごとに色を振り分けて、表に印をつけておいたから、わざわざマニュアルを見て確認する必要はないよ。するべきことは、自分の使っているカメラと「key」の色を参照して、どっちの表か、そしてどのF値を参考にするかを確認することだよ。FisheyeやLa SardinaのようなカメラにはF値は一つしかないけど、カメラによっては選べることがあるんだ。だから、マニュアルを読んでF値を見方や設定の仕方を調べておいてね。

次に、撮影したい場所の明るさを確認するんだ。「Shadow Detail」(影の状況)を参考にして決めるんだ。「空に雲がたくさんあるか?」、「影ははっきりしているのか?」、「影がほとんどないのか?」というような質問を自分自身に聞いてみるんだ。もし影の中や室内で撮影する場合は、それも明るさに影響してくるから気をつけてね。

自分で決めた明るさと、カメラのF値を指でなぞって、交わったところ。そう、そこが最適なフィルムスピードなんだ。

そもそも「サニー16」って何なの?

この表はシンプルなので、初心者からベテランまで使うことができるんだ。ここで、サニー16について簡単に説明するね。サニー16ルールは、明るくて、晴れていて、F値がF/16の時、シャッタースピードを参考に、最適の露光にするために理想的なフィルムスピードを教えてくれるんだ。そしてその逆もわかるんだ。例えば、僕が1/100のシャッタースピードのカメラを使っていたら、理想的なフィルムはISO100のものだね。逆に、ISO64のフィルムを晴れた状況で使いたい時には、理想的なシャッタースピードはだいたい1/60になるんだ。

それぞれが対応しているので、明るさが変わったら、絞りを一段階変えればいいんだ。例えば、「Slight Overcast」(少し雲り)の状況で、シャッタースピードが1/100のカメラでISO100のフィルムを使いたい時には、F値を一段階大きいF/8にすることで、同じ結果を得ることができるんだ。ロモグラフィーのカメラでは絞り値とシャッタースピードが限られているので、僕たちはフィルムスピードを変えることで最適な露出を得るしかないんだけどね。

つまり、1/100のカメラでF/16だったら、晴れてるときにはISO100を、少し曇ってるときにはISO200、曇りの時にはISO400を使う、って感じかな。

Wike on the Sunny 16 rule

覚えるべきこと

このガイドを使う時にいくつか覚えておくべきことがある。

1、 ただのガイドだということ
実験こそがロモグラフィーの真髄なので、ルールやガイドに縛られてしまうとクリエイティビティに悪影響が出てしまう。それに、これは“最適な”フィルムスピードを選ぶためのものであり、表にある全ての数値にあったフィルムが手に入るとは限らない。Holga用にISO1920のフィルムは見つけられないだろうし、表がすべてではないってことを覚えておいて。それに、アナログカメラでシャッタースピードはいつも正確って訳じゃないので、全てを完璧にコントロールするのは難しいだろう。とにかく、露出アンダーでも露出オーバーでも、その効果が好きだったら、この表は忘れてもいいってこと。

2、 フィルムによって露出の寛容度が違うこと
つまり、フィルムによって、どのくらいで露出アンダーになったり露出オーバーになったりするかが違うっていうこと。カラーネガティブフィルムでは大抵、露出オーバーは三段階、露出アンダーは一段階の差で、写真の違いに気づくくらいなんだ。白黒フィルムだと、露出オーバーは二段階、露出アンダーは一段階くらいかな。スライドフィルムは寛容度が狭く、半分位で違いが表れるんだ。でも、クロスプロセスを行うことで、その幅は広がるよ。

3、 Holgaの絞り値とシャッタースピード
このガイドに載っているHolgaとHolga 135の絞り値とシャッタースピードがマニュアルと違うのに気付いたでしょう。これは古いHolgaのデザインのせいで、マニュアルが間違っているからなんだ。このガイドが書かれたHolga 120が製造販売されていた時絞り値はF/13.3とF/20があったんだけど、Holga 135にはF/13.3しかなかったんだ。(参照: http://en.wikipedia.org/wiki/Holga

さぁ、この表を印刷して、壁でも、カメラバックでも、カメラの後ろにでも貼り付けて、次にフィルムを選ぶときの参考にしよう。それか、全く無視して、古いフィルムに賭けてみるのもいいかもね。どっちにしろ、このガイドがみんなの役に立つことを願っているよ。

2012-12-30 #gear #tutorials #film #tutorial #aperture #film-speed #tipster #holga #fisheye #diana #iso #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about #sprocket-rocket #la-sardina #sunny-16 kidrobot の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • アナログカメラで写す超現実的な世界

    2016-11-22 #culture #tutorials lomographymagazine の記事
    アナログカメラで写す超現実的な世界

    誰だってアナログカメラで自分だけのユニークな写真を撮る方法を常に追い求めているはず。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、フィルムで幻想的な世界を映し出す方法を学んでみましょう!

    2016-11-22
  • 2016年の日本ロモホーム大賞発表!

    2016-12-31 #ニュース trifivy の記事
    2016年の日本ロモホーム大賞発表!

    親愛なるロモグラファーの皆様、2016年もロモグラフィーのコミュニティに沢山の写真を投稿いただき誠に有難うございました!今日は2016年、日本のロモホームで一番多くの「♥LIKE」を集めた、日本ロモホーム大賞に選ばれたユーザー様を大発表いたします!!

  • 【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    2016-07-22 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【コンパクトカメラ写真コンテスト】受賞発表&受賞作展示のお知らせ

    LC-Aの32回目のバースデーを記念して行われた本コンテスト。「あなたにとって特別な日」をテーマにフィルム写真を募集致しました。そこに集まったのは、300枚を超える力作の数々。このコンテストのためにロモホームを開設して応募して下さった方や、いままでロモグラフィーのコミュニティーを盛り上げてくださった方など様々な方がいらっしゃいました。どの作品も素晴らしく、選考は大変難航しました。その中から選ばれた10作品、ぜひお楽しみください。また受賞作品は直営店Lomography+とポパイカメラ2号店にて展示が行われます!そちらにも足をお運びください。

    2016-07-22
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 富士フイルムが正方形フォーマットのインスタントカメラを発表!

    2016-09-21 #ニュース lomographymagazine の記事
    富士フイルムが正方形フォーマットのインスタントカメラを発表!

    インスタントカメラを愛する皆さまにまたまた良いニュースが飛び込んできました!富士フイルムが昔ながらの正方形フォーマットのインスタント写真を発表。スクエアフォーマットのインスタント写真を撮れる日ももうすぐです!!

    2016-09-21
  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    2016-04-18 #people ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    「あのPetzvalに勝るとも劣らないクラシックでロマンチックなレンズだと思います。このレンズから新たな表現を生み出すのが楽しみです!」ソフトでドリーミーな作品で私たちを幻想的な世界へと連れ出す魔力を秘めたフォトグラファーTakeshi Suga(菅 武志)さんに、特徴的なソフトフォーカスを写し撮るDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの所感を伺いました。

    2016-04-18
  • 【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    2017-03-21 #tutorials #ビデオ lomographymagazine の記事
    【ビギナーズガイド】この春、フィルムスキャンデビューしよう

    フィルムを自分でスキャンすると色んな利点があるってご存知ですか?毎回のデータ化のコストもかからないし、現像所では取り扱ってくれないフォーマットのフィルムもスキャンできちゃいます。フィルムスキャンにまだ挑戦したことの無い方のためにスキャナ選びの注意点と便利なツールをご紹介!

    2017-03-21
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【イベント】夏休みの自由研究に!一眼レフカメラKonsturuktor を自分で組み立ててみよう in 二子玉川 蔦屋家電

    2016-07-27 deco の記事
    【イベント】夏休みの自由研究に!一眼レフカメラKonsturuktor を自分で組み立ててみよう in 二子玉川 蔦屋家電

    いよいよ始まった夏休み。二子玉川 蔦屋家電の写真コンシェルジュに教わるKonstruktorの組み立てワークショップへ自由研究の一環として参加してみませんか?カメラの構造を理解し、さらにはフィルムで撮影!自分で組み立てたカメラで夏の思い出を撮影するのも素敵!お子様とペアでの参加お待ちしております!

    2016-07-27
  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

    2016-05-10
  • 【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    2016-11-17 #gear #tutorials lomographyplus の記事
    【レビュー】Lomo LC-Aシリーズ特集① ~LC-A+編~

    Lomographyの代表的なLC-A+シリーズ。2016年現在はLC-A+、LC-Wide、LC-A120がシリーズの現行品として、フィルムカメラを再び盛り上げてくれています。このカメラをじっくりと紹介したいと思い、直営店スタッフによるマガジンシリーズの連載をスタート!まずは、フィルムカメラ初心者のみなさんや、「カメラそのもの自体触ったことがない!」という方にもオススメのLC-A+を特集します!説明書には載っていない細かいポイントまでご紹介するので、既にLC-A+をお持ちの方もご一読ください。

    2016-11-17
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • SF映画風のアナログ写真

    2016-04-08 #gear lomographymagazine の記事
    SF映画風のアナログ写真

    アナログ写真というと、みなさんちょっと古めかしいものを想像するかもしれません。でも、この記事で紹介するロモグラファーのアナログ写真は、どちらかというと「革新的」だと思いますよ!

    2016-04-08 1
  • Lomography Earl Grey B&W 100 ISOでオールドルックな2016夏に仕上げよう

    2016-08-14 ciaoannacotta の記事
    Lomography Earl Grey B&W 100 ISOでオールドルックな2016夏に仕上げよう

    Lomography Earl Grey B&W 100 ISO 35mmフィルムはクラシックなモノクロイメージを生み出す優れた感度100の35mmフィルムです。そのフィルムをロモグラフィーを代表するカメラたちにセットして撮影してみました。ムーディーな黒、ありのままの白、そしてその間の全てのグレー。滑らかで細かな粒子の美しい写真をご堪能下さい。

    2016-08-14
  • 世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    2016-05-06 #ニュース #gear lomographymagazine の記事
    世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    なんとDaguerreotype Achromat Art LensにCanon EFマウント、Nikon FマウントだけではなくPentax Kマウントのリターンが追加されることになりました!あまりに急な発表で驚かれた方もいらっしゃることと思いますが、私たちもこちらを発表することができて大変うれしく思います。世界規模での目標本数に達したためリターンとして正式に追加されます!

    2016-05-06