長時間露光のコツとライトペインティング

2013-02-03

長時間露光とライトペインティングは簡単で、楽しめる手法の一つ。コツとトリックを覚えることで、みんな上手にできるようになるよ。

今日は僕が長時間露光のコツを紹介するよ:

Credits: suizidekid

長時間露光撮影 には何が必要か?

1) 三脚
2) ケーブルリリース
3) 低ISOフィルム
4) 暗さ

長時間露光で最も大切なことはカメラを安定させること。そのためには三脚が必要だね。もし、三脚を持っていないけど、長時間露光に挑戦した時は、平らな所において、シャッターを押す時でもカメラを動かさないようにするんだ。シャープな仕上がりにしたい時は、ケーブルリリースも使うことを強くお勧めするよ。あなたの手がよほど安定していない限り、シャッターを押したときにぶれてしまう可能性があるんだ。

三脚を使っているので、良いクオリティの写真にするために、ISOの低いフィルムを使うべきだよ。例えば、ISO400辺りを使うと、写真が少し粗くなってしまうんだ。

どんなカメラを使えばいいか?そんなに大きな問題じゃないね。僕は高価なMamiya 645でも安価なLa Sardinaでも、長時間露光撮影したことがあるよ。自分の使い慣れたカメラを使うといいよ。もちろん今言ったコツに気をつけながら。

じゃあ、次は長時間露光撮影で得られる、エフェクトについて話そう。

1) まだ押したまま。 いつまでシャッターを押していればいいかっていうのは、被写体や明るさ次第で大きく変わってしまうから、この時間にすればいいっていうのは一概には言えないんだ。ライトメーターやオート露光機能がない場合は、違う時間設定で何回か撮影するといいよ。そうすると、何となくコツが掴めてくるから。

Credits: suizidekid

2) 動きを狙って。 露光時間が長ければ長いほど、写真に動きが刻まれていくんだ。時間設定を変えて撮影すると、違った動きを残せるよ。

Credits: suizidekid

3) ライトペインティング。 まず、ペイントするためのものが必要。光るものであれば、懐中電灯でもライトスティックでもオッケー。ただ、僕はサイズの違うLEDライトを二つくらい用意することをお勧めするよ。カラーバリエーションを増やすには、欲しい色のビニール袋を切って、輪ゴムでとめるんだ。そうしたら、簡単に他の色に変えられるでしょ?

ライトペインティングに関しては弟の@rar01がコツを紹介するよ。

やあ、みんな!ライトペインティングはもちろん、大体計画性がなくて、とりあえず試してみるしかないんだ。それでも、ライトペインティングに新しく挑戦しようとしている人のために、少しでも簡単になるように、コツとトリックを紹介するよ。

ライトペインティング最大のチャレンジは、どこがフレームの端だとか、どこまで書いたとかが分かるような、あてにするものが何もない空間に描くっていうことだね。

多分一番簡単なのは、持っているライトで、人や物をなぞることかな。物も、(頼めば)モデルも動かないから、どこから始めて、どこまで書いたかが分かりやすいんだ。一つ覚えておくことは、写真は二次元だってこと。だから、フレームにさえ入れば、どんなものでも描けるのさ。物の場所やモデルのポーズを考えるときにも重要なんだ。カメラから見える方向に向けて、分かりやすくしなければいけない。

Credits: suizidekid

ちょっと難しくなるけど、大きなステップアップは、被写体の物やモデルに絵を加えること。シャッターを押して、ライトをつけて、絵を描きだすんだ。ここではもっと即興的だよ。でも始めるとしたら、例えば、モデルの鼻のすぐ下に格好いいひげを付け加えてごらん。線を終わらせることを忘れずに。写真に二つ以上の物を書きたい時は、繰り返しになるけど、二次元だってことを頭に入れておいてね。線が重なりすぎてしまったら、何を書いたのか分からなくなってしまうから気を付けて。それと、違う色を多く重ねすぎると、現像したら白くなってしまうことがあるよ。

Credits: suizidekid

おそらく、一番難しいことは、何もない空間に描くことだね。どこから書き始めたか覚えておく唯一の方法は自分の体。空いている手を使って(右利きなら左手、左利きなら右手)、書き出した時の線や端をマークしておくんだ。描いているときに体が動いてしまうかもしれない。それでも、大まかな位置が分かるでしょ?

二つ目のトリックは、覚えやすいところから書き出すんだ。例えば、まっすぐ立っている時の肩の前とか。足を動かしさえしなければ、場所を覚えておいて、そこに戻ることは問題なくできると思うんだ。この二つのテクニックを使えば、何か書いて、途中で追加することが簡単になると思うんだ。丸い顔を描いて、中にスマイリーを描くことだってできるはず。残りは、実験して、やり方に慣れて、楽しむこと!この記事が、始めたばかりの人の参考になればいいな。

Credits: suizidekid

関連記事
夜の世界を幻想的に写し取る
ライトペインティング:暗闇で踊る
ライトペインティングをする際にさけること

2013-02-03 #gear #tutorials #cable-release #flashlight #light-painting #tipster #night-shooting #flash #night #long-exposure #art #tripod #light suizidekid の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

    2015-09-30
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #ニュース #gear Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。

    2015-10-13
  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • あなたの写真のお祭り気分を盛り上げる!5つの方法

    2015-12-04 #tutorials lomographymagazine の記事
    あなたの写真のお祭り気分を盛り上げる!5つの方法

    クリスマスや年末年始といったイベントシーズンで盛り上がる場の雰囲気。そんなお祭り気分の楽しさを写真に落とし込むにはどうしたらよいのでしょう?すぐに試せる5つの簡単な方法をリストアップしました!

    2015-12-04
  • インパクト大なワイドアングル写真を撮る10個のコツ

    2016-03-13 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    インパクト大なワイドアングル写真を撮る10個のコツ

    視覚的なトリックをとりいれて、あなたのワイドアングル写真をもっと印象的に!

  • LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    2015-09-04 #people hannah_brown の記事
    LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    Ian Hobsonはイギリスで活動するライトペインティングに特化したフォトグラファー。彼にLomo'InstantとPixelstickという最高のライトペインティングツールを使ってテスト撮影を行っていただきました。この記事では、この組み合わせで撮影された素晴らしいライトペインティング写真と、夜間の撮影やライトペインティングの手法について彼にお伺いしたインタビューをご紹介します。

    2015-09-04
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    2016-05-05 #ニュース #ビデオ #gear #people Lomography の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Heiwa Wong

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensで撮影された“The Sea Within.”は、香港のビジュアルアーティストであるHeiwa Wongによって監督された音楽とイメージをミニマルアートとして巧みに扱いながら、強い感覚の経験を呼び起こす短編映画です。自然と身体のつながりについて触れ、見る者を冷静と情熱の間を行き交う旅へと誘う作品を彼女のインタビューと共にお楽しみください。

    2016-05-05
  • Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens:新加入 LumièreとAquarelleの絞りプレートがもつ表現の可能性

    2016-04-21 #ニュース #gear Lomography の記事
    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens:新加入 LumièreとAquarelleの絞りプレートがもつ表現の可能性

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは絞りをかえるだけでソフトフォーカスとシャープな写りを楽しめるのみならず、新しく加わったプレートを使えば表現の可能性は宇宙よりも広大になります!

    2016-04-21
  • アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    2015-09-15 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:2月-夜の道路

    毎月1つのプロジェクトに挑戦する2015年のやりたいことリスト。2月は長時間露光のうちのひとつ、夜の道路の写真を撮ることにしました。みなさんも夜の街に明るい赤や白の線が走る写真をご存知でしょう。私はそういう写真が大好きだけれど、一度も撮影したことがありませんでした。

    2015-09-15
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 映画『アメリ』に使われた映像トリックは…シンメトリー!

    2016-04-24 #ビデオ lomographymagazine の記事
    映画『アメリ』に使われた映像トリックは…シンメトリー!

    ”構図を決める”ということは、イメージをフレームの中に収める上で非常に重要なポイントになります。シンメトリーという古典的な構図のとり方で、主人公の心情を見事に現しているのがジャン=ピエール・ジュネ監督の『アメリ』です。

    2016-04-24
  • 【hodachromeが講師!】春の多重露光ワークショップ in 名古屋

    2016-03-11 #ニュース hodachrome の記事
    【hodachromeが講師!】春の多重露光ワークショップ in 名古屋

    山本穂高(hodachrome)による撮影ワークショップのご案内です。4月9日(土)に、名古屋市内にて「春の多重露光ワークショップ in 名古屋」を開催します。フィルム好きにおなじみの「ダイヤモンドカメラ シュシュ」さんとのコラボです。桜の咲く春の公園でフィルムカメラによる多重露光を皆さんでぜひ楽しみましょう♪

    2016-03-11
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11