多才なワイドアングル・モンスター:Lomo LC-Wide

ワイドに撮れる、多才なカメラはLC-Wideだけ。最近、二本のフィルムで、このカメラで出来る事を全て試してみたの。言わせてほしい事があるの:たくさんね!

新しいカメラを買うために、お金をセーブしていたんだけど、 LC-A+LC-Wide の違いがどんどん見えてきちゃったの。もちろんLC-A+は、究極のロモカメラだけど、LC-Wideは、ワイドアングルで、ちょっとだけスペシャルで多才なのよね。ラッキーな事に、 mrmaart から、 LC-Wide を少しの間貸してもらえる事になったの。

スクエアフレームとハーフフレームの写真

二種類のフレームで撮影、一つはハーフフレーム・もう一つは、スクエアの写真。仕上がりは、驚くものだったわ!これらのフレームでは、36枚スクエア写真・74枚ハーフフレーム写真を撮る事ができます。だから、 LC-Wide は、 Diana Mini みたいな感じだとも言える―違うサイズのフォーマットが使える点ではね。でも、よりシャープなレンズ、軽さ、それからもちろん、ワイドに撮る事が出来る違いがあるの。

アムステルダムで撮った、オーバーラップ写真とエンドレスなパノラマ写真

他のオプション的な、ハーフフレーム機能の楽しみは、部分的に重ねて写真が撮れること。この機能を使えば、上に載せたエンドレスなパノラマ写真や、2種類、もしくはそれ以上の写真を組み合わせる事が出来るのよ。この事については、この記事を読み続ければ、より詳しくわかるわ。MXボタンを使って、“一般的”な二十露光の、素敵でサプライズな写真を撮る事ができます。

近づいて大きく。問題ありません。

LC-Wide の素晴らしい点は、焦点距離。LC-A+だと、0.8m (30 インチ)以上は、被写体に近づく事はできません。LC-Wideには、二つの距離設定が付いています:0.4m – 0.9mと 0.9m –無限遠。だから、LC-A+よりも、0.4m近づく事が出来ます。赤ちゃん鳥が訪ねてきたときに、すごく便利な機能なの。

LC-Wideが映画館Kriterionにやってきて、すごく良い仕事をした。

その他にも驚くべき点があって、 LC-Wide は室内でも良い写真が撮れるの。LC-A+(2.8レンズ)よりも、光に強い4.5レンズを搭載しているから。ぼやけた写真になってしまわないかと、心配していたけど、フラッシュ無し、400 ISOフィルムでも、なんの問題も無かったの。

ど真ん中

ワイドレンズの好きな所は、写真の真ん中に焦点が定まるところ。だから、被写体が真ん中にある事が大事なの。写真の角は、少しゆがんで、ぼやけるけど、そうする事で、被写体にうまく焦点が定まるの。

Splitzerは無いけれど、二重露光やオーバーラップは可能

ただ一つ欠点を言えば、splitzerのオプションが無い事。この機能だけが、好きなところなんだよね。だから、 LC-A+ のために、お金をセーブしようって決めたの。

Splitzer機能が欠けていても、 LC-Wide は、本物のワイドアングル・モンスター。このカメラと過ごした一週間を通して、わかった事があるの:絶対に、このカメラを手に入れなければいけない!

2013-02-20 #gear #test #review #lomo #amsterdam #half-frame #nederlands #nld #lc-wide #lc-w #vierkant #groothoek desibel の記事
翻訳 pamiyu

他の記事を読む

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    2017-08-22 #ニュース ellakoppensteiner の記事
    《大発表まであと1週間》ミステリープロダクト... ヒントその1

    アナログを愛する皆さま、こんにちは!私たちロモグラフィーは現在、新しいプロダクトを開発中。まだ詳しくはお伝えできませんが、早く言いたくてウズウズしています。どんなプロダクトか気になりますよね?答えの発表まで、ちょっとだけヒントをお届けします!

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    2018-05-02 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はダンサーとして活躍する AOI YAMADAさんが Lomo LC-A 120で撮影した写真をご紹介。

  • 山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    2018-01-12 hodachrome の記事
    山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    多重露光による様々な幻想世界を魅せる山本穂高氏 ( @hodachrome )による写真展のご案内です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない四季折々の群像劇をぜひご堪能ください。

  • フィルム写真で描く秋の色

    2017-10-16 refallinsasaki の記事
    フィルム写真で描く秋の色

    夏が終わり、ぐっと寒くなりましたね。気づけば、周囲の色が夏とは違うと思いませんか?赤、オレンジ、黄色、黄金色…。秋が魅せる一瞬の色を写真におさめてみませんか?今日は ロモホーム から厳選した秋の景色をお届けします!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • #イットガーリー SATSUKI × Diana Baby 110

    2018-05-15 erina の記事
    #イットガーリー SATSUKI × Diana Baby 110

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はフリーランスでマルチに活動している SATSUKIさんが Diana Baby 110で撮影した写真をご紹介。

  • 【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    2017-12-27 #gear refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    普段はほとんど LC-A+ でしか撮影しない私ですが、この夏はロモグラフィーの新しいアートレンズ Neptune Convertible Art Lens System の試作品が届いたのでフィルムで何本か撮影しました。Neptune Lensは、35mm、50mm、80mmのレンズセット。レンズベースをカメラに装着すれば、簡単にこの3つのフロントレンズを付け替えられます。

  • #イットガーリー MANON × Simple Use Film Camera

    2018-05-08 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー MANON × Simple Use Film Camera

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回は16歳のモデル、そしてシンガーでもある MANONさんが Simple Use Film Cameraで撮影した写真をご紹介。