Holgaを使って長時間露光でポートレイトを撮影するコツ

僕はHolgaで長時間露光ポートレイトを撮影するのが大好きなんだ。あのドリーミーで謎めいた感じがたまらないんだ。みんな難しそうって思うかもしれないけど、実はすごく簡単で楽しいんだ!

必要な物:

1、 Holga(バルブモードさえあれば、どのモデルでも)
2、 120フィルム一つ
3、 三脚(手の安定に自信があるときはいらない)
4、 自然な光、または懐中電灯
5、 露出確認のためのデジタル一眼
6、 良いモデル

まず、120フィルムをHolgaにセットし(もっと謎めいた仕上がりにしたい時は白黒フィルムを使う)、バルブモードに設定する。次に、三脚に取り付けるか、自分の手が安定していると思うのならそのまま構える。自然の光が当たるように、モデルに窓の近くに座るように指示し、デジタル一眼で露出をチェックする。シャッターを押し、適切に露光されるまでそのままにする。

Credits: tomkiddo

もし白黒フィルムを使った場合、被写体を懐中電灯で照らすことで、より怪しく、謎めいた仕上がりになる。前に試してみたけど、良い出来だったよ!

Credits: tomkiddo

ぶれたり、ぼやけたりすることを心配しないで。時々、そのブレが写真をよりドリーミーにすることだってあるんだ。欠点なんか気にせずに、むしろ光が漏れて、ちょっと露光不足になるくらいにするんだ。その仕上がりに驚くと思うよ。

チャレンジを楽しんで。グッドラック!

2013-02-11 #gear #tutorials #plastic #tripod #long-exposure #malaysia #vignette #camera #colour #light-leaks #bulb #dreamy #creepy #tipster #natural-light #lomography #portraits #mysterious #holga #black-and-white #torchlight tomkiddo の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 超長時間露光のためのカメラ、"Solarcan"とは⁉

    2017-04-27 #gear #ニュース
    超長時間露光のためのカメラ、"Solarcan"とは⁉

    さぁ、皆さん、これがなんだかわかりますか?ジュースの缶?カラースプレー?いいえ、これは太陽光の下で長時間露光ができる、初めての大量生産型フィルムカメラなのです!!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:待つんじゃなくて、自ら行動を起こそう!

    2017-04-25 #ニュース
    ★Lomo'Instant Automat Glassを楽しむコツ:待つんじゃなくて、自ら行動を起こそう!

    待ってるだけで完璧な瞬間をフィルムに捉えることができるとは限りません。Lomo'Instant Automat Glassと一緒に自ら行動を起こしましょう!カメラをバルブ(B)モードにセットしたら、花火を使ってクリエイティブなイメージを描いちゃおう。

  • 《直営店Lomography+》クリスマスに向けてLong Shopping Hours実施!

    2017-12-13 #ニュース choko3 の記事
    《直営店Lomography+》クリスマスに向けてLong Shopping Hours実施!

    クリスマスまであとちょっと!『今年はちょっと面白いプレゼントをあげたいな』と思っているアナタに嬉しいニュース。直営店Lomography+では期間限定で営業時間を延長いたします!お仕事帰り、ちょっと遅い時間にお買物をしたい方はぜひ、Lomography+までお越しください!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemで写す夜の街

    2017-05-28 #gear #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemで写す夜の街

    夜の街はいつだって美しい瞬間に溢れています。どんな環境でも最適なレンズで思いのままに撮影できるNeptune Convertible Art Lens Systemで夜でも素敵な瞬間を捉えましょう!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    2018-04-09 #places
    アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのMélanie Hubert-Crozet (@melanie_hc) が撮影したドバイでの多重露光ショット。アナログ写真でみるドバイは、私たちがイメージする街とは少しちがっていて何だか不思議。

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。