フィルムの焦げた写真にちょっとした絵を描こう

2013-03-06

フィルムの最初って必ず、ちゃんとカメラにフィルムが入っているかどうか確かめるために、最初の1枚をお試しで撮ってみますよね。そうすると大抵の場合、最初の1コマは露光過度で何も写っていません。時々、写真が光ですごく焦げてしまっていて、「見えない場所には何があったんだろう」と考えてしまいます。

写真は Flickr より

これはトルコの建築を学んでいる学生 Dilşad Aladağ が絵を描こうと思った中判写真です。絵を描ける空白の場所が半分あったので、彼女はシンプルなスケッチで写真の失われた部分を埋めました。記憶に基づいて書いたものも、創作のものもあります。 「_little drawings_」 シリーズの一部で、どこか不思議な雰囲気を醸し出しながらも魅力的で懐かしい絵に仕上がっています。

写真は Flickr より

これはインスピレーションを与えられるような、間違いなくすばらしい作品です。ロモグラファーの方たちはきっとこの混合したメディアアートとも言うべきアートで腕試しをしたくてたまらないのではないでしょうか。わたし自身、フィルムが焦げてしまった最初の1枚がいくつかありますが、残念ながらスケッチの才能には恵まれておらず、棒人間しか描けないので、わたしの光漏れした写真は真っ白のままになると思います。でも、みなさんのイラストや「ちょっとした絵」の解釈は是非見てみたいと思うので、インスピレーションを受けて、描いたものを下のコメント欄に載せてくださいね!

Credits: denisesanjose

こちらの記事もいかがですか?:

2013-03-06 #lifestyle #diy # # # #35mm #dilsad-aladag # # denisesanjose の記事
翻訳 tea-tea

他の記事を読む

  • STAY FOCUSED: すべての始まり

    2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
    STAY FOCUSED: すべての始まり

    どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても"すべての始まり"になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

    2016-04-05
  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    2016-08-31 #gear #ニュース Lomography の記事
    イマをイマ、思いのままに写し出す - Lomo’Instant Automat

    とうとうミステリープロダクトのベールがはがされました。クラウドファンディングに舞い戻ってきたのは、コンパクト、丈夫そして自動。 Lomo’Instant Automatは目まぐるしい日常を支える心強い機能がいっぱいのインスタントカメラです。初心者の方にはもちろん、プロの方も驚きの仕上がりでストレスなく楽しめます!9月6日(火)よりはじまるMotionGalleryでのプロジェクトにて、最大35%割引で「いま」を「いま」創り出すインスタントカメラをGETしましょう!

    2016-08-31
  • 【フィルム実験】Lomography Xpro 200、感度設定を変えて撮ってみると…?!

    2016-07-25 sikakuipanda の記事
    【フィルム実験】Lomography Xpro 200、感度設定を変えて撮ってみると…?!

    最近ストアスタッフの間で密かに話題だった「クロスプロセス用ポジフィルムって感度設定変えるとどうなるの?」ということで、みなさん大好きなクロスプロセス用フィルム Lomography Xpro 200を使って感度設定による写りの違いを検証してきました!

    2016-07-25
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • LomoAmigos: Trevor Williams

    2016-03-05 #people ciscoswank の記事
    LomoAmigos: Trevor Williams

    Trevor Williamsは日本を拠点に活動する写真家。岡山で商業用の写真と映像のサービス「TDUB PHOTO」を運営しています。「シャッターボタンでできることなら何でも好き」という彼は、エキセントリックなライトペインティングからムーディーなフィルム写真のスナップまで、様々なスタイルの写真を巧みに生み出しています。そんな彼にワイドサイズの写真が撮ってすぐに楽しめるインスタントカメラ・Lomo'Instant Wideをお貸出しし、お得意のライトペインティングを行っていただきました。

    2016-03-05
  • [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    2016-12-05 #gear #culture #ニュース sikakuipanda の記事
    [レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

    現在プレオーダー中のLomo"instant Automatが手元に届くのが待ちきれない方も多いかと思いますが、フィルムの準備はもうOKでしょうか?今回は直営店スタッフが、話題のモノクロチェキフィルムとカラーフィルターを使って、どんな効果が発生するのか試してみました! 通常のモノクロフィルムと同様の効果はえられるのでしょうか!?

    2016-12-05
  • First Impressions of the New Jupiter 3+ Lens: Tat Tso

    2016-02-06 #gear Lomography の記事
    First Impressions of the New Jupiter 3+ Lens: Tat Tso

    Tat TsoがNew Jupiter 3+で撮影したのは近しい人のポートレイト写真。彼の写真は生の感情が詰め込まれたカプセルのようで、まるでその場にいたかのような親近感が湧いてきますね。きっとNew Jupiter 3+の滑らかなボケが一役買っているのでしょう。

    2016-02-06
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

    2016-01-26
  • Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    2016-12-01 #culture Ciel Hernandez の記事
    Lomo In-Depth: 現代における心霊写真とは?

    その昔、心霊写真は死んだ親族とつながるための方法として一大ブームとなりました。しかし撮影技術の進歩とともに、そのトリックが見破られてしまった現代では目にすることも少なくなりつつあります。そんな心霊写真の意外ともいえる誕生秘話に迫りました。

    2016-12-01
  • 【ロモグラフィーの福袋!】2017年もハッピーでアナログな年にしよう!

    2016-12-28 #ニュース refallinsasaki の記事
    【ロモグラフィーの福袋!】2017年もハッピーでアナログな年にしよう!

    毎年売り切れ続出のロモグラフィーの福袋。そんな季節がやってきました!ハッピーでアナログな2017年を送るために、ロモグラフィーのカメラやフィルムは必需品!刺激が欲しいロモグラファーにも、フィルム写真を始めたばかりの方にも喜んでもらえるよう、さまざまな福袋をご用意いたしました!

    2016-12-28