晴れた日曜日のスノーボード:Lomo LC-Aで撮影

日曜日は、休む日だとされているけど、太陽が出てきた、澄み渡った山にいて、35mmカメラで撮影するために、早起きする以上の楽しい事は無いでしょう。ある日曜の晴れた朝に、好奇心に満ちた目と、LC-Aカメラを持って、スノーボーダーのOrla Doolinと一緒に、モージンのBurton Stashに行きました。その時に撮った写真がこれです。

雪の降っている日曜日に、ベッドで寝ている以上に良い事は無いよね。居心地の良い、暖かい毛布にくるまってさ・・・まあ、もし君が、山にいるスノーボーダーじゃなかったらの話だけどね!

早起きして、一番初めのリフトに乗って。太陽光を使ってスナップできる、絶好のチャンスを逃す事はできないでしょ!カメラと35mmフィルムを詰め込んだバッグを持って、フランスのアボリアズ、‘The Burton Stash’’に、バートンのスノーボーダー(全ての女の子含む)、Orla Doolinと行きました。彼女は、ボードにインスピレーションを受け、普段は陰っているStashの山から、太陽が覗いていて、俺たちを照らす準備は整った!

木々の間に、エコロジカルで自然に作られたスノーパーク、‘The Stash’は、晴れた一月の朝に、遊ぶのにもってこいの場所なんだ。ISO 200のフィルムを入れた、 Lomo LC-A で、シャッターを切るのに完璧な太陽のコンディション。山での晴れた天気は、フォトグラファーフレンドとシェアして。撮った作品だけじゃなくて、冷たくなって、動かない自分の指の代わりに、友達にシャッターを押してもらうんだ・・・便利でしょ。

ウォールライド・丸太・木の幹の障害物・スライディングするために、木でつくられたテーブル・小道や岩のジャンプ台・虹の様にカーブした木・木でできたトボガン・その他自然に作られた障害物。俺たちは選べなかった。だから、太陽に合わせて、Orlaが一番良く動ける、ベストスポットを見つけたんだ。スポットライトみたいになっている、影っていない時をねらって、ウォールライドで撮影したんだ。低いISOフィルムで、LC-Aが一番良く撮れる太陽光になった時に。俺たちが、覚えておかなければいけない事は、被写体の距離によって、焦点を変える事だけ。

だから、遠くから撮影するけど、被写体は近くで撮っている様に写るんだ。彼女はウォールライドを飛び越え、小道を歩いて戻り、また飛ぶ。俺たちは、彼女の飛ぶ前の心の準備・飛んでいる時・失敗した悔しさ・成功した喜び、全てを捕えるんだ。結果:晴れた日のスノーボードスナップは、俺たちをインスパイアした!

アドバイス:LC-Aを使って、スノーボードの写真を撮るのに、最適な時は、太陽が輝き、コンディションが完璧な時。明るい雪に、エピックな影は、美しい写真が撮れるんだ!指の穴が空いたグローブ/普通のスノボー用グローブより、薄いモノをゲットして。見つけるのにちょっと苦労するかもしれないけどね。様々な写真を撮るために、違うアングルから撮ってみて(そうすれば、暖かくもなるしね)。一番大切な事は、怖がらないこと。スノーボーダーだけじゃなくて、撮る人も楽しまないと!

Lomo LC-A は、ロモグラフィームーブメントの先駆けとなったカメラです。フルコントロールと、広いISO域などの、オート機能は、ビギナーにも、プロ志向の人にも最適です。さあ、自分だけの、LC-Aをゲットしよう!

2013-03-03 #lifestyle #sports #snow #lc-a #snowboarding #lomography #lomo-lc-a #analogue-lifestyle #action-sports neonstash の記事
翻訳 pamiyu

他の記事を読む

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    2018-03-16 refallinsasaki の記事
    アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト BnA Hotel。先日行われたパブリックビューイベントで一足お先に部屋を見に行ってきました。今回はロモグラフィーのカメラで撮影した写真の一部をご紹介!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    2017-06-22 #gear
    The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    The Smoking GunsというDJデュオとしても良く知られるIrainaとSam。彼らはロモグラフィーのソーホー店のすぐそばにあるソーホーラジオでのレギュラー番組も持っているんです!今回ロモグラフィーでは二人にLomo'Instant Automatを渡して、雨ばかりのイギリスとは正反対の晴れ渡るロサンゼルスへの旅行をインスタント写真に収めていただきました!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    2017-07-16 #gear
    溶けそうに暑い日々は La Sardinaで切り取ろう!

    英語で「Dog Days」とは真夏の一番暑い日々のこと。外で写真を撮っていると汗がダラダラと流れる季節でもありますが、この時期の太陽の輝きは格別。そんな溶けそうに暑い日は、ロモグラフィーの La Sardinaがぴったり!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。

  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    2017-06-04 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    Lomo LC-Aは、ロモグラフィーの始まりともいえるカメラです。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラがどのようにして自分たちの人生の一部となったかを語ってくれました。