小さいけど広い不思議なもの:Diana Baby 110 12mm レンズ

どうしてDiana Baby 110に普通の24mmをつけっぱなしにしているの?12mmレンズだと、カメラにフィットするし、ワイドな写真が取れるんだよ。彼らが言うことは正しい:「素晴らしいものは小さなパッケージに入っている!」

僕は最近 Diana Baby 110 を手に入れたんだけど、カメラだけに使用か、12mmレンズのセットにしようか迷ったんだ。だから、 Lomography Gallery Store Barcelona に行って、アドバイスを求めたら、「そんなこと考えずに、110でワイドに行こう!」って言われた。彼らのアドバイスはいつも的確だから、自分自身に「やってやろう」って言い聞かせた。そして、Diana Baby 110と12mmレンズを買ったんだ。

Diana Baby 110のファインダーには、撮影した時に写真にどのように写るかイメージしやすいよう、二つの四角がある。小さいほうの四角は24mmでの写りで、ファインダーのサイズである大きい方の四角は大体12mmでの写りを表している。だから、12mmでしかカバーできないスペースがたくさんあるんだ。

まず、レンズは本当に小さくて、持ち運びも簡単で、ポケットや小さなポーチ、バッグにも入るくらい。24mmだと少し大きく感じるかもしれないけど、Diana Baby 110につけていると、その違いにも気づかないくらいだよ。

レンズを取り付けるのもすごく簡単。大きないとこ、Diana F+と同じように取り付けられる。白い点を合わせて、カチっとはまるまで、反時計回りに回すだけ!そしたら準備万端。

レンズはバックカバー(24mmにも装着可能)が付いてくるから、より持ち運びやすい。だから、ゴミが入らないようにできるし、傷がつかないようにできるんだ。

レンズはプラスチックでできているから、Dianaファミリー自慢、ロモグラファーが大好きな、ドリーミーな仕上がりは変わらない。

僕が12mmレンズと共に撮影した写真をいくつか紹介するよ:

Credits: guanatos

もしあなたがDiana Baby 110を手に入れようとしていたら、今なら迷うことなく12mmレンズを手に入れるよね。絶対に気にいるって保証するよ。

“Lomo-On!”

もしDiana Baby 110と12mmレンズで撮影された写真をもっと見たかったら、こちらの アルバム へどうぞ。

2013-03-26 #gear #wide-angle #lens #tiny #review #diana-baby-110 #wide #110 #guanatos #12mm #mini guanatos の記事
翻訳 54070

他の記事を読む

  • Petzvalと接写レンズでマクロ撮影に挑戦!

    2015-11-25 #gear #tutorials masaka の記事
    Petzvalと接写レンズでマクロ撮影に挑戦!

    Lomography Petzval Art レンズの最短撮影距離は1m。人物のポートレートにはピッタリな距離だけど、小さな被写体にもっと近付いて撮影してみたくならない?接写レンズを使えば出来るんです!

  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

  • 遠くを写したロモグラフ

    2016-01-26 lomographymagazine の記事
    遠くを写したロモグラフ

    被写体に近寄って近距離で撮影することをロモグラフィーでは提唱しています。しかし、それは皆さまに面白い写真をとってもらうようなひとつのアイディアのようなもの。みなさんご存知のように、遠距離の撮影も素晴らしい結果を残します。あえてメインの被写体から離れて小さく写したものや、風景写真など、イリュージョンを引き起こした写真たちをご覧ください。遠くを写すことの美学を感じましょう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #tutorials jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

  • タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    2016-01-07 #ニュース #gear lomography の記事
    タイムラインで見る! 2015年に発売されたLomographyの新商品たち

    みなさんにとって2015年はどんな年でしたか? Lomographyの2015年はなじみ深いあのアイテムがレンズとして生まれ変わったり、とっても刺激的な1年でした。昨年発表されたカメラやレンズ、フィルムと一緒に2015年を振り返りましょう。 そして今年発表される新商品もお楽しみに!

  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • 2016年 ロモグラフィーの福袋!

    2015-12-29 #ニュース #gear ciscoswank の記事
    2016年 ロモグラフィーの福袋!

    毎年売切れ続出のロモグラフィーの福袋。2016年は中身の内容が分かる袋もご用意しました!今年の福袋は一体どのような内容になっているのでしょう?その気になる中身をちょっとだけご紹介しちゃいます!

  • Daguerreotype Achromat Art Lens体験会、5月14日(土)開催決定!

    2016-04-28 #ニュース #gear ciaoannacotta の記事
    Daguerreotype Achromat Art Lens体験会、5月14日(土)開催決定!

    なんと!なんと!Daguerreotype Achromat Art Lens(プロトタイプ)を触って頂ける体験会の開催が決定いたしました。写真や動画は見ているけど実際どんなレンズ何だろう?その疑問にお答えします!

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo Locations: 東京(日本)

    2015-09-19 #places lomographymagazine の記事
    Lomo Locations: 東京(日本)

    東京を満喫するならば夜であるとよく言われます。銀座のネオン、人で埋め尽くされる渋谷の交差点、我を失う六本木など、少し考えただけでも夜の名所がたくさん。ただ、今回は頭をクリアにして、昼の東京にも目を向けてみましょう。皇居に新宿御苑など、東京にはその他にもたくさんの素敵な公園が点在し、朝から夕暮れ時まで楽しめます。海外からの旅行者にとっては、ただの古い街並みだって魅力的にみえることでしょう。

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    2015-08-18 #gear #places lomographymagazine の記事
    Lomo LC-A 120: 「扉」の表情

    写真を何気なく見ていると、色んな表情が浮かび上がってきます。写真を撮影していて楽しいと思うのは、写真の表面だけではなく、その裏側にある「表情」や「物語」を想像することかまもしれません。ここでは世界中のロモグラファーが LOMO LC-A 120で撮影した扉の写真をご紹介。色、質感、大きさなど、建築物の「顔」となる扉を見て、あなたにはどんなストーリーや、表情が見えてきますか?