LOMO LC-A+ Russia Lensでワイドに行こう!

LOMO LC-A+ Russia Lensは多才なカメラだ。ワイドアングルレンズがついているから撮る人の能力を最高に引き伸ばしてくれるし、素晴らしいロシア製レンズに、同じくらい素晴らしいワイドアングルレンズも搭載しているからね。


僕は LOMO LC-A+ Russia LensLomography X-Pro Slide 200 35mm を入れて、 ワイドアングルレンズ をつけてから、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに行ってきた。シンガポールで結構人気のある観光名所だよ。

すごくツイてたね。天気がとってもよかったから。(完璧だったね!) それから、めちゃくちゃ混んでいたな。


LOMO LC-A+ Russia Lensで写真を撮るのはすごく簡単だ――ファインダーを覗いて、狙って、撮る。

ワイドアングルレンズをつけると、撮りたいものをフレームに収めるのが少しだけ大変になったな。ワイドアングルのビューファインダーはホットシューに取りつけるんだけど、実際にどんな風に見えるかっていうのに慣れるのには少し練習が要る。って言っても、このビューファインダーはすっごく明るい。実際、一度慣れちゃえば、LC-Aのビューファインダーに頼りきることもできるよ。

ワイドアングルレンズはとっても広角で、狙ったものほぼ全てを取り込むんだ。僕なんか、自分のLC-A+にワイドアングルレンズをつけっぱなしにしていることもたまにあるよ。LC-Wを買うことも考えたけど、このカメラの本領は多才になれるところだからね。ワイドアングルレンズがついていても、ついていなくても。好奇心をそそるような写真が撮れるし、肖像写真にもレンズがいい働きをするよ。


LC-A+RLとワイドアングルレンズを買うのは賢い選択だったよ。僕の毎日の写真撮影に、純粋に楽しみをもたらしてくれた。雰囲気もスタイルも、僕のFUJIFILM X10にぴったりの相棒だね。

LOMO LC-A+ Russia Lens は、みんなにおなじみで愛されている特徴を全て備えていて、頼りになるロシア製レンズがついています。さらに、裏蓋を外すと Instant Back+ を取りつけられるようになりました。 LC-A+ RL でアナログの可能性を追及していきましょう!

2013-01-23 #レビュー benster の記事

他の記事を読む