アナログVSデジタル

デジタル写真とアナログ写真を比較するために実地試験を行った。

Credits: mrwhiteman

しばらく前からアナログとデジタルを比較しようというアイデアはあったのだが、最近やっと、科学的な方法を用いて試験する機会を得た。試験には私の所有する、デジタル: FUJIFILM FinePix S5 Pro とアナログ: Nikon F90 を使用した。

これらのカメラに対する批評はどこにでも載っているので省き、比較試験に関連することのみ詳細を説明しようと思う。FinePix S5 Proの性能は23.0×15.5 mm (APS-C)スーパーCCDハニカムSR Pro、最大記録画素数1210万画素(4256×2848ピクセル)である。F90には FUJICHROME Velvia 50 スライドフィルムを装填し、画像寸法は36×24mm。APS-Cとフルフレームサイズセンサーでは、同じレンズでも視界が変わってしまうので、レンズは下記のものを選択した。

FinePix S5 Proには Nikon 35mm f/2 AF-D 、F9には Nikon 50mm f/1.8 AF-D を選択し、同一の視界になるようにした。レンズは両方ともF2.0に設定し、カメラもオートフォーカス、自動露出にし、できる限りヒューマンエラーの可能性を低くした。FinePix S5 ProのISOは100で、ホワイトバランスは“日光”にした。

同じ被写体を撮影する場合は順番に撮影した。写真を撮影した後は近くのフォトラボで現像し、自分の持っている Epson Perfection V700 Photo を用いてスキャンした。イメージの解像度は 3600×2289ピクセルにした。

さて、下にあるギャラリーでは、デジタル→アナログの順に写真が表示される。写真を見終わった後に、意見の交換をしたいと思う。

Credits: mrwhiteman
Credits: mrwhiteman
Credits: mrwhiteman
Credits: mrwhiteman
Credits: mrwhiteman
Credits: mrwhiteman
Credits: mrwhiteman
Credits: mrwhiteman
Credits: mrwhiteman

いかがだっただろうか?
明確なことはVelviaで撮影したものは、よりコントラストが強く、シャープな印象で、おそらく、露出不足(ISOが低いため)のものが多かった。また、F90のものは被写界深度が浅かったが、比較前から明らかであり、今回の目的からは外れている。

各写真を見ると、より興味深いことが分かる。アナログの写真では、空はより鮮やかな青色に写っている。夕焼け時の橋の写真もフィルムの方が、確実に色合いが良い。私はVelviaで撮影した、黄色い葉っぱのクローズアップ写真が気に入っている。しかし、Velviaの写真にはたまに変に青みがかった影が写っている。フィルムでは黄色い葉っぱが少し赤らんだ色調になっている。ピンクのバラと黄色いバラ、夕焼けがかった木と巣の写真はデジタルの方が良いと私は思う。

総合的にいえば、今日では、いかにデジタルとアナログが近いかということに驚いた。特に、写真編集ソフトを使用できるということを考慮すると、より縮まるだろう。それでも、私の意見では、フィルムの方が、デジタルでは時間をかけなければ再現できない、美しさを持っている。今回の試験に関するみんなの意見を聞いてみたい。コメントを残してもらえると有難い。フィルムはまだまだ負けていない!

2013-01-20 #ライフスタイル mrwhiteman の記事

他の記事を読む

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • LomoAmigo : Alison Scarpullaが LC-Wideで撮影

    2014-08-19 #people #Lomoamigos tomas_bates の記事
    LomoAmigo : Alison Scarpullaが LC-Wideで撮影

    アメリカ人の才能ある写真家Alison Scarpullaは、多重露光やフィルムを浸したりする、シュールで感情に訴える様な、実験的な写真を撮る。最近Lomographyマガジンで彼女の作品がいくつか取り上げられていて、俺たちは彼女の作品の虜になり、LC-Wideで新しい作品を撮って欲しいと頼んでみたら、了承してくれたんだ。ここでしか読めない彼女のインタビューと、素晴らしい写真を見て行ってよ!

  • パリ-横浜:離れた国で、踊るドラゴンを捕まえよう

    2014-04-25 #ライフスタイル umeshu の記事
    パリ-横浜:離れた国で、踊るドラゴンを捕まえよう

    Blackfairyと私は、遠距離で暮らしているけれど、一緒に写真を撮っているの。だいたいは、アナログ写真を通して、フランスと日本を比べているんだけどね。私たちの、初めてのプロジェクトは、パリと、横浜で開催された、中国の新年を祝うお祭りを比べたこと。

    1
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • フィルムを操る: 漂白剤、洗剤とネガを混ぜる

    2014-11-23 #gear #tipster neonlights の記事
    フィルムを操る: 漂白剤、洗剤とネガを混ぜる

    私はたくさんの物質、大抵の腐食剤でフィルムマニピュレーションの実験をしてきました。出来上がるイメージはとっても変わっていて、時にはそれがなんなのかわからない人もいるでしょう。写真は漂白剤と洗剤の粉を混ぜ合わせた実験の結果です。

  • 狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    2014-09-01 #gear #tipster blackfairy の記事
    狂気のアナログ科学者による35mmフィルムと化学薬品の新たな実験

    残念ながら、出来あがった写真が期待通りではない、というのは時々起こること。見てみると、素敵だと言える写真ではない。色使いもつまらなくて、被写体もありふれたもの……。確実に、年間最優秀写真にはならない!ここでは35mmフィルムのネガを修正することで、そういった写真たちにもう一度チャンスをあげたいと思っているの。この記事のアイディアを使って実験して、Lomography Smartphone Scannerを使ってネガをスキャンしてね。何でもやってみて。燃やしたり、引っかいたり、塩酸やバルサミコ酢、マニキュア液、漂白剤、ラズベリー果汁なんかを掛けたり。想像力を働かせて、新しいフィルムスープのレシピをメモしてね!この記事では、効果の例を見ることができるわ。

    1
  • 昔からの技術!写真'もどき'

    2014-07-07 #ライフスタイル chooolss の記事
    昔からの技術!写真'もどき'

    世間一般に知られているよりもずっと前から、写真加工の技術が存在したことをご存知ですか?最初の画像加工ソフトが発表されるよりもずっと前のことなんですよ。記憶にとどめておくに相応しい、そんな加工されたアナログ写真を何点かご紹介します!

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【スペシャルインタビュー】CAMPFIREチーフキュレーターによるPetzvalレビュー!

    2014-06-30 #レビュー choko3 の記事
    【スペシャルインタビュー】CAMPFIREチーフキュレーターによるPetzvalレビュー!

    昨年から今年にかけて、ロモグラフィーでは3つのプロジェクトをクラウドファンディングプラットフォーム『CAMPFIRE』 (キャンプファイヤー)で実施しました!今回、初めてのプロジェクトからずっと関わって頂いているキュレーターの出川さんにPetzvalレンズを試して頂きました。普段から写真を撮られている出川さんは、なんとロモグラファーでもあります!そんな出川さんが撮影した美しい写真をお楽しみください。

  • Sprocket Rocket: 私の夏にぴったりのカメラ!

    2014-06-15 #レビュー sirio174 の記事
    Sprocket Rocket: 私の夏にぴったりのカメラ!

    春の晴れた日のアウトドアライフや、もうすぐやってくる夏のシーズンを写真に残すために、ちょっと変わったカメラを探していませんか? でしたら、Sprocket Rocketを。楽しくて最高のカメラです!簡単に使えて、面白い写真をのこせますよ。

  • Lomo LC-Wideで撮影されたワイドな冬の写真

    2014-12-18 #ライフスタイル cheeo の記事
    Lomo LC-Wideで撮影されたワイドな冬の写真

    あなたのアナログ魂を燃え上がらせて、寒い冬でも暖かなアナログライフを!クールでシャープなワイドアングル写真を撮影するために、LC-Wideと共に寒〜い冬に立ち向かいましょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • カメラの夏: サニー16とは?

    2014-08-30 #gear #tipster dopa の記事
    カメラの夏: サニー16とは?

    アナログ写真家のみんななら、適切なシャッタースピードと絞りの組み合わせを決めるときの「サニー16」という法則について、すでに誰かから聞いたことがあると思う。でも、それって何なんだ? このまま読んでくれたら、僕が説明するよ。

  • ワイルドカラー X ワイドパノラマ!Horizonカメラで撮影したクロスプロセス写真

    2014-10-13 #ライフスタイル cheeo の記事
    ワイルドカラー X ワイドパノラマ!Horizonカメラで撮影したクロスプロセス写真

    アナログ写真の新しいテクニックや新しい組み合わせを学ぶことはとっても楽しいことですよね。まだ初心者のロモグラファーたちの参考になるように、今回はHorizonカメラとXproフィルムのコンビネーションで撮影された写真を紹介します!

  • フィルムに心奪われて:Lomography CN 100

    2014-06-17 #レビュー simonesavo の記事
    フィルムに心奪われて:Lomography CN 100

    明るい日は、それぞれの色を派手に誉め称えるフィルムが必要。Lomography Color Negative 100 は、あなたの写真にため息の出るような色と非常に優れたシャープさを与える、微粒子と派手なトーンをもっています!