ユーザーレビュー:hhjmと 初めてのBelair X 6-12 Jetsetter

2

僕がロモグラフィーのウェブサイトで初めて Belair X 6-12を見た時、Polaroid SX 70とLC-A+ Silver Lakeを思い出した。そして、そのデザインと古風な趣に恋に落ちていたことに気がついたんだ。

そう、ロモグラフィーの新作は Belair X 6-12 という名前で、Belair X 6-12 City Slicker、Belair X 6-12 Jetsetter、そして、Belair X 6-12 Globetrotterの三つのエディションがあるんだ。

さて、カメラの詳細を見てみよう。このカメラは中盤フィルムカメラ、それか120フィルムを使うから、120カメラと呼ばれているものだね。Belair X 6-12では、通常の6×9、正方形の6×6、そして、パノラマの6×12の三つのフォーマットで撮影することができるんだ。うーん、もう待てないよ!(実はパノラマカメラを買おうと考えていたんだ)それに、90mmと58mmのレンズがカメラと一緒に付いてくるのさ。もちろんその夜にオーダーして、つい数日前にやっと届いたんだ。

早速テストする時が来た。起き上って、カメラにLR44の電池を入れて、ちゃんと動くかどうか試してみたんだ。Belair X 6-12はLomo LC-A+のようにオート露出機能を備えている。アパーチャーはレンズの横にあって、ISOボタンは50~1600まである。このISOボタンでBモードにも設定できるから便利なんだ。

レンズに関して言えば、焦点距離もLomo LC-A+に似ていて、1m、1.5m、3m、そして、無限の4つがあるんだ。絞り値はf/8だと、光が少ない環境にも適していて、浅い被写界深度が必要。f/16だと、より光の多い環境にあっていて、深い被写界深度が必要。

さぁ、次はBelair X 6-12 Jetsetterにフィルムを装填!
僕は6×12フォーマットにして、フィルムは Lomo Redscale XR 50-200 、ISOは50に設定したよ(実際には選択したISOに合わせて自動でシステムが働くから、100でも200でもいいんだ)。

フィルムを入れた後は、選んだフォーマットの一つ目のフレームが表れるまで、レバーを反時計回りに回すんだ。6×12フォーマット(1ロールにつき6枚)だと、下の赤い窓をみて、”2” のところで止めよう。撮影してフィルムを勧める時は2、4、6、8、10、12の毎偶数を数えよう。多重露光もできるけど、撮影する前にISOを調整するのを忘れないように。
僕はHolga WPCとごちゃ混ぜにしちゃって、フィルムを間違った方向に巻いちゃったんだけど、幸運なことに写真はキレイにフルフレームで仕上がったんだ。

レンズは、ワイドでパノラマな写真が好きだから58mmを選んだよ。
さぁ、早速どう撮れたか見ていこう!

見てわかるとおり、6×12のワイドサイズなのにどの写真も端までくっきりとシャープに写ってるんだ。今回の結果にはとても満足しているよ。次は90mmレンズで6×6と6×9フォーマットのレビューを書こうかな。

小さな欠点を指摘するならば、巻き上げダイヤルが小さすぎて、僕にはフィルムを巻くことが難しかったことかな。DianaやSprocket Rocket位大きい方がいいな!

Belair マイクロサイトへ

2013-01-20 #gear #review #lomography #redscale-xr-50-200 #belair-x-6-12 hhjm の記事
翻訳 54070

2 Comment

  1. hhjm
    hhjm ·

    @54070..... Thanks for translate :)

  2. 54070
    54070 ·

    You're welcome :) Seems like you have already wrote another review for Belair, but too bad I can't read Thai...Need to wait till someone translate it into English~.

他の記事を読む

  • イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    2017-07-29 #people refallinsasaki の記事
    イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    8/5 (土)、8/6 (日) の真夏のデザインフェスタに出展予定のイラストレーター Banbu さん。今回はなんとロモグラフィーの Lomo'Instant Automat や撮影した写真にステキなイラストを描いていただきました!インタビューではイラストを描き始めたきっかけや、初めてのフィルムカメラ Simple Use Film Camera との出会いまで、さまざまなことを聞いてみました。豪華な読者プレゼントもあるので最後までお見逃しなく!

  • ISETAN CHRISTMAS LANDに Lomographyが出店しています!@伊勢丹新宿店

    2017-12-13 choko3 の記事
    ISETAN CHRISTMAS LANDに Lomographyが出店しています!@伊勢丹新宿店

    12/13(水)からISETAN新宿店では ISETAN CHRISTMAS LAND を開催。「大人も子供も一緒に楽しめる」プレゼントがいっぱいのイベントに、ロモグラフィーも出店しています!美しいデザインの積み木、家族で楽しめるボードゲームの進化した姿、最新テクノロジー玩具など、冬休みに家族で遊べるアイテムが盛りだくさん。クリスマス前に、家族や友達と遊びに行ってみてはいかが?

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    2018-02-21 olderndaze の記事
    Lomo'Instant Square 発売記念ワークショップ開催!@谷根千エリア

    Lomo'Instant Squareが発売され、大人気の正方形写真がついにLomographyのインスタントカメラでも楽しめるようになりました!直営店Lomography+では Lomo'Instant Squareの発売を記念して谷根千(谷中・根津・千駄木)エリアを散策して撮影を楽しむワークショップを開催いたします。フィルム・インスタントカメラが初めてでも全然OK!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • 【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    2017-12-31 choko3 の記事
    【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    12月21日(木)の夜に行われた『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』のオープニングレセプション。年末の忙しい時期に約100名もの方々に来場いただきました。ありがとうございました!写真を見ながらお喋りしたり、オーストリアのワインを飲んだり、8mm上映で盛りあがった良い時間でした。そんな楽しい夜の写真をお楽しみください!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    2017-09-08 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    フィルムを入れ替えられるロモグラフィーの Simple Use Film Camera 。便利ですよね。最初に装填されているフィルムは Color Negative ISO 400、Lady Grey B&W ISO 400、LomoChrome Purpleですが、その他のフィルムで撮影したらどう写るのか、ずっと疑問に思っていました。

  • 見たことのない写真を求めて:Dimitri Guedes

    2018-04-11 sragomo の記事
    見たことのない写真を求めて:Dimitri Guedes

    モントリオールを拠点として活動するフォトグラファーの Dimitri Guedes。彼が何からインスピレーションを得るのか、そしてどのように「平凡さ」を避けて作品作りをしているのか聞いてみました。

  • 《あと4日》ミステリープロダクト... ヒントその2

    2017-08-25 #ニュース
    《あと4日》ミステリープロダクト... ヒントその2

    ついに、あと4日で新しいロモグラフィーのプロジェクトがスタートします!そして今日、第二弾のヒントを発表します。答えがわかったら、ぜひコメント欄に書いてみてくださいね。第二弾のヒントはこちら!