Lubitel 166+シリーズの紹介 パート01:主な仕様 レンズ

2013-03-24

Lubitel 166+を紹介するシリーズを始めたので、まずは大まかなメイン機能からこの素晴らしいカメラを紹介して行こうと思います。完全な中判ブローニフィルムカメラ、いろんな機能がある中、まずは基本的な部位、レンズからその紹介を始めて行こうと思います。

まずは Lubitel 166+ の素晴らしいレンズの話から。実はガラス製のレンズで、下の方に付いているレンズはTriplet-22 f/4.5 75mm というレンズ、これはフィルムにイメージを焼き付けるレンズですね。上のレンズはカメラの真上から覗いた時に見えるためのレンズです。

Lubitel 166+は他のゾーンフォーカス(LC-A+などはどの辺りをフォーカスに入れたいかをゾーンフォーカスというスイッチで決めます)カメラと違い、自分でファインダーを覗きながら焦点を決めるカメラです。なのでガラスレンズはもってこいなんですね。なぜならフォーカスを決める時にしっかり被写体が写ってないとフォーカスがしにくいからです。見やすいことによって、どこをぼかしたり、はっきり写らせたりすることが簡単に出来てきますね。

プラスチックレンズの仕様目的は色々ですが、それを使うことによって色の変化、カラーシフト(LC-Aなどを使うと起こる現象です)が起こります。Lubitel 166+ではこれが起こりません、なぜならガラスレンズを使うことによって、見たままの被写体が撮影できるからです。 カラーネガフィルム を使うことでより繊細で綺麗な写真が撮影できると思います。

今までみなさんがどんな風に写真を撮ってきたかにもよると思うのですが、私はカメラを選ぶ時に、どんな風にどんな物を撮るかによってカメラを選んでいるんです。Lubitel 166+はスクエアフォーマット、つまり真四角に撮れるので、このフォーマットとレンズの性質を考えたら、人などを撮るポートレートに向いていると思うんです。Lubitel 166+はポートレートに向いているし、必ずいい写真を写し出してくれると思いますよ。

Alessandro Panelli (またの名を yo.panic もしくは .panic ) はイタリアのベニス地方、パドーバで医学部生をやりながら写真家、作家として活動しています。
彼の生活などもっと知りたいかたは是非こちらをご覧ください。
FacebookやGoogle+でも検索してください。

関連記事:
Lubitel 166+シリーズの紹介

2013-03-24 #gear #01-regular-contributors #166-series #part-1 #lubitel-lens-whynotwinnipeg #lomography #review #tech-specs #01 #user-review yopanic の記事
翻訳 whynotwinnipeg

他の記事を読む

  • 写真の中の「ペア」

    2016-01-29 lomographymagazine の記事
    写真の中の「ペア」

    何か二つ一組のものに遭遇したとき、なんだか特別に感じ思わず写真に収めたということはないですか?また、偶然ふたつのもの、二人、二羽、二匹がそろって並んで写っていた、なんてこともちらほら。写真を見返していてそんな運命のいたずらのような1ショットを見つけるのも、また趣深いですね。この記事ではそんな何かの「ペア」が写り込んだ写真をご紹介します。

    2016-01-29
  • Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    2015-10-15 #ニュース #gear Lomography の記事
    Lomo'Instant Wide Gallery: 標準レンズ

    ロモグラフィーが新たに発表したLomo'Instant Wideは、その名の通り幅広いインスタント写真の撮影を楽しめます。あなたが遭遇した面白い場面、あなたが見た素敵な景色を、白枠フレームで飾られた写真に残しましょう。サンプル写真を紹介するにあたり、まずは標準搭載レンズで撮影されたスタンダードな写真からご紹介します!

    2015-10-15
  • SF映画風のアナログ写真

    2016-04-08 #gear lomographymagazine の記事
    SF映画風のアナログ写真

    アナログ写真というと、みなさんちょっと古めかしいものを想像するかもしれません。でも、この記事で紹介するロモグラファーのアナログ写真は、どちらかというと「革新的」だと思いますよ!

    2016-04-08 1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 新登場: Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2016-04-06 #ニュース #ビデオ #gear Lomography の記事
    新登場: Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    この時がくるのをうずうずしながら待っていました…発表します、新作レンズ開発のためにロモグラフィーがクラウドファンディングに舞い戻ってきます!今回は世界初の光学レンズにインスパイアされ、写真の持つ魔法を19世紀から呼び戻し、幻想的な像を映し出す真鍮レンズ。その名も、Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens!

    2016-04-06
  • First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    2016-04-18 #people ciaoannacotta の記事
    First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Takeshi Suga

    「あのPetzvalに勝るとも劣らないクラシックでロマンチックなレンズだと思います。このレンズから新たな表現を生み出すのが楽しみです!」ソフトでドリーミーな作品で私たちを幻想的な世界へと連れ出す魔力を秘めたフォトグラファーTakeshi Suga(菅 武志)さんに、特徴的なソフトフォーカスを写し撮るDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの所感を伺いました。

    2016-04-18
  • アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015-11-05 Maaike van Stratum (@stratski) の記事
    アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

    2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

    2015-11-05
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    2016-02-23 #people #places #tutorials hodachrome の記事
    名作は近場で生まれる?ご近所フォトのススメ

    皆さんは自分の地元で写真を撮っていますか?何もないから撮る気にならない?それは実にもったいないです。見慣れた平凡な日常風景の中に素敵な題材はたくさん溢れています。そしてアイデアやテクニック、フィルムを使い分けることでそれらは一層輝いたものになります。今回は、私hodachromeのこれまでの高評価作品の中から、身近で撮影されたものをピックアップして説明とともにご紹介したいと思います。

    2016-02-23 2
  • Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens:新加入 LumièreとAquarelleの絞りプレートがもつ表現の可能性

    2016-04-21 #ニュース #gear Lomography の記事
    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens:新加入 LumièreとAquarelleの絞りプレートがもつ表現の可能性

    Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensは絞りをかえるだけでソフトフォーカスとシャープな写りを楽しめるのみならず、新しく加わったプレートを使えば表現の可能性は宇宙よりも広大になります!

    2016-04-21
  • Lubitel Garelly: 色の魔法

    2016-02-11 #gear lomographymagazine の記事
    Lubitel Garelly: 色の魔法

    じっとしていられず、想像にふけることは人類が持つ特性です。そして物事をどのように見るのか、何を見るのかによって、「本物」というものはその人によって解釈されます。空想家が景色をみれば、辺りは一面夢見るキャンバスに。それは真実なのか、空想なのか。どちらにせよ写真家には科学の力であなたが見たものを着色する術があります。あなたの目で見る、夢のような景色に近づけるフィルムというものが。逆に夢など見ない現実主義の写真家は、フィルムを通して世界を見ることで、記憶にある景色を夢の大地に変えることができます。それが色とフィルムの魔法。写真写りの良い最適な被写体は、色が誇張されることによって美しさが際立ちます。フィルム写真の楽しみはそんなところにあるのではないでしょうか?

    2016-02-11
  • ショップニュース

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    ANALOGUE LOVEなあなたに贈る、ロモグラフィーのタトゥーシール

    簡単に貼付けることができるロモグラフィーデザインのタトゥーシール。Petzval、LC-A+、Diana、Lubitel、Analogue Loveの5種類のシールが入ったパッケージです。あなたのアナログ魂を肌で表現しよう!

  • ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    2016-05-10 #ニュース #gear Lomography の記事
    ダゲレオタイプ:科学と芸術、両分野にもたらした功績

    その歴史が始まった日から、写真は常に芸術と科学、両方の試みのためのものでした。少なくとも、ルイ・ダゲールはそうなることを期待していました。ダゲレオタイプがどのように科学の道具になり、どのように写真が芸術へ介入していったのかを覗いてみましょう。

    2016-05-10
  • 美しく構成されたLubitel 166+の写真

    2016-05-12 #gear lomographymagazine の記事
    美しく構成されたLubitel 166+の写真

    写し出す写真のシャープさ、質の高さで有名なLubitel 166+。こちらですばらしい作例をいくつかご紹介します。

    2016-05-12
  • 本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    2016-05-24 #gear #ニュース Lomography の記事
    本日よりプレオーダー受付開始! Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

    お待たせ致しました。クラウドファンディングプロジェクト終了後もお問合せがありましたDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens。本日5月24日(火)よりオンラインショップにてプレオーダー(予約)の受付が始まりました。こちらは一本一本ハンドメイドのプレミアムレンズとなっており、発送予定時期は2017年2月となっております。皆さまに早くお届けした気持ちはございますが、ご紹介する作品をご覧頂きながらご自身で撮影される時を思い浮かべて頂けると嬉しく思います。

    2016-05-24