レビュー:Zenit 412LS―スマートで情熱的なロシアの一眼レフカメラ

1

知的で魅力的なZenitは、あなたのカメラコレクションに加わるか、カメラバックを占領してしまうかもしれない。こういった一眼レフにしては、控え目な値段も魅力の一つ。

Credits: neanderthalis

2010年はフィルム撮影に熱中し直した年だった。僕は Action Sampler 、Holga 135、 Diana F+ 、 Canon AE-1を持っていた。でも、チャレンジするために新しいものが欲しかったんだけど、他の趣味もあったから、あまりい多くのお金は使えなかったんだ。オークションサイトやロモグラフィーのサイトを調べてみた。僕がほしいと思った LC-A+Lubitel 166 は僕の予算を超えていた。でもそんな時、ロシアンビューティー、 Zenit 412LS を見つけたんだ。

魅了されたのにはいくつかの理由があるんだ。そのうちの一つはマニュアルだってこと。ライトメーターが付いているから、まだ学びたいという人にも便利なんだ。二つ目は、DXコードに対応して言いて、自動的にライトメーターをセットしてくれるんだ。三つ目がプラスチックの内側は頑丈なメタルフレームだっていうこと。

Fuji200を入れて、持ち出してみた。

Credits: neanderthalis

使ううちに、ライトメーターを信用するようになった。シャッターの隣にあるフィルム枚上げを解除すると、フィルムカウンターをリセットしてしまうことを学んだ。気をつけないと、何枚撮影したのか分からなくなってしまうかもしれない。

412LSにはバルブモード時の長時間露光用にケーブルレリーズが付いてきたから、2010年のクリスマスに400cnで撮影したよ。

Credits: neanderthalis

このカメラはブラック&ホワイトでも素晴らしい写真が撮れるんだ。オレンジフィルターを使って、午後の明るい時間帯に色々なライトを合わせて使うことに決めたんだ。このテストは上手くいったよ。

Credits: neanderthalis

三脚穴が付いているし、ゼンマイ式のセルフタイマーが付いているから、家族写真やセルフポートレイトにぴったりなんだ。DXコーディングはISO25~3200まで対応しているのも良いところで、ほとんどの35mmフィルムで使うことができるんだ。

レンズはシャープで、最近ロモが出したガラスレンズを使えば、レパートリーの一つに入れられると思うんだ。LC-A+からスキルアップしたくて、でも、ロシアンカメラを使いたい人にはおすすめだよ。それほど高価でないのに、とても楽しいんだ。僕はこのカメラを買ったことを絶対後悔しないよ。

今すぐ手に入れよう!

アロハ!

Zenit 412LSの商品ページへ

2013-02-27 #レビュー #test #review #slr #russian #dx #zenit neanderthalis の記事
翻訳 54070

1 Comment

  1. ak74m
    ak74m ·

    ZENIT KM も興味深いカメラですよねー(・ω・`*)

他の記事を読む

  • LomoChrome Purpleで街を紫に染め上げよう!

    2016-02-17 #world #ニュース lomographymagazine の記事
    LomoChrome Purpleで街を紫に染め上げよう!

    魅惑的なストリートスナップを撮影することは、コミュニティーメンバー皆の憧れではないでしょうか?でも日常的なシーンを良く見せるには、何かアクセントが必要かも...そこで登場するのがLomoChrome Purpleです!さて、この記事でコミュニティーメンバーが写し出した紫の街のシーンをのぞき見ちゃいましょう!

  • ギャラリー: New Jupiter 3+ Art Lensでみつける、街の刺激的な側面

    2016-01-23 #world #ニュース Lomography の記事
    ギャラリー: New Jupiter 3+ Art Lensでみつける、街の刺激的な側面

    何が魅力的な写真を作るのでしょう?何が写真を「イメージ」というより「思い出」というものに近づけるのでしょう?一体どのようにしたら、見た人がまるでそこに訪れたかのように感じる、疑似体験を与える写真を撮れるのでしょう?

  • ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    2015-07-07 #gear #テクニック ciscoswank の記事
    ロモグラフィー写真教室: フイルムスピード (感度)

    時を遡ること1万年から6千年頃の或る日、北アフガニスタンの地に一人の男の子が産まれました。彼の遺伝子には突然変異が在って、瞳のメラニン生成を阻害し、したがって瞳が褐色を帯びるのを妨がれていました。こうしてして彼は碧眼となりました。今日、青い眼をもつ人を見かけたのなら、あなたはこの運の悪い少年の子孫と出会ったことになります。かく言う私もこの奇妙な人びとの一員で、そのせいで、なんだかミュータントの一種か、アンジェリーナ・ジョリーの隠れた女きょうだいの気分なのを別にしても、ISO 6,400のフイルムみたいに、光にはとても敏感なのです。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LC-Wideで「ツール・ド・フランス」

    2015-05-23 #world #ライフスタイル #ロケーション lomographyfrance の記事
    LC-Wideで「ツール・ド・フランス」

    Lomo LC-Wideがロモグラファーやアナログ写真愛好家の心に占める位置には、特別なものがある。そのコンパクトなサイズのおかげで、旅の伴侶として最適であるにとどまらず、日常生活にも違和感なく溶け込み、更にワイドな17mmの広角レンズは手にする者の創造力を刺激して止まない。そんなLC-Wideが最近、何でも見てやろうとフランスに旅立った。フランスの美しい街並みと自然風景の写真日記がお土産だ。

  • 不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    2015-07-15 #people #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    不完全さは私達の一部: Adriano Sodréと語る

    ジャズの名曲を聴かせるアナログレコードの無骨な音色は、多くの人が愛するところ。ちょうどそれと同じように、私達がアナログ写真を選ぶのも、その自然な不完全さの故だ。それはなんとも形容し難い不思議な力で、私達の現実の在り方を思い出させてくれる。完璧でないからこそ、アナログ写真は魅力的なのだ。私達は、26歳のシネマトグラファーにしてDJ、そしてまた、緻密に構成された写真によって、自然な美しさの極まった静謐な瞬間を写し続けるフォトグラファーでもあるAdriano Guimarães Sodréと話をすることが出来た。

  • First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    2016-04-09 #gear #ニュース Lomography の記事
    First Impressions of Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Anna Rakhvalova

    パリを拠点に活動しているAnna Rakhvalovaは、人が輝くその瞬間(トキ)を写す才能を持ったフォトグラファーです。彼女が撮るポートレイトは、その人の魅力がもっとも輝くアングルと明るさで表現されています。さて今回新しく誕生したDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは、果たして彼女の期待を上回ることができたのでしょうか?

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #world #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

  • インスタント写真で京都を写す

    2015-07-30 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    インスタント写真で京都を写す

    桜の花のように、京都の寺々は旅行者たちの足を止め魅了します。そういった観光客が首から下げたカメラを手に取り、写真を撮るポーズをしている光景は京都のどこでも見られる光景です。特に初めて京都を訪れた人は、写真を撮りたくなる衝動に何度も駆られることでしょう。金閣寺や伏見稲荷大社の鳥居など、歴史的な建造物や風情ある名所があなたを待ち構えています。

  • Konstruktorの写真がもっと素敵になる10個の方法

    2016-02-20 #gear #テクニック Julien Matabuena の記事
    Konstruktorの写真がもっと素敵になる10個の方法

    DIY一眼レフカメラ Konstruktor を組み立て終えた?それならば次は撮影に移りましょう。この記事でKonstruktorで写真を撮るときに知っていると便利なアイディアを10個、書き出してご紹介します!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!

  • Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    2015-07-10 #people #ライフスタイル #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: 小西泰央が写し出すグラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバル (Glastonbury Festival) は、現在世界で行われてるロックフェスティバルの中で、恐らく最も有名な世界最大級のイギリスのロックフェスティバル。グラストンベリーに参加することは世界中の音楽ファンたちの憧れでもあります。アーティストのステージを楽しむことはもちろん、熱狂するステージと観客の様子、そして反対にオフの時間を楽しむ人々を撮影するのも面白いでしょう。そんな既に魅力的なミュージックフェスティバルの光景に、ぐるぐるボケをアクセントにした美しいポートレイトや、ソフトフォーカスのかかったドラマを追加するのがPetzval レンズです。日本のフォトグラファー小西泰央さんが今年のグラストンベリーにPetzval 85レンズと4台のロモカメラを持ってその光景を写し出しました。

  • Lomo Locations: 東京(日本)

    2015-09-19 #world #ロケーション lomographymagazine の記事
    Lomo Locations: 東京(日本)

    東京を満喫するならば夜であるとよく言われます。銀座のネオン、人で埋め尽くされる渋谷の交差点、我を失う六本木など、少し考えただけでも夜の名所がたくさん。ただ、今回は頭をクリアにして、昼の東京にも目を向けてみましょう。皇居に新宿御苑など、東京にはその他にもたくさんの素敵な公園が点在し、朝から夕暮れ時まで楽しめます。海外からの旅行者にとっては、ただの古い街並みだって魅力的にみえることでしょう。