レビュー:Zenit 412LS―スマートで情熱的なロシアの一眼レフカメラ

1

知的で魅力的なZenitは、あなたのカメラコレクションに加わるか、カメラバックを占領してしまうかもしれない。こういった一眼レフにしては、控え目な値段も魅力の一つ。

Credits: neanderthalis

2010年はフィルム撮影に熱中し直した年だった。僕は Action Sampler 、Holga 135、 Diana F+ 、 Canon AE-1を持っていた。でも、チャレンジするために新しいものが欲しかったんだけど、他の趣味もあったから、あまりい多くのお金は使えなかったんだ。オークションサイトやロモグラフィーのサイトを調べてみた。僕がほしいと思った LC-A+Lubitel 166 は僕の予算を超えていた。でもそんな時、ロシアンビューティー、 Zenit 412LS を見つけたんだ。

魅了されたのにはいくつかの理由があるんだ。そのうちの一つはマニュアルだってこと。ライトメーターが付いているから、まだ学びたいという人にも便利なんだ。二つ目は、DXコードに対応して言いて、自動的にライトメーターをセットしてくれるんだ。三つ目がプラスチックの内側は頑丈なメタルフレームだっていうこと。

Fuji200を入れて、持ち出してみた。

Credits: neanderthalis

使ううちに、ライトメーターを信用するようになった。シャッターの隣にあるフィルム枚上げを解除すると、フィルムカウンターをリセットしてしまうことを学んだ。気をつけないと、何枚撮影したのか分からなくなってしまうかもしれない。

412LSにはバルブモード時の長時間露光用にケーブルレリーズが付いてきたから、2010年のクリスマスに400cnで撮影したよ。

Credits: neanderthalis

このカメラはブラック&ホワイトでも素晴らしい写真が撮れるんだ。オレンジフィルターを使って、午後の明るい時間帯に色々なライトを合わせて使うことに決めたんだ。このテストは上手くいったよ。

Credits: neanderthalis

三脚穴が付いているし、ゼンマイ式のセルフタイマーが付いているから、家族写真やセルフポートレイトにぴったりなんだ。DXコーディングはISO25~3200まで対応しているのも良いところで、ほとんどの35mmフィルムで使うことができるんだ。

レンズはシャープで、最近ロモが出したガラスレンズを使えば、レパートリーの一つに入れられると思うんだ。LC-A+からスキルアップしたくて、でも、ロシアンカメラを使いたい人にはおすすめだよ。それほど高価でないのに、とても楽しいんだ。僕はこのカメラを買ったことを絶対後悔しないよ。

今すぐ手に入れよう!

アロハ!

Zenit 412LSの商品ページへ

2013-02-27 #gear #test #russian #review #slr #zenit #dx neanderthalis の記事
翻訳 54070

1 Comment

  1. ak74m
    ak74m ·

    ZENIT KM も興味深いカメラですよねー(・ω・`*)

他の記事を読む

  • Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事
    Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

    ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的なLubitel 166+ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    2017-06-04 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    Lomo LC-Aは、ロモグラフィーの始まりともいえるカメラです。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラがどのようにして自分たちの人生の一部となったかを語ってくれました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo LC-A が捉えた瞬間(Part 2)

    2017-06-12 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-A が捉えた瞬間(Part 2)

    何年にもわたって時代を見つめ、人々の人生の転機を切り取り、一生に一度の想い出を残してくれる信頼できる相棒として愛されてきたLC-A。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラと自らの人生の繋がりを語る「LC-Aが捉えた瞬間」、第二弾はどんなストーリーが飛び出すのでしょうか!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • 待望レビュー!新しくなったLomoChrome Purple Filmを旧バージョンと比較してみた。

    2017-06-03 #gear
    待望レビュー!新しくなったLomoChrome Purple Filmを旧バージョンと比較してみた。

    先日、新バージョンの販売をスタートしたLomoChrome Purple Filmですが「結局旧バージョンとどのくらい違うの??」と気になっている方も多いのではないでしょうか?今日はロモグラファー@arthursopticがLomoChrome Purple Filmの新旧バージョンを徹底的に比較してくれました!

    1
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    2017-10-18 #gear
    《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    今年で10才になったロモグラフィーの Diana F+ は長年のファンも多い中判フィルムカメラ。そのドリーミーな写りはたくさんの人々を魅了してきました。たくさんのカラーやデザインから選べる Diana F+ シリーズ のカメラを、今日はおさらいしてみましょう!

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • アナログ世界紀行:富山県、日本

    2017-04-30 #ニュース
    アナログ世界紀行:富山県、日本

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日は@akio_nakaiがコマーシャル撮影に出かけた富山の魅力を紹介してくれました!

    1
  • ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    2017-07-23 #culture
    ロモグラフィックな色を見つけよう:青

    青は落ち着いた静かな印象を与える色であると同時に、冷たさを表す色でもあります。おそらく青が嫌いだという人は少ないのではないでしょうか?なぜ私たちは青に安らぎを感じるのでしょう?