役立つ情報:サニー16ルール

2013-03-22 1

露出計を持っていない時、持っているのに家に置いてきてしまった時、使い方が分からない時、アプリをダウンロードしていないか、スマートフォンを持っていない時:サニー16のルールが解決します!

Credits: susielomovitz

この方法は、マニュアルカメラで撮影する時に、すごく役に立ちます。ほんの少しの直感と練習で、露出計が無くても、自然な昼間の明るさを使って正しい露出を見積る、サニー16のルールを習得すれば、思い出の瞬間を逃す事はありません。

基本のルールは、“晴れた日は、絞りをf/16にセットし、ISO(光の感度)と相互関係になるシャッタースピードにする事。“
例えば、あなたのカメラは、ISO100で、晴れた日用に、絞りをf/16、シャッタースピードを1/125(同等だと1/100)にセットします。もしカメラがISO400なら、シャッタースピードは、1/500(同等だと1/400)。( www.aprendefotografiadigital.com )。

それじゃあ、未だに私たちは、どうすればカメラが持っている最大限の力を出せるのかわからないので、サニー16のルール理論を明確にしましょう、

綺麗に晴れ渡った野外で、正午の明るさを使って、ポートレートを撮ると想像して下さい。もし私達が、ISO100の1/125 f/16でテーブルを撮ろうとしても、そこに十分な被写界深度がなければ、あまり意味がありません。それでは、深さに限りが欲しい時は、どうすればいいのでしょうか?相互関係です。例えば、4段上げ、f/4.0に設定し、シャッタースピードを1/2000に合わせる。このようにして、被写界深度を制御します。( http://www.xatakafoto.com )

どう使えばいいの?イエス!このトリックがすごく役立つ状況を教えます。

1.タリファで、Lubi piggyback furgosで、バイクに乗った、クールなモノが現れた時に、撮影しました。Horacioryはぶっきらぼうに:“おまえ、俺の写真撮れよ!”って言いてきたので、私は立ち止まって、写真を撮っていいか聞きました。それから、彼はすっごくフレンドリーで、被写体にはならなかったの。この状況って、いつも私をナーバスにして、それがモデルにうつっちゃうのが嫌なの。だから、露出計を出している時間もなく、自然体な彼を撮らなきゃいけなかった:サニー16!

Credits: susielomovitz

バイカーから元気が感じられたから、もう少し撮る事にしたの。

Credits: susielomovitz

2.この時はシリアスな状況だったの、教えるね。私はすごく幸せでした。NYCを上へ下へ写真をあっちでもこっちでも撮って、小さなお店もあって・・・ブルックリン橋を歩こうと決め、遅い午後にやっとそこに着き、露出計をゲットしたのに・・・無い!どこにいっちゃったの?なんて最悪な事に、私の大事な(それから高い)宝物が無くなっちゃったの!今まで行った場所すべてに戻って、探す?でもNYCに滞在する最後の日で、30分後には明るさが無くなってしまう時だったの!落ち着いて、この写真がなかったらどうする事もできなかったのです:サニー16!

Credits: susielomovitz

撮り終わってから、今まで行った場所すべてに戻り、4件のお店で聞いて周ったら、Levi’sで見つかったの!どんなに嬉しかったか!

このルールを使うなら、絶対に練習が必要です。目で、光を見極めるのが難しい時があるからです。しかし、それは弱い光です。トリファでの写真は、天気はすごく良くて、撮影は簡単でした。あるがままに撮影します。NYの明るさは、すごくソフトだったので、明るくする必要がありました。撮った写真と、露出計が返ってきたから、今私は、すごく幸せです!

もし聞くとするなら:
Susieどうして、iPhoneのアプリをダウンロードしないの?
うーーーーーん・・・なんでだろう・・・
インターネット上で、このフォトグラフィックルールに関する例と、情報をたくさん見つける事ができます。この記事の情報源は www.aprendefotografiadigital.com , www.xatakafoto.com

2013-03-22 #gear #tutorials #exposicion #fotometro #tipster #analogica #truco #luz #sunny-16 #calculo #fotografia susielomovitz の記事
翻訳 pamiyu

1 Comment

  1. ak74m
    ak74m ·

    日本では「晴れたらセンパチ」も有名ですね(^^)b

他の記事を読む

  • Lomo'Instant Wide Gallery: バルブモード

    2015-10-16 #ニュース #gear Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: バルブモード

    ナイトドライブをするだけで満足しないで!美しい夜の景色はしっかりと写真に残して家に持ち帰りましょう。Lomo'Instant Wideのバルブモードで、ネオンが輝く美しい夜景が写し出された長時間露光写真を撮影しましょう。

    2015-10-16
  • 超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    2016-02-04 #gear #tutorials imbaaa の記事
    超簡単!LC-AにDIYオレンジフィルターを取り付けよう!

    ありきたりなカラー写真に飽きてきていませんか?時にはレトロ風味な写真も撮りたくなりますよね。そんな時に役立つのがこのテクニック。LC-Aで使えるオレンジフィルターを自作しましょう!

    2016-02-04
  • LC-A+に関するFAQ

    2016-07-26 #gear lomographyplus の記事
    LC-A+に関するFAQ

    直営店スタッフがLC-A+の疑問を解決!簡単な処置などをまとめましたので、「なんだか上手くいかないな…」「これって故障?」と思った際に、この記事をご覧ください。ヒントが沢山詰め込んであります!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 新登場: Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2016-04-06 #ニュース #ビデオ #gear Lomography の記事
    新登場: Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    この時がくるのをうずうずしながら待っていました…発表します、新作レンズ開発のためにロモグラフィーがクラウドファンディングに舞い戻ってきます!今回は世界初の光学レンズにインスパイアされ、写真の持つ魔法を19世紀から呼び戻し、幻想的な像を映し出す真鍮レンズ。その名も、Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens!

    2016-04-06
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • ジューシーカラーのLomo'Instant Milano Edition新登場!

    2016-07-29 #gear #ニュース Lomography の記事
    ジューシーカラーのLomo'Instant Milano Edition新登場!

    カバンにしまっておくのがもったいない程のカラフルなLomo'Instantはイタリア・ミラノからインスピレーションを受けて誕生しました!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • 本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2016-05-24 #gear #ニュース Lomography の記事
    本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    お待たせ致しました。クラウドファンディングプロジェクト終了後もお問合せがありましたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens。本日5月24日(火)よりオンラインショップにてプレオーダー(予約)の受付が始まりました。こちらは一本一本ハンドメイドのプレミアムレンズとなっており、発送予定時期は2017年2月となっております。皆さまに早くお届けした気持ちはございますが、ご紹介する作品をご覧頂きながらご自身で撮影される時を思い浮かべて頂けると嬉しく思います。

    2016-05-24
  • あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    2015-09-09 #ニュース #people ciscoswank の記事
    あれも顔?これも顔?毎日が楽しくなる顔フォトコンテスト

    世の中にあふれる「顔」に見えるものたち。そんな隠れた「顔」を写した写真のコンテストが開催されています!普段は気づかない隠れたものに対する視点を持つことを目的としたこのコンテスト。あなたも参加して、いつもとは違うものの見方を養ってみませんか?

    2015-09-09
  • 東京カメラガールズで秋の写真コンペティション開催中!

    2015-11-17 #ニュース #people ciscoswank の記事
    東京カメラガールズで秋の写真コンペティション開催中!

    東京カメラガールズは写真好き女子のための写真サークル。写真撮影に役立つ情報の発信や、メンバーで集まって撮影を行うイベントなどを定期的に開催しています。そんな東京カメラガールズでは、現在「秋の写真」コンペティションを開催中!ロモグラフィーのカメラが入賞者に贈られます!

    2015-11-17
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    2016-05-02 #ニュース #gear Lomography の記事
    『ダゲレオタイプ』にまつわる19世紀当時の人々の苦労話

    1839年に誕生した『ダゲレオタイプ(銀板写真)』。撮影から現像までの全工程で様々な機材が必要で、フォトグラファーは機材の持ち運びに大変苦労しました。また撮影される側も10~30分と長い間じっとしていなくてはならず、同じく大変な思いをしていました。それでもなお、ダゲレオタイプは19世紀当時の大発明であり、今日の写真には欠かせない存在です。

    2016-05-02
  • モノクロ写真と世界のフォルム

    2016-01-23 lomographymagazine の記事
    モノクロ写真と世界のフォルム

    カラー写真では、色は時折この世界のものではないように感じます。それらはクロスプロセスや多重露光、現像後の処理によってコラージュのように組み合わされ作り出されます。色の可能性は無限大ですが、でもそんな中モノクロ写真を撮り続けるフォトグラファーも多いのです。2016年の現在、モノクロで撮り続けることは古典的な方法で正確さとバランスを追及する道なのです。モノクロ写真では、光と影が写真の中で踊りだします。モノクロ写真の中の様々な形状は、ダンスの振りつけが最初からあるかのように明確に映し出されるか、もしくは控えめに演じているように写し出されます。それはどのようにその物体を見るかによって変わってくるのです。

    2016-01-23
  • ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    2015-09-30 #gear tomas_bates の記事
    ロモグラファーたちによるライトペインティング写真 50枚

    ライトペインティングは実験的な体験ができるとってもクールなテクニック。実はとっても簡単で、撮影もとっても楽しいものです。必要なのは、暗い場所、撮影に協力してくれる友人、長時間露光ができるカメラ、そしてライトペインティングツールの4つだけ。この記事では、ロモグラフィーのコミュニティーにアップロードされた素敵なライトペインティング写真50枚をご紹介します!

    2015-09-30