Lomography Color Negative Filmを色々なカメラで撮ってみた

Lomography Color Negative Filmを色々なカメラで撮っていると、どんな結果になるのだろうかと疑問に思っていた。その結果を見てみたい?

まず、 Lomography 120 400 ASA Color Negative film を私の最初のカメラ、 Dina を使って撮影してみた。写真の出来にはとても満足した。ミディアムフォーマットで撮影するのは初めてだったのに、上手くいったの!

Credits: bomboniera

次は、 Lomography 120 400 ASA Color Negative film をお母さんが誕生日プレゼントでくれた Spinner 360° で撮影してみたわ。

Credits: bomboniera

そして、Lomography Gallery Store イスタンブールで見かけて、恋に落ちた La Sardina を買って、 Lomography 120 400 ASA Color Negative film を使ってみた。

Credits: bomboniera

下の写真は La SardinaLomography 120mm 800 ASA Color Negative film を使ってみた時の写真:

Credits: bomboniera

Sprocket Rocket のワークショップに参加して、とても気に入ったので、その週に買ってしまったの。それで Lomography 120 400 ASA Color Negative film を撮影した時の写真が下の写真。

Credits: bomboniera

Sprocket RocketLomography 120 800 ASA Color Negative film を使って撮影した写真が大好き:

Credits: bomboniera

2013-03-10 #レビュー #35-mm-filmler #analog-fotografcilik #tuyo #analog-fotograflar #renkli-negatifler #film #kamera #120-filmler bomboniera の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    2015-05-05 #gear #テクニック gocchin の記事
    Lomo'Instant + Splitzer!gocchinによる双子テクニック

    Lomo’Instantってみんなどんな時に使うのかな?美しい自然や感動した景色などもいいけれど、このカメラはその場で結果を見ることができるから、楽しい仲間が集まった時に使うのが最も盛り上がるのではないかな?せっかくロモグラフィーのカメラだからロモっぽい写真を撮りたいですよね!そんな時はSplitzerを装着してみんなを驚かせてみよう!今回は同じ人物をSplitzerで多重露光するテクニックを紹介します!

  • スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    2015-11-19 #gear #ニュース ciscoswank の記事
    スタッフレビュー: Lomo'Instant Wideでインドア、フラッシュ撮影!

    発送開始日も目前に迫ってきたLomo'Instant Wide。インスタントカメラはフィルムカメラに慣れてない方にも親しみやすく、クリスマスプレゼントにもぴったりです。そんなLomo'Instant Wideを日本スタッフで一足お先にテストしてみました。話題のカメラは実際のところどうなのか?みなさん気になるところだと思うので感想を述べたいと思います!

  • LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    2015-06-26 #gear #ライフスタイル Eunice Abique の記事
    LomoChrome Turquoise Filmを裏返してみる

    LomoChrome Turquoiseフイルム。その視線を釘付けにする予測不可能な色彩は極めて印象的だ。そこで私は考えた。これと 「レッドスケール」 を組み合わせたら、さらに劇的な結果が得られるのではないかと。意外なことに、撮影した写真のカラーパレットはLomoChromeTurquoiseの柔らかで繊細な側面を顕わにするものだった。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    2015-05-15 #world #ライフスタイル #ロケーション pan_dre の記事
    Journey to the Ends of the Earth: 北極から南極まで

    勇猛果敢の名高い旅行者でさえ、北極と南極へと出航出来ることは稀。しかし、コミュニティーでは“stouf”の名で知られるあのロモグラファーが、この両極地帯へと足を踏み入ることを許された。この珍しい目的地への貴重な訪問は彼の職業上の理由によるものであったが、信頼できるカメラとお気に入りのフイルムを一緒に持って行き、調査旅行の様子を撮影することも、忘れられてはいなかった。

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    2015-09-14 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 85 Art Lens: フォトグラファーShiori Nishi による自然体ポートレイト

    フォトグラファーの仁志しおりさん。昨年、Petzvalレンズを通した美しい雪景色を私たちに見せてくれた彼女が、思い出の詰まったお気に入りの場所で、一番身近な人をPetzval 85 Art Lensで撮影しました。柔らかな空気感まで伝わってくる、自然体の姿を写した写真と興味深いインタビューをお楽しみください。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • The Beauty of Black and White

    2015-11-24 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    The Beauty of Black and White

    『人物をカラーで撮影すると、着ている服を写すことになる。だが人物をモノクロで撮影すると、彼らの魂を写し出すことができる。』 - フォトジャーナリストのTed Grantの有名な言葉です。色がないことで鑑賞者はカラー写真を見るときよりも様々なことを想像します。その結果、写真から雰囲気や空気感を読み取りやすいのです。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    2015-07-02 #gear #ライフスタイル candilsw の記事
    Pixelstickレビュー: ロモグラフィー香港チームが使ってみた!

    Pixelstickは、まさにマスト・ハブ・アクセサリー。多彩なカラーと模様が、強烈なライトペインティングを生み出す。大きさは1.8メートル、高再現度を誇る200色のフルカラーLEDを搭載!長時間露光機能付のカメラと三脚を手にすれば、あとはただ、暗闇のなかでPixelstickを振り動かすだけで、夢みたいな写真が何ダースでも思いのままに。まずは、我らが盟友、ロモグラフィー香港のみんながこのPixelstickで撮影した写真を見てみてくれ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • Lomo'Instant + Splitzer: この2つで限界まで挑戦!

    2015-06-17 #gear #ライフスタイル bgaluppo の記事
    Lomo'Instant + Splitzer: この2つで限界まで挑戦!

    Lomo'InstantとSplitzerを使えば、とっても面白くてクリエイティブな写真が得られます。私はその極限まで挑戦しようと、1枚につき4回から8回の露光に挑戦してみました!結果、色や素材、場所、人々がミックスされた不思議な写真が出来上がりました!

  • 【CP+ 2016】イベントレポート

    2016-03-05 #world #ニュース #イベント ciscoswank の記事
    【CP+ 2016】イベントレポート

    今年もカメラ・映像の大展示会CP+が終了しました! フィルムのラインナップに興奮するアナログ写真ファン、ユニークなレンズに驚く熟練フォトグラファー、ロモカメラを持って遊びに来てくれるロモグラファーの方々…。 連日たくさんの方々にご来場いただいたロモグラフィーブース。その様子をスタッフの撮影した写真と共に振り返ってみましょう!