シルエット・ラブ

シルエットは、誰にとっても身近なものだと思うんだよね。私は個人的に、木の枝のシルエットを撮るのが好き。シルエットって、すっごくミステリーな雰囲気が出るでしょう。はっきりと、何が写っているのかわからなくて、想像を掻き立てるから、私はシルエットが大好きなの。

Credits: gladys

ミステリーな雰囲気は、想像を掻き立てる写真にするの。シルエットを撮る時は、絶対に強い光の真ん前に、被写体がある事。真ん中に被写体があっても、光の強さが十分でなければ、シルエットは、わかりずらくなるか、写真全体が露光されません。

Credits: gladys

どうやるの?たったの3ステップ!

初めに、見覚えのあるカタチを選ぶ。何でもシルエットにする事はできるけど、いくつか、よりシルエットに向いているモノがあります。見覚えのあるカタチを撮る事で、注目が集まるような、十分な興味をもたせる事が出来ます。

Credits: gladys

次に、フラッシュは使わない。シルエットには、被写体の真ん中に、ほんの少しの光があれば大丈夫。だから、フラッシュの電源を切るか、はずしちゃってね。フラッシュを使ってしまたら、シルエットは台無しになっちゃうからね。

Credits: gladys

最後に、正しい明るさを使う。背景を、どれくらいの明るさにしたいのかによるけど、日の出と、日没の光は、いつでも最高なシルエットを撮影する事ができるよ。

Credits: gladys

どのフィルムでも、近いとか、遠いとか関係なしに、イマジネーションいっぱいの、物語を産みだす、シルエットを撮る事ができるの。

Credits: gladys

光に負けずに、撮影を楽しんでね!=)

2013-02-18 #gear #テクニック #select-what-this-tipster-is-about #select-type-of-tipster #art #silhouette-love-gladys-malaysia-black-light-lomography #tipster gladys の記事
翻訳 pamiyu

他の記事を読む

  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

  • ロンドンに入りては

    2015-06-11 #world #ロケーション jporacion の記事
    ロンドンに入りては

    見知らぬ事物との出会いが、旅を忘れられない体験にする。旅先では、土地の雰囲気、人や文化も、勝手知ったる故郷の慣わしとは、また違うもの。フィリピンからやって来た私にとって、イギリスは未知で満ちていた。その中でも際立っていたのが、ロンドンの町だ。

  • Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    2016-04-22 #gear #ニュース shhquiet の記事
    Lomo’Instant に”ホノルル”エディション登場!

    そよぐヤシの木、きらめく波、やすらぐフラの音色。南国ハワイのなごやかな雰囲気を身にまとった爽やかな一台が、大人気Lomo’Instantシリーズに新登場!GWのお出掛けや近所へピクニックに行かれる際、ぜひホノルルを連れて行ってください。そして撮った写真をその場でチェックしてみんなでシェアしましょう;)

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    2015-06-14 #gear #ライフスタイル bgaluppo の記事
    Lomo'Instantで瞬間を、永遠に

    インスタント写真はなんというか、ノスタルジックな感じがする。そう語る人は多い。自分でLomo'Instantカメラを使う時は、Splitzerやカラーフィルター等の奇抜なアクセサリーを併用する事も多いが、それでも確かに、そこには何かが在って...。それはあの幻想的なヴィネット効果のせいかしら?私はいつも、時間を遡り、そこに収められた瞬間をもう一度生きてみたいと願わずにはいられなくなるのだ。アナログ写真と古き良き思い出の導きのもと、私達はウィーンの名所旧跡の幾つかを訪れると、次また次とシャッター切った。写真ギャラリーをとくとご覧頂きたい!

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【CP+ 2016】ロモグラフィーブースでオリジナルグッズをゲットしよう!

    2016-02-03 #people #ニュース #イベント deco の記事
    【CP+ 2016】ロモグラフィーブースでオリジナルグッズをゲットしよう!

    2月25日(木)~28日(日)に、パシフィコ横浜で行われるカメラの祭典CP+。当日ロモグラフィーブースにご来場いただいた方にオリジナルグッズがもれなくもらえる特別なキャンペーンをご用意しております!ダブルチャンスではあのカメラが当たっちゃうかも!?キャンペーン詳細はこちら!

  • [展示] Lomography x NIXON フォトエキシビジョン

    2015-10-01 #world #イベント #ビデオ mpflawer の記事
    [展示] Lomography x NIXON フォトエキシビジョン

    NIXONフォトエキシビジョンが世界中のLomography ストアにやってくる!2014年、好評だったLomographyとNIXONのコラボレーション。その成功を祝して、2015年もフォトエキシビジョンを開催します。2名のフォトグラファーとサーフチャレンジに参加したサーファーたちがLomographyのカメラやレンズで写しだしたハイナン島の景色やイベントの舞台裏。そんな貴重な写真を世界各地のLomographyストアに見に行きませんか?日本唯一の直営店、Lomography+では10/8(木)から10/29(木)まで展示します!

  • The Beauty of Black and White

    2015-11-24 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    The Beauty of Black and White

    『人物をカラーで撮影すると、着ている服を写すことになる。だが人物をモノクロで撮影すると、彼らの魂を写し出すことができる。』 - フォトジャーナリストのTed Grantの有名な言葉です。色がないことで鑑賞者はカラー写真を見るときよりも様々なことを想像します。その結果、写真から雰囲気や空気感を読み取りやすいのです。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。