晴れた日曜日のスノーボード:Lomo LC-Aで撮影

日曜日は、休む日だとされているけど、太陽が出てきた、澄み渡った山にいて、35mmカメラで撮影するために、早起きする以上の楽しい事は無いでしょう。ある日曜の晴れた朝に、好奇心に満ちた目と、LC-Aカメラを持って、スノーボーダーのOrla Doolinと一緒に、モージンのBurton Stashに行きました。その時に撮った写真がこれです。

雪の降っている日曜日に、ベッドで寝ている以上に良い事は無いよね。居心地の良い、暖かい毛布にくるまってさ・・・まあ、もし君が、山にいるスノーボーダーじゃなかったらの話だけどね!

早起きして、一番初めのリフトに乗って。太陽光を使ってスナップできる、絶好のチャンスを逃す事はできないでしょ!カメラと35mmフィルムを詰め込んだバッグを持って、フランスのアボリアズ、‘The Burton Stash’’に、バートンのスノーボーダー(全ての女の子含む)、Orla Doolinと行きました。彼女は、ボードにインスピレーションを受け、普段は陰っているStashの山から、太陽が覗いていて、俺たちを照らす準備は整った!

木々の間に、エコロジカルで自然に作られたスノーパーク、‘The Stash’は、晴れた一月の朝に、遊ぶのにもってこいの場所なんだ。ISO 200のフィルムを入れた、 Lomo LC-A で、シャッターを切るのに完璧な太陽のコンディション。山での晴れた天気は、フォトグラファーフレンドとシェアして。撮った作品だけじゃなくて、冷たくなって、動かない自分の指の代わりに、友達にシャッターを押してもらうんだ・・・便利でしょ。

ウォールライド・丸太・木の幹の障害物・スライディングするために、木でつくられたテーブル・小道や岩のジャンプ台・虹の様にカーブした木・木でできたトボガン・その他自然に作られた障害物。俺たちは選べなかった。だから、太陽に合わせて、Orlaが一番良く動ける、ベストスポットを見つけたんだ。スポットライトみたいになっている、影っていない時をねらって、ウォールライドで撮影したんだ。低いISOフィルムで、LC-Aが一番良く撮れる太陽光になった時に。俺たちが、覚えておかなければいけない事は、被写体の距離によって、焦点を変える事だけ。

だから、遠くから撮影するけど、被写体は近くで撮っている様に写るんだ。彼女はウォールライドを飛び越え、小道を歩いて戻り、また飛ぶ。俺たちは、彼女の飛ぶ前の心の準備・飛んでいる時・失敗した悔しさ・成功した喜び、全てを捕えるんだ。結果:晴れた日のスノーボードスナップは、俺たちをインスパイアした!

アドバイス:LC-Aを使って、スノーボードの写真を撮るのに、最適な時は、太陽が輝き、コンディションが完璧な時。明るい雪に、エピックな影は、美しい写真が撮れるんだ!指の穴が空いたグローブ/普通のスノボー用グローブより、薄いモノをゲットして。見つけるのにちょっと苦労するかもしれないけどね。様々な写真を撮るために、違うアングルから撮ってみて(そうすれば、暖かくもなるしね)。一番大切な事は、怖がらないこと。スノーボーダーだけじゃなくて、撮る人も楽しまないと!

Lomo LC-A は、ロモグラフィームーブメントの先駆けとなったカメラです。フルコントロールと、広いISO域などの、オート機能は、ビギナーにも、プロ志向の人にも最適です。さあ、自分だけの、LC-Aをゲットしよう!

2013-03-03 #snow #lc-a #lomo-lc-a #action-sports #lifestyle #lomography #analogue-lifestyle #sports #snowboarding neonstash の記事
翻訳 pamiyu

他の記事を読む

  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

  • LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    2015-09-04 #people hannah_brown の記事
    LomoAmigo: Ian HobsonのLomo'Instant ライトペインティング

    Ian Hobsonはイギリスで活動するライトペインティングに特化したフォトグラファー。彼にLomo'InstantとPixelstickという最高のライトペインティングツールを使ってテスト撮影を行っていただきました。この記事では、この組み合わせで撮影された素晴らしいライトペインティング写真と、夜間の撮影やライトペインティングの手法について彼にお伺いしたインタビューをご紹介します。

  • Lomo'Instant Wideに恋に落ちた理由

    2016-01-19 #gear pearlgirl77 の記事
    Lomo'Instant Wideに恋に落ちた理由

    Lomo'Instant Wideは、標準搭載の90mmレンズ、ウルトラワイドアングルレンズ、クローズアップレンズ、Splitzer、そしてレンズキャップのシャッターリモコンを使って撮影できます。このレビューではそれらを全て使った写真をたくさんのせています。しかし!それ以外にも、このカメラが出来ることはまだまだたくさんあるんです!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 『浮草』(1959年)から学ぶ、"優れた撮影技法の使い方"

    2016-06-03 #culture #ビデオ lomographymagazine の記事
    『浮草』(1959年)から学ぶ、"優れた撮影技法の使い方"

    "優れた撮影技法の使い方"とは一体何でしょうか?日本を代表する映画監督・小津安二郎の『浮草』から抜粋されたシーンを見ながら、探っていきましょう。

  • 新登場: Lomo'Instant Wide

    2015-10-13 #ニュース #gear Lomography の記事
    新登場: Lomo'Instant Wide

    過ぎし日のポラロイドのように、撮ってすぐにワイドサイズの写真に残せたら・・・そして想像力あふれるユニークな撮影がインスタント写真で楽しめたら、どんなに素敵なことでしょう!そんな夢を実現するのがLomo’Instant Wideです。初心者でも使いこなせる自動露出のオートモード、シャッターリモコン機能付きレンズキャップ、長時間露光と多重露光、フラッシュ用のカラーフィルターなど、Lomo’Instant Wideは全てが革新的。そして創造性に溢れています。

  • 写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    2016-02-19 #gear lomographymagazine の記事
    写真をヴィンテージ風にする技・フィルム

    ロモグラフィーはヴィンテージなもの好きなブランドとして知られていますよね。ノスタルジックな雰囲気の写真を撮影できるカメラやフィルムもありますが、オリジナルな作品を作りだそうとする写真家の技巧によっても様々なエッセンスを加えられます。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2
  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • [LomoAmigo] SASU TEI meets Lomo LC-A Minitar-1

    2016-05-30 #people ciaoannacotta の記事
    [LomoAmigo] SASU TEI meets Lomo LC-A Minitar-1

    フォトグラファーのSASU TEIさんは韓国出身で、日本や韓国でファッションやコマーシャルフォトを撮影されています。2回目の登場となる今回はパンケーキのように平らなアートレンズ、Lomo LC-A Minitar-1を使ってスタジオで撮影して頂きました。このレンズの特長のひとつであるビネット効果がハッキリと移った写真は、どこかノスタルジックで味のある作品に仕上がっています。

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • First Impressions of the New Jupiter 3+ Lens: Tat Tso

    2016-02-06 #gear Lomography の記事
    First Impressions of the New Jupiter 3+ Lens: Tat Tso

    Tat TsoがNew Jupiter 3+で撮影したのは近しい人のポートレイト写真。彼の写真は生の感情が詰め込まれたカプセルのようで、まるでその場にいたかのような親近感が湧いてきますね。きっとNew Jupiter 3+の滑らかなボケが一役買っているのでしょう。

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?

  • 本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2016-05-24 #gear #ニュース Lomography の記事
    本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    お待たせ致しました。クラウドファンディングプロジェクト終了後もお問合せがありましたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens。本日5月24日(火)よりオンラインショップにてプレオーダー(予約)の受付が始まりました。こちらは一本一本ハンドメイドのプレミアムレンズとなっており、発送予定時期は2017年2月となっております。皆さまに早くお届けした気持ちはございますが、ご紹介する作品をご覧頂きながらご自身で撮影される時を思い浮かべて頂けると嬉しく思います。