多才なワイドアングル・モンスター:Lomo LC-Wide

2013-02-20

ワイドに撮れる、多才なカメラはLC-Wideだけ。最近、二本のフィルムで、このカメラで出来る事を全て試してみたの。言わせてほしい事があるの:たくさんね!

新しいカメラを買うために、お金をセーブしていたんだけど、 LC-A+LC-Wide の違いがどんどん見えてきちゃったの。もちろんLC-A+は、究極のロモカメラだけど、LC-Wideは、ワイドアングルで、ちょっとだけスペシャルで多才なのよね。ラッキーな事に、 mrmaart から、 LC-Wide を少しの間貸してもらえる事になったの。

スクエアフレームとハーフフレームの写真

二種類のフレームで撮影、一つはハーフフレーム・もう一つは、スクエアの写真。仕上がりは、驚くものだったわ!これらのフレームでは、36枚スクエア写真・74枚ハーフフレーム写真を撮る事ができます。だから、 LC-Wide は、 Diana Mini みたいな感じだとも言える―違うサイズのフォーマットが使える点ではね。でも、よりシャープなレンズ、軽さ、それからもちろん、ワイドに撮る事が出来る違いがあるの。

アムステルダムで撮った、オーバーラップ写真とエンドレスなパノラマ写真

他のオプション的な、ハーフフレーム機能の楽しみは、部分的に重ねて写真が撮れること。この機能を使えば、上に載せたエンドレスなパノラマ写真や、2種類、もしくはそれ以上の写真を組み合わせる事が出来るのよ。この事については、この記事を読み続ければ、より詳しくわかるわ。MXボタンを使って、“一般的”な二十露光の、素敵でサプライズな写真を撮る事ができます。

近づいて大きく。問題ありません。

LC-Wide の素晴らしい点は、焦点距離。LC-A+だと、0.8m (30 インチ)以上は、被写体に近づく事はできません。LC-Wideには、二つの距離設定が付いています:0.4m – 0.9mと 0.9m –無限遠。だから、LC-A+よりも、0.4m近づく事が出来ます。赤ちゃん鳥が訪ねてきたときに、すごく便利な機能なの。

LC-Wideが映画館Kriterionにやってきて、すごく良い仕事をした。

その他にも驚くべき点があって、 LC-Wide は室内でも良い写真が撮れるの。LC-A+(2.8レンズ)よりも、光に強い4.5レンズを搭載しているから。ぼやけた写真になってしまわないかと、心配していたけど、フラッシュ無し、400 ISOフィルムでも、なんの問題も無かったの。

ど真ん中

ワイドレンズの好きな所は、写真の真ん中に焦点が定まるところ。だから、被写体が真ん中にある事が大事なの。写真の角は、少しゆがんで、ぼやけるけど、そうする事で、被写体にうまく焦点が定まるの。

Splitzerは無いけれど、二重露光やオーバーラップは可能

ただ一つ欠点を言えば、splitzerのオプションが無い事。この機能だけが、好きなところなんだよね。だから、 LC-A+ のために、お金をセーブしようって決めたの。

Splitzer機能が欠けていても、 LC-Wide は、本物のワイドアングル・モンスター。このカメラと過ごした一週間を通して、わかった事があるの:絶対に、このカメラを手に入れなければいけない!

2013-02-20 #gear #groothoek #amsterdam #lc-wide #test #half-frame #nld #lc-w #lomo #vierkant #nederlands #review desibel の記事
翻訳 pamiyu

他の記事を読む

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Snap! 鈴木文彦

    2015-11-09 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control Art Lens: Snap! 鈴木文彦

    フィルムカメラに情熱を注ぐ鈴木文彦さん。Snap! magazine編集長としてアナログカメラ業界で長年活動してきました。最近では「レンズの時間」、「フィルムカメラの撮り方BOOK」など、カメラ関連のムック本に携わり、様々なカメラ情報誌で執筆活動を続けています。そんな鈴木編集長にPetzval 58 Bokeh Control Art Lensを使っていただき、最近のフィルム事情、そしてこのレンズを使った感想を伺いました!

    2015-11-09
  • 【イベント】夏休みの自由研究に!一眼レフカメラKonsturuktor を自分で組み立ててみよう in 二子玉川 蔦屋家電

    2016-07-27 deco の記事
    【イベント】夏休みの自由研究に!一眼レフカメラKonsturuktor を自分で組み立ててみよう in 二子玉川 蔦屋家電

    いよいよ始まった夏休み。二子玉川 蔦屋家電の写真コンシェルジュに教わるKonstruktorの組み立てワークショップへ自由研究の一環として参加してみませんか?カメラの構造を理解し、さらにはフィルムで撮影!自分で組み立てたカメラで夏の思い出を撮影するのも素敵!お子様とペアでの参加お待ちしております!

    2016-07-27
  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 崩壊する?!実験的なフィルムColor Implosion Surreal CN

    2016-06-30 #gear lomographymagazine の記事
    崩壊する?!実験的なフィルムColor Implosion Surreal CN

    カメラの感度設定を変えるだけで、写真の発色が変わるフィルム!ノスタルジックな雰囲気やザラッとした写りも個性的で楽しいフィルムです。

  • 恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    2015-10-08 lomographymagazine の記事
    恐怖症について: 火に対する恐怖症(pyrophobia)

    Lomographyサイトには、炎を写した写真がたくさん上がっています。このトピックをこの時期に題材にしたのも、ハロウィーンが近いからというわけでもありません。私たちは恐れられているものが写真向きの傾向があると感じています。不気味なヴィネットに誇張された色...このシリーズ最初の本記事は、火に対する恐怖症(pyrophobia)について着目したいと思います。

    2015-10-08
  • 花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    2016-06-30 #gear #tutorials easilydistracted の記事
    花火をLomography CN ISO800で撮るコツ

    花火の撮影をフィルムでするのは少し勇気がいることだったりしますが、ISO感度の高いLomography CN ISO800とバルブモードのあるカメラがあるとほら、こんなにクッキリと写ります!またバルブモードのないLC-A+をバルブモードに変身させるコツもお教えします!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • コミュニティー精選: Lomo LC-A 120の写真

    2015-12-09 #gear lomography の記事
    コミュニティー精選: Lomo LC-A 120の写真

    Lomo LC-A 120が発表されて一年と少し。世界中の写真愛好家に愛され、せわしない街中から絵になる広大な田園まで、様々な場所を写しつづけてきました。この記事ではその中から選び抜かれた皆さまの写真をご紹介します。比較的最近撮影されたものから精選しました。

    2015-12-09
  • 【開催中】IDOBATA @Hikarie マーケットプレイス Lomo'Instant取り扱い中!

    2015-12-09 #people deco の記事
    【開催中】IDOBATA @Hikarie マーケットプレイス Lomo'Instant取り扱い中!

    渋谷Hikarie SinQs の5Fザ・マーケットプレイスに二子新地のおしゃれなカフェ兼雑貨店 IDOBATAが2016年1月31日(日)まで期間限定オープン中。Lomo'Instantなどロモグラフィーのカメラもご覧いただけますので、渋谷に寄った際には是非チェックしてみてくださいね!

    2015-12-09
  • WONDER X WONDER: ロモグラファーgocchinと写真家Rainy Wongによる二人展

    2015-09-01 #people ciscoswank の記事
    WONDER X WONDER: ロモグラファーgocchinと写真家Rainy Wongによる二人展

    9/19 (土) より、世界的に活躍する日本のロモグラファー gocchinさん、写真家として活躍しているRainy Wongさんの2名による二人展「WONDER X WONDER」が開催されます。Splitzerや多重露光を駆使し幻想的な世界を生み出すgocchinさんと、艶やかで時に毒々しい作風が魅力的なRainy Wongさん。お二人の写真世界を存分にお楽しみいただける展示となっておりますので、中目黒散策も兼ねて是非行ってみてください。

    2015-09-01 1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    2016-06-19 #gear denisesanjose の記事
    Lomopedia: Lomo LC-A+・ LC-Wide用 防水ケース「Krab Underwater Housing」

    海の中、川の中、ザーザー降りの雨の中、さらには大雪の時。どんな環境下でも愛用している LC-A+やLC-Wideを連れて行きたい!と願うことはありませんか?そんな時は「Krab Underwater Housing」!赤いカニのように固くて丈夫な防水ケースを付ければ、水深20mでもあなたのフィルム撮影欲を満たしてくれます!そしていまならLC-A+もしくはLC-Wideを購入すると、もれなくこちらをプレゼントするキャンペーン実施中!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • 【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    2016-06-16 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    6月19日といえば?!そう、ロモグラフィーを象徴する実験的な35mmアナログカメラ・ LC-Aの誕生日!!!誕生日を記念して、今年はLC-AシリーズやLC-Wideに限らずアナログの"コンパクトカメラ”で撮影された作品も対象にしたコンテストを開催します!愛用機、フィルムそしてご自身のオリジナリティがあふれる作品を多くみれること、楽しみにしております。

    2016-06-16