ピンホール ロケット: フィルム箱をピンホールカメラにする方法

2

前に投稿したテクニックをアップデートしました。
普段は使えないフィルムの空き箱をスーパーワイドなパノラマカメラにする方法をご覧にいれちゃいます。!
しかもスプロケット穴まで写るんですよ!?
さぁはやく空いたフィルム箱を準備して!

Me encantan los patos de plastico ;)

必要なもの;

  • 35mmのLomography filmの空き箱
  • 35mmフィルム1ロール
  • フィルムの切れ端のついた35mmフィルムの空になったキャニスター(フォトラボにいって、くださいって言えばもらえるよ。どうせ捨てるものだから、もらってもらえたほうがお店も助かるしね!)
  • アルミ箔(私はジュースの空き缶から取りました。)
  • ペン/鉛筆
  • 黒のマーカー
  • 定規
  • はさみ/クラフトナイフ
  • 黒のテープ
  • テープ
  • 黒いカード
  • クリップ
Magic camera box! – Image from Lomography.com

まず、フィルムの空き箱を手に取ります。(私はISO 800の箱が他のよりちょっとだけ大きくて丈夫だったので、それにしました。)そして、図のように底にハサミをいれます。

次に箱が重なっているところを縦に切っていきます。

広げてみましょう。

長方形のなかに図のように対角線を引いて、真ん中のところに小さな正方形を書きます。そうしたらその正方形をクラフトナイフで切りとりましょう。

蓋の部分の余計なところを切りとります。

箱の上部の取手の部分にある、余計なところも図のように切り落としましょう。

黒のマーカーをつかって、箱の内側を塗ります。(内側での光の反射をおさえることで、写真のクオリティーが上がります、)

ピンホールの作成
アルミ箔を真四角に切りとります。2cm×2cmで十分でしょう。そして、できるだけ正確に中心に穴をあけます。針をほんのちょっと押し込むだけでいいです。できるだけ小さな穴をあけましょう。
比較的、より小さいピンホールのほうが写真のクオリティーがシャープになります。

アルミ箔を箱の裏側から正方形の穴にそろえて、黒のテープで固定します。

箱を折り畳んで、元の形に戻します。ハサミをいれた所にテープをしましょう。

Note – 箱の下についているテープとパーツはシャッターです。後で作り方を説明しますので、今は気にしないでください。

フィルム装填
未使用のフィルムのヘッダー部分を切りとります。

未使用のフィルム(左側)と空のキャニスター(右側)をテープでとめます。空のキャニスター(右側)のスプールを回してみて、フィルムがスムーズに巻き取られるかチェックしましょう。

箱の後ろ側を正面にして、フィルムを箱のなかにいれていきます。未使用のフィルムが左側、空のキャニスターが右側であることを確認してください。

次に、箱の前を正面にします。空のキャニスターを出したら、箱に蓋をしてテープで閉じます。

フィルムがスムーズに動くだけの隙間があるかチェックしましょう。必要なら蓋をあけて、切るなりして調整しましょう。

フィルムにテープをしてその場所に固定します。この時にキャニスターの端が箱のぴったりくっつくようにしてください。

箱のなかの緩んだフィルムを巻き取り、箱に蓋をしてテープをとじ、キャニスターを同じように取り付けます。

フィルムが自由に動けるくらいの隙間があるか確認してくださいね。

必要なら切りって形を整えましょう。

シャッター作成
黒いカードをおよそ2cm×8cmに切り、真ん中に0.5cm x 0.5cmの小さな正方形を作り切り取ります。

次に、図のように正方形の両側からだいたい1~1.5cmの位置にスロットに作ります。スロットは縦1cm 幅1mmほどにしましょう。

カードの残りを、8cm x 1cmのサイズに切ります。

図のように、新しく切りとったカードを注意しながらスロットに差し込みます。

反対側のスロットから出すようにします。
カードが左の端でそろう位置で止めます。

ペンを使い、真ん中の正方形の部分に印をつけます。

カードを抜き取り、印にそって正方形を切り抜きます。

もう一度黒いカードを差し込んだら、シャッターの完成!
右に引っ張ってみてちゃんと動くかテストしましょう。(解放状態)

これを先ほど作ったフィルム箱に取り付けます。シャッターの穴がカメラ本体のピンホールと重なるようにしましょう。

もう一度シャッターを試してみて、ちゃんと機能するかたしかめましょう。

空のキャスターの底面から、紙かテープをいれ、テープ巻き取りの際のテンションが上がるようにします。ゆっくりとフィルムを巻き取ってみて、調整していきます。巻き取ったあとに、スプールが勝手に動かないようであれば、成功です。

あと残りは、箱を黒いテープで覆うだけです!
側面からテープしていきましょう。フィルムスプールの辺りにテープするときは注意しましょう。目的は、フィルムが出入りするところから光が漏れるのを防ぐためですが、同時にスプールが自由に動けなくてはいけません。

テープし終わりましたね!
最後にクリップを巻き取り側のフィルムに取り付けて、ピンホールカメラの完成です!

1フレーム分のフィルムを送り出すには、クリップを半時計周りに2回と半分回せばOKです。

撮影
ピンホールカメラを使う場合は、露光時間を決めるのに、ネットのピンホール計算機を使う人が多いです。私もそれをオススメします。でも、今回テスト撮影したときには、ただ頃合いを見計らっただけです。もちろん、いい結果になりますようにって祈りながらね(^_^)

私のピンホールカメラを使うときには、日中はISO200のフィルムにしています。だいたい1~20秒かそれ以上の時間露光していますね。

Credits: lostlittlekid

私の写真をみてもらえば分かる通り、カメラは思っていたよりもワイドな写りをしてくれました。前にあるもの全部フレームに入っちゃう感じですね!!

Credits: lostlittlekid

このカメラで撮影した写真は ここここ から見ることができます。

最後まで読んでくれてありがとう!
こんなクレイジーなアイデアを楽しんでくれることを期待してます。
またね!

2013-02-24 #gear #tutorials #camera #tutorial #tipster #panoramic-pinhole-home-made-sprockets-film-box-camera lostlittlekid の記事
翻訳 keni

2 Comment

  1. 20021230rum
    20021230rum ·

    コメント失礼します!
    自由研究でこれを作りたいです。クリップの所を教えていただききたいです

  2. lostlittlekid
    lostlittlekid ·

    Thank you for translating my article! Many thanks! :D @keni

他の記事を読む

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Sprocket Rocketのパノラマビューで壮大な景色を写そう

    2017-07-17 chooolss の記事
    Sprocket Rocketのパノラマビューで壮大な景色を写そう

    フィルムの穴であるスプロケットホールにまで露光できる35mmフィルムカメラ Sprocket Rocket。旅先で出会った景色を写せば、スペシャルな思い出になるはず。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • フィルムカメラで写す空の色

    2017-06-29 #culture
    フィルムカメラで写す空の色

    目で見る空やデジタルカメラで写す空とは、少しちがって見えるフィルム写真の空の色。フィルムが絵の具で空がキャンバスなら、あなたはどんな色を描きますか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • 2017年のトレンド写真【インターナショナル版】

    2018-01-07 #ニュース
    2017年のトレンド写真【インターナショナル版】

    先日、 日本版の2017年ロモホーム大賞 を発表しましたが、世界ではどんな写真がロモホームに投稿されたのでしょう?様々な国のロモグラファーが昨年撮影したベストショットを覗いてみましょう。

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!