小さいけど広い不思議なもの:Diana Baby 110 12mm レンズ

2013-03-26

どうしてDiana Baby 110に普通の24mmをつけっぱなしにしているの?12mmレンズだと、カメラにフィットするし、ワイドな写真が取れるんだよ。彼らが言うことは正しい:「素晴らしいものは小さなパッケージに入っている!」

僕は最近 Diana Baby 110 を手に入れたんだけど、カメラだけに使用か、12mmレンズのセットにしようか迷ったんだ。だから、 Lomography Gallery Store Barcelona に行って、アドバイスを求めたら、「そんなこと考えずに、110でワイドに行こう!」って言われた。彼らのアドバイスはいつも的確だから、自分自身に「やってやろう」って言い聞かせた。そして、Diana Baby 110と12mmレンズを買ったんだ。

Diana Baby 110のファインダーには、撮影した時に写真にどのように写るかイメージしやすいよう、二つの四角がある。小さいほうの四角は24mmでの写りで、ファインダーのサイズである大きい方の四角は大体12mmでの写りを表している。だから、12mmでしかカバーできないスペースがたくさんあるんだ。

まず、レンズは本当に小さくて、持ち運びも簡単で、ポケットや小さなポーチ、バッグにも入るくらい。24mmだと少し大きく感じるかもしれないけど、Diana Baby 110につけていると、その違いにも気づかないくらいだよ。

レンズを取り付けるのもすごく簡単。大きないとこ、Diana F+と同じように取り付けられる。白い点を合わせて、カチっとはまるまで、反時計回りに回すだけ!そしたら準備万端。

レンズはバックカバー(24mmにも装着可能)が付いてくるから、より持ち運びやすい。だから、ゴミが入らないようにできるし、傷がつかないようにできるんだ。

レンズはプラスチックでできているから、Dianaファミリー自慢、ロモグラファーが大好きな、ドリーミーな仕上がりは変わらない。

僕が12mmレンズと共に撮影した写真をいくつか紹介するよ:

Credits: guanatos

もしあなたがDiana Baby 110を手に入れようとしていたら、今なら迷うことなく12mmレンズを手に入れるよね。絶対に気にいるって保証するよ。

“Lomo-On!”

もしDiana Baby 110と12mmレンズで撮影された写真をもっと見たかったら、こちらの アルバム へどうぞ。

2013-03-26 #gear #wide-angle #review #lens #wide #mini #110 #guanatos #tiny #12mm #diana-baby-110 guanatos の記事
翻訳 54070

ホリデーシーズンがやってきた!ロモグラフィーのホリデー特集ページでは、ホリデー限定のコンペティションや、 クイズを開催中!大切な人へのクリエイティブなプレゼントをお探しの方はこちらのページをチェック!

他の記事を読む

  • Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    2017-07-14 #gear geegraphy の記事
    Lomopedia: 手のひらサイズの Fisheye Baby 110 Metal

    フィッシュアイを手軽に楽しめる小さな相棒 Fisheye Baby 110 Metal。170°の視界のレンズで、小さいながらも迫力満点なまあるいショットが切り取れます。110フィルムを使ってみたいけど、どんなカメラを選べばいいかわからない!なんて人にオススメしたい一台です。この大きさなら、旅行やランニングのお供に持ち歩けますね。

    2017-07-14
  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。

    2017-04-27
  • 実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    2017-02-04 #people Ivana Džamić の記事
    実験を重ねて生まれた夢の景色:Dustin Adamsへのインタビュー

    「夢のような景色」という言葉から、どんな風景を想像しますか?それは Dustin Adamsの写真にふさわしい表現だと言えるでしょう。スケートボードがきっかけでカメラを始めて以来、彼は素晴らしい写真を撮り続けています。

    2017-02-04
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    2017-01-24 lomographymagazine の記事
    Lomo In-Depth: 写真を学校で学ぶ必要はあるのか?

    ロモグラフィーのコミュニティー、 ロモホームには、プロの写真家から熱心な趣味人まで様々な写真好きが集まっています。そこではプロもアマも関係なく同じスペースに写真をアップロードしていますが、評価の基準はその写真が魅力であるかどうかの一点のみ。ロモホームを通して、自分が知らなかった撮影テクニックや知識を持っている人に出会うこともあるかもしれません。しかし、そのテクニックや知識を皆さんはどこで学んだのでしょうか?

    2017-01-24
  • A HAPPY NEW YEAR 2017 !! :昨年度の新製品&人気カメラを一挙公開

    2017-01-01 trifivy の記事
    A HAPPY NEW YEAR 2017 !! :昨年度の新製品&人気カメラを一挙公開

    親愛なるロモグラファーの皆様、新年あけましておめでとうございます!昨年はロモグラフィーをご愛顧いただき誠にありがとうございました。今年も何卒宜しくお願い申し上げます。今日は昨年度のハイライトをご紹介。こたつに入ってのんびりしながら、どんな出来事があったか御一緒に振り返ってみませんか?

    2017-01-01
  • Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    2017-04-20 #gear #tutorials lomographymagazine の記事
    Google Mapで世界中どこでも現像所の場所がわかる!

    ELUSIVEはこの地図を制作するために、世界中のフィルム現像所を集めました!世界中どこへ行ってもすぐに現像所を見つけることができます。掲載されていない現像所を見つけたら、ELUSIVEに伝えて地図をより充実させていきましょう!

    2017-04-20
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Maxime Simoncelliが描く魔力を持った幻想的な森

    2017-03-24 #people Ciel Hernandez の記事
    Maxime Simoncelliが描く魔力を持った幻想的な森

    私たちはまだ見ぬ美しさを求めてどこまでも旅を続けています。未知なるもののためには海を越え山を越え国境さえも越えていきます。写真家のMaxime Simocelliにとって森は驚きと神秘を発見できる場所のようです。

    2017-03-24
  • ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    2017-03-30 lomographymagazine の記事
    ★Michael Wojcik × Lomo'Instant Automat Glass:カラフルに楽しもう!

    Mitchell Wojcik はニューヨークのブルックリンを拠点として活動しています。彼の好きなものは『ゴーストバスターズ』と、「頭に浮かんだものをとりあえず作ってみること」、そして「人生をありのままに記録すること」。以前は物事を深く考えすぎていたそうですが、最近は何も考えずにただ楽しむのもいいなと思っているそうです。なんて Lomo'Instant Automat Glass にピッタリな人でしょう!

    2017-03-30
  • ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    2017-03-23 #gear #culture #ニュース #people #places Katherine Phipps の記事
    ロモグラフィーが『Today』で特集されました!

    ロモグラフィーのコミュニティーに集まる皆さんにとってフィルムはまだまだ生き続けている文化ですが、アナログ文化の人気が高まるにつれてフィルムにも広く注目が集まるようになりました。最近では、なんとアメリカの人気報道番組『Today』で Al Roker がフィルムカメラの人気の秘密を探るためにロモグラフィーのニューヨーク支社を訪れました!

    2017-03-23
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • Citizenのイギリスツアーを LC-A+が激写!

    2016-12-19 #gear #people Katherine Phipps の記事
    Citizenのイギリスツアーを LC-A+が激写!

    オハイオ州トレド出身のパンクバンドCitizenは、最近イギリスでのツアーライブを行いました。そのツアー中の様子をメンバーのRyland OehlersがLomo LC-A+で撮影してくれました!ツアーという旅を続ける人生とはどのようなものか、Rylandへのインタビューとともにお楽しみください!

    2016-12-19
  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17 lomographymagazine の記事
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。