ペイントで楽しもう!写真に色をつけよう

4

わたしは自分の写真をペイントするのが好きで、色んな技術を試してみたの。やり方は無限って言ってもいいと思う。でも、ここに載せる写真にペイントした感じにしたいっていう人のために、どうやって写真に芸術的で抽象的な雰囲気を出すかを教えるね。

必要なものはこれだけ

  • アクリル絵の具と(もしくは)水彩絵の具

このほかには、使ったフィルムケース、ものさし、CD用のペンなんかを使ってもいいと思うよ。色んな効果を出すために思いつくものならなんでも。

Credits: kekskonstrukt

1. カラースプラッシュ

アクリル絵の具は絵の具を散らしたいときにいいよ。ちょうどいい質感になるまで、絵の具を薄めたら、散らしてね!濃いほど不透明さが増すよ。色んな色を使いたいけど混ざるのは嫌っていう場合は、1つの色が乾くまで待ってから次の色に取りかかってね。

Credits: kekskonstrukt

2. 色の質

水彩絵の具か、すごく薄めたアクリル絵の具を使ってね。写真の表面はつるつるしているから、絵の具がにじむかもしれない。もし描いたのが気に入らなかったときは、絵の具がまだ乾いていなかったら拭くだけで取れるからね。

Credits: kekskonstrukt

3. 丸

絵の具がまだ乾かないうちに、空になったフィルムケースとかカップとか、そんな感じのものを置くとこんな丸を作ることができるの。好きなだけやってみてね。

Credits: kekskonstrukt

4. 線

丸と似たような感じで、ものさしを使うだけで、乾いていない絵の具に線を書くことができるの。くしみたいなものでも素敵な雰囲気が作り出せるよ。身の回りの物からアイディアを得て、色々と試してみてね。

Credits: kekskonstrukt

5. 文字を使って

何層か色をつけたからってそこでやめることはないのよ。CD用のペンを使えば、自分の作品に文字や文章を書きこむことができるからね。

ペイントを楽しんで!

2013-01-30 #gear #tutorials #tipster # # # # # kekskonstrukt の記事
翻訳 tea-tea

【25周年アニバーサリー限定エディション】Lomography生誕25周年記念として Lomo LC-Aシリーズのカメラが限定デザインで登場!ブラウンの本革に25周年アニバーサリーのロゴが入ったスペシャルなエディションです。オンラインショップまたは直営店Lomography+にて販売中。限定生産なのでお早めにどうぞ!

4 Comment

  1. ak74m
    ak74m ·

    CD用のペンのかわりに油性ペンじゃだめなんですかね?

  2. tea-tea
    tea-tea ·

    この記事を翻訳した者です。
    遅くなってしまいましたが、この記事を書かれた方に先ほど聞いてみましたので、お返事いただけたらまたここに書き込ませていただきますね^^

  3. tea-tea
    tea-tea ·

    遅くなりました。
    記事を書かれた方は油性ペンを使われたことはないそうですが、同じようにうまくいくのではないか、とのことです。
    参考になりますように^^

  4. ak74m
    ak74m ·

    @tea-tea さん、著者の方にご確認いただきまして、ありがとうございます。なるほど。今度トライしてみますね。

他の記事を読む

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    2018-02-19 1
  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    2017-02-27 #people #places charlie_cat の記事
    John Voulgarakisが写したアテネの街並み

    ギリシャのフォトグラファー・John Voulgarakisはきっと前世でも写真に関わっていたに違いありません。このインタビューで、彼はLC-Aに対する情熱とギリシャの危機が芸術シーンに及ぼす影響を語り、愛するアテネの街並みを案内してくれました。

    2017-02-27
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ロモグラファーによるクラシックなモノクロストリート写真

    2017-04-14 #tutorials lomographymagazine の記事
    ロモグラファーによるクラシックなモノクロストリート写真

    この春はどんな風景もクラシックでレトロな雰囲気に写してくれるモノクロフィルム挑戦してみませんか?ロモグラフィーのコミュニティーに寄せられた作品から、モノクロ写真のヒントを学んでみましょう!

    2017-04-14
  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people Lomography の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

    2017-05-27
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

    2017-05-30
  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

    2017-05-01
  • 日本のシュールレアリスム写真の先駆者:山本悍右

    2017-03-17 #culture #people lomographymagazine の記事
    日本のシュールレアリスム写真の先駆者:山本悍右

    写真館を営んでいた父親の想いを引き継ぎながらも、山本悍右は全く異なる道で日本の写真界を導く存在となりました。こちらでは彼の芸術思想と作品の魅力に迫ります。

    2017-03-17
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

    2017-05-25
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    2017-03-16 #ニュース lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth:ミューズとしての女性の身体

    性的対象として見られがちな女性の身体については多くの議論があります。それは実際のところ何を意味し、どのような影響を及ぼしているのでしょうか。ここでは、女性を写した写真とともにその真髄に迫ります。

    2017-03-16