Belair X 6-12 撮影のヒントとテクニック

Lomographyが送り出した新商品Belair X 6-12はまるで宝石みたいだよ! そいつを使って実験的に撮影してみたよ。 やっぱりいつもより特別な気持ちになるね。

Belair って好きにならずには入れないカメラだよね。ついつい散歩に連れていきたくなっちゃうよ。簡単に使える手軽さがあるくせに、機能はプロレベルだもんね。

まずは僕が一番気に入ってるところが紹介させてもらうね。
それは6×12のフレームが使えるってところなんだ。
それに58mmのワイドレンズをつけると、すばらしい作品ができちゃうよ。

このカメラは、気軽に撮れるようにデザインされているけど、同時に専門的な技術や知識があるともっと楽しめるようにも作られているんだ。
その他のアドバンテージとしては、このカメラのユニークなライトメーターだろうね。このライトメーターはBelairの大先輩にあたる Lomo LC-A を参考にして作られてるんだよ。ということは、好みの被写界深度(ボケ)を設定するのに、F値だけ決めればいいってことなんだ。
僕のオススメはF16だね。
このF値で、カメラから2mくらいの距離にいる1〜2人くらいのポートレートを撮ると被写界深度が深く(よりボケが出て)、しかもよりシャープな写りになるんだ。
もし風景を撮りたいのなら、F8を使うといいだろうね。自動シャッターだから、勝手にシャッター速度は早くなってくれる。Belairはライトメーターが組み込まれているから、F8とF16の二つの絞りから、かってに露光時間を計算するように出来てるんだ。

写真を撮るまでのオススメの手順を紹介するね。

①被写体に応じて、F値を決める。
②距離を決める。それぞれのレンズで4段階に決めれるよ。
③Belairにセットしたレンズとビューファインダーが対応してるかチェック。
④フィルムとISOダイアルがきちんとされているかチェック。
⑤蛇腹を広げて、レンズに蓋がされてないように注意しよう。
⑥電池はちゃんと入れてあるかな?フィルムを入れる前に、シャッターがきちんと動くかも確かめよう。
⑦もし電池を忘れちゃったり、切れちゃったりしても、大丈夫。落ち着いて。Belairは電池がない場合は1/125のシャッター速度になるようになってるんだ。ということは、晴れの日であれば、そのまま撮影できちゃうってことだね。
⑧3つあるフィルムフォーマットの中から、好きなものを選ぼう。
マニュアルを読んで、それぞれどんな特徴があるか調べてみようね。

あとは簡単だよ。
ビューファインダーをしっかり覗いてBelairをちゃんと構えよう。これだけは言っておかないといけないけど、Belairは軽量なカメラだよ。シャッターレバーはレンズの近くにある。だから、しっかり両手で構えよう。しっかりカメラを持ったなら、脇をしめるんだ。そうすると自分の体が三脚になったみたいに安定するよ。そうすれば、写真がブレずしっかりとしたのが撮れるよ。

もう一つ、ビューファインダーから覗いているときは、真ん中を見るようにしよう。あまり、横を見すぎないように。ビューファインダーから見えるものが、写真に写るものだからね。
Belairは一眼レフとはちがう。だから接写する時は、歪みがでないように少しだけフレームを上に傾けるといいんじゃないかな。

室内みたいな、薄暗い場所で撮影するときは、露光時間のことも考えないといけないよ。つまり、シャッターを押して、二回目のクリック音が聞こえるまで、離さないようにってことだ。もしシャッターを離すのがはやいと、写真も暗くなっちゃうよ。
こういう場合は本当に注意しないとね。でも、三脚を使えばいつでも100%のクリアな写真が撮れるからご安心を。

Belairのユニバーサルシューにフラッシュを付けたら、シャッターを離した瞬間に自動的にフラッシュが光るようになるよ。撮りたい景色に十分な明るさがないなら、Bモード(バルブモード)を使うことで、長時間露光ができるから、必要なだけシャッターを開いておくこともできるね。

その場合、もし三脚をもっていなかったら、ほぼ間違いなく写真はぼやけちゃうだろうね。
ほとんどのロモカメラと同じように、このBelairでも多重露光が可能だ。
僕が特にお気に入りのポイントだね。
僕はいつも、BelairといっしょにLEDのフラッシュライトを持っていくんだ。そうすれば、今何枚目なのか確認しやすくなるからね。カメラの後ろの窓にある、フレームを確認するための窓は、赤いフィルターがかかってて、薄暗くなっちゃうと見えにくくなっちゃうからさ。

レンズを付け替えるのはすごく簡単だよ。そうだ、カメラを使わないときには、ビューファインダーを取り外しておこう。壊れちゃうかもしれないからさ。これは僕もいつも気を付けてるよ。

ライトメーターを指なんかで隠しちゃえば、面白いこともできるよ。
隠す事で、露光時間がのびるよね。ちょっと暗い時や逆光のときにやってみると、面白い写真になると思うよ。

さて、もうお分かりだとおもうけど、このカメラの操作はすごくシンプルだ。この軽いカメラを取り扱うときに、一番重要なことは断固たる決意で構えること。もちろん両手でね!そして、すばらしくシャープな写真を撮りたければ被写体までの正確な距離を測ることだね。レンズのもつクオリティーは素晴らしいし、自分なりの撮影手順を考えて、実行すれば、ハッピーでグッドなロモグラファーになれること間違いなし!

ベストな瞬間を逃さないように、いつもお供させてあげてね。

質問があれば、いつでも聞いてくれていいよ。
pasquale@lomography.es

それじゃ。

Good luck and congratulations for your new Belair X 6-12!

Pasquale Caprile.

2013-02-03 #レビュー #gran-formato #tecnica-con-belair #experimentar #belair #trucos-con-belair pasqualecaprile の記事
translated by keni

他の記事を読む

  • Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    2015-02-19 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant写真に化学薬品で細工をしよう

    もしかしたら既に君はライトペインティング、多重露光、長時間露光をLomo’Instantで試しているかもしれないね。でも、次はどんな実験ができると思う?そう、だから今回この情報を載せようと思ったんだ。Lomo’Instantで僕のお気に入りのインスタントカメラで作るような写真みたいに、新たな可能性を見出すテクニックを使ってみたり、いつものやり方で撮ってみて、ちょっとごちゃごちゃした写真にしてみたかったんだ。それじゃあ、行ってみよう!

  • Lomo’Instant 僕のテクニック

    2014-11-13 #gear #tipster tomas_bates の記事
    Lomo’Instant 僕のテクニック

    今年クラウドファンディングでLomo’Instantプロジェクトを支援して、先週ついに僕のところにLomo'Instantが届いたんだ!様々な機能が僕を自然と実験的な撮影に導いてくれて、違ういろのカラーフィルターを使って多重露光をしたり、フィルムを排出した後にできるクリエイティブなテクニックを試したりしているよ。僕が発明したテクニックと、今度試したいと思っているテクニックをこの記事で紹介するね!

  • Michael Fiukowskiのペッツバール美学

    2015-08-27 #people #Lomoamigos zonderbar の記事
    Michael Fiukowskiのペッツバール美学

    Michael Fiukowskiにとって、New Petzval 85 Art Lensでの撮影は哲学がある。マニュアルフォーカスが彼をより実験的な撮影に導き、ポートレイト撮影で被写体をクリエイティブに配置する方法を確立し、美しいぐるぐるぼけを優雅に操っている。この記事では、彼がこのレンズに魅了されている理由について伺った。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    2015-03-21 #gear #ニュース shhquiet の記事
    Belair X 6-12 Gallery:6x6フォーマットで撮影された18枚の写真

    Belair X 6-12を一台手に入れると、まるでカメラを2台も3台も手に入れたかのように感じれます。中判カメラですが、インスタント写真の撮影が可能になる裏蓋も別途販売しています。そして120フィルムでも3種類のフォーマットで撮影できるのがBelair X 6-12の強み。用途に合わせてフォーマットを変えれるので便利です。この記事ではクラシックな6x6フォーマットで撮影された素晴らしい写真の数々をご紹介します。Enjoy!

    1
  • フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    2015-01-20 #gear #tipster mikekumagai の記事
    フィルムの実験:闇の中で、本物のアナログ実験を

    薬品をかけたり、燃やしたり、ネガにひっかき傷をつけることは、フィルムで実験する数少ない方法です。しかし、完璧にフィルムを壊してしまう(もしあなたがラッキーなら何かびっくりしちゃうものを生み出す)別の方法があります。それは文字通り、夜に居酒屋から千鳥足で家へ帰る酔っぱらった人とおなじくらいばかなものです。 そして、全ては闇に包まれるのです。

  • ワイルドカラー X ワイドパノラマ!Horizonカメラで撮影したクロスプロセス写真

    2014-10-13 #ライフスタイル cheeo の記事
    ワイルドカラー X ワイドパノラマ!Horizonカメラで撮影したクロスプロセス写真

    アナログ写真の新しいテクニックや新しい組み合わせを学ぶことはとっても楽しいことですよね。まだ初心者のロモグラファーたちの参考になるように、今回はHorizonカメラとXproフィルムのコンビネーションで撮影された写真を紹介します!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Belair X 6-12 Gallery:6x12フォーマットで撮影された18枚のセンセーショナルな写真

    2015-03-20 #gear shhquiet の記事
    Belair X 6-12 Gallery:6x12フォーマットで撮影された18枚のセンセーショナルな写真

    Belair X 6-12は6x6の正方形の写真を写し出す中判カメラだと思っていませんか?実はBelairは6x12などのフォーマットでも撮影できます。6x12で撮るとどんな写真が撮影出来るのか、18枚の写真でお見せします!

  • LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    2015-05-13 #gear #ニュース pripri2000 の記事
    LC-A 120でスクエアスナップを撮影しよう!

    いつでも、どこでもあなたの世界を切り取って色鮮やかなワイドアングル写真に残そう!LC-A 120は豊富なISO設定、多重露光用MXスイッチなど、実験的な写真を楽しめる機能を搭載し、あなたのアドベンチャーをサポートします。LC-Aのように手軽に素早く簡単に撮影が出来て、中判カメラながらコンパクトサイズで毎日持ち歩きたくなるカメラです。120フィルムを使ったことがないから不安?心配はいりません!120フィルムは種類も豊富で、何より35mmフィルムより高解像度なのでより美しく仕上がります!百問は一見にしかず。LC-A 120のちょっとしたギャラリーをご用意したのでご覧下さい。

  • Petzval Amigo: Phillip Hotson

    2015-03-25 #people #Lomoamigos hannah_brown の記事
    Petzval Amigo: Phillip Hotson

    写真家のPhillip HotsonはPetzvalレンズで実験的な撮影を行ってきました。彼のpetzval写真をTwitterで見つけ、その作品の素晴らしさに感銘を受け、こうしてPetzval Amigosとして紹介することになりました。

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    2015-06-03 #world #ロケーション Jill Tan Radovan の記事
    楽園で過ごした4年間: 仏領ポリネシアでの暮らしで学んだこと

    旅する人が求めて止まないのは、普段出来ないような特別な体験ですが、誰もが生涯に一度といった冒険と巡り合う訳ではありません。チャンスが訪れた時、Stephane Heinzさん (ロモグラフィー・コミュニティーではvicunaの名でよく知られていますね) はこれを逃さず、フランスのホームタウンから遠く離れた地への旅と、そこでの生活を見事掴み取る事が出来ました。妻のKathiさんと揃って帰国した彼の手にする旅行鞄は、貴重な経験と、人生の教訓でいっぱいでした。今回のトラベルキャンペーンの場を利用して、彼の4年に亘る仏領ポリネシアでの冒険についてvicunaに語ってもらいましょう。

    2
  • レビュー: Lomo'Instantとレンズセットを使ってみて

    2015-07-14 #people #レビュー kotpa の記事
    レビュー: Lomo'Instantとレンズセットを使ってみて

    Lomo’Instantとレンズセットを使ってみました。レンズは、魚眼、ポートレート、クローズアップの三種類でしたが、その中でも魚眼レンズに惹かれて、ほとんど魚眼レンズを付けっぱなしでいました。また、Lomographyのインスタントカメラなので、ロモのフィルムカメラでのテクニックを試してみています。はじめてやってみる実験のため、失敗も多かったですが、すごく楽しかったです!

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #tipster gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!