カメラのブレを恐れないで!

2013-01-22

みんなが露光時間について一番考えるのは、暗い時に撮影する場合。じゃあ、8秒露光の利点は何?街の夜景を撮影する時?多分ね。でも、Nicholas Ruelが型にはまらない答えを見せてくれるよ!

Photo is taken from Nicolas Ruel

長時間露光で撮影する時はいつも三脚を使って、ぶれるのを防ごうとする。もし、誰かがあなたのカメラを動かそうものなら、多分いらついちゃうよね?でも、カナダのアーティストの Nicolas Ruel は、この「ブレ」を利用して、変わった技法の作品を撮影したの。

Photos are taken from Nicolas Ruel

8 Secondes と名付けられたこのシリーズでは、Ruelはカメラを8秒露光に設定して、撮影している途中で視点を変えたんだ。そうすることで、一枚の写真に多重露光のようなエフェクトが表れているんだ。

Photos are taken from Nicolas Ruel

Ruelはこの8 Seconds projectのためにロンドン、ニューヨーク、パリなどの都市を訪れた。彼は、変化の中心的なポイントである港、ターミナル、高速など、都市の主要部を写した。そこは彼のお気に入りの撮影スポットでもあるんだ!

Photos are taken from Nicolas Ruel

一般的にみんな、不意でランダムなブレを失敗だって思っちゃうんだ。にもかかわらず、ちょっとした失敗を通して、アーティストとしていつも模索しているべきである、新しい視点を見つけることができるんだ。ロモグラファーとしては、写真に関することであれば、どんなリスクがあることでも挑戦するべきなんだ!さぁ、まっすぐで簡単な道じゃあなくて、曲がりくねった道を進もう!

この記事は Nicolas RuelSlash を参考にしています。

2013-01-22 #ニュース #art #travel #photographer #long-exposures #multiple-exposures #cities #editorial-series heiwa の記事
翻訳 54070

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【hodachromeが教える!】「多重露光」講座 in 京都

    2017-03-10 hodachrome の記事
    【hodachromeが教える!】「多重露光」講座 in 京都

    山本穂高(hodachrome)氏による、多重露光の撮り方を学ぶ講座が3/19(日)に京都で開催されます!アイデアやテクニックしだいで写真は見ちがえるほど幻想的なものに生まれ変わります。その撮り方を初心者の方でもわかりやすいようにテキスト・画像を使って説明します。多重露光をマスターして、春からの撮影ライフに新たなエッセンスを加えましょう♪

    2017-03-10
  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

    2017-08-04
  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『アドレナリン爆発』大賞発表

    2017-05-30 #ニュース Lomography の記事
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『アドレナリン爆発』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『アドレナリン爆発』カテゴリーの入賞作品を発表致します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    2016-10-28 #people Lomography の記事
    Andrew YungがPetzval 85 Lensで日本の紅葉を撮影!

    香港の撮影クラブ・AllionZのメンバーであるAndrew Yungは友達と山歩きをするのが趣味で、バックパッカー をしながら53か国も訪れたそうです。日本を訪れた彼は、Petzval 85で燃えるように赤く染まった森の風景を写してくれました。

    2016-10-28
  • 2016年9月のトレンドアルバム

    2016-09-30 #ニュース Lomography の記事
    2016年9月のトレンドアルバム

    イベントや撮影場所でアルバムを管理する人は多いですが、なかにはフィルムや撮影方法で分類したがる人や、ベストショットだけを集めたアルバムを作る人もいます。 今回は2016年9月の投稿のなかでベストに選ばれたアルバムたちから、写真を通して自分の想いを表現するヒントをもらいましょう!

    2016-09-30
  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    2017-09-08 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    フィルムを入れ替えられるロモグラフィーの Simple Use Film Camera 。便利ですよね。最初に装填されているフィルムは Color Negative ISO 400、Lady Grey B&W ISO 400、LomoChrome Purpleですが、その他のフィルムで撮影したらどう写るのか、ずっと疑問に思っていました。

    2017-09-08
  • Ian Hobson:Lomo'Instant Wideでライトペインティング!

    2017-01-30 #people Lomography London の記事
    Ian Hobson:Lomo'Instant Wideでライトペインティング!

    自称 「熱狂的カメラ信者」で、ライトペインターであるという非凡な男・Ian Hobson。今回、彼はすっかり暗くなった夜中にLomo'Instant Wideを持ち出して、Pixelstickや燃えるワイヤーウールを使って魅力的なショットを撮影してくれました!

    2017-01-30
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ポートレートのいろいろなスタイル ~人物の撮影サイズについて~

    2017-02-12 #culture lomographymagazine の記事
    ポートレートのいろいろなスタイル ~人物の撮影サイズについて~

    あなたはどんな風にポートレートを撮影しますか?ここではロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた写真を通して、ポートレートによく利用される人物の撮影サイズについてご紹介します!

    2017-02-12
  • ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    2017-04-07 Lomography の記事
    ★Yiyiu × Lomo'Instant Automat Glass:雨のなかでガールズデート

    香港を拠点とする写真家 Yiyiuは Lomo'Instant Automat Glassを連れて友達とデートへ!あいにくの雨で天気は最悪だったけど、素晴らしいポートレートを披露してくれました!彼女が撮影した写真とインスタント写真についてのインタビューを大公開。

  • やわらかなブルー:Pak Ning × Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2017-01-13 #people phyllistc の記事
    やわらかなブルー:Pak Ning × Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    Pak Ningは香港を拠点とするポートレート写真家です。今回、彼はDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使い、異なるジェスチャーによって表現されるやわらかな青の波をテーマに撮影してくれました。

    2017-01-13