基礎を当てはめよう Belair X 6-12

2013-02-16

Belairは間違いなくLomographyが開発した中で1番使いやすいカメラの1つだ。初心者でも、Belairを使えばとっても素敵な写真を撮れる。ちょっとしたコツさえ知っていれば、Belairで素晴らしい写真が撮れるよ。

晴れた日にISO400のフィルムを使って、絞り値は高めにF16にすると、ほら。とってもシャープな写真だよ!

僕はとってもシャープな写真が撮れたから、おめでとうっていうコメントを1つか2つもらった。それから写真がぼやけないようにするのに苦労しているって人の話も聞いた。ここでは写真がぼやけなくなる方法を教えるからね。

Belairを使うためには、距離をうまく判断できることが必要だ。成功への鍵は、マニュアルにあるレンズのグラフを理解すること。理解するのはとっても簡単――被写界の奥行きを出すのにベストな設定が分かるようになっているだけなんだ――それからもしかしたら、自分がどれくらい間違っているのか分かるかもしれない。1番下の線はレンズの距離設定を示している。上の短くなっている線は許容範囲を示していて、この線の範囲内ならちゃんと焦点の合った写真が撮れるよ。

クロスプロセスの時間だ。ISO200でシャッタースピードを速くすれば、色が飛ぶことが少なくなる。

この 記事 では、被写界の奥行きについて話しているよ。よかったら、戻って見てみてね。

Credits: adam_g2000

風景の奥行きについて理解したら、この図を見れば90mmのレンズのほうが かなりいい ってことが分かるかな。F16にすれば、シャープな写真が撮れる可能性がぐっと上がる。距離のことも考えながら、絞りはF8よりもF16に設定したほうが成功する可能性はかなり高いんだ。

屋内で念のためにF8で撮ると、シャープさがなくなり始める。

あの記事ではF値が低いほどいい肖像写真が撮れるって書いたと思うんだけど、Belairではそんなに簡単にはいかない。一眼レフほど正確に焦点を合わせることはできないんだ。距離を測ったり、クリップ式のレンジファインダーを買ったり、僕がオススメしたことをよかったらやってみてね。

Belairの好きなところ?僕の持っている中で、唯一オート露光モードがついている中判カメラだってことかな。フィルムへちょうどよく露光するのに必要な時間だけシャッターが開いているからね。 sunny 16 も露出計も必要ないし、イライラすることだってないよ!「ただ撮る」だけでいいんだ。

ほかにもあるかな?

シャッタースピードを選ぶことができないっていうことは、常にF16で撮りたいなら フィルムのISOとスピードを理解 していなきゃいけない。マニュアルにあるような、晴れの日はISO100を使いましょうっていうアドバイスと違って、僕はISO400を使うことにしているからね。そうすればいつでもF16で撮れるし、(ほとんどの場合ね。すごく光が少ない場所なら、F8まで絞りを開くこともある)シャッタースピードが速くなるからブレもなくなる。ビーチに行くのにぴったりの天気のときなんかは、ISO100までいくかもしれないけど。

晴れているけど暗い日にISO100、F8、90mmレンズで撮ると、シャープさが全然なくなる?フォーカスが悪かったか、シャッタースピードが遅かったか分からないけど。

でも僕の言葉をそのまま信じるんじゃなくて、自分で色々試してみてね。僕の住んでいる国は天気がとっても変わりやすいから、万が一にも対応できなきゃいけないんだ。

地元の素晴らしい写真。

Belairに関してはこれぐらいかな。写真の科学に詳しい人とっても素敵なカメラだし、写真を始めたばかりの人にとってもいいカメラだと思うよ。

知識を増やすためには、*錯乱円* を調べてみるといいかもしれない。完璧主義者にとっては変なトピックかもしれないけど、被写界の奥行きについて学ぶには大切なことなんだ。

Belair X 6-12商品ページへ

2013-02-16 #gear #tutorials #belair # # # # # #asa #din # #tipster #iso # # adam_g2000 の記事
翻訳 tea-tea

他の記事を読む

  • LC-Aを愛用しているのは…あの人、あの人、そしてあなた!

    2016-06-29 ciaoannacotta の記事
    LC-Aを愛用しているのは…あの人、あの人、そしてあなた!

    「フィルム写真、何で好きなの?」に対して「●●だから!」とすぐ答えられる人もいれば、「なんとなく(なんだよなぁ)」と少し悩む方もいらっしゃると思います。ここロモグラフィーはフィルム愛で溢れています。中でもLC-A+やLC-Wideを愛用している方は日常的にフィルムで写真を撮っている方がほとんど。いままでロモグラフィージャパンが出会ったLC-Aラヴァ―の方を、今日は一挙にご紹介!またあなたが街で見かけたLC-A話があれば、ぜひコメント欄に投稿してください♪

    2016-06-29
  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

    2016-02-19
  • Petzvalと接写レンズでマクロ撮影に挑戦!

    2015-11-25 #gear #tutorials masaka の記事
    Petzvalと接写レンズでマクロ撮影に挑戦!

    Lomography Petzval Art レンズの最短撮影距離は1m。人物のポートレートにはピッタリな距離だけど、小さな被写体にもっと近付いて撮影してみたくならない?接写レンズを使えば出来るんです!

    2015-11-25
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26
  • モノクロ写真に学ぼう: モノクロの魅力とは?

    2016-09-14 Ciel Hernandez の記事
    モノクロ写真に学ぼう: モノクロの魅力とは?

    モノクロ写真のいいところは、ただクラシックでかっこよく見えるだけではありません!実はモノクロ写真は、撮影技術にもいい影響を与えてくれるって知っていましたか?

  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

    2015-09-30
  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

    2016-03-17
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

    2015-11-05
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #ニュース #gear Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。

    2015-10-13
  • ■□■□■□6月6日は6×6の日!LC-A 120で撮られた36枚の6×6写真■□■□■□

    2016-06-06 #gear #ニュース ciaoannacotta の記事
    ■□■□■□6月6日は6×6の日!LC-A 120で撮られた36枚の6×6写真■□■□■□

    大人気Instagramでも主流の正方形の写真。なぜ6×6の写真は魅力的なのでしょうか?LC-A 120で撮られた写真36枚を見れば、その理由が見えてくる!

    2016-06-06