長時間露光のコツとライトペインティング

長時間露光とライトペインティングは簡単で、楽しめる手法の一つ。コツとトリックを覚えることで、みんな上手にできるようになるよ。

今日は僕が長時間露光のコツを紹介するよ:

Credits: suizidekid

長時間露光撮影 には何が必要か?

1) 三脚
2) ケーブルリリース
3) 低ISOフィルム
4) 暗さ

長時間露光で最も大切なことはカメラを安定させること。そのためには三脚が必要だね。もし、三脚を持っていないけど、長時間露光に挑戦した時は、平らな所において、シャッターを押す時でもカメラを動かさないようにするんだ。シャープな仕上がりにしたい時は、ケーブルリリースも使うことを強くお勧めするよ。あなたの手がよほど安定していない限り、シャッターを押したときにぶれてしまう可能性があるんだ。

三脚を使っているので、良いクオリティの写真にするために、ISOの低いフィルムを使うべきだよ。例えば、ISO400辺りを使うと、写真が少し粗くなってしまうんだ。

どんなカメラを使えばいいか?そんなに大きな問題じゃないね。僕は高価なMamiya 645でも安価なLa Sardinaでも、長時間露光撮影したことがあるよ。自分の使い慣れたカメラを使うといいよ。もちろん今言ったコツに気をつけながら。

じゃあ、次は長時間露光撮影で得られる、エフェクトについて話そう。

1) まだ押したまま。 いつまでシャッターを押していればいいかっていうのは、被写体や明るさ次第で大きく変わってしまうから、この時間にすればいいっていうのは一概には言えないんだ。ライトメーターやオート露光機能がない場合は、違う時間設定で何回か撮影するといいよ。そうすると、何となくコツが掴めてくるから。

Credits: suizidekid

2) 動きを狙って。 露光時間が長ければ長いほど、写真に動きが刻まれていくんだ。時間設定を変えて撮影すると、違った動きを残せるよ。

Credits: suizidekid

3) ライトペインティング。 まず、ペイントするためのものが必要。光るものであれば、懐中電灯でもライトスティックでもオッケー。ただ、僕はサイズの違うLEDライトを二つくらい用意することをお勧めするよ。カラーバリエーションを増やすには、欲しい色のビニール袋を切って、輪ゴムでとめるんだ。そうしたら、簡単に他の色に変えられるでしょ?

ライトペインティングに関しては弟の@rar01がコツを紹介するよ。

やあ、みんな!ライトペインティングはもちろん、大体計画性がなくて、とりあえず試してみるしかないんだ。それでも、ライトペインティングに新しく挑戦しようとしている人のために、少しでも簡単になるように、コツとトリックを紹介するよ。

ライトペインティング最大のチャレンジは、どこがフレームの端だとか、どこまで書いたとかが分かるような、あてにするものが何もない空間に描くっていうことだね。

多分一番簡単なのは、持っているライトで、人や物をなぞることかな。物も、(頼めば)モデルも動かないから、どこから始めて、どこまで書いたかが分かりやすいんだ。一つ覚えておくことは、写真は二次元だってこと。だから、フレームにさえ入れば、どんなものでも描けるのさ。物の場所やモデルのポーズを考えるときにも重要なんだ。カメラから見える方向に向けて、分かりやすくしなければいけない。

Credits: suizidekid

ちょっと難しくなるけど、大きなステップアップは、被写体の物やモデルに絵を加えること。シャッターを押して、ライトをつけて、絵を描きだすんだ。ここではもっと即興的だよ。でも始めるとしたら、例えば、モデルの鼻のすぐ下に格好いいひげを付け加えてごらん。線を終わらせることを忘れずに。写真に二つ以上の物を書きたい時は、繰り返しになるけど、二次元だってことを頭に入れておいてね。線が重なりすぎてしまったら、何を書いたのか分からなくなってしまうから気を付けて。それと、違う色を多く重ねすぎると、現像したら白くなってしまうことがあるよ。

Credits: suizidekid

おそらく、一番難しいことは、何もない空間に描くことだね。どこから書き始めたか覚えておく唯一の方法は自分の体。空いている手を使って(右利きなら左手、左利きなら右手)、書き出した時の線や端をマークしておくんだ。描いているときに体が動いてしまうかもしれない。それでも、大まかな位置が分かるでしょ?

二つ目のトリックは、覚えやすいところから書き出すんだ。例えば、まっすぐ立っている時の肩の前とか。足を動かしさえしなければ、場所を覚えておいて、そこに戻ることは問題なくできると思うんだ。この二つのテクニックを使えば、何か書いて、途中で追加することが簡単になると思うんだ。丸い顔を描いて、中にスマイリーを描くことだってできるはず。残りは、実験して、やり方に慣れて、楽しむこと!この記事が、始めたばかりの人の参考になればいいな。

Credits: suizidekid

関連記事
夜の世界を幻想的に写し取る
ライトペインティング:暗闇で踊る
ライトペインティングをする際にさけること

2013-02-03 #gear #tutorials #art #night #cable-release #tripod #light #long-exposure #light-painting #tipster #flash #night-shooting #flashlight suizidekid の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • 超長時間露光のためのカメラ、"Solarcan"とは⁉

    2017-04-27 #gear #ニュース
    超長時間露光のためのカメラ、"Solarcan"とは⁉

    さぁ、皆さん、これがなんだかわかりますか?ジュースの缶?カラースプレー?いいえ、これは太陽光の下で長時間露光ができる、初めての大量生産型フィルムカメラなのです!!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    2018-01-12 hodachrome の記事
    山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    多重露光による様々な幻想世界を魅せる山本穂高氏 ( @hodachrome )による写真展のご案内です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない四季折々の群像劇をぜひご堪能ください。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:笑顔をポケットに。

    2017-05-09
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:笑顔をポケットに。

    【ついに一般発売開始!】人生で一番特別な人との特別な時間を思い出に残そう!Lomo'Instant Automat Glassなら大切な瞬間を当時の空気まで蘇るような鮮明な描写でいつまでも残してくれます。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    2017-06-26 #gear #tutorials
    Fisheye No. 2と一緒に魚の視点で夏を楽しもう!

    この夏は魚になって今までに見たことのない世界を探検しよう!魚眼レンズを通してみるとすべてが違って見えてしまいます。Fisheye No. 2でクリエイティブで世界をまあるく切り取って実験的な写真撮影を楽しみましょう。

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    2018-01-30 #tutorials
    スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    スクエアフレームで絵画のようなショットを撮るコツは、被写体以外の余計なものを徹底的に排除すること。色や被写体だけに集中して、ミニマルな1枚を撮影してみましょう。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

  • 多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    2018-03-15 hodachrome の記事
    多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    多重露光アーティスト山本穂高氏(@hodachrome)主催による多重露光写真展「 カサナリノセカイ 」が京都で開催中です。コンセプトは「日常ではありえないような夢の世界──。何度でも心に刻んでほしい…」。全国から集まった多重露光好き・フィルム好きがそれぞれの幻想的な多重露光の世界を奏でます。ぜひ足をお運びくださいませ!

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!