Lubitel 166+シリーズの紹介 パート01:主な仕様 レンズ

Lubitel 166+を紹介するシリーズを始めたので、まずは大まかなメイン機能からこの素晴らしいカメラを紹介して行こうと思います。完全な中判ブローニフィルムカメラ、いろんな機能がある中、まずは基本的な部位、レンズからその紹介を始めて行こうと思います。

まずは Lubitel 166+ の素晴らしいレンズの話から。実はガラス製のレンズで、下の方に付いているレンズはTriplet-22 f/4.5 75mm というレンズ、これはフィルムにイメージを焼き付けるレンズですね。上のレンズはカメラの真上から覗いた時に見えるためのレンズです。

Lubitel 166+は他のゾーンフォーカス(LC-A+などはどの辺りをフォーカスに入れたいかをゾーンフォーカスというスイッチで決めます)カメラと違い、自分でファインダーを覗きながら焦点を決めるカメラです。なのでガラスレンズはもってこいなんですね。なぜならフォーカスを決める時にしっかり被写体が写ってないとフォーカスがしにくいからです。見やすいことによって、どこをぼかしたり、はっきり写らせたりすることが簡単に出来てきますね。

プラスチックレンズの仕様目的は色々ですが、それを使うことによって色の変化、カラーシフト(LC-Aなどを使うと起こる現象です)が起こります。Lubitel 166+ではこれが起こりません、なぜならガラスレンズを使うことによって、見たままの被写体が撮影できるからです。 カラーネガフィルム を使うことでより繊細で綺麗な写真が撮影できると思います。

今までみなさんがどんな風に写真を撮ってきたかにもよると思うのですが、私はカメラを選ぶ時に、どんな風にどんな物を撮るかによってカメラを選んでいるんです。Lubitel 166+はスクエアフォーマット、つまり真四角に撮れるので、このフォーマットとレンズの性質を考えたら、人などを撮るポートレートに向いていると思うんです。Lubitel 166+はポートレートに向いているし、必ずいい写真を写し出してくれると思いますよ。

Alessandro Panelli (またの名を yo.panic もしくは .panic ) はイタリアのベニス地方、パドーバで医学部生をやりながら写真家、作家として活動しています。
彼の生活などもっと知りたいかたは是非こちらをご覧ください。
FacebookやGoogle+でも検索してください。

関連記事:
Lubitel 166+シリーズの紹介

2013-03-24 #レビュー #01-regular-contributors #166-series #part-1 #lomography #lubitel-lens-whynotwinnipeg #tech-specs #01 #user-review yopanic の記事
翻訳 whynotwinnipeg

他の記事を読む

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 #world #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

  • Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    2015-06-26 #people #Lomoamigos ciscoswank の記事
    Petzval 58 Bokeh Control: 菅武志 (Takeshi Suga)

    ロモグラフィーコミュニティーにいつもドリーミーで色鮮やかな写真を届けてくれるフォトグラファー菅武志さん。Petzval 85mmで撮影された作品『The Gardener’s Muse』は日本でも直営店Lomography+で展示もされ、多くのロモグラファーたちの心を奪ったことでしょう。さて、今回は菅さんにボケの具合を調節できる新しいPetzval 58 Bokeh Controlレンズのプロトタイプをお貸出しし、ロンドンでテスト撮影を行っていただきました。菅さんからいただいたコメントと共にご紹介したいと思います!

  • 一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    2015-08-13 #gear #テクニック hodachrome の記事
    一匹狼必見!セルフタイマーを使ったLC-A+による自分撮りの方法

    一人で撮影に行ったときに「あ~、ここで人間入れて撮りたいな~」と思ったことはありませんか?そんな一匹狼な貴方のために、「LC-A+でセルフタイマー」を使ったセルフポートレートを撮る方法をご紹介します。自分撮り以外にもカップルでツーショット、撮影会などで全員で集合写真を撮りたい場合などにも使えますよ。

    2
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    2015-05-28 #people #ライフスタイル zonderbar の記事
    Ines Rehbergerに訊く、アナログ写真の5つの質問

    この「アナログ写真の5つの質問」シリーズは、傑出した才能とカメラへの情熱を兼ね備えたフイルムフォトグラファーたちに5つの質問をし、かれらのアナログ写真に対する熱い思いを垣間見ようというものです。もちろん素敵な写真も忘れてはいません!今回はInes Rehbergerさんが私達の質問に答えてくれます。ブラウンシュバイク (Braunschweig) 生れの女性フォトグラファーである彼女について、この記事で詳しくご紹介します。

  • Revolog Kolor: Haze and Lightning

    2015-08-11 #gear #ライフスタイル lomographymagazine の記事
    Revolog Kolor: Haze and Lightning

    この記事で紹介する写真のユニークなエフェクトをみたら、きっと不思議に思うことでしょう。これらのエフェクトは化学反応がアンバランスだった結果生じたもの?それともフィルム出荷前に少しだけ露光させた光漏れフィルム?ロモグラファーのなかには、その謎を解読した者もいるようです。答えは簡単、Revologフィルムを使うだけ!

  • Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    2015-10-15 #gear #ニュース Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    ロモグラフィーが新たに発表したLomo'Instant Wideは、その名の通り幅広いインスタント写真の撮影を楽しめます。あなたが遭遇した面白い場面、あなたが見た素敵な景色を、白枠フレームで飾られた写真に残しましょう。サンプル写真を紹介するにあたり、まずは標準搭載レンズで撮影されたスタンダードな写真からご紹介します!

  • ショップニュース

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    スタイリッュなカメラバッグをお探し?

    ZKINはカメラバッグやストラップなどを取り扱うブランド。しっかりとあなたのガジェットを保護してくれる、機能も見た目も備えたカメラバッグです。スタイリッシュなZkinバッグで大切なカメラをしっかり保護して、フォトアドベンチャーに繰り出そう!

  • ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    2015-06-09 #gear #ライフスタイル #テクニック jennifer_pos の記事
    ロモグラフィー写真教室: 絞り (Aperture)

    どうしてカメラおたくは複雑怪奇な専門用語を使って一般市民を当惑させたがるのか、不思議に思ったことはありませんか?信じて頂きたいのですが、私ほどその感覚を身に染みて知っている人間はいません。あれは物理学でしたね。勉強すべきか、それとももう一夜だけ青春の日を謳歌すべきか、その選択の帰路に立たされる始まりとなりました。でも心配御無用!あなたが知るべき知識はここ、ロモグラフィー写真教室で補完出来ます。本シリーズをフォローすれば、あっという間に、今までどうしても解らなかったあれこれ全て、きちんとおさらい出来るはずです!

  • SF映画風のアナログ写真

    2016-04-08 #world #ライフスタイル #レビュー lomographymagazine の記事
    SF映画風のアナログ写真

    アナログ写真というと、みなさんちょっと古めかしいものを想像するかもしれません。でも、この記事で紹介するロモグラファーのアナログ写真は、どちらかというと「革新的」だと思いますよ!

    1
  • 新登場: Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2016-04-06 #gear #ニュース #ビデオ Lomography の記事
    新登場: Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    この時がくるのをうずうずしながら待っていました…発表します、新作レンズ開発のためにロモグラフィーがクラウドファンディングに舞い戻ってきます!今回は世界初の光学レンズにインスパイアされ、写真の持つ魔法を19世紀から呼び戻し、幻想的な像を映し出す真鍮レンズ。その名も、Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 光はマジカル: Li Huiと語る

    2015-05-12 #people #ニュース #ライフスタイル jennifer_pos の記事
    光はマジカル: Li Huiと語る

    写真を撮るという行為は、出来事を記録し、コミュニケーションを取るためだけのものではない。それは世界を覗き見る手段でもあるのだ。カメラに目を開かれ、見慣れた景色の背後に潜むなにものかと邂逅する。その時から我々の前には、あらゆる物が写真の主題として立ち現われ始める。漏れ出す光は全て、新たな秘密を解き放ち、才能有る写真家はそこから一片のアートを生み出す。Li Huiはそういった恵まれた才能の持ち主の一人だ。その作品、そして見事な繊細さを捉えるその感受性豊かな写真について、彼女に話を聞くことが出来た。

  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    2016-04-18 #people #Lomoamigos ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    「あのPetzvalに勝るとも劣らないクラシックでロマンチックなレンズだと思います。このレンズから新たな表現を生み出すのが楽しみです!」ソフトでドリーミーな作品で私たちを幻想的な世界へと連れ出す魔力を秘めたフォトグラファーTakeshi Suga(菅 武志)さんに、特徴的なソフトフォーカスを写し撮るDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの所感を伺いました。

  • ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    2015-07-23 #people #Lomoamigos petit_loir の記事
    ドイツのトップロモグラファー: faaabii

    ドイツのトップロモグラファー達を紹介する本シリーズ ( ※lomography.deで連載中) 、今回はシュトゥットガルト出身のFabiをご紹介します!本年度のLomoWochenende実行チームの一員として、一大プロジェクトに取り組まれている最中ですが、それだけではありません! 我々のインタビューでは、写真撮影と並んで彼が情熱を傾けるスケートボードについて、また今から5年以上も前にロモグラフィーを訪れることとなった経緯についてなどなど、たくさん語ってくれました。