Holgaを使って長時間露光でポートレイトを撮影するコツ

2013-02-11

僕はHolgaで長時間露光ポートレイトを撮影するのが大好きなんだ。あのドリーミーで謎めいた感じがたまらないんだ。みんな難しそうって思うかもしれないけど、実はすごく簡単で楽しいんだ!

必要な物:

1、 Holga(バルブモードさえあれば、どのモデルでも)
2、 120フィルム一つ
3、 三脚(手の安定に自信があるときはいらない)
4、 自然な光、または懐中電灯
5、 露出確認のためのデジタル一眼
6、 良いモデル

まず、120フィルムをHolgaにセットし(もっと謎めいた仕上がりにしたい時は白黒フィルムを使う)、バルブモードに設定する。次に、三脚に取り付けるか、自分の手が安定していると思うのならそのまま構える。自然の光が当たるように、モデルに窓の近くに座るように指示し、デジタル一眼で露出をチェックする。シャッターを押し、適切に露光されるまでそのままにする。

Credits: tomkiddo

もし白黒フィルムを使った場合、被写体を懐中電灯で照らすことで、より怪しく、謎めいた仕上がりになる。前に試してみたけど、良い出来だったよ!

Credits: tomkiddo

ぶれたり、ぼやけたりすることを心配しないで。時々、そのブレが写真をよりドリーミーにすることだってあるんだ。欠点なんか気にせずに、むしろ光が漏れて、ちょっと露光不足になるくらいにするんだ。その仕上がりに驚くと思うよ。

チャレンジを楽しんで。グッドラック!

2013-02-11 #gear #tutorials #bulb #black-and-white #portraits #natural-light #mysterious #creepy #malaysia #lomography #camera #tripod #tipster #light-leaks #torchlight #plastic #vignette #colour #long-exposure #holga #dreamy tomkiddo の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #ニュース #gear Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

    2016-04-09
  • なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    2016-03-17 #ビデオ lomographymagazine の記事
    なぜ昔の写真に写っている人々は笑っていないのか?

    遠い昔、まだ写真技術が発展しておらず何も考えずにセルフィーを何百枚も撮るなんてことが出来なかった時代の写真では、人々は笑顔をみせず無表情で写っています。それは一体なぜでしょう?

    2016-03-17
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    2016-03-31 #people bartolomo の記事
    First Impression Lomo'Instant Wide: Marta Bevacqua

    イタリア人フォトグラファーのMarta BevacquaにLomo'Instant Wideを使っていただきました。撮ってすぐワイドサイズの写真になるLomo'Instant Wideで、どんな作品が出来上がったのでしょうか?彼女の作品とインタビューをこちらの記事でチェックしましょう!

    2016-03-31
  • 経験収集家:井口佳亮

    2016-06-02 #people Eunice Abique の記事
    経験収集家:井口佳亮

    井口佳亮さんは写真家としてでも旅行者としてでもない方法で世界を記録し続けています。彼は経験を収集している、経験収集家です。彼がもうじき出版する写真集『Politics is for Losers,』は10年間にわたる長旅の中で、美しく力強い魂を捉えてきた一冊です。

    2016-06-02
  • ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 待ってるだけじゃ何も始まらないぜ

    2016-09-12 #gear #tutorials Lomography の記事
    ★Lomo'Instant Automatマスターへの道: 待ってるだけじゃ何も始まらないぜ

    Lomo’Instant Automatが手元に届くのが待ちきれない?!ピンポーンと届くまでの間に撮り方をマスターして、箱を開いた瞬間からすぐにクリエイティブな写真が撮れるようにしておきましょう!今日のテーマは「待ってるだけじゃ何も始まらないぜ」

    2016-09-12
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • アナログカメラで写す超現実的な世界

    2016-11-22 #culture #tutorials lomographymagazine の記事
    アナログカメラで写す超現実的な世界

    誰だってアナログカメラで自分だけのユニークな写真を撮る方法を常に追い求めているはず。今回はロモグラフィーのコミュニティーに投稿された写真から、フィルムで幻想的な世界を映し出す方法を学んでみましょう!

    2016-11-22
  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

    2016-01-22
  • 平間至 によるポートレイト撮影ワークショップ「プレミアムポートレイト」

    2016-03-17 #people ciscoswank の記事
    平間至 によるポートレイト撮影ワークショップ「プレミアムポートレイト」

    ロモグラフィーでもすっかりおなじみの写真家 平間至さん。平間さんといったら、やはりTOWER RECORDSの「NO MUSIC, NO LIFE.」のアーティストポートレイトシリーズを思い浮かべるのでは?そんな平間さんからポートレイト撮影術を学べるワークショップが平間写真館で開催されます。全8回、ロケからハウススタジオ撮影、座学等を通し、どんな撮影依頼にも対応できる技術が身に付きます。

    2016-03-17
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    2016-07-20 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] Daguereotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Yusuke Kitamura

    花を撮るフォトグラファー、北村佑介さん。「全ての写真を大切な誰かに送るラブレターとして、何時間も何時間もかけて丁寧に作り上げています。」とHPにあるように、北村さんが写す花はどれも優しく、しかし力強くまっすぐ咲いている花ばかり。写真を見ると安らぎと共に心に迫るものがあります。さて、この度はひょんなところから繋がった北村さんに、現在プレオーダー中のDaguereotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使って頂きました。もちろん写されたのは「花」です。

    2016-07-20
  • LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2016-06-20 #people lomographysoholondon の記事
    LC-Aが写し撮るニュージーランドの「青」

    2015-2016年の夏(北半球では冬)、ステファン・ダウリングは生まれ故郷であるニュージーランドを再訪しました。滞在期間中、彼は最も信頼し愛用しているクラシカルなコンパクトカメラ・LC-Aを持ち歩いて気ままに撮影をしたそうです。滞在時の楽しい思い出と共に、LC-Aで撮影された写真をお楽しみください。

    2016-06-20
  • Snap! 鈴木編集長、New Jupiter 3+ Art Lensで撮る。

    2016-03-09 #people ciscoswank の記事
    Snap! 鈴木編集長、New Jupiter 3+ Art Lensで撮る。

    編集長を務めた「レンズの時間 Vol.2」が1月に発売になり、その後も執筆活動やCP+でのトークショーなど、大忙しな鈴木編集長。忙しい合間を縫ってNew Jupiter 3+で撮影していただきました!

    2016-03-09