このアート、バナナなんです!

2013-03-09

Sweet-Stationの設立者であり、イラストレーターでもあるHoneyさん。バナナアートを作り出したとき、彼女はきゃっきゃとふざけていたのでしょうか?もちろんそうなんです!この果物をポップカルチャーの象徴的人々の形に刺すと、どんな素晴らしいものになるのでしょう?ご覧ください。

写真は Sweet-Station より

グラフィックアーティストであり、 Sweet-Station 作成者である Honey さんは、インスピレーションを求めて家の中を見て回っていました。そのときに目を留めたのが見事な黄色いバナナでした。

“バナナに何か描けるんじゃないかと思ったけど、思ったより簡単じゃなかったんです。バナナの皮をずっとペンで刺していました。そこで代わりに安全ピンを使うことを思いついたんです。(そのときにあった、鋭くて尖っていて使えるものだったんです) 友だちにタトゥーアーティストがいるんですけど、彼にタトゥーをどうやって入れるのか見学みたいなのをさせてもらったときのに似ているんですよね。”

写真は Sweet-Station より

バナナを慎重に刺して有名人のシルエットを作るには、1つにつき約30分から2時間かかります。そのあとは、Honeyさんは自然に任せます。技術的に何と言ったらいいかちょっと分からないのですが、基本的には空気にさらすことでバナナの皮に空いた穴が黒くなるのです。

そして、もし科学アートよりもわたしたちが好きなものがあるとすれば、それは食べられるアートです。「完成したら、写真を撮って食べちゃいました。楽しいですよ!」とも彼女は言っていました。 Andy Warhol's pop art のことまで思い出してしまいますね!

こちらの記事もいかがでしょうか:

2013-03-09 #ニュース #honey # #andy-warhol #diy #sweet-station # # # denisesanjose の記事
翻訳 tea-tea

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    2016-11-12 #ニュース hodachrome の記事
    【テクニック記事】期限切れフィルム、その魅力と特徴にせまる

    皆さんは期限切れフィルムを使ったことがありますか?その写りは、色褪せていたり粒子が荒かったりコントラストが低かったり等々、本来の品質ではないその結果にがっかりした人や、またそこが気に入ったという人もいるかもしれません。今回はそんな期限切れフィルムの魅力的(?)な世界とその特徴をhodachromeが説明していきたいと思います♪

    1
  • 世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    2016-05-06 #ニュース #gear lomographymagazine の記事
    世界中で熱望されたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensのPentax Kマウントがリターンに追加決定!!

    なんとDaguerreotype Achromat Art LensにCanon EFマウント、Nikon FマウントだけではなくPentax Kマウントのリターンが追加されることになりました!あまりに急な発表で驚かれた方もいらっしゃることと思いますが、私たちもこちらを発表することができて大変うれしく思います。世界規模での目標本数に達したためリターンとして正式に追加されます!

    2016-05-06
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    2016-02-25 #tutorials lomographymagazine の記事
    アニマル写真の極意: ありのままを写そう!

    動物は予測できない気まぐれな被写体です。フィルムで撮影するとなると、更に難易度はあがるでしょう。動物の自然なありのままの行動を記録するのが一番ですが、動物園やサファリパークのような飼いならされた場所では、場所の制限もありますし、上手に賢くフレーミングする必要がありますね。この記事では、ロモグラフィーコミュニティーメンバーが写したお手本写真を参考に、アニマル写真の極意をリストアップしました。

    2016-02-25
  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

    2016-04-05
  • 【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    2016-06-16 #ニュース ciaoannacotta の記事
    【LC-Aバースデー記念】~コンパクトカメラ写真コンテスト開催決定~

    6月19日といえば?!そう、ロモグラフィーを象徴する実験的な35mmアナログカメラ・ LC-Aの誕生日!!!誕生日を記念して、今年はLC-AシリーズやLC-Wideに限らずアナログの"コンパクトカメラ”で撮影された作品も対象にしたコンテストを開催します!愛用機、フィルムそしてご自身のオリジナリティがあふれる作品を多くみれること、楽しみにしております。

    2016-06-16
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ロモロケーション: Agfa Precisa CTで写し出す大阪の二面性

    2016-02-24 #places lomographymagazine の記事
    ロモロケーション: Agfa Precisa CTで写し出す大阪の二面性

    桜の季節の大阪城、道頓堀の街並み―大阪には日本の古き良き場所がたくさんあります。一方で、ユニバーサルスタジオジャパンのような西洋文化を取り入れた観光名所も多数。大阪港を構え商人の街として繁栄してきた大阪は、文化的な面でも面白い土地です。そんな和と洋の二面性が、近年海外からの旅行客を伸ばしている大阪の魅力なのでしょう。

  • Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    2016-11-16 #gear Lomography の記事
    Purple Haze: Lomochrome Purpleで写すミステリアスなショット

    静かな青と情熱的な赤のコンビネーションによって生まれる紫。紫は日常の中であまり見ることのない色なので、ミステリアスな印象が強いのではないでしょうか。写真や絵に使うと、想像力やクリエイティビティを刺激する色でもあります。Lomochrome Purpleを使った神秘的なショットの数々をご紹介します。

  • First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    2016-01-22 #people Lomography の記事
    First Impressions of the Jupiter 3+ Art Lens: Maxime Fardeau

    Maxime Fardeau はフィルム愛好家。たくさんの35mmフィルムカメラとインスタントカメラを持っていて、これまでにLomo'InstantとMInitar-1 Art Lensを使っていただきました。そして今回この記事で取り上げるのは、まだ発売されて間もないNew Jupiter 3+ Art Lensで写した写真と彼の感想です。それではどうぞお楽しみください!

    2016-01-22
  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • アートな街角スナップ写真ギャラリー

    2016-03-22 lomographymagazine の記事
    アートな街角スナップ写真ギャラリー

    ロモグラフィーのWebサイトにはストリート写真がたくさん!この風潮は多分今後も変わることがないでしょう。スナップ写真の中でも、皆さまにインスピレーションを与える素敵な写真を選びました!

    2016-03-22
  • Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    2016-01-30 lomographymagazine の記事
    Awesome Albums: 『Blizzard 101 New York』 by duffman

    写真を撮ることをやめさせるものとは、一体何なのでしょうか?世界的に大寒波に見舞われた今月、大吹雪がニューヨークを襲った時でさえも、写真を撮り続けたひとりのロモグラファーがいます。

    2016-01-30
  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26