Belair X 6-12 撮影のヒントとテクニック

2013-02-03

Lomographyが送り出した新商品Belair X 6-12はまるで宝石みたいだよ!
そいつを使って実験的に撮影してみたよ。
やっぱりいつもより特別な気持ちになるね。

Belair って好きにならずには入れないカメラだよね。ついつい散歩に連れていきたくなっちゃうよ。簡単に使える手軽さがあるくせに、機能はプロレベルだもんね。

まずは僕が一番気に入ってるところが紹介させてもらうね。
それは6×12のフレームが使えるってところなんだ。
それに58mmのワイドレンズをつけると、すばらしい作品ができちゃうよ。

このカメラは、気軽に撮れるようにデザインされているけど、同時に専門的な技術や知識があるともっと楽しめるようにも作られているんだ。
その他のアドバンテージとしては、このカメラのユニークなライトメーターだろうね。このライトメーターはBelairの大先輩にあたる Lomo LC-A を参考にして作られてるんだよ。ということは、好みの被写界深度(ボケ)を設定するのに、F値だけ決めればいいってことなんだ。
僕のオススメはF16だね。
このF値で、カメラから2mくらいの距離にいる1〜2人くらいのポートレートを撮ると被写界深度が深く(よりボケが出て)、しかもよりシャープな写りになるんだ。
もし風景を撮りたいのなら、F8を使うといいだろうね。自動シャッターだから、勝手にシャッター速度は早くなってくれる。Belairはライトメーターが組み込まれているから、F8とF16の二つの絞りから、かってに露光時間を計算するように出来てるんだ。

写真を撮るまでのオススメの手順を紹介するね。

①被写体に応じて、F値を決める。
②距離を決める。それぞれのレンズで4段階に決めれるよ。
③Belairにセットしたレンズとビューファインダーが対応してるかチェック。
④フィルムとISOダイアルがきちんとされているかチェック。
⑤蛇腹を広げて、レンズに蓋がされてないように注意しよう。
⑥電池はちゃんと入れてあるかな?フィルムを入れる前に、シャッターがきちんと動くかも確かめよう。
⑦もし電池を忘れちゃったり、切れちゃったりしても、大丈夫。落ち着いて。Belairは電池がない場合は1/125のシャッター速度になるようになってるんだ。ということは、晴れの日であれば、そのまま撮影できちゃうってことだね。
⑧3つあるフィルムフォーマットの中から、好きなものを選ぼう。
マニュアルを読んで、それぞれどんな特徴があるか調べてみようね。

あとは簡単だよ。
ビューファインダーをしっかり覗いてBelairをちゃんと構えよう。これだけは言っておかないといけないけど、Belairは軽量なカメラだよ。シャッターレバーはレンズの近くにある。だから、しっかり両手で構えよう。しっかりカメラを持ったなら、脇をしめるんだ。そうすると自分の体が三脚になったみたいに安定するよ。そうすれば、写真がブレずしっかりとしたのが撮れるよ。

もう一つ、ビューファインダーから覗いているときは、真ん中を見るようにしよう。あまり、横を見すぎないように。ビューファインダーから見えるものが、写真に写るものだからね。
Belairは一眼レフとはちがう。だから接写する時は、歪みがでないように少しだけフレームを上に傾けるといいんじゃないかな。

室内みたいな、薄暗い場所で撮影するときは、露光時間のことも考えないといけないよ。つまり、シャッターを押して、二回目のクリック音が聞こえるまで、離さないようにってことだ。もしシャッターを離すのがはやいと、写真も暗くなっちゃうよ。
こういう場合は本当に注意しないとね。でも、三脚を使えばいつでも100%のクリアな写真が撮れるからご安心を。

Belairのユニバーサルシューにフラッシュを付けたら、シャッターを離した瞬間に自動的にフラッシュが光るようになるよ。撮りたい景色に十分な明るさがないなら、Bモード(バルブモード)を使うことで、長時間露光ができるから、必要なだけシャッターを開いておくこともできるね。

その場合、もし三脚をもっていなかったら、ほぼ間違いなく写真はぼやけちゃうだろうね。
ほとんどのロモカメラと同じように、このBelairでも多重露光が可能だ。
僕が特にお気に入りのポイントだね。
僕はいつも、BelairといっしょにLEDのフラッシュライトを持っていくんだ。そうすれば、今何枚目なのか確認しやすくなるからね。カメラの後ろの窓にある、フレームを確認するための窓は、赤いフィルターがかかってて、薄暗くなっちゃうと見えにくくなっちゃうからさ。

レンズを付け替えるのはすごく簡単だよ。そうだ、カメラを使わないときには、ビューファインダーを取り外しておこう。壊れちゃうかもしれないからさ。これは僕もいつも気を付けてるよ。

ライトメーターを指なんかで隠しちゃえば、面白いこともできるよ。
隠す事で、露光時間がのびるよね。ちょっと暗い時や逆光のときにやってみると、面白い写真になると思うよ。

さて、もうお分かりだとおもうけど、このカメラの操作はすごくシンプルだ。この軽いカメラを取り扱うときに、一番重要なことは断固たる決意で構えること。もちろん両手でね!そして、すばらしくシャープな写真を撮りたければ被写体までの正確な距離を測ることだね。レンズのもつクオリティーは素晴らしいし、自分なりの撮影手順を考えて、実行すれば、ハッピーでグッドなロモグラファーになれること間違いなし!

ベストな瞬間を逃さないように、いつもお供させてあげてね。

質問があれば、いつでも聞いてくれていいよ。
pasquale@lomography.es

それじゃ。

Good luck and congratulations for your new Belair X 6-12!

Pasquale Caprile.

2013-02-03 #gear #review #belair #gran-formato #experimentar #trucos-con-belair #tecnica-con-belair pasqualecaprile の記事
翻訳 keni

他の記事を読む

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

    2017-06-07
  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • 6/12(月) Neptune Convertible Art Lens System 撮影会にご招待!@ Arts Chiyoda 3331

    2017-05-29 refallinsasaki の記事
    6/12(月) Neptune Convertible Art Lens System 撮影会にご招待!@ Arts Chiyoda 3331

    現在クラウドファンディングプロジェクト実施中の Neptune Convertible Art Lens System の撮影会が 6月12日(月) Arts Chiyoda 3331にて開催決定!撮影会ではその他の Lomography Art Lensもお試しいただけます。コンパクトな Neptune Lensを、ぜひ実際に触って体感してみてください!撮影会の模様は Lomography Japan Instagramアカウント にて中継予定です!

    2017-05-29
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials lomographymagazine の記事
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

    2017-08-27
  • 《12/16 & 17》Laforet Market Vol.2で Lomographyの特設フォトブースが体験できる!

    2017-12-08 #ニュース choko3 の記事
    《12/16 & 17》Laforet Market Vol.2で Lomographyの特設フォトブースが体験できる!

    今年9月にスタートした『Laforet Market』の第2弾が 12/16(土)・17(日) の2日間、ラフォーレミュージアム原宿にて開催決定!前回大好評だったロモグラフィーのフォトブース Lomo'Instant Photo Automat を今回も体験することができます!会場内のお店で素敵なプレゼントを見つけて、フォトブースで撮影した写真をクリスマスカードにして贈ってみてはいかが?

  • New Russar+ Lens で大迫力のストリート写真に挑戦しよう!

    2017-03-29 cheeo の記事
    New Russar+ Lens で大迫力のストリート写真に挑戦しよう!

    街中で撮影していると色々な景色との出会いがあります。建物のラインも歪みなくまっすぐに切り取る、ストリートショットにぴったりな New Russar+ のウルトラワイドアングルレンズからダイナミックな世界を覗いてみませんか?

    2017-03-29
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    2017-03-07 #people lomographysoholondon の記事
    David Scard:Diana F+で写すプリピチャ、チェルノブイリ

    熱心なフォトグラファーでありアナログ愛好家であるDavid Scardは、プリピチャ、チェルノブイリへの旅行にDiana F+を連れていきました。Davidは悲惨な歴史によって有名な街を、美しくも忘れがたい風景に収めました。その貴重な体験について伺ったインタビューとともにご覧ください!

    2017-03-07
  • [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    2017-01-27 #people #ビデオ choko3 の記事
    [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーの Kenさん。日々数々のポートレート写真を撮影している彼に、今回はロモグラフィーのPetzval 58 Bokeh Controlで撮影して頂きました!スタイリッシュなポートレートとPetzval 58が生み出すボケのコンビネーションを、作品作りに対する想いを語っていただいたインタビューとともにお楽しみください。

    2017-01-27
  • Neptune Lens撮影会の模様を現場からレポート!

    2017-06-13 refallinsasaki の記事
    Neptune Lens撮影会の模様を現場からレポート!

    Neptune Convertible Art Lens System を商品化するプロジェクトもついに本日 6/13(火) 23:59までとなりました。皆様のご支援のおかげで支援額750万円を突破しました!そして、昨日 6/12(月) に行われた Neptune Lens撮影会 の様子をレポートいたします!

    2017-06-13
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

    2017-07-03
  • ISETAN CHRISTMAS LANDに Lomographyが出店しています!@伊勢丹新宿店

    2017-12-13 choko3 の記事
    ISETAN CHRISTMAS LANDに Lomographyが出店しています!@伊勢丹新宿店

    12/13(水)からISETAN新宿店では ISETAN CHRISTMAS LAND を開催。「大人も子供も一緒に楽しめる」プレゼントがいっぱいのイベントに、ロモグラフィーも出店しています!美しいデザインの積み木、家族で楽しめるボードゲームの進化した姿、最新テクノロジー玩具など、冬休みに家族で遊べるアイテムが盛りだくさん。クリスマス前に、家族や友達と遊びに行ってみてはいかが?

  • ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    2017-07-13 #culture lomographymagazine の記事
    ロモグラフィックな色を見つけよう:赤

    街で偶然見つけた赤だったり、もしくは自分で赤く染めてみたり。注目を集める赤を上手く使って、印象的な写真を撮影してみましょう。